ランキング試算(3月8日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ

3月1日現在ポイント 10   本年の対戦成績 -勝-敗

現在ランキング 898位(+0)  本年年初 417位  本年最高位 -位

現在100位の選手とそのポイント Wayne Odesnik (USA )   514点

プロテクトランキング 順位 @106位  残りカード 8枚

2月15日現在レースランキング -位

今週はATP大会はなく、Davis Cupがあります。
3月8日付ランキングはBarcelonaに使われます。

3月8日付錦織選手のポイント:10点

残念ながら復帰初戦は敗退でした。今週は参戦がないのでポイント変化もありません。

上位選手について

Davis Cupの得点は500枠の中で数えられ、去年の分と今年の分がそれぞれ生きますが、どちらか得点の大きな方のみ数えられます。今週の成績が数えられる人は少ないと思いますが、複雑なので試算は行わないことにします。ごめんなさい。

巨大地震の起こったチリで行われるイスラエル戦は、試合が実行されるのかどうか?

公式の処理に今週もおかしなところがあります。

事前に参加取り消しをしていたDel PotroとRoddickにペナルティが出ています。ドローまで発表になった後でのドタキャンのFedererはペナルティ無しの元々参戦表明していなかった扱いです。Dubaiをペナルティにすると90点減点のはずです。それが無しです。500枠は3個のペナルティにならなければ成らないはず。おかしいです。
(netdash@鼻血コメント)Federerは肺疾患ということですが、ひょっとしたらそれと関係があるのでしょうか?まさか王者の特権なんてこともないでしょうし。

4 件のコメント

  • ゴミ記事の上塗りになりますが、言わせてください。
    去年末のValencianaのドタキャンも扱いはノンペナルティでした。この時はMurrayも同じでした。そこら辺の時に500枠さんと人によって扱いの違いで色々ありました。
    今回はFedererのドロー発表後ですから、一昨年のアメリカの大会で同じ状況のMurrayはペナルティの扱いを受けたと思います。でも、これは微妙です。
    今までの例から言って、今回のFedererへの扱いが釈然とはしませんが正しいはずです。だとすると、Del Potro、Roddick、Monfilsなどへのペナルティの方が正しくない処置です。彼らにペナルティではじき出された500枠のポイントを僅かとは言え戻してやって欲しいです。
    心配は、TsongaのFinalへの言われないペナルティはポイント上は全く変わりないけれど気持ち悪いです。それを直さない例から言うと今回のDel Potroらへのペナルティも修正されないのかな?
    公式の扱いが人によって変わると、上位だけの試算の結果でも毎週のように違いが出てきて、今度のDevis Cupも複雑ですので、試算の事前発表にはリスクがありすぎです。

      引用  返信

  • GAORAで錦織選手復帰試合の再放送があります。
    GAORAさん、ありがとうございます。

    錦織圭復帰試合「デルレイビーチ」大会の再放送

    3月11日(木)18:00-20:00

      引用  返信

  • みけさん、情報ありがとうございます。
    デルレイビーチが終わって、プチバーンアウトしてましたが、インディアンウェルズに向かって、また応援です!
    ケイメヒコさん、ゴミ記事だなんて!?読者でそんなことを思っている人は一人もいないと思います。物理シリーズに負けず、独自路線を貫くことを、今後も期待しています

      引用  返信

  • Tommy Haas が、腰の手術で半年ぐらい休むようですね。圭君と打ち合う動画をみていただけにジンときます。圭君もきっと寂しいでしょうね。
    圭君には、あせらずゆっくりじっくりいってほしいと願うばかりです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください