錦織圭の新しいラケット

昨日、ウィルソンの新しいラケットの発表会がありました(情報提供:なさる母さん他)。

Mattさんの「ためにならないブログ」(ただし、とてもためになります)にレポートがUpされていますので、発表会の詳細はそちらをご覧頂くとして、

錦織圭モデルのニューラケットも来年1月、新発売ですまた買わないといけないのだろうか・・・

製品情報を探そうとウィルソン テニスのサイトを訪れたのですが、まだ掲載されておらず残念。

錦織圭の新ラケットは

BLX Tour

というらしいです。

青とオレンジの斬新なカラーリングは、斬新過ぎて好き嫌いが分かれるかもしれませんが大丈夫。すぐ慣れます。私3分で慣れましたw

写真はとりあえずMattさんのブログを見てください。

発表会には錦織圭もサプライズゲストとして登場。

adidasに続いてWilsonにも。フロリダに戻る前にスポンサーへの貢献を頑張っているようです。

ところでウィルソン テニスのサイトを見ていて気がついたのですが、ウィルソン・テニス・アカデミーなるものが発足しているようで、昨日ちょうどライブ生中継があったみたいなのです。

何が放映されたのか非常に気になります。ひょっとしてこの発表会?とも思いましたが、全世界に、とありますから違うかな、とも思いました。

もしご覧になった方がいらっしゃいましたら、あるいはウィルソン関係者の方がいらっしゃいましたら教えてください。

しかし、ウィルソンさん、宣伝足りませんよw

どっからもこういうのやる情報が入ってきませんでした。Webを巡回していればかなりの情報が入ってくるのですが、ノーマークでした。

RSSで最新情報を配信するなりした方がよいのではないでしょうか。当ブログでもウィルソンの最新情報は逐一お知らせしていきたいので検討してほしいところです。

と、誰も見てないかもしれないのに書いてみる。

お知らせ

netdash@鼻血がテニス以外について語る新ブログ、「鼻血ブログの舞台裏」もぜひご覧ください。

6 件のコメント

  • 僕はWilsonが経営してるサイトに登録してます。

    それでこのことについて書いてあります。
    「ためにならないブログ」で紹介されてる発表のことだと思います。

    なぜかというと、Wilson側が生で報告してくれてるのですが、
    その内容が
    「2010年世界同時発売のラケットの紹介が始まりました。」
    「スペシャルゲストの錦織圭の登場です」
    なので、確実でしょう。

    また、
    「皆様のご視聴ありがとうございました。
    ライブ配信を終了しました。
    オンデマンドでの配信については後日お知らせします。」
    と書いてありました^^
    もし更新されたらまたご報告させていただきますね^^

      引用  返信

  • 説明が分かりにくかったかもしれません><
    すいません^^;;

    簡単に言うと、ライブ視聴は「ためにならないブログ」で紹介されてる発表会のことです。

      引用  返信

  • テニス少年さん、解説ありがとう。
    そうか、登録しとけばいいのか。
    13;00だと仕事中だったので視聴は無理だったけど、登録しておけば情報が入るんですね。
    でも、登録を促す宣伝はなかったなあw
    がんばれウィルソン!

      引用  返信

  • リンクされているウィルソンのサイトにティーザームービーがありますが、クリックしてみました?フェデラーに関するクイズがあったのでやってみましたが、ちょっと苦戦しました。ww

      引用  返信

  • 時間がなかったのでやってないですが、クイズ面白そうなのであとでやってみます!
    錦織検定とどちらが難しいかな・・・。

      引用  返信

  • テニス少年さん、おこyさんのおっしゃるように
    確か現行(Kシリーズ)モデルの発表の様子も以前ウイルソン(日本なのでアメアスポーツ?)のサイトで見れましたよ。今回のも後から動画配信されるのでは?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。