絶叫!ファイナルセット勝率歴代最高の男、見参!(2014USオープン準々決勝)

試合後の感想用に記事だけ先に立てておきます。

力と力のぶつかり合い!
現在セットカウント2-1でリード。
バブリンカの猛攻を耐え、いつの間にか逆転しています!

Kei Nishikori[10] leads Stan Wawrinka[3], 4-6,7-5,7-6(7)

【8:35】
勝った!勝ちました!

2014 US Open Grand Slam
Quarterfinals
Kei Nishikori[10] def. Stan Wawrinka[3], 4-6,7-5,7-6(7),6-7(5),6-4

victory2b

今日も4時間超えの試合、バブリンカのえげつない攻め、お互いの体力、気力、戦略の限りを尽くした死闘でした。
ファイナルセット勝率は、現役最高どころか歴代最高の錦織圭、今日もその力をいかんなく発揮しました。

ファイナルセット、バブリンカは下がってリスクを下げる戦略を取り、錦織に体力勝負を挑みました。
しかしこれが仇になったと思います。リスクも下げたがリターンも下げました。
この戦略は、錦織に試合の決定権を委ねる戦略で、錦織の心と体が折れずにプレーのレベルを保ち続ければ、少なくともタイブレーク以外で負けることはあまりない状態だったと思われます。

そして錦織は実際に、折れませんでした。疲労は明らかでしたが強気は保ち続け、ネットにも出続けました。
バブリンカの方も最後の方は足に来ていたようで、ドロップを追えなかったり球際の返しが苦しくなっていましたから、あるいはその戦略しか取れなかったのかもしれません。

「鉄のスタン」に体力勝負でも決して負けなかったことは、錦織が心技体全てにおいて世界トップレベルに肩を並べたことを証明したと思います。
しかもラオニッチとの4時間超えマッチの後ですからね・・・。

今日はまとまった内容の記事が書けそうな精神状態じゃない(ふわふわさん)になってしまったので、不定期に断続的に書くことと致します。
では出勤しますので後ほど。

【小ネタ 9:15】

  • スッキリ!で10分以上に渡って試合の模様をダイジェストで放送してくれました。また情報も正確でした。
  • 未明に自分会議を行い、本日の遅刻を決定しました。ナイス判断。
  • マイケル・チャンは自分のレジェンドダブルスの試合に出ず、最後まで見ていました。棄権したのか試合自体が流れたのかは不明。チャンも私と同じ時間帯に自分会議で欠場を決めたのかも。チャンA「試合どうすっかなあ」チャンB「ぶっちぎっちゃえよ。圭の大事な試合だぞ。」チャンA「でもなあ、ペアのフィリポーシス、顔が怖いしなあ。」チャンB「知るかよ。圭の試合中のお前の顔も怖いよ。」チャンA「そうすっか。」こんなやりとりを想像。
  • 勝った瞬間の錦織は、4回戦と打って変わって勝利を噛みしめるような無表情w
  • 実況掲示板に現れたテニス大明神様が、実はただのサラリーマンであることが判明

206 件のコメント

  • スッキリってどういう番組で、何チャンネルで何時からですか?

    次の準決勝分を録画して見たいです。

      引用  返信

  • WAWRINKA選手いい人だなあ、と思いました。試合の決着がついて、選手がネットに寄って握手をして讃えあいます。圭君の場合、私の見る限り大抵の選手は肩をポンと叩くだけ。でも、この激闘を戦い抜いたのだからー、WAWさんは両手を圭君の腰あたりに持ってきてハグでしたよ。嬉しいことでした。

      引用  返信

  • 初コメ失礼します。いつも楽しく拝見しております。
    私が高校生の頃、ジャパン・オープンでプロ転校した錦織選手を見に行ったのが昨日のように思い出されます。無関係なコメントで大変恐縮ですが…

    マイケル・チャンコーチは応援中や練習中にピザ屋さんの帽子を被っていますが、”Pieology”という、現役時代チャンのコーチをしていた、兄のカール・チャンさんが経営するお店です。

    フェデラー対モンフィス戦で、フェデラーのファミリーボックスにファッション雑誌”Vogue”の編集長も観戦していました。『プラダを着た悪魔』のモデルで、彼女のドキュメンタリー映画で「今の望みは?」と質問され、「テニスの上達」と答えていたのが印象的でした。

    私は早すぎる決勝とは思いません、明日のセミファイナルが素晴らしい試合になることを願っています。

      引用  返信

  • 調べてみました。日テレで土曜日の放送はなく、2時間半の番組なのですね。
    月曜日8日の決勝を扱うかな?日本時間では火曜日だね。
    取りあえず予約しました。
    タイトルだけでは分からないのでググって見ました。
    「日本の奥様をスッキリさせる、新情報バラエティー。」ですか。

    なんでNHKのBS1で扱わないのかな?
    WOWOWの衛星/地上波の独占契約のためでしょうね。
    WOWOWの臨時無料聴取ってないのかな。

    世紀の一戦のため決断しようかなぁ

      引用  返信

  • 赤黄色さん、フードコメントありがとうございます
    チョコビッテ、前回使っちゃったんで、今回はごめんなさい
    でも、内田選手のなら、圭くん喜ぶでしょうね
    後で、買ってこよう~っと!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。