負けたーーーっ!!!悔しい!!!芝の王者つええっ!(2014ハレ準決勝)

2014 Halle ATP 250
Semifinals
Roger Federer[2] def. Kei Nishikori[4], 6-3,7-6(4)

すごくいい試合でしたが、負けました!
まずは記事だけ立てておきます。適当に追記していきます。

【追記1】
まずは載せそびれたmicchiさんの応援フード。

来た来た来た~
芝でのフェデラーとの対決!
チロルチョコ食べて応援するぞ~

micchi

food-federer-4-1-micchi
food-federer-4-2-micchi

【追記2】
この大会はウィンブルドンの前哨戦で、本番に向けての調整という側面があり、錦織は負けたとはいえ準決勝まで進出。芝のフェデラーに対しても良いプレーができたということでネガティブにならなければならない要素はありません。
しかし、前哨戦といえどもおこの試合は両者にとって是が非でも勝っておきたい試合だったのではないでしょうか?

錦織にとっては芝でフェデラーに勝つことができれば大きな自信になります。ウィンブルドンでもベスト4、あるいは決勝に行ける力があるんだと信じるに足る勝利になっていたことだったと思います。
フェデラーにとってはこの試合の勝利が絶対条件ではないものの、まさに今売り出し中の勢いのある若手をねじ伏せることができれば、本番を上々の気分のまま迎えることができることでしょう。

フェデラーにとって錦織は、自分はまだ衰えていないということを再確認するためには最高の存在の1人だと思います。また負けず嫌いのフェデラーのこと。今日負けて1勝3敗になるのは絶対イヤだったんではないでしょうか。
2ndセットタイブレークを取り、試合に勝利したもののそれに気づかず、プレーを続けようとしたくらい集中を高めていたことからもそれがわかります。

【追記3】
フェデラーはサーブが絶好調で付けいる隙がなかった。試合を通じて76%、2ndセットに限っては82%の1stサーブの確率。フェデラーのキープ力でこの確率だとどうしようもありません。唯一、2ndセット第2ゲームはブレイクできましたが、このゲームだけがフェデラーの1stサーブが入っていませんでした。このゲームを除くと、フェデラーは2ndセットで3,4ポイントくらいしか2ndサーブになってないと思われます。

錦織の1stサーブも69%と高かったんですがね。

すなわち、錦織から見るともう全部1stサーブが入ってくる感覚だったと思われます。そう考えると、錦織は2ndセット第3ゲーム以降、キープをよく頑張ってタイブレークまで持っていったと言うことも可能でしょう。
また、唯一のチャンスで集中力を高め、攻撃的なリターンをことごとく成功させた錦織のブレイク力も素晴らしいものがあります。

【追記4】
これも掲載しそびれたmicchiさんの2回戦応援フード。失礼しました。

モンフィスのダンス、プロ顔負けなんですね
試合の展開が楽しみでしかたありません
応援フードは難しかったので、な~んとなく感じてくださればいいかなと
(;^_^A
圭くん、リズム崩しだ~

micchi

food-monfils-micchi

【追記5】
錦織がブレイクされたサービスゲームの直接的な原因はストロークのミスでしたが、フェデラーのディフェンスも見逃せませんでした。クレーと異なり、十分な打点に入ることができなければ完全に劣勢に立たされてしまうのですが、少々振られ気味がらも打点には入り、ボールの力は維持したことが錦織のミスをさそいました。

また錦織は2ndセットタイブレーク4-3からのフォアのミス2連続が痛かったですね。ベースライン中央付近は芝が剥げイレギュラー多発していましたが、錦織の方がフェデラーよりそれを気にしていました。このあたりも芝での経験の差かもしれませんし、フェデラーが意図的にそのエリアを使ったのかもしれません。

【追記6】
しかし今日ほどGAORAに入って良かったと思ったこともないかもしれません。以前から緊急放送で錦織の試合を放映し続けてくれるGAORAさん。「GAORAが放送すると錦織が負ける」と言われた時期もありましたw
(昔は錦織が今ほど強くなく、かつGAORAが緊急放送をするということはある程度錦織が勝ち上がっている状態(=対戦相手が強い)であるため、GAORAの放送時に錦織の負けが込むことは仕方なかった)

最近は錦織はGAORAの放送中に数々の偉業を達成し続けています。良かったですねGAORAさん。
みなさんもGAORA(そしてWOWOWも)を応援しましょう。できれば両方に加入してください。

錦織効果で加入者が増えれば両放送局とも錦織放送に力を入れます。結果、ファンも多くの試合を見ることができます。WIN-WINの関係です。

週末の夜に大画面TVでビール飲みながら(私はアイスコーヒーでしたがw)錦織vsフェデラーをライブ観戦・・・

一昔前は野球観戦でしかこういうのは味わえませんでした。至福のひとときですよね~。

57 件のコメント

  • 牧口流星選手(Fテニス)も2012年に初めて全日本に出場してから暫くはJTAに名前が出ていませんでしたし、たとえ有望、有名選手であっても登録申請から半年以上、名前が載っていないのはよくありますね~何故なんでしょうね?
    太郎選手、西岡選手は強化指定のBに指定されていますし、何の問題もないかと思います。
    でも気になりますよね~審査、承認に時間かけすぎで選手をぞんざいに扱ってるんではないかとも思いますね。

      引用  返信

  • 団長〜〜\(^O^)/\(^O^)/
    ありがとうございます。ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

    凄く凄く読みやすくなりました。
    こんなに早くやって頂いて感動です。ヽ(^◇^*)/

    これで、どんなにいっぱいでもド~~~ンと来い!です。

      引用  返信

  • ミラノCH予選、西岡選手、逆転勝ち!ドロドロのブレイク合戦みたいでしたが、勝てたので良かった(^^)全米の予選への足がかりを築いてほしいですね。

      引用  返信

  • 西岡はダブルヘッダーにもめげず、頑張りましたね。
    明日も試合が入る可能性が高いと思いますが、ここを抜ければ1日は休めますからね。もうひと踏ん張りしてほしいです。

      引用  返信

  • 雨の影響で重くなったクレーで、ほぼ5セット戦い抜いたのは価値があると思います!コリコリさんの仰るように1Rを勝てれば先が見えますね!

      引用  返信

  • 伊藤、杉田選手は勝ってました(^^)添田、太郎選手は相手が厳しかったですね。残った4人のうち、1人でも多く予選を突破してほしいですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。