グレン・ワイナー元コーチよりファンの皆さんへメッセージ

1つ前の記事に書きましたとおり、錦織圭のコーチングスタッフに変更がありました。その結果、フルタイムのコーチであったグレン/ワイナー氏のポジションにはダンテ・ボッチーニ (Dante Bottini)氏が就き、グレンはダンテが務めていたIMGアカデミーのエリートコースのコーチに就任しました。ちょうどポジションが入れ替わった形になります。

このブログの読者の方々の間でもグレンの人気は高く(特に女性)、「渋い」「かっこいい」などの声が至るところで聞かれました。

それだけに今回のコーチ交代に少なからずショックを受けている方も多いことでしょう。

さきほどFacebookにグレンがINしていましたので、思い切ってチャットで話しかけ、3年間にわたる尽力に対し感謝の意を伝えておきました。併せて何かメッセージをおねがいしたところ、以下のように答えていただきました。

Hello,

I just wanted to thank everyone for all of your support these last three years. I had a very good feeling every time I met a fan of Kei Nishikori. Everyone was so nice to me. I had a wonderful three years with Kei and I think everyone should be excited for 2011. Kei is going to have a wonderful year. He has a great team supporting him and he has the best fans in the world.

Thanks again for all of your support. I’m going to miss you all.

Glenn

(日本語訳)この3年間のサポートに対し、皆様に感謝したい。錦織圭ファンの方とお会いするときはいつも、心地よい思いがしました。みんな私によくしてくれました。私は圭と素晴らしい3年間を過ごしました。そして2011年は皆さんにとってエキサイティングな年になると思います。圭にとって素晴らしい1年となることでしょう。彼には素晴らしいサポートチームがついていますし、彼は世界最高のファンを持っています。

もう一度、サポートをありがとうございました。皆様にあえなくなるので寂しくなりそうです。

グレン

(;д;) グレン・・・

24 件のコメント

  • せっかくのありがたいメッセージなので日本語訳だれか直してください・・・。

      引用  返信

  • え~ん!( ´△`)こんなに悲しいのはもしかして圭くんではなく
    グレンさんのファンだったのかも~
    グレンさんのメッセージ載せてくれてありがとうございます。

      引用  返信

  • 団長さん、グレンコーチにメッセージを送ってくれてありがとうございます。
    私も一言御礼を言いたいのですが、そのようなスキルもなく・・
    寂しくなりますね。

      引用  返信

  • タイミング良いチャット。
    グレン、ありがとう!
    団長、ありがとう!

    錦織が前に、『ぼくのコーチはけっこう大変だと思います。』と、書いていました(性格面で)。
    新しいコーチとも良い関係が築けますように。

      引用  返信

  • いつも団長の行動力に脱帽しております、G2改めtwittchy(産業翻訳者)です。団長様による間違いゼロの完璧な翻訳には手直しすべき箇所がありませんでしたので、全く別の拙訳を参考出品させて頂きます。どうせやるんならという事で、団長とは真逆の超訳路線です。部分的にでも、分かり易いと思って頂ける箇所があったら幸いです。

    「3年間応援して下さってありがとうございました。錦織ファンは、皆さん親切で、いつお会いしても気持ちの良い方ばかりでした。コーチとして錦織選手と素晴らしい3年間を過ごすことができました。

    2011年は期待してもらっていいと思いますよ。錦織選手には、最高のサポートチームと、世界一のファンがついており、素晴らしい1年になるはずです。

    本当に応援ありがとうございました。ファンの皆様に(コーチとして)お会い出来なくなり寂しいです。」

      引用  返信

  • わ、わかりやすいっ! 負けたっ!(当たり前だ・・・)
    ありがとうございます。意味はあってると思うけど日本語としていまいちだな〜、と思ってましたのでこういうの知りたかったです。
    翻訳って、英語力はもちろんですが実は日本語力だったりしますよね・・・。こんな簡単な文章でも、ほんと難しい。

    せっかくプロの方が降臨して下さったので質問なのですが、一般的に意訳はどのくらいして良いものなんでしょうか?今回はちがうな〜と思いつつ原文を尊重してしまいましたが・・・。

      引用  返信

  • 最適な「意訳度」は、その翻訳の利用目的などで決まると思います。例えば、契約書などの法律文書であれば、最低限の読みやすさを確保した上で逐語訳する事が求められますし、逆に、小説や映画だとその真反対の超意訳が求められると思います。

    団長が訳している個人的なメッセージやテニス記事などは、その中間に位置すると思いますが、利用目的を考えると結構後者寄りかもしれません。

    いずれにせよ、団長が、さじ加減を勝手に決めれば良い訳ですが、一応目指すべき理想形があるとすれば(「一応」と書いたのは基本的に不可能だからです)、「どう見ても最初から日本人が書いたような自然な文章なのに、元の英文に何も足してないし、何も引いていない」でしょうか。

    PS:1つ前の記事にあったIMGアカデミーのプレスリリース、翻訳作業中ですか。よかったらやりますよ(^o^)/いつもgive,give,giveして頂きっぱなしだし。。。

      引用  返信

  • 鼻血さん、ありがとうございます。グレンさんからメッセージもいただいてるなんて・・・・。嬉・・・泣。
    グレンコーチをなんどかお見かけしましたが、いつも笑顔で、(これがまたいい男・・・ふふふ。)素敵。
    ホントにナイスガイの印象が強くて・・・。

    日本語訳、いいじゃないですかぁ。翻訳ってホントに英語力だけでなく、日本語力も必要ですよね。
    私も頑張りますです。

    そしてtwittchyさん、ホントに上手。プロってやはりすごい。
    ミラクルさん、同じ気持ち・・・・私もグレンさんがいなくなって結構ショック・・・。
    けど、うちの夫は、ええ??ギルバート??すごいじゃんってグレンさんを懐かしむより、11年への期待でかなり前向き。私もそうならないと・・・。ふぅ・・・。ためいき。

      引用  返信

  • グレンのひそかなファンでした。団長さん、ありがとうございます。
    今度はまったく違うタイプのコーチだから、うまくやっていけるといいですね。

      引用  返信

  • twittchyさん、翻訳していただけるなんて超ありがたいです。すいませんがよろしくお願いします。許可は取ってあります。

      引用  返信

  • わたしもミラクルさんとまったく同じ感覚です。
    昨日は朝から、なんでこんなに?と思うほどショック状態でした。
    もとはといえばこのブログで「グレンさんかっこいい」という書き込みを何度も見たのがきっかけでコーチにも興味をもつようになりました。ただし私の記憶では男性からの書き込みが多かったような・・・(爆)

    グレンさんこれまでありがとう。
    これで長旅を終えて、落ち着いて生活できますね。

      引用  返信

  • 初めまして。
    テニスシーズンにいつも楽しく拝見させて頂いてます。

    地元のことで恐縮ですが
    錦織圭くんが
    プロバスケットbjリーグ、島根スサノオマジックの
    名誉ブースターになったとチームのサイトに掲載されました。

    [島根スサノオマジックホームページ]
    http://www.susanoo-m.com/607.html

    情報まで‥

      引用  返信

  • だいたい出来ました。

    guest coach
     ゲストコーチ?
     特別コーチ?
     名誉コーチ?

    なんかいいのありますでしょうか?

    fierce competitor
     どう猛な競技者?(笑)
     闘志溢れる選手?

    ん~、相手が恐れをなすような強さを持った選手というような
    ニュアンスなんだと思うのですが、難しいです・・・

      引用  返信

  • 結局fierce competitorの訳もかなり怪しいままですし、guest coachもカタカナにしただけです。あと、ダナ・ギルバートさんはブラッドの妹でしょうか、それともお姉さんでしょうか?彼女、なんと1980年にジャパンオープンの女子ダブルスで優勝しているみたいですね!

    —————————
    世界ランキングトップ100の日本人テニスプレーヤー錦織圭選手(20歳)は、2011年シーズンに向けて、ツアー帯同コーチ兼アドバイザーとして、テニス界屈指の売れっ子コーチであるブラッド・ギルバート氏を迎えた。

    フロリダ州ブラデントンにあるIMGボロテリーテニスアカデミーの錦織圭コーチ陣に、相談役としてギルバート氏が加わる事になる。IMGアカデミーにおいて、現在ギルバート氏はゲストコーチを務めている。錦織選手は、伝説的テニスコーチであるニック・ボロテリー氏と同氏が誇る世界最高クラスのスタッフ陣による指導の元、同アカデミーを練習拠点としている。

    (ギルバート氏が)「脅威を与えられる選手」と評する錦織選手は、2011年を過去最高のシーズンにするという目標を胸に2010年のシーズンを終えた。この目標を達成するべく、錦織選手は、アンドレ・アガシが10年近くにわたって師事し、1994年から2002年にかけてアガシに6回のグランドスラム大会優勝をもたらしたギルバート氏の力を借りる事を決めた。ギルバート氏は、これまでにアンディ・ロディックやアンディ・マレーのコーチも務めている。

    ギルバート氏のコメント:「圭は、脅威を与えられる若手選手。テニスというスポーツを通して何を成し遂げたいのか自分で知っている。私自身、2011年シーズンに、IMGアカデミーとの関係を一歩進めて圭の相談役になれる事を楽しみにしている。」

    ギルバート氏とその姉/妹のダナ・ギルバートは、共に、80年代にIMGアカデミーのアカデミー生であった。

    錦織選手のコメント:「自分のチームにブラッドが入る事を楽しみにしています。元トッププレーヤーとして経験もあり、コーチとしても成功している方なので、自分をプレーヤーとして成長させてくれると思います。」

    2011年シーズン、錦織選手は、IMGアカデミーのエリートコーチであるダンテ・ボッチーニ氏をフルタイムで帯同する事になっている。ボッチーニ氏は、長年にわたってボロテリーエリートコーチ陣の一員である。

    ボロテリー氏のコメント:「ブラッドは、コーチとして、トップレベルの競技において大きな差を生む細々とした秘訣をプレーヤーに教えてくれる。アカデミーや私との付き合いも長く、かつてはアカデミー生であり、その後はプレーヤーとなり、今はゲストコーチを務めてくれている。だからこそ、彼がアカデミーのプログラムを手伝ってくれるだけでなく、圭のコーチ陣の相談役になってくれる事は素晴らしい事なのです。」

    錦織選手は、肘の手術から1年間戦線離脱した後、2010年2月に復帰。5月には、ATPチャレンジャーシリーズのサバンナ大会とサラソタ大会で連続優勝し、その後すぐに全仏オープン初出場を果たした。夏の終わりには、錦織選手は、全米オープンで3回戦に進出し、グランドスラム大会としては2008年以来最高の戦績を収めた。

    2010年12月21日 フロリダ州ブラデントン

      引用  返信

  • 団長、修正すべき点は適当に修正して使って下さいね。団長ほどの事情通では全然ありませんし。

    細かいですが、「元トッププレーヤーとして_の_経験もあり」と「の」を入れた方がより正しい日本語っぽいですね。

    あと、「夏の終わりには」の後の「錦織選手は、」は省いた方が読みやすいかもしれませんね。

      引用  返信

  • twittchyさん
    翻訳、ありがとうございますo(_ _*)o

    ところで、ああ!!

    グレン~~~~~!!!(T_T)(T_T)(T_T)

      引用  返信

  •  twittchyさん、翻訳ありがとうございます!
     語学が苦手な私としては、本当にありがたいです。

     ところで、tennisnakamaさんからの請け売り情報ではあります
    が、今回のギルバード氏の挙動については、Tennis Warehouseや
    Mens Tennis Forumといったメジャーサイトのトピックスとして
    既に世界中のテニスファンから議論の的になっています。

    http://tt.tennis-warehouse.com/showthread.php?p=5269350

    http://www.menstennisforums.com/showthread.php?p=10612699&posted=1#post10612699

     語学の壁なのか、日本人によるコメントがほとんどないのが
    寂しく感じますので、語学に自信のある方は、是非コメントを
    残してあげてください。

      引用  返信

  • twittchyさん、翻訳ありがとうございます。

    注目度が一気にアップしているので、期待だけではなく、圭君大丈夫かしらと不安も出てきました。でも、今までいろいろな試練を乗り越えてタフになっているわけですから、自分を見失わずにやっていけるはずだと思っています。

      引用  返信

  • このところまたまたロマンチックがとまらなくなっています。

    ハリー・ポッターオタクのわたくしは、今朝は、圭君がハリーで、コーチ陣が不死鳥の騎士団、われわれコアなサポーターは、さしずめダブルドア軍団かな、なんて夢想しちゃってます。

    ロマンチック、ロマンチック、ルールルー、ルールルー

      引用  返信

  • twittchyさんの翻訳、さすがだ・・・
    最初から日本語だったかのようだ。
    ありがとうございます!

      引用  返信

  • ん~「細々した秘訣」もひっかかりますね~。「ちょっとした事(秘訣)」かな。まぁ、きりがありませんね。

    いつも楽しく読ませて頂いてますし、ジャパンオープンの要望書なども滅茶滅茶感謝しておりましたので、少しだけでもお返しできて、良かったです。読者の方にもたくさんお礼を言って頂いて嬉しかったです。

    また時間さえあればいつでも訳しますので、仰って下さいね。

      引用  返信

  • 団長さん、twittchyさん、英訳ありがとうございます!
    英語苦手な私には救世主です。眩しすぎ~w
    お二人のような方が中学高校の英語の先生だったら、テニスの話題も(モノマネもw)盛りだくさんで、すごく楽しくお勉強できてたのかも~。ざんね~んw

    それからchachaさん、うまーいw 私もハリポタ大好きですよ♪
    ハリーの魔法の杖は、圭くんだとラケットってことになるのかなw
    振るたびに、ミラクルショット炸裂!!!
    ワクワクしてます。来年が楽しみです♪

      引用  返信

  • 団長、今頃ではありますが、
    グレンコーチのメッセージをありがとうごいます!

    そして、twittchyさん、プロの方がこのサイトを
    見てくださっていたなんて!なんて素敵なんでしょう!!

    あたりまえですが、素晴らしい翻訳ありがとうございます!
    英語はからきしなので、超うれしいですm(_ _)m

    ちなみに私は、Reiko In FLさんのご主人と同じ意見です。
    2011年の圭を想像して、
    今からわくわくドキドキしちゃってます≧▽≦

    ギルバトコーチ、ありがとうございます!!!!
    圭のすべてを引き出してくださいね~(*^-’)b

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。