本日も明日もWOWOW錦織特番(試合を放送)ですよ!

昨日のWOWOW錦織圭特番「18歳・錦織圭 世界への扉」は素晴らしい内容でした。

90分と長い番組だったこともありますが、坂本正秀さんのインタビューで2008年の重要な試合を錦織圭本人の言葉で振り返ったり、石黒賢さんと修造さんの対談など盛りだくさんで、過去の錦織圭特番の中ではNo.1の出来だったと言ってよいでしょう。

さすが「テニスを見るならWOWOW!」だけのことはあります。

昨夜見れなかった人も大丈夫。
再放送が1月16日の深夜3:00からあります

まだ加入していない方も間に合います。以下のページで検討してみてはいかがでしょうか。

WOWOW公式サイト

そしてWOWOWでは本日、明日も錦織圭特番が続きます。デルレイビーチ決勝(vsブレイク)、クイーンズ3回戦(vsナダル)、USオープン3回戦(vsフェレール)を一挙放送です。

私は全部すでに録画してありますが、WOWOWはHD画質なのでオンタイムでみて高画質を堪能する予定。
しかしナダル戦はAM3:00から・・・明日は爆睡かなこりゃ。

以下、放送予定です。
(必ずWOWOWページで時間を確認してください。間違いがあっても責任は持てません。)

12月22日 21:00~22:50 デルレイビーチ決勝 vs J.ブレイク

12月22日 深夜3:00~5:00(日付は23日) クイーンズ・アルトワ選手権3回戦 vs R.ナダル

12月23日 深夜0:40~4:20(日付は24日) USオープン3回戦 vs D.フェレール

7 件のコメント

  • 団長、WOWOWの社員さんみたいですね。
    でも、私もWOWOWに入っていて良かったと思いましたよ、昨日の特番!!!
    坂本さんがインタビューしていたのがよかったかも。坂本さんがコーチしている不田選手もフロリダにトレーニングに行っているみたいですね。

    あのような番組を見てしまうとまたまた圭くんの試合が早く見たーーーい病が発病してしまいました。

    でもあと二週間なんですよね。
    WOWOWの再放送試合で我慢我慢。

      引用  返信

  • あと2週間ですねー
    WOWOWとGAORAはテニスファンの生命線ですから、宣伝しますよw

    ちなみに今日と明日の放送はHD画質じゃないかも。
    昨日は191~193chぶち抜きでしたが、今日と明日は193chのみですし、
    デルレイやアルトワは元画質がHDじゃないかも。

      引用  返信

  • 昨日の特番は本当にすばらしかったですね。
    生で見て、録画DVDを既に1回また見てしまいました。
    団長、実況お疲れ様でした。
    今日もまたブレーク戦見始めました♪
    そういえば、C太郎さんのアイデア良いですね!
    圭スペックの鑑賞用ラケットを次回の川柳の景品にするそうで…
    ところで、ブリスベンはどこかで放映してくれるんだろうか。
    あと、AIGのスポンサー、そのことばかり考えています。
    パナソニックとかどうでしょう?
    ソフトバンク、楽天とか?
    とりとめなく、考えが広がっていきます。
    我々になんかできることはないんだろうか?

      引用  返信

  • WOWOWみました。
    そしたら、番組内で言っていた1月号が
    家にとうちゃ~~~く

    圭くん表紙
    出来たら保存版にもう一部欲しい。。
    そんな事思うの私だけでしょうか?

    3月にデルレイを見逃したのですが、しっかり録画しました。。
    そして、感ど~~~です。

    嬉しかったです。

      引用  返信

  • OBM-GOさん

    来ましたね!
    最有力候補だと思います。

    発表は3月か・・・待ちきれませんね。

      引用  返信

  • >OBM-GOさん

    もう、これはもらったでしょう!!
    3月なんですか、待ちきれない。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。