錦織圭、2012全仏を欠場

Facebook & twitterで錦織圭が全仏欠場を発表しました。

昨日、ボールを打ち始めたばかりという段階ですからこれは予想された結果です。

けど快方に向かっているし治る怪我なので、ここは焦らずじっくりと。

昨日、ローマ決勝のナダルvsジョコビッチをGAORAで見ましたが、クレー(に限りませんが)の試合を戦うにはやはりフィジカルは万全でなければ難しいと感じました。

テニス選手は怪我と上手く付き合うことも求められて大変だと思いますが、家族、友人、コーチ、スタッフそしてファンがついています。決して錦織1人ではありません。ファンにできることは待つこと、期待すること、応援することです。期待することは本人のプレッシャーになることもありますが、期待されたくない選手などいません。期待に応えようとより一層、錦織は頑張るはずです。私は、待ちますし錦織の復帰後の活躍に期待します。

以下、Facebookコメント。

I am very disappointed that I won’t be able to play in Paris this year. Following the last Grand Slam, I was looking forward to play in the second Grand Slam of the year. I will continue my rehab and plan to be back on the Tour as early as I can

(今年はパリでプレーしないことになりました。非常に残念です。前回のグランドスラム大会以来、今年2つ目のグランドスラム大会を楽しみにしていました。リハビリを続け、できるだけ早くツアーに戻ってくれるようにするつもりです。)

(5) I am very…

twitterはこちら(同じ文章)。

Twitter

33 件のコメント

  • 練習を始めたばかりで、体に負担のかかるクレーの大会をスキップするのは賢明な選択だと思います。

    応援する側もあせらず、完治してからの復帰を待ちましょう。

      引用  返信

  • 負傷した部分を更に強くしてコートに戻って来て欲しいですね。
    待っとるばいっ!(^o^)

      引用  返信

  • 待ちますとも!!!

    しっかり治して、またりりしい姿を見せてね、圭くん!

      引用  返信

  • 今までずーっと
    ファンの期待に応えて、期待以上の結果を出して来たので、また頑張ってくれると思います!
    頑張り過ぎないで欲しいですが(^^;;

      引用  返信

  • 英断だと思います!
    一段と強くなって復帰することを願って、のんびり待ってま〜す
    今はリハビリを頑張ってね!

      引用  返信

  • 復帰の日を楽しみに待ってます。
    タグ・ホイヤーから錦織選手を取り上げた雑誌が発行されたようですが、直営店に行かなければ手に入らない模様・・残念。
    http://twitpic.com/9m9q9w

    WTCでは日本チームががんばってますね。
    前記事コメントでもありましたが、オリンピック男子選手3人出場も現実味を帯びてきました。

      引用  返信

  • ファンの期待のみならず
    全仏にあわせて、○○クロが新色のウエア発売とか
    ○○w○○が「錦織圭の全仏の活躍を放送!」とか
    大人の事情のプレッシャーもある中
    冷静な決断にホッとしています。
    今年は夏以降、オリンピックも全米リベンジもデ杯プレーオフもあるし
    しっかり治して「大活躍」を楽しみに待つことにします。
    それまで、ケイメヒコさんが
    粛々と更新してくださっているランキング試算で
    あれやこれやと空想の世界を楽しむことにしましょう。

      引用  返信

  • しょうがないけど、残念です。
    野球やゴルフと比べると、テニス選手のキャリアは短いですからね。
    でも、一番残念に思ってるのは当然、圭君本人・・・。
    我々も耐えねばなりませんね。
    じっと待ちます!

      引用  返信

  • はい、ゆっくり待ちます。
    そして復帰したらいっぱい応援します。

      引用  返信

  • フ団長更新ありがとうございます。ファンとして、圭君の魅力あふれるプレイを見たいからこそ、待ちま~す

      引用  返信

  • micchi さん、腹筋団長の省略かなと思ってしまいました。
    腹筋て時間かかるんですね。何も知らなかった自分を反省しました。
    JTAのオンライン雑誌によると、最近のRGは選手によってはハードコートと変わらないと言うほど高速になっていて、ボールも去年硬いのに変わったそうですが、鼻血さん、錦織仕様かどうか見ておいて下さるとうれしいです。来年楽しみにしてます。

    WTCの添田くん、竜馬くん、かっこいいですね。予選始まってますが、全仏本戦までケガなく頑張ってほしいです。

      引用  返信

  • 楽しみは後にとっておくほど大きくなります。待つのみです。
    そして、他の日本人選手の活躍も応援していきたいと思います!

      引用  返信

  • 待つのも私一人じゃない
    そして、私たちの想像以上のことをしてきてくれた圭くんの今後を
    わくわくしながら待てる。
    そういう時間も大切にしたいですね。

    全仏も圭くんだけじゃない。他の日本人選手の応援もできるという今の状況はほんとにすごいと思います。
    みんながんばれ~~

      引用  返信

  • 全仏スルーはりっぱで潔い決断だと思います 私てきには内心ホットしました   団長さんのコメントもりっぱです!!

      引用  返信

  • 腹筋団長ww錦織に負けず鍛えていらっしゃるんですね!!
    さすがです!!!
    私も今日から毎日腹筋しながら復帰を祈りたいと思います。
    錦織君が復帰のころには、痩せてないかと期待しつつ^^

      引用  返信

  • 待ちま~す\(^o^)/ 
    錦鯉サイドもじっくり休んで次回の応援に備えましょう♪
    Keiくんはさぞかし悔しいでしょうね・・それを思うと心が痛い!

      引用  返信

  • ジョコがユニクロ!

    圭くんが纏う姿がみれなかった全仏モデルを

    ジョコビッチで見れる!?

    久々に驚いた!!

      引用  返信

  • びっくり!!!
    ユニクロVSユニクロ、早く見たい!
    全仏モデルは、圭君のリクエストもあるから、、。
    使いまわし、、無いでしょっ!(笑)

      引用  返信

  • 現在発売中の日経エンタテインメント6月号に掲載されているタレントパワーランキングの伸び率の大きかったタレントの第4位に我等が錦織圭がランクされました。
    ※1位から3位の顔触れは順に鈴木福、武井咲、剛力彩芽。
    スポーツ界では一番上にランクされており、メジャーリーグで活躍中のダルビッシュ有投手(同8位)を抑えての堂々のランクインとなりました。
    全仏オープン欠場という残念な状況の中、少しでも明るい話題になればと投稿させて頂きました。

      引用  返信

  • 昨日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」でたまたまユニクロ話になって、貴さんが圭君に話題を振ってました。
    貴さん、圭君のことが好きなんだな。

      引用  返信

  • もうすぐ全仏が始まりますね〜(;´д`)
    万全な状態に回復するまで試合をキャンセルしてくれたので、ホッとしたんだけど(;^_^A
    でもでも、圭のいないグランドスラムはやっぱりさみしいー!!(;_;)
    観戦意欲がわいてこないなぁ〜(>_<)
    早く良くなってねー(*^.^*)

      引用  返信

  •  全仏翌週のHalleに、ダブルスでのエントリを確認。

    Berlocq, Carlos (ARG)/Nishikori, Kei (JPN) 55

     これは、行く気満々ということですかね?

      引用  返信

  • コリコリさん、情報ありがとうございます!
    Face Bookも公式サイトも更新がないのでもしかしたら書きたくないの?と思ったり、いやいや便りがないのは良い知らせと思ったり心配になり始めたところでした。
    でも、前回腹筋を傷めてウィンブルドンを棄権したときは確か2ヵ月かからずオリンピックで復帰しましたよね。
    なのでもうすぐ良い知らせが来るのではと心待ちにしています。

      引用  返信

  • 情報ありがとうございます!
    圭くんの試合のない日々はもうヒマでヒマで・・・
    ダブルスから復帰ってのも、シブくていいな。
    あまり無理をせず、でもボールは打って、気持ちを上げてって
    またもやダブルスを上手に使うダンテコーチの作戦でしょうか。

      引用  返信

  • 250大会とはいえ、日本人選手が8シードに二人もいるってすごいなぁ

    これからは竜馬くんも含めて、ATP大会で日本人同士の優勝争いなんて夢の様な事も普通になる?・・・・・

      引用  返信

  • maruさ~ん!

    そうなったら、嬉しくて嬉しくて飛び跳ねてしまいますよ~
    皆で海外遠征・応援ツアーを組みましょう!(^^;)

    Chrisちゃん

    圭君は確か ダブルスだけでなく 
    シングルスもエントリーしているはずだけど、どうだろう?

      引用  返信

  • あ、そうだったんですね。
    両方出るから、「やる気満々か」という
    書き込みだったのですね。失礼いたしました。
    そりゃ~、もちろんシングルスで出られるのが何よりですけど・・・
    圭くんのブログによると
    今は50ぱーくらいだそうですから
    どうなるでしょうか。
    いずれにしても 圭くんが
    よっしゃ、100ぱー!と言うまで
    待ちますとも!!

      引用  返信

  • お久しぶりです。
    私事でご無沙汰してしまいました。

    今日まじまじと楽天OPのチケット価格設定を見ましたが、
    あまりにひどすぎです。
    あえて言うなら
    『錦織圭というドル箱選手が引退した後は
    ペンペン草も生えないような状態』
    でしょうか。。。
    楽天さんあこぎすぎますね。
    JTA本当にふがいない!!
    大失望です。

    え?! ここは駆け込み寺じゃないって??
    すみません。いつもいつもm(_ _)m

      引用  返信

  •  本日10:00の圭の公式ブログの抜粋です。

    「最悪直接ウィンブルドンかeastbourneの予選からでも試合をこなすか考えています。明日とかの練習で調子が良ければ出発も考えると思います。」

     このコメントから推定される圭の復帰は、以下の4パターンに限定さ
    れると思います。

    ①The Boodies Challenge(エキジビ,6/19-23)
     昼行灯さんに見つけていただいたロンドン近郊でのエキジビイベント
     で、現時点で9名の一流選手(1~20位)の参戦が予定されています。 
     ただ、欠員が出れば圭が入れる可能性は充分にあると思います。
      心身に負担をかけずに一流選手と調整マッチをこなせるという意味
     では、このイベントからの復帰が最も望ましいと思っています。

    ②Eastbourne本戦WC参戦(ATP250 28draw,6/17-23)
     現時点でWC3枠は1つも埋まっておらず、首尾良くWCをもらえ
     れば#1シード選手になれます。
      大会側も目玉選手が欲しいはずなのでWCをもらえる可能性はある
     かと思いますが、2回戦からのスタートとなるため、試合数をこなす
     前に負けてしまうリスクがあります。

    ③Eastbourne予選参戦(ATP250 28draw,6/16-23)
     ①、②がレバタラであるのに対し、③は圭の意思で参戦を決めること
     ができます。ただ、本戦でのシードはつかない上、もし決勝まで進ん
     だ場合の試合数は8試合となり、全英前に体力を使い果たしてしまう
     リスクがあります。

    ④いきなり全英
     圭本人が「最悪」と言っているパターンです。
     ①も②も成立しなかった場合に、③ではなく④を選択する可能性は
     充分にあると思います。
      この場合は、1週目は調子を上げながら、自力で勝ち上がって
     もらうしかありません。

     やっぱり①が一番良いですね。
     定評のあるIMGの渉外能力を発揮してもらいたいところです。

      引用  返信

  • 本人の公式ブログが更新されました。

    残念ながらeastbourneでWCは貰えませんでしたが、「来週火曜日、ロンドン辺りのエキシビ」に出場するため土曜日に出発!、とあります。つまり①のCompetitorsになりました。コリコリさんの
    (そして自身の!)考え得る最善策に落ち着いた、というところでしょうか。本拠地?での練習では得られない試合勘や本番直前の雰囲気、プレッシャー・・・・・どこまで出来るか本人も不安でしょうが、無理をせず最後の仕上げをして欲しいものです。

    他人の不幸を喜ぶわけではありませんが、ツォンガも右手指を怪我したみたいですし・・・・・。

    Vamos! KEI!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。