【レビュー更新】またひとつ大きな壁を突き破った錦織圭!初のGSベスト4へ突き進め!(2014USオープン4回戦)

2014 US Open Grand Slam
4th Round
Kei Nishikori[10] def. Milos Raonic, 4-6,7-6(5),6-7(6),7-5,6-4

鼻血でたあああああ!!!!!
鼻血が出た試合まとめ

お互いに死力を尽くして戦った試合でした。プレッシャーとの戦い、体力との戦い、異なる持ち味を持つ2人のテニスが噛み合って名勝負を生み出しました。

押し気味に試合を進めながら、試合の流れとしては負けてもおかしくない非常に苦しい展開。諦めなかった気力と、鍛えぬいた体力が錦織を支えました。文句なしに「鼻血が出た」試合でしたが、試合の内容もさることながら、錦織のキャリアに対して与える影響として、最も重要な試合の一つになるかもしれません。

錦織はこの試合でまたひとつ、大きな壁を突き破ったと思います。

試合の流れ

1stセットは錦織はナーバスになっていたようです。
第3ゲームを自滅であっさりとブレイクされます。
ブレイクバックしたものの、4-5から再び自らのミスでブレイクを許し、セットを奪われます。
優勢にラリーを進める錦織でしたが、フォアハンドのタイミングが合っていないようでした。

サービスもあまり良くなく、ストロークミスにダブルフォルトを織り交ぜるような形になってしまい、ラオニッチに楽をさせてしまいました。

ただ、リターンはラオニッチの弾丸サーブのよく食らいついていたし、セカンドサーブになれば攻撃できるという計算は成り立っているのが救いでした。

ラオニッチ、最初のサービスゲームから230km/h前後のサーブを連発し、この試合に対する意気込みを感じました。

2ndセット、ストロークは徐々にヒットしはじめますが、まだ大事なところでミスが出てしまいます。
第3ゲーム、第9ゲームをブレイクするも、いずれもすぐさまブレイクバックされ、ものすごくイヤ~な雰囲気に・・・。
ラオニッチのバックハンドへの攻撃が効果的だったのですが、ラオニッチもそれを読んでかなりバック側に寄っていたので、狙いすぎてのミスが目立ちました。

タイブレークに突入し、ラリーでも粘るラオニッチに精神戦を強いられましたが、なんとか振り切ってセットオールに。
このような展開になると錦織は強いので、3rdセットに向けて期待が膨らみました。
また、リターンもかなり当たるようになってきていました。

3rdセットは期待通り、押し気味に試合を進めます。サービスキープが安定してきました。
目の覚めるようなリターンエースを決め、幾度と無くブレイクポイントを握ります。
しかしラオニッチもピンチで踏ん張り、どうしてもブレイクできません。
このセットもタイブレークになりました。
ラオニッチはサービスゲームでは錦織のリターンの脅威にさらされ、リターンゲームはあっさりと取られ、相当なプレッシャーが掛かっていたはずですが、サービスゲームを死守したことが生きました。
タイブレーク6-6の土壇場で素晴らしいショットをラオニッチが決め、セットカウント2-1でラオニッチがリード。

今度はプレッシャーにさらされるのは錦織になりました。
このセットは2ndセットをタイブレークで落としながらも気落ちしなかったラオニッチを褒めるべきでしょう。

しかしタイブレイクを取れるかどうかは運も関係します。錦織も気落ちしませんでした。
右足の治療でMTOを取り、間を取ります。
見ている方はハラハラでしたが、錦織は落ち着いていたと思います。ドリンクを飲みながら、ラオニッチ攻略のプランを冷静に練っていたことでしょう。
4thセット、お互いに体力的にも精神的にもきつかったと思われ、洗面器に顔をつっこんで息を止めているような、我慢比べのキープ合戦が再び続きました。
スコアの上では劣勢の錦織でしたが、サービスキープへの負担が減り、リターンゲームでもやるべきことができるようになっていましたので、あとは焦らずにチャンスを待とう、という心境であったと想像できます。
そしてそのチャンスはセット終盤に訪れ、7-5で錦織が取って運命のファイナルセットへ。

ファイナルセットに強い錦織。激戦の次の試合で息切れすることもあるので体力があると思われないこともあるようですが、実はすごいスタミナを持っています。1試合としての体力は、相当にある方だと思われます。
小兵であること、そしてフットワークが生命線となるプレイスタイルゆえ、激戦が続くと上位ラウンドで力を発揮できないことがありますが、こういったドロドロにもつれた試合になればなるほど力を発揮します。

おそらくゴールがもう見えているので、「あともう少し頑張りさえすれば勝てる!」という思考になり、力が湧いてくるのだと思われます。普通は硬くなります。すごいメンタルです。
そして体力の限界を超えると、次の試合では使い物にならないこともある・・・と・・・。

今日のファイナルセットも、そういった「現金な」勝負強さを発揮し、安心して見ていられました。
ラオニッチもここまでずっと耐えてきましたが、ファイナルセットはもう体力的にも消耗してしまったようでした。
アーサー・アッシュスタジアムの雰囲気も最後には味方に付け、苦しい苦しいマラソンマッチを走りぬいた錦織圭が大きな勝利を掴みました。

準々決勝の展望

準々決勝は全豪チャンピオンのバブリンカとの対戦です。
錦織は2戦してまだ勝利していません。

でもインタビューで「バブリンカとはまだやったことがない」と相変わらず天然っぷりを発揮していたので、もう教えずにそのまま試合させたほうがいいと思いますw
それってつまり、苦手意識を感じているわけではないということですよね。

この試合のあとでは体力的に心配ですが、そういうこと言ってられないビッグチャンスなので、次も絶対に勝って欲しいです。
注意すべきはあのすさまじいシングルバックハンドです。私はシングルバックハンドの世界最高峰だと思います。

特にストレートが絶品で、肩が入っていて全く読めません。
引っ張ったクロスが強烈な選手はよくいますが、バブリンカのストレートは迷わず振り切り、すさまじいスピードで飛んできます。しかも逆クロス気味にも飛んできます。
これが錦織得意のバックハンドクロスと相性が悪く、2回の敗戦は先にストレートを打たれたことが大きな要因でした。
かと言ってフォアをあからさまに狙っても、フォアも強いので逆襲を食らうことがありますw まずはストロークの深さが重要になるでしょう。

当然、次の試合も鼻血対象です。

【追記】
ギルバートからのインタビューのとき、バブリンカに対して

I don’t think (少し間あけて) I’ve never played against him… と錦織は言っているので、文章通り取れば「彼と対戦したことがないことはないと思う」ですが・・・。少し間を開けて言い直したのであれば「彼と対戦したことはない」ですが、どっちなのか微妙ですね。後者かなあ・・・。

143 件のコメント

  • 嬉しい勝利ですね。
    この二人は、これから何度もたたかっていくんだろうなぁ、って試合のハイライトを見ながら胸熱になっていました。
    ホントに嬉しい!

      引用  返信

  • 団長さん、レビューありがとうございます!
    うん、うん、 と頷きながら読みました。
    質問。バブリンカさんは、
    「今に見とけリスト」には、入ってなかったでしたっけ?
    それとも「今なら勝てるリスト」かな?

      引用  返信

  • 5セット目からの観戦でした。
    それまで実況の皆さんのコメントで試合の流れは大体把握していたものの、実際に戦っている圭君を見るまでは、一体どんな表情なのか気になっていました。5セット目だし、大会前の体力的な懸念を考えるとどうなんだろう…。と。でも、画面に映ったのは淡々としながらも気迫を感じる、そして自信に満ちた圭くんでした。決して弱気になんてなっていないのが伝わってきました。メンタルの強さは(だけじゃないけど)、チャンコーチが加わって、本当に大きく良い方に変化していますよね。修造さんの言う、「ダンテコーチのEasy goingなところと、チャンコーチの口うるさい指導」の化学反応が、本当にうまく作用している感じで納得です!
    これからもっと過酷な戦いが待っていますが、楽しむことを忘れず、思いっきり圭君のテニスをしてもらいたいですね。そして、私たちも楽しませてもらおうじゃありませんか!
    次は、バブちゃん…。スイス在住の私にとっては、こちらの新聞でも絶対に取り上げられるだろう圭君の名前!大きく取り上げてもらいたいです。息子は、どちらの応援をしようかと、ちょっと迷っていますが…。笑
    応援フードはなんでしょうか…。私は、スイスチョコとチーズを食べまくって応援したいと思います!ごめんよ、バブ〜。

      引用  返信

  • 久しぶりに見ているだけで疲れ果てる試合でした。
    でも勝って良かった~。
    フルセットに入った時点でこれは絶対に勝った!と思ってましたが、最後はライスコのみの観戦だったため、ドキドキでした。(おまけに仕事中だった)

    「バブリンカとはやったことない・・・」には笑いました。それを聞いた修造までもが、報道ステーションで「初めての対戦です。」とか言ってたので、おいおい・・・調べろよと思いました。

    南米?あたりのツアーでバブリンカが錦織の試合をじっと偵察し、「錦織攻略法がわかった」とかいって実際にあっさり錦織を破ったのが記憶に刻まれてます。あれは超悔しかった。

    でも錦織は覚えてないんですねw。

    でも大丈夫です!マイケル・チャンがいます。対策をしっかり授けてくれるはずです。後はとにかく回復すること!

    ここまできたら、どこまでも行けるとこまで行って下さい!!
    どこまでも応援します!

      引用  返信

  • ほんとに手に汗握りました!
    しかし試合が長くて録画がファイナルセット2-2で切れてしまってました。
    急いでwowow見たら再放送していてファイナルセット最後の勝った場面だけ見れました。
    最初からwowow見てればよかった。。。

    錦織すごいメンタルとフィジカルですね!
    次も応援します!
    録画多めにしておきます!

      引用  返信

  • 初めてコメントします。
    スポーツ観戦で応援する対象が勝つことで、歓喜することはあっても、
    その戦いぶりに「感動して勇気をもらう」ということは生きてきて一度もありませんでした。
    他人の頑張りを見て何故そんな気持ちになれるのか?と分かりませんでした。
    父や祖父の影響で、小さい頃から野球も好きです、テニスも勿論好きです。ここ10年位はフェデラー見たさにTV観戦してきました。
    でも、今年のバルセロナ、マドリッドでの錦織選手の諦めない戦いぶりを観て、人はここまで頑張れるものなんだと衝撃を受けました。
    初めてスポーツ選手の試合を観て勇気をもらうってこういうことなんだ、と実感しました。
    それから順調に行くと思いきや、なかなかの苦労。。。
    でもやっぱり今回も諦めず冷静な心を保つ、その姿勢に感服しました。
    本当にこの時代に錦織選手を応援できる幸せを、これからもかみしめたいと思います。

      引用  返信

  • でらすけさん、

    WOWOWは、番組表で予約すれば自動延長してくれますよ~!(^o^)v

    GAORAは逆に、延長の時に番組名を変えちゃうので自動延長できないんだよね~(/_;)

    そのままの番組名で延長してくれたら良いのにねぇ~…((T_T))

    うれしくて、なかなか眠れない!(*´∀`)♪

      引用  返信

  • ATP公式サイトによると試合終了時刻午前2時26分は1993年のMats Wilandeer vs Mikael Pernforsと2012年のPhilipp Kohlscheiber vs John Isnerとの全米大会タイ記録だそうです。QFが行われる木曜は予報では晴れで日中は摂氏30度まで気温が上昇するみたいです。是非また素晴らしい試合になることを期待しています。

      引用  返信

  •  
     全米準々決勝 vs.スタン・バブリンカ 対戦情報
      
     US Open (GS2000)
     [Surface:Hard,Draw Size:S-128]
      
     Quarterfinal
      
    対戦相手:[#3]Wawrinka, Stan (SUI) 4位 29才

    • キャリアハイ3位(27.01.2014)
    • 最近は苦手なサーフェースはない。2008北京五輪ダブルス覇者
    • 片手バックハンドのコース打ち分けが絶品
    • 今季は全豪(GS初)モンテカルロ(MS初)、チェンナイで優勝。ツアー優勝は通算7回。
    • 全米プレシリーズでは、トロントでAnderson(21位)に3R負け、 シンシナティではCilic(19位)にフルセット勝ちするもQFでBenneteau(41位)に6-1,1-6,2-6負け。
    • 本大会では、Vesely(75位)には3セット勝ち、Bellucci(91位)&[#16]Robredo(18位)には4セット勝ち、Kavcic(92位)には不戦勝で2年連続のQF進出
    • 全英以降の公式戦成績は7勝2敗(圭は6勝1敗)

    対戦成績
     2敗(2012ブエノスアイレスQF:4-6,2-6、2012シンシナティ3R:3-6,3-6)
      
    試合日時
     現地時間:9月3日(水) 11:00開始の第3試合 NB15:00 [Arthur Ashe Stadium]
    (日本時間:9月3日(水) 24:00開始の第3試合 NB明朝4:00

     ※朝4:00にスタンバイしましょう。
       
    天候予報:晴れ
      
    生観戦手段

    • 大会公式ライブスコア
    • WOWOWライブによる生中継
    • NHKによる地上波緊急生中継の可能性あり

    勝利獲得Pt:360pt(今大会720pt、9/8付年間RK最高9位レースRK最高9位)+鼻血賞
      
    平均OddsWawrinka1.55 vs.圭2.45
     
     

      引用  返信

  • 圭くん、やはりデイセッションの最終ですね!!(>_<)
    しっかりリカバリーしてほしい!!
    そしてモンさんが勝ったーーー!!
    うわーこんな楽しみなUSOpen、初めてかも・・・\(≧∀≦*)/

      引用  返信

  • 下団さん、ですよね、ひよこちゃんbag!!(*^m^*)
    圭くんのキャラにぴったり!!
    あのバッグが欲しいですーーー(*´▽`*)

    マイケルはすごく細かい人みたいなので、脱いだウェアは袋に入れておきなさい!とかマイケルに言われたのかなぁ(笑)

      引用  返信

  • そろそろ来週火曜の朝、仕事をサボれる雰囲気作り始めてみようかしらん(笑)。

      引用  返信

  • ひよこさん、あの場所に座れるひよこちゃんが羨ましいです(^^)
    チャンコーチ並みの視線も良いです!

      引用  返信

  • 昨日はほんとに感動しました!
    次の試合も応援します!
    かわいいバッグは
    チキンラーメンのひよこちゃんですね

      引用  返信

  • 私もあのひよこバッグ気になってましたが、このひよこちゃんの視線、びっくりです^ ^

    明日は朝4時ですね!
    苦手意識無いなら、行けますね!

      引用  返信

  • マイケル・チャンの大ファンでした。

    最近スポーツをみることも少なくなったのですが、錦織のニュースをみて
    マイケル・チャンに似ているなぁと思ってました。そうですか、彼がコーチに
    ついていたんですね。

      引用  返信

  • よかったよかった。「フルセットまで行けば錦織」と思ってたのでホッとしました。WBと違ってラオニッチに簡単に取らせたセットが無かったのは大きかったと思います。
    そしてフェレール、ツォンガ、ディミトロフの敗退でレースランキング大混戦ですね・・チリッチも上がってきてるし、こんなに最終戦争いが荒れてるのも久々な気が。なんとか行って欲しいけど、せめてtop10でシーズン終了してほしい!

      引用  返信

  • レースランキングで上にいる選手で、
    ディミ・ラオニッチ・フェレール
    対して直近2選手のマレー・ベルディヒは勝ち上がってますね。

    誰に標準を向けるか・・
    故障で一度は諦めかけた最終戦でしたが欲が出てきました。

      引用  返信

  • 昨日は仕事の合間に、WOWOWオンデマンドでしか見ることができませんでした…>_<…
    ちょうど第4セット終盤から第5セットの始めまでを見ることができ、第4セットを取ったところで、これは勝てると思いました。ファイナルセットに強い圭くんてすから。この流れは行ける❗️
    結果は仕事が終わってからやっと知ることができました。やったあー*\(^o^)/*
    圭くんすごいです❗️❗️うれしい
    ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
    試合のハイライトやら、記事やら、こちらの団長のレビューや皆さんのコメントを見るのが精一杯で、まだ試合の録画を全部見ていません。早く見たいです。
    でももう明日の早朝はQFですね。今度はなんとか見られそうです。
    圭くん、行けるところまで行って❗️❗️
    わくわくです(*^^*)

      引用  返信

  • アーサーアッシュスタジアムに黄色いひよこそして「チキンラーメン」の文字。
    なんてシュールな映像なんでしょう。
    そしてきちんとキャラクターやロゴが隠れないように表を向けて置くあたり、本当によく出来た子だと思います(笑)
    昨日は3時少し前にファイナルセット突入という事で慌てて家に戻って録画セット(家と職場の距離が車で5分程度でしたので笑)。
    ちょうど録画が切れた時に錦織くんがラケットを交換してくれて、いいところで録画が切れずに済みました。うーんどこまでも出来た子!!

    バブリンカも高速サーブの持ち主だと思いますが、ラオニッチよりは反応できそうだと思うのですがどうでしょう?

    バブリンカがラケットを破壊するくらい追い詰めてほしい!!

      引用  返信

  • 一晩明けても興奮さめやらぬですね
    プレビューお疲れ様でした

    今回錦織選手にとって何よりも大きかったのは「素の錦織」で勝てた事じゃないでしょうか?
    今回も最終セットはモードに入ったかの如くの攻めを見せていましたがよくよく見ると4セット後半から完全にラオニッチの足が止まり自分のサービスゲームじゃないときは目に見えて動きが悪くなっていました
    それに対して錦織選手は2セット中盤から最後まで同じペースでテニスをしていたように見えます
    序盤、中盤こそラオニッチのサーブや厳しい攻めなどで崩されミスもしていましたがラオニッチの足が止まりショットの質が落ちた事により錦織選手のストロークに余裕ができて際どいコースなどにも積極的に打ち込んでいました
    今までの劇的勝利との違いがまさにここで自分が実力以上の爆発力を発揮するのではなくもともとの自分のプレイをフルセット続けた事でランキング6位のランカーを倒した
    これが私の見解です
    試合後のコメントも自信に満ち溢れていたのも自分でそれをわかっていたからじゃないでしょうか
    ともあれ
    トップランカーとぶつかる度にモードに入るとも限らないし入ったとしてその代償は今まで見てきてわかるように決して安いものではありません
    GSファイナルなどで錦織モードに入った試合を見たいなんて気持ちもありますが….
    それでもやはり自分の能力を安定して発揮し勝ち進む事こそGS制覇への近道なんじゃないかと思いました

    このブログは本当にテニス(特に錦織選手)に詳しい方が多々いますね
    そんな中大した知識も無い自分が長々とコメントしてお目汚し失礼しました

    さあ次はシングルランカーの壁を越えた物達だけが許されるベスト8での試合
    鼻血に気を付けて応援しましょう(笑)

      引用  返信

  • 優勝の副賞で(確か)ビール1年分を贈られて、「ビールはあまり飲まないので・・・」と言っていた記憶があるんですがw

    それから思うと、チキンラーメンの文字をちゃんと見せるというのはテニス以上の大進化かも。

    レースランキングは、ベスト8に残ったことで可能性を繋ぎました。全米開始時点で8位と700点くらいの差があったと思うので厳しい状況でしたが、バブリンカに勝てれば可能性が結構出てくると思います。負けてしまったら残る2つのマスターズ1000の両方でベスト4以上くらいの成績が必要になりそうです。

    サーブへの対応は、速度も重要ですが予測の問題も大きいので、ラオニッチに対応できたからバブリンカは大丈夫とは一概には言えないでしょうね。
    ラオニッチほど速くなくてもコースが読みづらければブレイクは難しくなります。

    しかし、どんなビッグサーバーでもサーブには多少の波があるものなので(ブレやすいショットであるからこそ2本打つことが許されている)、相手の確率が落ちたところで自分が良いプレーをできるかどうかがカギです。

      引用  返信

  • 「バブリンカとはまだやったことがない」と相変わらず天然っぷりを発揮していたので、もう教えずにそのまま試合させたほうがいいと思います

    とのコメントに思わず笑ってしまいました~
    圭くんってそんなに天然なんですね。癒されました(^◇^)

      引用  返信

  • ”鼻血ブログ今に見とけリスト”をみているとフラットに打つ選手が多い気がするので バブリンカはやはり注意が必要かもですね。チームは戦略をどう練っているのか楽しみです。
    疲労少なく今までのような最強フットワークがあれば攻撃的にプレッシャーをかけられると思います!

      引用  返信

  • 昨日はもう夜中からずっと緊張していたので、いよいよ試合始まって第1セット目の
    ガチガチの圭くんを見たら、さらに私も緊張が高まり、お昼のお弁当ものどを通らず…
    第4セットはきちんと?!お仕事してたので、経過が見れずずっと祈っていたのですが、
    7-5で取ってて鳥肌ものの驚き!!もうファイナル行けば、圭くんでしょう!でしたね!
    ほんとにメンタル強いですね!それに体力もあって落ちないところもすごい!
    私もゆむさん同様にまだ録画見終わってません…
    帰って見たいけど、今日はテニススクールも行かなくちゃ…
    次の試合ももう朝の4時からですね~~~
    バブさんと南米クレーで対戦したのは2年前ですか…
    負けて悔しい!って思って次はハードだしいける!って思ったのにまた負けたを覚えているので、
    さすがに圭くんも忘れていないかと…(覚えてるよねっ、圭くん!)
    バブさんとの戦いもかなり難しくなると思われますが、2年前よりずっと進化した圭くんを
    存分に見せてください!

    楽天優勝の時にビールもらって(飲まない…)発言があった思いますが、
    ひよこちゃん袋の文字を意識的に出しているとは、どうも思えません(笑)
    今まではラケット入ってたビニール袋に着替えを入れていたと思いますが、
    あーちょうどいい袋あった!くらい的な気も…いや、でもそこも進化してるのかな~~~

      引用  返信

  • コロナビール一年分でしたよね~そのコメントを聞いた瞬間、吹き出しましたが(^^)
    以前もコメントしたかもしれませんが、テニスコーチをしている知人が「錦織君のおかげで、教え子やその父兄さん達に夢を語れる」と喜んでいたのですが・・・本当に素晴らしい夢を見させてくれますね。
    QFの相手はスタミナ・スタンの異名もあるワウリンカ選手・・・ぜひ勝って更なる夢を見させてほしいですね。

      引用  返信

  • バブちゃん、我が家では【木こり】の愛称で観戦しています。
    腕の刺青(何か、素敵な言葉だったようですが、忘れちゃいました。)やパワフルなバックなど大木を倒すようなイメージが強くて・・・。

    どんなゲーム展開になるか本当に楽しみですが、敗戦の記憶が残っていないところをみると圭君自身にも負けるイメージがなさそうですね。

    怪我や疲労が心配だし、何と言ってもGS覇者のブライドをもつ大敵ですが、早目の展開でサクっと片付けて頂いて、ラオ戦のような激闘はユニクロ対決まで取っておいてくれればと思います。

      引用  返信

  • 嬉しいので久しぶりに書き込みいたします。
    取りたかった3セット目を痛恨のダブルフォルトなどで落としてしまって…
    サーブも良くないし、大事な所でミスも出て、ラオ君の素晴らしいネットプレーも冴えてる…
    うわーん、今日負けちゃうか?と思いきや。
    だんだんラリーでテンポが出て来てセットオール。
    やはりバックのダウンザラインが決まってくるとイイですね!
    ファイナルセットの6ゲームめ、自由自在に遊んでるみたいなドロップショットやローボレー!
    このプレーが出て来ちゃったらもうハイ、圭のものですね!
    ここから躍動感溢れるショットの連続、しびれました!
    ジェットコースターみたいな4時間と少し。心臓が1つで足りないくらいドキドキしましたよ〜。
    GSの借りをキッチリGSで返す。素晴らしいですねー
    スタンとの次戦、見てる方も苦手意識があるんだけど、本人忘れてるみたいだし(笑)
    いい感触のまま突き進んで欲しいな!
    応援フード、既出でなかったら酢とタン(タン塩?)でいかがでしょうか^^

      引用  返信

  • 言っても仕方がないことですが、今回は体力的なハンディがどうしても気になりますね。

    圭が前日未明まで4時間超の激戦をやっていたのに対し、対するバブはその5~6時間前には試合を終えていたはず。しかも、不戦勝があるので3試合しかやっていません。圭のラオニッチ戦がナイターだったのが救いですね。

    でもこれで勝てたら、技術も体力も回復力も本物。本気で最後まで期待しちゃいますよ。

      引用  返信

  • 以前までは、スリチャパンに似てきたと思ってたけど、ここのとこ、タイガーウッズに似てきましたね^_^

      引用  返信

  • たしかに体力的なハンデは気になりますね。
    ただ、ラオニッチ戦は時間こそ長かったものの、サービスエースが多く、ラリー合戦があまりなかったのがせめてもの救いかと…

    たとえば、フェレールとのフルセットだったりしたら、もうボロボロだったかもしれませんね。

      引用  返信

  • この記事によると、あの人が「ワウリンカは素晴らしい選手で世界でもベストな選手の一人だが、圭が勝っても何の不思議もない」と宣ったそうです。ただ「KEIが自分のテニスをできるか、どうかがカギとなる」との注釈付きですが(^^ゞスロースターター?の彼がラオニッチ戦序盤で苦しんだサーブに時間を割いたとのこと。勝つ為とは言えさぞかし過酷?な反復練習だったことでしょう。くわばらくわばらw

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000014-mai-spo

    こちらの記事には、TOP10なぞ”雲の上の”話しで現実味がなく、夢に向かってテニス漬けの日々を共に過ごしたIMGアカデミー同期生が、当時を振り返った記事が出ています。ひときわ小柄だったKEIが時折見せる「技術だけでは語れない天性のスーパープレイ」や、凄くノってきた時はテンポ良く攻めて会場を沸かせるプレイなど、現在の彼に繋がる才能の片鱗をうかがわせていたそうです。ただ当時は審判や相手選手を前に口ごもる「根暗な」少年だったそう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140903-00000077-spnannex-spo

      引用  返信

  • いつも楽しみに拝見しています。

    昨日の試合、すごい死闘でしたね~。
    夕方家に帰ってから録画を見たのですが、本当に長くて緊迫した試合でした。
    深夜の2時半すぎになっても、体力・集中力を切らさない錦織選手、すごすぎです。
    ラオニッチは明らかに疲れ切っていましたが、最後まであきらめませんでしたね。そしてどんな状況でもクールなあの表情。錦織選手の強力な同世代ライバルですが、ちょっとファンになりました。

    バブリンカ、強いですよね~
    今年フェデラーとダブルスを組んでいた時、フェデラーと見比べても右腕が太い!(左腕とすごいアンバランスw)まさに木こりです。
    圭君はガスケとかバブリンカみたいな、バックストレートの強いタイプ、やや苦手にしている気がしますが、強気なコメントを信じて応援します!

      引用  返信

  • roroさん、酢とタン塩、いいですねえ
    ペロって食べてしまいそう
    今回は、残念ながら作ってしまっちゃったので、次回使わせていただきますね

      引用  返信

  • micchiさん、いつもクスっと笑っちゃう楽しい応援フードありがとうございます。
    これから何度も当たるでしょうからまた次回^^
    関西のおっちゃんさんが言う「きこり」なるほど、ですね(笑)。
    (どっかーん、どっかーん、シングルハンドで木をぶっ倒してる感じですかね)
    そうすると「きこりの切株」もストックできますね(笑)
    今回は何かなー。楽しみです。

      引用  返信

  • ミロス 「今のアウトコールだが審判あなたはどう思う?」

    審判 「インのように見えたけどわからない、、、」

    ミロス「じゃ、チャレンジするわ」

    (結果、サービスエースでミロス、ポイント。)

    圭 「なんで?なんで?チャレンジするかどうかふつう審判に聞ける?」
      「おかしいじゃん」

    審判 「私はわからないと言っただけ」
       「チャレンジするしないは選手の意思よ」

    圭  「て〜!! おかしくね?」 

    (不機嫌そうに審判に背を向ける)。

    こういったことだったのでしょうか?もしそうなら規則的には
    どうなんでしょう。

    全く違っていたらごめんなさい。

      引用  返信

  • けろけろさん

    ミロス 「今のアウトコールだが審判あなたはどう思う?」

    審判 「インのように見えたけどわからない、、、」

    ミロス 「チャレンジ成功したら、自分のポイントになる?」

    審判 「なるわ」

    ミロス「じゃ、チャレンジするわ」

    (結果、サービスエースでミロス、ポイント。)

    圭 「何それ?ポイントになるかどうか確認してからチャンレンジできるの?」
       「そんなことしちゃダメでしょ?」
      
    審判 「私は質問に答えただけよ。何がいけないの?」
       「最終的にチャレンジするしないは選手の意思よ」

    圭  「て〜!! おかしくね?」 

    (不機嫌そうに審判に背を向ける)。

    主審に今のジャッジどう?的なことはよく見かけますね。

    主審もこんなにアウトだったよとか微妙だね~みたいな仕草で答えています。

    でも、ポイントになるかどうか確認しているのは初めて見ました。

    規則的にはどうなんでしょうね…

      引用  返信

  • なかがわさん、お応えありがとうございました。

    なるほど、そういうことでしたか。
    思いがけずヘビー?な圭君の抗議だったので、、。

    さて、バブ戦、もうじき始まります。現在3時45分。
    wowwowでの観戦ですが、ハラハラどきどきしながら、拳を
    握りしめて応援します。

    ありがとうございました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。