錦織圭、全仏出場は厳しいか

先日のバルセロナ準々決勝で左わき腹痛によりリタイアした錦織圭のその後の状態ですが、Facebook(twitter)と公式ブログで報告がありました。

Hi everyone…thanks for all the messages of support. Injured my stomach during my last match in Barcelona. Seeing doctors this week and will see how long the healing takes. Madrid and Rome are going to be out for sure. Will keep everyone posted in the next weeks on how things go. Thanks for the support.

(みなさんこんにちは。応援メッセージありがとうございます。この前のバルセロナでの試合で腹筋を痛めました。今週、ドクターに診てもらって完治までどのくらいかかりそうか調べます。マドリッドとローマは欠場することになるのは確実です。これから数週間くらいの間、また状況をお知らせします。応援ありがとうございます。)

錦織圭Facebook公式ページより)

報告が遅れ心配をかけていたらすいません。

先週のバルセロナで腹筋を痛めました。横腹の部分です。
今日また病院に行ってチェックしてもらいますが1ヶ月ぐらいはかかるとのことです。
詳しくにはまた後日分かると思います。

試合の日の朝の時点では張りは少しありましたが試合中には急に痛みがきました。
やはりショックは隠しきれませんが、なってしまったものはしょうがありません。
今は治すことに専念したいと思います。

錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COM: 2012年5月 1日アーカイブ

どうやら軽傷ではなさそうで、マドリッドとローマは本人の弁の通り、エントリーを取り下げた模様です。

全仏前週にあるデュッセルドルフのWTCは添田豪と出場する団体戦ですが、1カ月くらいかかるとのことであればこれも欠場が濃厚ではないでしょうか。
また全仏も、仮に怪我の具合が良くなったとしても調整期間が全く取れない計算になりますから、無理をせず回避するのではないかと推測します。

非常に残念で心配ではありますが、場所的にも無理が利かない部分だと思いますし、ここは完治を待つしかありません。ウィンブルドン、オリンピックに次の目標を切り替えても良いのではないかと思います。
みなさん、錦織は必ずカムバックしますから少しの間の辛抱ですよ。

悪いニュースばかりではありません。
添田豪が高雄チャレンジャーで優勝し、オリンピック出場を決定的にしました!

ランキングも自己最高の59位。これ、すごいことですよ!
64ドローのオリンピックに日本人が2人出場だなんて、どこのテニス大国ですかw

準優勝した伊藤竜馬も80位とキャリアハイ。これもすげーーーーランキングです。しかも今後の活躍次第ではオリンピックの可能性もあるという・・・。3人がオリンピック出場となったら、国内的にも大注目間違いなしではないでしょうか?
それにしても日本男子、本当に強くなった・・・。

27 件のコメント

  • 圭くんを筆頭!に日本男子3人がオリンピックで大活躍している姿が見える気がする・・・

    圭くん、ゆっくりじっくり治して芝のシーズンに照準を当てましょう。

    待ってるよ(^_^)

      引用  返信

  • 団長!心強いお言葉ありがとうございます!

    あの1年を思えばなんてことない。
    いつまでも待ちます!

    そしてきっとパワーアップして帰ってきてくれる
    圭くんはそういう人です!

      引用  返信

  • 私たちは、応援のパワーを送って、待つしかないですね。圭くん、待ってるよー!

      引用  返信

  • 団長、ブログ更新ありがとうございます!
    辛くて心配な時期にブログを更新してくれた、圭くんにも感謝です。

    今年は早い時期からクレーの大会で戦ってきただけに、
    圭くんの心中を察するにあまりありますが、
    sukisukiさんのおっしゃるとおり、
    「あの1年を思えばなんてことない」ですよね。
    たとえ全仏に間に合わなかったとしても
    しっかり養生してほしいと思います。
    私も、あせらず、圭くんの復帰を待ちたいと思います。

    …全然関係ない私事なのですが、
    ついにテニスを始めることにしました。
    GW明けにスクールに通い始めます。
    初心者だしイイ歳だし恥ずかしいのですが、
    ここまで圭くんにのめり込んだ「縁」として
    楽しみたいと思います…

      引用  返信

  • 圭くんのつらい胸の内がとても伝わってくるブログで、こちらも胸が痛みますが、ことあるごとに心身ともに強くなった姿をみせてくれる彼ですから、じっと待ちます。

    一日も早い回復を祈るのみですね。
    しっかりと完治させて芝のシーズンに万全の体調で臨めますように!

      引用  返信

  • マドリッド・ローマをアウトしたことは、一過性のアクシダンでは無いですね。
    ここは、あせらずしっかりと治癒してからツアーに復帰して下さい。
    錦鯉のみなさんと、じっくりと我慢して待っています。元気に戻ってくる圭君を待っています。

      引用  返信

  • そうですね!
    今一番つらいのは錦織君ご本人ですね

    病状を受け止めスケジュールを調整し 私たちファンへのメッセージを出すということがどんなに大変なことか…

    スポーツ選手に故障はつきものですから ここはじっくり治して元気なプレイを見せてくれるのを待つことにします
    待ち遠しくはありますが 団長さんのおっしゃる通り少しの辛抱ですね

    茜さん テニスは楽しいですよ~私はケガをしてもうテニスはできないと思っていましたが やはりまたテニスがしたくなったので まずは最強の相手「壁」と始めます
    錦織君から元気いただきましたから!

    そして添田君すごいです
    もうじきベスト50目前!
    もうチャレンジャーは卒業ですかね

    みんなそれぞれのがんばりで
    ますますテニスが楽しくなります

      引用  返信

  • そうですねー、早々とOUTしたということは、状態は推測できますね。
    ただ、詳しくはないですが単なる筋肉の損傷だとしたらもと通りにはなるのかな?お医者様、教えてー。
    少なくとも手術が必要だったあの肘の故障よりは軽傷ではないかと思っています。

      引用  返信

  • やっぱり重症だったんですね…
    全仏には出てほしいと思うけど、無理して悪化したら大変。
    ここは圭君も錦鯉のわれわれも我慢ですね。
    完治すれば、またわくわくさせてくれるはずなので、楽しみに待ちます。

      引用  返信

  • 朝から張りがあったということは、本来はもっと慎重にすべきだったのでしょう。でもそれも結果論と言えば結果論ですかね。。

    1ヶ月ぐらい掛るということなら肉離れの一種でしょうし、どう考えてもサーブで通常的に使う場所ですので、再発の恐れを考えれば完治するまでは出場見合わせるべきです。

    腹筋の肉離れはスピンサーブよく打つ選手にはよくある故障で、エドベリが時々やってました。何かの大会の決勝でエドベリが痛め、対戦相手のレンドルが、スマッシュも打てないエドベリに対してロブ攻撃したのを観て何と冷酷な奴と思った記憶が。。日本では鈴木貴男も何度か痛めてはります。ただいずれも1-2ヶ月の静養で復帰してますし、選手生命に関わるようなものではないと思います。

    そんな訳で、復帰時期は状態見ながら、になるのではないでしょうか。でも全仏には、出たいでしょうね。。今年は全仏を目標に前半の予定組んでて、少しずつ手応えが掴めてきたところでしょうから。。

      引用  返信

  • まずは団長さま、添田くんや竜馬くんの明るいニュースありがとうございます 日本男子はKeiくんだけじゃないぞ~と前向きな気持ちです・・・  
    がっ、やはりKeiくんの気持ちを思うといてもたってもいられません(T_T) 怪我の状態もそう軽いものではなさそうですしつらかった「あの一年」が頭をかすめます(-_-;)
    とにかく今はKeiくんを信じて錦鯉の私たちは静かに待ちましょう♥

    茜さん♪ テニスは本当に楽しくてきっとのめりこんでしまうと思いますよ・・・\(^o^)/

      引用  返信

  • 好事、魔多し とはこの事なんですね(>_<)
    好調な時は、普段はできないことまで出来てしまうのかも知れません〜(;´д`)
    1歩ずつ、階段を踏みしめながら上がって行きなさいってことかしら…(;^_^A
    きっと、長い目で見たら意味のあることなんだ!!と思いたいです(=゜ω゜)ノ
    圭、くさらず 頑張れー

      引用  返信

  • 団長、錦鯉の皆さんこんにちは。
    私は内科医で整形外科では無いので、実際の整形外科の診療に携わったことはなく、文献上の知識だけですが、私の意見を書かせていただきます。

    まず、診断に関してですが、もちろん正式な発表を待たなければなりませんが、受傷時の映像と本人の症状から考えられたのは2つ。
    1.側腹筋(外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋)の部分断裂。いわゆる肉離れ。
    2.左肋骨の疲労骨折
    でも、本人が腹筋だとコメントを出されていたので、2はなさそうですね。

    1は程度によりますが、1-2ヶ月の治療期間が必要なようです。
    完治する疾患ですが、当然筋力低下は避けられないので、リハビリテーションによる筋力の回復、ストレッチによる筋肉の柔軟性のアップなどが必要になるようです。
    Google先生に聞けば分かる情報ばかりで申し訳ありません。。。
    もし、整形外科の先生でこのコメントを見ていられる方がいらっしゃったら訂正補足していただければ幸いですm(_ _)m

    いずれにしても、全仏は難しいと思います。
    ここは気持ちを切り替えて、ウィンブルドン、オリンピックに照準を合わせて、治療に専念してもらいたいと思います。

      引用  返信

  • 全豪での活躍で年明け早々注目され冬から南米でクレイ対策をこなし、さぁ全仏の準備も完了だ!・・と思いきやしばしの離脱とは残念です。今後の発表も気になるところですが、しっかりと傷を癒やし次の「ビッグバン!」に向けて地道に研鑚して欲しいものです。なんたって伸び盛りの若者なのですから(^^)v

    ばもす!

      引用  返信

  • あれだけ体に気を使ってトレーニングしていたのに少しショックです。厳しい世界ですね・・
    mazzaskiiさん、ありがとうございます。
    全仏は逃げない!来年も再来年もある!! って団長さんのお言葉でしたっけ?
    錦織選手Facebookのコメントを読んでいたら、 Madrid Open さんからの書き込みがありました。
    人気選手なんだなととても嬉しかったです。
    Mutua Madrid Open                     Get well soon Kei. We will miss you in Madrid

      引用  返信

  • 圭君のけが、本当に心配ですね。。
    あまり、重症でないことを祈るばかりです。

    mazzaskiiさん、お医者様からの見解ありがとうございます。
    肉離れであれば、完治可能であるというのを聞いてちょっと安心です。

    ところで、圭君のFacebookから、最新のけがに関する書き込みが消えてしまっていました!。なぜ?私の見方が悪かったのかしら。。
    そういえば、以前MensClubの画像一瞬載って、次みたら消えていました。
    圭君サイドで意図的に削除したのかな?

    それとも、一般の人も削除できてしまうの?? 不思議ちゃんです。(><)

      引用  返信

  • FBの圭君の書き込みは、今見たらきちんと表示されてました。
    す、すみません、何かブラウザの問題か何かみたいでした。
    失礼しました。。。!

      引用  返信

  • 1ヶ月ではなく2~3週間のようですね
    少し短くなって良かったです

      引用  返信

  • ブログにIMGからのアナウンス出てます。
    「錦織圭は、バルセロナの大会で腹斜筋を痛め、
    その回復に2-3週間かかるとの診断を受けたため、
    来週のマドリットと再来週のローマの大会を
    欠場することになりました。 」
    お、1ヶ月から目減りしてる!
    目先のことだけにとらわれず、2年後、3年度を見据えて行動している
    圭くんチームの判断と行動を信じ、
    去年も無念の全米リタイアの後ブレイクした
    圭くんの負けん気の強さを信じて
    今はただ「♪ わたし、待~つわ ♪」でございます。

      引用  返信

  •  6/11週のHalleに圭、Queen’sに添田と伊藤がDAしています。

     128ドローのGSでもないのに、同じ週のグランプリツアー本戦に
    3人の日本人男子がエントリー時にDA。

     新しい時代の幕開けですね。何か感無量です。

     一方の杉田は、全仏予選を勝ち抜くためにクレーのCH修行に出て
    いますが、今週のチュニスでは#1シードのGranollers(27位)に
    1回戦で負けてしまいました。(2-6,5-7)
     しかし、いくら不調でも27位でCH参戦は勘弁していただきたい。

     あと、5/21週のDüsseldorfのエントリーメンバー、いつの間にか
    竜馬が加わっています。圭の回復が早ければ絶好の調整機会になるで
    しょう。でも、ボーティーニコーチが監督ってw

    http://www.menstennisforums.com/showthread.php?t=199804

      引用  返信

  • いやー辛いですね、本人はどんなに辛いことか。。
    実は自分も三月に足を骨折してまして二ヶ月近くテニスできてないので、レベルは違えど辛さがよく分かります。。
    趣味でやってるテニスができないのがこんなにキツイなら、人生かけてやってるテニスができないのはどんなにタフなことか・・。
    でも思ったのですが、こういう悔しさは精神的にタフになるためのいい肥やしとなるかもしれません。ナダルの本にでてきたのですが、彼も選手生命を脅かすほどのヒザの怪我を乗り越えたことで、自分がプロフェッショナルテニスプレイヤーとしてプレイできる時間が限りあるものであることが身にしみて分かり、そこからあのひたむきな一球も無駄にしない姿勢が培われたらしいです。
    なのでこの苦境もきっと圭君の次につながるジャンプ台になり得ると信じています。
    しかし二、三週間でよかった!

    茜さん、わーい、テニス愛好家が増えるのは喜ばしいことです。
    テニスすると見るのももっと面白くなりますよ!スクール楽しいんでください!

      引用  返信

  • バルセロナでリタイアをした時は、ナダルとの再戦を期待して楽しみにしていたので、残念な気持ちと心配な気持ちでいましたが、早目の決断で本当に良かった…と今は思っています。

    ここまで調子よくランキングも上がってきた矢先のことですが、そのこともあまり気にしすぎないようにして、とにかくきちんと治して、また元気な姿でプレーする圭くんに会える日を(テレビ越しにだけど…。)を私たちは楽しみに待ちましょうー。

    日本の男子、勢いに乗っていますね!!!
    みんなそれぞれに良い影響や刺激を与え合っている…、素晴らしいです!!!

    茜さん、テニス楽しんでくださいね。私のように?!完全素人さんじゃなくなってしまわれるのですね…。寂しい、寂しい…、いやっ!!!テニス人口が増えるのは喜ばしいこと!!!私は他のスポーツをしていてテニスに手を伸ばす余裕が時間的にないのですが、こちらの皆様にこれからもご指導を頂き、知識を増やしていきたいと思います!

      引用  返信

  • 無理矢理プレイを続けていれば2、3週間どころかまた一年錦織圭を見れない可能性もあったわけで最良な策だったでしょう。 グランドスラムで一回活躍すれば10出前くらいまですぐいけてしまうので焦る必要はないですね。(それが難しいのですが圭なら)

      引用  返信

  •  Facebookでの圭のコメント、

    I am working very hard to get healthy again:)

    ってことは、既にリハビリを始めているということですかね?

      引用  返信

  • コリコリさん、なんか思ったよりいい感じがしますよねえ、どうも松江にいるみたいな感じもあるけど、うまいもの食べて栄養バランスとってるだけでは、凄く頑張っているとは言いませんよね・・・さしあたって下半身かな、腹筋に悪影響与えずにできる上半身の強化法ってあるのかしら

      引用  返信

  • 圭くんは今頃必死でリハビリ中でしょうか。
    ご本人のコメントが待たれますね…。

    >beachN さん
    そうですか、かなりひどいお怪我をなさったんですね。
    それでもやっぱりテニスがしたいんですね。
    ご無理なさらず、再び楽しいテニスライフが送れますように!

    >みみぽぽ さん
    10分だけのミニ体験レッスンを受けたのですが、
    とっても楽しくて、のめりこむ予感がアリアリです(^_^;)
    GW中も早くやりたくてうずうずしていました。

    >Kazuさん
    そうですよねー、自分がテニスをやり始めたら、
    見るものもっと面白く、圭くんにも惚れ直して………
    大変なことになりそうです!

    >ひろまるさん
    ちょっとスクール通っても…やっぱり素人ですよー(^_^;)
    ひろまるさんは、何をなさってるんでしょうか?!
    スイスだからスキーとかでしょうか?(発想が貧困…?…)

    コメント欄を使わせていただいてすみませんm(__)m
    皆様のお言葉がうれしくって…。
    ありがとうございます!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。