錦織、バーゼルは回避

錦織は残念ながらバーゼルのエントリーを取り消したようです。

残念ですが無理をすることもないです。パリには間に合えばいいですね。

公式ブログでの詳細報告を待ちましょう。

錦織圭バーゼル回避 (出典:Twitter / svenja_sportch: Nishikori out of Basel, wildcard …

16 件のコメント

  • まだ公式発表ではないのですね。
    でも、Face○ook 、見ました。
    覚悟はしていたはずなのに、
    現実となると…、
    _| ̄|○………
    もちろん無理はして欲しくないので、
    次のパリへ向けて回復を待つのみ‼
    と心を切り替えようとはするものの…。
    あぁ…、
    でも…、
    だれか私をなぐさめて~(T_T)
    できることなら、パリへ行きたいよー‼

      引用  返信

  • フェイスブックに本人コメント出ましたね。
    ショックですが、まずは治療に専念して、しっかり治して再スタートですね。
    楽天オープンで掴んだ感覚が維持されることを祈ります。

      引用  返信

  • ひろまるさん…(;_;)

    ケガとはいえ、一番残念に思っているのは圭くんだろうとはいえ、

    残念ですよね(>_<)

    さらに進化した圭くんをナマでみてもらいたかったなぁ〜…。

      引用  返信

  •  ひろまるさん、お察しします。

     私の場合ですが、このような週は、代わりに応援する選手を探して
    切り替えるようにしています。

     今回のバーゼルには、幸いにも日本No.2の添田が本戦にDAして
    います。
     彼は芯がしっかりしたナイスガイですが、今回急遽単独の欧州遠征
    となってしまい、不安に感じている部分があると思います。

     是非、現地で応援してあげてください。

      引用  返信

  • ひろまるさん、本当に残念ですね。
    楽しみにしてらっしゃったでしょうに。
    でもコリコリさんおっしゃるように今年は添田も来ますし、
    来年また錦織も元気になって来てくれると思います。

      引用  返信

  • ひろまるさん、残念ですね、気持ち良く分かります。
    ご家族に我慢して貰いパリへ行って下さい。

      引用  返信

  • そうなんです!
    一番楽しみにしていたのは圭くん自身‼
    一晩寝たら、冷静になりました。笑
    切り替えの大切さは、ここで鍛えられ学んでいますから(*^^*)
    でも、みなさま、ありがとうございましたm(_ _)m
    ぜひぜひ、添田選手を応援に行きたいと思います。
    スケジュールが上手く合いますように‼
    他にも、見応えのある試合がありますものね(^_^)v

      引用  返信

  • ひろまるさま、
    今回のニュースを知って、一番頭に浮かんだのは、ひろまるさんの残念そうなお顔(お顔は知らなかったけど・・w)です。
    もう切り替えが済んだとのことで、良かったです。
    添田選手の応援、是非お願いします!
    今日もツォンガ戦ありますが、時差が辛すぎる時間帯です(汗)
    圭くんのパリの出場が確実に決まったら、パリに飛んで下さい~!

      引用  返信

  • 圭君の右足首ですねえー。
    先日来私は、ジャパンオープンの試合を見直して楽しんでいるのですが。あの、決勝でこけたとき、3セット5ゲーム目でしたか、ラケット持たずに追いかけようとしたように見えた、そのことや、膝をかなり擦り傷こしらえてたことに目が行ってたんですが、スローで右足首注意してみると、かなりグニャっと変な方向にやってますね。あれが尾を引いているんでしょうか。左足をかばってずっと試合してたからと思ってましたが、あの時は興奮状態で、そのままプレイを続けてますから、ひどくなってしまったのかもしれません。
    しっかり治してほしいです。

      引用  返信

  • 将来がある選手なので、じっくりなおしたら
    ええがなー
    伊藤選手も添田選手も頑張っておとこを
    あげてほしいね、、

      引用  返信

  • 私も去年の夏、圭くんの試合を生で見たいというだけの為に
    家族旅行を計画しアメリカまで飛んだのですが、
    圭くんは肩の負傷で欠場となってしまいました。
    なのでひろまるさんの残念な気持ち、とてもよくわかります。
    海外に住んでると日本より見れるチャンスが少ないですもんね。
    添田くんが勝ち進み、充実した観戦ができますように。
    そして圭くん、パリに間に合えばいいなぁ。。。

      引用  返信

  • daisyさん、すごい行動力!
    残念でしたね!私も同じことを考えていたけど、行動出来ませんでした。
    よくテレビでお客さんの少ないコートで試合しているのを見ると、現地に飛んで行きたくなります!

    圭くんは、有明のチャリティーマッチの次の週末は、シンガポールに行くのですね。
    http://www.clashofcontinents.com/
    シンガポールのファンの人はラッキーですね。
    まだまだ今年のスケジュールが詰まってて、忙しそう。足首も心配です。
    ところで、あのお正月番組「とんねるずのスポーツ王は俺だ」の収録に行ける人がすごく羨ましいんですけど、どうやったら行けるのかご存知の方、いらっしゃいませんか??
    去年は確か有明チャリティーの前日に収録してましたよね?
    ちょっとミーハーな話題で、ごめんなさい!

      引用  返信

  • 今年もひろまるさんのバーゼルにしこりリポートを
    楽しみにしていたのに、私も残念です。
    でも、もしも行かれるのでしたら、
    気が向いたら『バーゼルリポ2012』
    書いてくださいね♪

    ついでに
    既出じゃなかったとおもうので
    AERA2012/10/22号記事。
    http://dot.asahi.com/sports/sp/2012101600007.html

      引用  返信

  • アエラの記事、読みました。
    今週は添田選手、伊藤選手とも残念ながら負けてしまいましたが、ATPグランプリシリーズの本選にエントリーして、しかも勝ちあがるなんて、一昔前まであり得なかったですもんね。
    昔、セイコースーパーテニスを観て、「ああ、やっぱ体つき違うし、ローズウォール的テニスからなかなか抜け出せない日本は勝てないよなあ」と思っていた頃からすると、隔世の感があります(ちょっとコメント刺激的すぎますかね?)。
    圭君が日本選手のメンタル面を切り開いたことは間違いないと思いますが、添田選手、伊藤選手とも、ホントに頑張ってると思います。
    特に添田選手、ここまでやれると思ってませんでした、ゴメンなさい。
    日本のメディアはもう少し彼等にも光をあててほしいです。

      引用  返信

  •  添田-ベルッチの1回戦、水曜日に入る可能性が高いと思います。

     ベルッチのモスクワ決勝後に、添田-ベルッチの対戦情報をコメント
    する予定です。

      引用  返信

  • バーゼル1回戦 添田 vs.トマス・ベルッチ 対戦情報

        
    Swiss Indoors Basel 2012 (ATP500)
    [Surface:Indoor Hard,Draw Size:S-32]

    1st Round

    ●対戦相手:Bellucci, Thomaz (BRA) 34位 24才
    ・キャリアハイ21位(26.07.2010)
    ・左効きのクレーコーター
    ・#4シードをもらった今週のモスクワでは、決勝で2度のSFMを逃し
     Seppi(25位)に逆転フルセット負け。それでも、ハードコートでは
     キャリア初の準優勝。
    ・全米以降の公式戦成績は、3勝3敗(添田は2勝4敗)

    ●対戦成績
     過去の対戦なし

    試合日時
     現地時間:10月23日(火) 14:00開始の第5試合
    (日本時間:10月23日(火) 21:00開始の第5試合)

    ●天候予報:インドアのため影響なし

    ●生観戦手段
    ・ATPの公式ライブスコア(ライストは多分なし)

    ●テレビ放映予定
     多分なし

    ●勝利獲得Pt:45pt(今大会45pt、10/22付807pt:51位相当)

           
    ●勝算:5分弱?(MTFのOddsは~)
     ※ベルッチは好調には違いないが、全米以降は74位を上回る選手には
      勝っていない上、モスクワでの心身のダメージが残っているはず。
      今の添田であれば、充分にチャンスがある。
      是非勝って、日本選手は圭だけではないことをアピールしてくれ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。