ランキング試算(5月23日付)  ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 5月16日 現在

現在ポイント 857   本年の対戦成績 15勝10敗(含む予選など 18勝11敗)

現在ランキング  60位(-7) 本年年初 98    本年最高位 46位

現在45位の選手とそのポイント Golubev, Andrey (KAZ)  1025

WC           年間  5枚  使用数 1枚 残り 4枚

今週はNiceの250大会とDüsseldorfのチーム戦大会です。Newportのエントリーに適用されます。錦織選手は元々Niceにエントリーしていません。むしろ、先週は予選突破しましたが、本戦第1戦前の病気棄権となりましたので、病状が現在どんな状態なのかの方が心配です。全仏は次の日曜日に始まります。
先週はStepanekの得点をミスしていましたので、試算順位を1つ間違えていました

不参戦 857 最高で59位でしょう。Chardyが失効で下に行きます。
現在、WCを含め下位者は10人以上参戦していますし、チーム戦の方の様子は難しいので、様子を見てコメントで書き加えることにします。

今後の予想スケジュール(錦織選手のエントリー状況)です。

(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス、OUT:DAまでの差)

クレーシーズン

5月23日 全仏 GS 128Draw DA

短いたった3大会の芝シーズン

6月 6日 Queen’s 250 56Draw DA
6月13日 Eastbourne 250 32Draw DA
6月20日 全英 GS 128Draw DA

北アメリカシーズン前

7月 4日 Newport 250 32Draw (5月25日頃判明。多分ストレートDA)
8日からDavis Cupがあります。どっちに出るのかな?
7月11日 (Stuttgart、Båstad 250)
7月18日 Atlanta、 250 28Draw(Hamburg 500)
7月25日 Los Angeles、 250 28Draw(Gstaad、Umag 250)

北アメリカのハードシーズン

8月 1日 Washington 500 48Draw
8月 8日 Montreal MS 56Draw
8月14日 Cincinnati MS 56Draw
8月22日 新Winston Salem 250 48Draw
8月29日 US Open

上位選手について

RomaのSFでMurryがSFMの大切なところで2本もDFしてブレークされ、TBまで行きましたが、安定度の高いDjokovicが勝ち、決勝に残った時点で全仏後のNo.1の可能性が非常に高まりました。

RomaでDjokovicの連勝を止めることができず、Djokovic優勝、Nadal準優勝でした。これでNadalは対DjokovicのMS決勝が4連敗となりました。ですから、全仏の基礎点でNadalは10070、Djokovicは11305と差1235点で逆転します。この差は大きく、決勝でNadalに負けてもDjokovicはトップを獲得します。Nadalがトップにいられるのは、決勝をDjokovic以外と対戦し優勝したときだけです。

Nadalの場合、ランキングは問題ではなく、良いプレーをして勝利することが望みだと思いますが、No.1に関して簡単にまとめるとNadalは全仏優勝が必要条件で、あとはDjokovicの成績次第と言うことになります。

今週はSoderlingとFishがチーム戦へ、BerdychとFerrerがNiceへ参戦します。

  • Soderlingは5位のままでしょう。
  • BerdychとRoma欠場のFerrerの差は95点ですが、決勝進出で自力順位キープできます。Ferrerとの決勝で負けても順位キープができるのです。

9 件のコメント

  • 練習不足が気がかりだけど、とりあえずホッとしました。
    いいドローになりますように。

      引用  返信

  • ひさびさ書き込み~。

    あまり気負わず、元気な姿だけ見せて欲しい。

    私も全仏から応援復活。

    らふぁもがんばれ♪

    メヒコさん、らふぁ情報もありがとう。

      引用  返信

  • 公式見て来ました。
    よかったあ!
    1週間切っても練習開始の沙汰がないので心配でした。

    もう、フレンチの土に立った圭を見れるだけでそれ以上望むことありません!

    そして出るからは1勝を!

    ってどっちだよ!(*^_^*)

      引用  返信

  •  さて、ランキングの話をしますと、Niceでは現在69位のHanescuが今QFまで来てて、あと2回勝って優勝したら錦織を抜くようですね。そしてデュッセルドルフのチーム戦では現ランキングで1つ下のKukushkinが抜いて行く可能性がありそうですが、こちらはどういう成績だと何点入るのかを僕は把握してません。でもラウンドロビンで負けがこんでるようだし現時点で57点の差があるから抜かれる事はないかな? ChardyはCHにも出てないし、そうすると5/23付けは最高59位、最低61位で、おそらく59位に落ち着きそうな気がしています。なかなか抜かれないもんですね。
     さあ、全仏ではまず昨年の45点をカバー出来るか? 即ちまずは1勝できるかです!

      引用  返信

  • は、ハネスク強い! ドルゴを6-3、6-3で一蹴! 明日の決勝もハネスクが勝てば錦織は最高が1つ下がって60位になりますね。

      引用  返信

  • ひろQさん、ありがとう。
    今週はちょっと力が入らなかった。
    仰る通り、明日HanescuがAlmagroに勝って優勝すると越されてしまいます。
    しかし、KukushkinはNo.2として2勝ですから多分50点だと思います。すると錦織選手の上には行けないだろうと思います。

    ということで、Hanescuが勝てば60位、負ければ59位で終わることでしょう。

      引用  返信

  • Hanescu、ファイナルセットまで行ったとはホントにギリギリでしたね。侮れなかったなぁ。さあ、これで50位台で全仏へ出場だ! テレビでは頻繁に世界ランキングを言うはずで、それが「60位」って言われるのと「59位」って言われるのじゃちょっぴり印象が違うはず!(無理があるかな?w)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください