ランキング試算(2014年10月06日付)

ランキング試算(2014年10月06日付)

錦織選手のランキング関連データ 9月29日現在
現在ポイント 4025 本年の対戦成績 44勝10敗
現在ランキング 7位(+1)
本年記録 年初 17位 最高位 8位 最低位 21位
生涯最高位 7位(2014.9.29) 生涯最高ポイント 34025(2014.9.29)
トップテン在位週間 6  現在継続週間 3  過去最高継続週間 3
現在レースポイント  3845  6位(+0)
現在5位の選手とそのポイント  Ferrer, David (ESP) 4495
現在8位の選手とそのポイント  Raonic, Milos (CAN) 3,965
現在10位の選手とそのポイント  Dimitrov, Grigor (BUL) 3710

未だ、ATP公式の発表前ですが、眠いので間違いがあるかもしれませんが、アップします。間違いは後から修正します。またネットが切れるとアップが遅れますのでつながっている内に・・・

先週の優勝で生涯最高位の7位を記録しました。
それら、色々嬉しい状態で、錦織選手は有明に向かいます。
今週は東京と北京の500大会です。
年度末の故でしょうFederer以外の12位までの上位選手はLondonに向けて参戦します。
錦織選手は有明に4番シードで参戦します。

現在ポイントは 現在点4025-失効点 0=基礎点4025 ベスト18点90 6位スタートです。
 注)東京の去年の準々決勝分の90点が失効しますが、Kuala Lumpurの優勝で既にノーカウントに追い出されていますので、失効点は0点です。

06日付け 29日現在  4025 6位  44勝10敗   3845 6位

基礎点   4025
1回戦敗退 4025 (+0 0-90=0) 対 Dodig 最高で6位があります。
2回戦敗退 4025 (+0 45-90=0)   最高で6位があります。
準々決勝  4025 (+0 90-90=0)   最高で6位があります。
準決勝   4115 (+90 180-90=90)  最高で6位があります。
決勝進出  4235 (+210 300-90=210) 最高で6位があります。
優勝    4435 (+410 500-90=410) 最高で6位があります。

今週は基礎点で生涯最高位エントリー6位にアップしますが、優勝してもは順位は上がれません。しかし、レースランキングも6位ですが、非常に競っているので、今週はエントリーの順位よりレースランキングが重要になります。有明でのポイントはとても重要で、最高5位があります。ですから、最低でもシード順以上を狙って、ポイントゲットして欲しいです。加点分のポイントはレースも同じポイントです。

6日付け  28日現在  4025 7位 44勝10敗  3845 6位

消化ゲーム数 0   消化時間  0時間00分 (0)

勝ち残り 錦織選手より上位選手  4
     錦織選手        1
     錦織選手より下位選手 多数

トップテン

レースランキング について
  期末(Paris後)では、エントリーランキングと一致します。
  その上位8人がLondonに参戦できます。
  今年はParisまで混戦が続くことでしょう。
  順位維持が期待されるところです。
  その時の順位の30位以内が年間シード選手になります。これは確定です。

現在点   3845   ベスト6点 90
1回戦敗退 3845 (+0 0-90=0) 対 Dodig 最高で6位があります。
2回戦敗退 3845 (+0 45-90=0)   最高で6位があります。
準々決勝  3845 (+0 90-90=0)   最高で6位があります。
準決勝   3935 (+90 180-90=90)  最高で6位があります。
決勝進出  4055 (+210 300-90=210) 最高で5位があります。
優勝    4255 (+410 500-90=410) 最高で5位があります。

現在の錦織選手のレースポイント(3845)を次勝って超える選手 0
 準決勝進出で越える選手   0
 優勝で越える選手 4 Ferrer、Berdych、Raonic、Murray

・錦織選手が準決勝止まりの場合は誰が優勝するかによります。現在最悪8位があると言えます。
 二つの大会の優勝者がこの4人以外なら6位キープになりまßす。
・錦織選手の自力6位キープは決勝進出です。是非とも何とかこれを達成して欲しいですね。
 その時、もしCilicが準々決勝止まりなら、5位があります。
・錦織選手が優勝したら、Cilicが北京で優勝以外の場合は錦織選手が5位になります。

1 Djokovic 8150 + 0 ( 0 - 0 ) = 8150 △
2 Federer 7020  ○
3 Nadal 6,645  + 0 ( 0 - 0 ) = 6645 △
4 Wawrinka 4795  + 0 ( 0 - 0 ) = 4795 △
5 Cilic 3935  + 0 ( 0 - 45 ) = 3935 △
6 Nishikori 3845 + 0 ( 0 - 90 ) = 3675 △
7 Ferrer 3535  + 0 ( 0 - 90 ) = 3535 △
8 Berdych 3510  + 0 ( 0 - 45 ) = 3510 △
9 Raonic 3440  + 0 ( 0 - 0 ) = 3440 △
10 Murray  3405 + 0 ( 0 - 20 ) = 3405 △
11 Dimitrov 3335 + 0 ( 0 - 20 ) = 3335 △
12 Tsonga 2650  + 0 ( 0 - 45 ) = 2650 △
13 Gulbis 2445  + 0 ( 0 - 90 ) = 2445 △

エントリーランキングについて

現在の錦織選手のレース(4025)を次勝って超える選手 0
 準決勝進出で越える選手   2 Berdych、Cilic
 決勝進出で越える選手 - (割愛)

こちらよりレースの方が重要です。

1 Djokovic, Novak (SRB) 11,650  + 0 ( 0 - 0 ) = 11650 △
2 Nadal, Rafael (ESP)  8,365   + 0 ( 0 - 0 ) = 8365 △
3 Federer, Roger (SUI)  8,170  ○
4 Wawrinka, Stan (SUI) 5,555  + 0 ( 0 - 0 ) = 5555 △
5 Ferrer, David (ESP)  4,495  + 0 ( 0 - 150 ) = 4495 △
6 Nishikori, Kei (JPN)  4,025   + 0 ( 0 - 90 ) = 4025 △
7 Berdych, Tomas (CZE) 4,115  + 0 ( 0 - 45 ) = 3980 △
8 Raonic, Milos (CAN)  3,665  + 0 ( 0 - 0 ) = 3665 △
9 Cilic, Marin (CRO)  3,935  + 0 ( 0 - 45 ) = 3935 △
10 Dimitrov, Grigor (BUL) 3,710  + 0 ( 0 - 90 ) = 4495 △
11 Murray, Andy (GBR)  3,135  + 0 ( 0 - 20 ) = 3155 △
12 Tsonga, Jo-Wilfried (FRA) 3,065  + 0 ( 0 - 45 ) = 3065 △
13 Gulbis, Ernests (LAT)   2,455  + 0 ( 0 - 90 ) = 2455 △

錦織選手の参戦予定(の想像)

※大会開始日、開催地、カテゴリー、ドロー数、エントリー状況の順です。
(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、
 250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス)

アジア・年末
10.05 上海 MS 56Draw DA (#7シード) Valenciaのシード順
10.13 Moscow、Stockholm、Vienna 250 エントリーしていません。Parisのシード順 
10.20 Valencia 500 32Draw DA 今年はBaselではありません。(現在シード#2)
10.27 Paris MS 56Draw DA (現在シード#7)
11.09 Finals London 8名

[参考] 2014. 9.29  日本人ランキング
7 Nishikori  4,025
103 Ito     572
109 Soeda    541
145 Sugita   378
157 Daniel   346
161 Moriya   337
168 Nishioka  322
258 Uchiyama  187
341 Niki     133
381 Kib     112

54 件のコメント

  • もし、大会をスキップするなら上海の方でしょう。
    でも、わたしは上海もValenciaもスキップしないで戦うと思います。
    目指すはLondonですから、連続しての試合経験が大切と思います。
    ただ、メリハリを付けて、上海は流す程度で行きたいです。
    でも、目の前にFedererですから、燃えちゃいそうです。

      引用  返信

  • @ケイメヒコ さん 更新ありがとうございます!
    そうですよね!錦織選手はFedererと対戦したいでしょうね!そして、再びDjokovicとも…なんて夢が膨らんでしまいます!

      引用  返信

  • 試合を見ていませんがベルディクはジョコとの決勝でスコア上まったく歯が立っていません。
    ポイントランキングで争ってはいますが、確実に実力は圭くんの方が上ですね。
    スタンも全豪の優勝ポイントという金メッキが剥がれてしまうと、はるか下に行ってしまいます。
    錦鯉の夢の上方修正が必要かもしれません。
    TOP3!!

      引用  返信

  • すみません。
    ラオニッチのエントリーポイント、3965ではないですか?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください