【レビュー追記】思い描いた通りのシナリオでの勝利!2015ハレ2回戦

2015 Halle (ATP 500)
2nd Round
Kei Nishikori[2] def. Dustin Brown, 7-5,6-1<-p>
1stセットは競りましたが、試合中盤から終盤に掛けて錦織ペースが加速。ブラウンの「トリッキーな」プレーを完封しましたね。
「トリッキーな」とカッコを付けたのは、意外にトリッキーには思えなかったからです。
変なことをやっているわけではなくて、自身の強みであるタッチの良さを活かした技のあるプレーですね。個々のショットは変な打ち方をしているとか、おかしいことをやっているわけではなくて理に適っています。クイックサーブのフォームも力みも無駄もなく美しいですし、ボレーでの面の作り方も基本に忠実です。多彩で味わい深いテニスを堪能いたしました。

ただ、強打とタッチショットの比率が良くなかったですね。もう少し強打の比率が高ければ本当に読みづらいプレーだったと思うのですが、ドロップショットやドロップボレー、リターンダッシュといったプレーの比率が高すぎて、錦織に読まれていました。
リターンの読みを外し、返ってきたイージーなボールを処理すれば良かった4-4までのゲームと、錦織のリターンが合ってきたそれ以降のゲームでは明らかに内容が違いました。

結局、タッチショットや意表をついたプレーに頼らざるを得ないと言うことは基本ショットの精度が低いということの裏返しであり、強打主体の現代テニスにあってはこのプレースタイルでは自ずと限界があるのだと思います(見ている方は最高に面白いですが)。

とは言ってもそれは平均的な世界の話で、1試合や1大会限定であれば十分、高いクオリティを保ってプレーすることは可能です。自身のプレーが乗ってきたときや、相手がドロップやロブに惑わされて自分を見失うことは大いにあり得る、やっかいなプレースタイルではあります。

錦織は対照的に基本プレーの充実に集中していたように思えたのは非常に良かったと思います。
こういう対戦相手と試合するときに重要なことは安定感であり平常心ですね。
よく走り良く返し、自分の得意な形に持ち込んでからのストローク強打というコンセプトにブレがありませんでした。
最初にブレイクするまでは大変だったと思いますが、その後はブラウンの方が考えなければいけなくなり、ミスできない状況に追い込まれてしまったこともあり、最終的には大きな差が付きました。先にブレイクするまでの間、自分もしっかりキープを続けたことがこの展開を呼んだと思います。非常に良かったですね

それにしてもブラウン、随所に素晴らしいプレーを見せてくれましたね。「強打でなくてもこうやってポイントが取れるのだ」という解の一例を見せてもらった気がします。

準々決勝は初対決のヤノビッチ。伸び悩んでいますが2012パリの準優勝でそのスケールの大きなプレースタイルから私も注目していた選手です。
初物が続きますがしっかり対処して勝ち上がって欲しいですね。やっぱり基礎力、とにかく基礎力だと思います。1stサーブよ入れ!

46 件のコメント

  • やられるかも、といやーな予感がしてたんだけど、完勝すぎましたね。強かったです!

      引用  返信

  • 団長様

    スレ立て有り難うございました。

    第一セット後半から相手のテニスに馴染んで、
    一気に畳み掛けました。

    順調な様子です。次も楽しみです。

      引用  返信

  • 今日は強い勝ち方でしたね!
    最初は初対戦ということもあってキープキープの展開でしたが、あるところで圭くんの「見切ったぜっ!」って心の声が聞こえてきそうな快勝でした。
    これで今日は安心して眠れます(^^)。
    あと、ブラウン選手の横っ跳びはかっちょ良かったなぁ~。

      引用  返信

  • 団長、世界一早い、圭の勝利記事うp、ありがとうございますm(__)m

    団長の言われる、“基礎力”の差、たっぷり堪能しましたね♪

    しかし、たった1セットで、あんなハチャメチャテニスにアジャストできるなんて、本当に、圭は天才ですね!!!(*≧∀≦*)キャー

    次のヤノビッツも初対戦とか(((^_^;)
    こんなに“はつもの”が続くなんて、珍しいですね~m(__)m

    油断せず、しっかりリターンを決めて、すんなり勝ち上がって欲しいです!!!(^-^)v
    せっかくの、WB第4シードの大チャンス、逃す手はないですよね♪(o≧▽゜)o

    カモーン、圭!!!ヘ(≧▽≦ヘ)♪

      引用  返信

  • こういう戦いは圭も得意でしょう。創造性の高さで大きな差が出ました。メンタルも大きな差がありましたね。昔の圭に戻って楽しんでました。それがうれしいw

      引用  返信

  • いつも団長さまの記事やみなさまのコメントをありがたく拝見しております。
    今日は面白い試合で快勝でしたね!
    なんだか興奮してしまい、思わず応援掲示板にいきなり初カキコしてしまいました。
    みなさまにご挨拶もせずに失礼の程、どうかお許しください。
    ドイツ語解説のネットストリーミングで観ていて、
    地元選手の対戦相手なのに、Nishikoriは落ち着いていて余裕があるし、
    トッププレーヤーだしさすがの実力だ!みたいな敬意あふれる解説だったので
    すごく嬉しかったです。

      引用  返信

  • ダスティンさん、無駄に体力使っちゃうタイプですね(^_^;)
    あれでは次のボールに対応できないってわかってるはずなのに体が勝手に飛び込んじゃうんですね、きっと(笑)
    1stセットはこれでなぜ114位?とも思いましたが、徐々に納得しちゃうザックリ加減というか、、なんかもったいない!

    それにしても圭くんさすがですね!
    相手を捕まえてからがもう早い!(≧▽≦)
    芝が荒れてるのが怖いですが、今日がいいテストになったと思うし、次も期待しちゃいます!
    頑張ってファイナルまで行って欲しい!!

      引用  返信

  • ブラウン選手、ドイツ生まれのジャマイカ育ち・・・一時期はお爺様の縁でイギリステニス協会からも誘いを受けていました。テニスと言いますか、乗りの良さは典型的なジャマイカ人ですねヽ(^o^)丿
    錦織選手も対戦して楽しかったのではないでしょうか(≧◇≦)

      引用  返信

  • bさん、初めまして!
    ドイツ語解説ではそんな事を言ってくださってたのですね(´▽`*)
    今日の圭くんは素晴らしかったですね!
    明日の初ヤノさん戦も楽しみで仕方ありません(≧▽≦)

      引用  返信

  • 第1セットせってたので、これは長い試合になるのかな〜と思ってたら

    第2セットは、あれ!もう終わりなの?って感じでした。

    さすがです。

    bさん、はじめまして。
    ドイツの解説の方の言葉嬉しいですね(^ ^)

      引用  返信

  • 錦織強かったですね。
    ブラウン選手も最初は凄く良いプレーをしてましたが、何をしても崩れない錦織に根負けした感じでした。

    次のヤノヴィッツ選手もビッグサーブとトリッキーなドロップショットを連発するタイプだと思うので、良い練習(ごめん、ブラウン選手)になったかも?しっかり勝ち上がってもらいたいです。

      引用  返信

  • 正攻法が手こずる変則スタイル、ブラウンが触れると球に羽が付いて返る、羽の付いた桂馬と角をフォロー、圭の眼玉が 飛び出してユックリと上下 ヨーヨー 信じられない表情でした! ひひひ

      引用  返信

  • 今日もベスト8進出おめでとうございます。今日も序盤もつれましたが、試合前の練習終了時にオーダーした今日の条件に合ったテンションに調整したラケットを受け取った第1セット第8ゲームからは一気にボールコントロール力が上がり、徐々にブラウンを追いつめるスーパーリターンとナイスサーブ連発で一気に突き放しましたね。それにしても、錦織のその日のコートサーフェスだったり対戦相手の球筋や自身の球筋を見切って、その日のベストのガットテンションを見出すセンス素晴らしいものがありますね。この繊細さこそが、錦織のスーパーショットのベースになっているんでしょうね。中学でテニスを初めて40年の私ですが、未だにその日の自分に合ったガットのテンションなどほんとのところよく判りません。何一つとっても錦織圭という人はスペシャルな選手なんですね。

      引用  返信

  • いい試合でした
    サービスゲームがほぼ盤石だったので安心して見ていられました
    完勝と言っていいんじゃないでしょうか
    明日はヤノヴィッツ、芝が得意なビックサーバーですしブラウンとはまた違った意味でのトリッキーさを持ってますがw、ウィンブルドン前のよい練習になるんじゃないでしょうか

      引用  返信

  • 第1セットの途中までは

    なんでこんな選手が114位なんだろう?

    と思ったくらい落ち着いていて、サーブも入っていましたが、
    錦織くんがアジャストしてくると、あっという間に落ちましたね。

    サーブも弱くなったし、入らなくなるし・・・。

    それだけ錦織くんが強いということなのか。

    このままファイナルまで行って欲しい!

      引用  返信

  • 強い。。カッコいい。 なんか気持ちいい。
    こんなにも強かったのか。この実力差。
    今のJJとも力の差は明白な、と思う。。

    ブラウン選手は毎日振り回し10分x5セットとかやったらもっと強くなりそうですね。とりあえず、まずは柳川高校に入ることをオススメしたいと思います。

      引用  返信

  • ブラウン選手、途中でバックハンドでジャックナイフドライブボレーみたいな相当トリッキーなショット試みて小宇宙開発した時の陣営コーチのあの怖い顔…「メッ!」でしたね。
    遠い昔、我が高校テニス部にも1人このタイプいました。
    天才、ムラっ気、爆発力、持続性無し、超番狂わせ起こし、ただし団体戦では計算できない…
    ATPにもいるんですねえ、これだから観戦やめられない!

      引用  返信

  • 今日もとても強い勝利でした。
    ブラウン選手の自由さと徹底したドロップ攻撃で
    プレッシャーとは無縁に見えましたが
    圭くんがサーブ返し始めてドロップにも慣れてき始めると
    とたんにブラウン選手のサーブもボレーもミスが増えてボロボロになってましたね。
    このへんがやはりプレーするとわかる圭くんの安定した強さなんでしょうね。
    次のヤノビッチ選手もビッグサーバーで侮れないです。リターンが鍵になるでしょうね
    今日みたいに合ってくれば問題なく勝ってくれるでしょう。

      引用  返信

  • ジェルミさん つるみさん ありがとうございます。
    ホント嬉しかったです!
    試合前には事前インタビューの模様も流れていて
    圭選手が今日本でスーパースターになっていることの他に、
    幼い頃(お母様の影響で?)ピアノを習ったことにも触れられ、
    「ピアノよりは動き回るのが好きだったので…」と答えていて、
    思わず笑っちゃいました。
    (実は私はピアノが専門でドイツに留学経験があります
    テニスは中学高校でゆる~く軟式しか経験がありませんが
    昔からテニスのマンガやTV観戦が大好きでした)
    こちらのブログは本当に素晴らしいですね!もう何年もお世話になっております。
    これからも一緒に応援させてください。よろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • すてぽんさん
    >とりあえず、まずは柳川高校に入ることをオススメしたいと思います。
    爆(*^^*)
    鬼のみ◯お監督でしょうか?

      引用  返信

  • 圭くんのFB見たら、明日も第2試合みたいですね!
    楽しみですね!!

      引用  返信

  • 明日はアンコントロールな夜の会合が入ってる。
    できれば第3試合が良かったな~ こうなったら大先生に頑張ってもらって、もつれてもらおうっと(笑)

      引用  返信

  • みなさん、twitter digestと称してツイートまとめ記事を自動ポストしているんですがご覧になりました?有益ですかね?ご意見が聞きたいです。
    小ネタというかニュース的なものを流すにはツイッターが一番手軽で速くていいので、こちらにも掲載してはどうかと始めたものです。

    タイムラグがあるので、リアルタイムに入手したければtwitter(@netdash)をフォローいただけると良いと思います。

      引用  返信

  • 団長のツイートまとめ記事、とても嬉しいです!
    Twitterは情報速さで便利ですが、サイトを訪れることもままならない忙しい時など、後でまとめてゆっくり読めるのでとっても助かります(^^)/

    くらまさん、素敵なお名前が私的にインパクトあるお名前なんです(=^^=)(マイパワースポットの地名と同じ)

    ハレはネット支柱が木目調だったり、マイクがテニスボールだったり、熊のキャラクターが居たり素敵な会場ですね☆それにフランクフルトが美味しそう〜♪
    ブラウン戦hotshotも楽しめました。
    http://www.tennistv.com/video/videoId/1lqzj6x6o7d5w1o28wtejvhxm8/title/nishikori-hot-shot–atp-halle-2r

      引用  返信

  • QFの勝利を祈念しつつ↓を作ってみました。
    もろさもある半面、突如として大活躍する事もあるイメージです。
    それと、苦手なクレーシーズンの鬱憤を晴らすかのように、調子が上がってきている感じです。
     
    この時間に試合が入ってくれると観やすくてうれしいな~。
    頑張れ~!
     
    試合情報
    大会名(カテゴリー):Gerry Weber Open (ATP 500)
    サーフェス:芝
    ドロー数:32
    ラウンド:準々決勝
     
    試合日時
    現地時間 6月19日(金) PM0:00からの第2試合
    日本時間 6月19日(金) PM7:00からの第2試合
    @ STADION(センターコート)
     
    対戦相手
    Jerzy Janowicz (POL)  イェジ ヤノヴィッツ(ポーランド)
    ・ランキング51位(最高14位)
    ・24歳、203cm、91kg
    ・今年の勝敗:15勝11敗(錦織は36勝8敗)
    ・ツアー優勝:なし
    ・2012Parisでは、予選から出場、Kohlschreiber、Cilic、Murray、Tipsarevic、Simonに勝利し決勝進出。Ferrerに負け準優勝。
    ・2013Wimbledonでは、Stepanek、#15 Almagro、Melzer 等に勝利し準決勝進出。優勝した#2 Murrayに敗戦。
    ・今期は、全豪では守屋、#17 Monfilsに勝利し、3R進出。#12Lopezに敗戦
    ・Montpellierでは#5シードで参戦し、#2 Simon、#7 Sousa等に勝利し決勝進出。#1 Gasquetにリタイア負けし準優勝。
    ・Miamiでは、2Rで#15 Bautista Agutに勝利も、3Rで#18 Goffinに敗戦。
    ・クレーシーズンは、Monte-Carlo、Madrid、Romeと参戦もいずれも初戦敗退。
    ・全仏では、1Rで(WC) Hamouに勝利も、2Rで#23 Mayerに敗戦。
    ・先週のStuttgartでは、1RでBrownに勝利も、2Rで#6 Kohlschreiberに敗戦。
    ・今大会は、1R #6 Cuevasに6-3,6-4、2R (Q) Fallaに6-2,5-7,6-2。
     
    過去の対戦成績
    初対戦

      引用  返信

  • ヤノヴィッチは 2m03cm エルム街調?, 対上位の勝率???上から打ち下ろすサーブ & ボレーは 脅威 ですネ!数年前 ウインブルドンの4回戦で マリーに敗れたのを思い出します。芝ラッキー? でも、2メーターの長身が 気になります!初対戦 + フェレールやゴフンに対してインビィンシブルには程遠いので、予想からプレー開始 見て切り抜け 2ンドセットで 区切終止符? あくまでも一勝負づつ フェデラーに会う迄!順当に勝ち進むとは知りながら!いっひいっひ

      引用  返信

  • 節穴さんの「エルム街調」の意味がわからなかったのでググりました。ウケましたーーー!(≧▽≦)
    確かにちょっと怖い感じします。。
    朝から笑わせていただいてありがとうございます( *´艸`)
    ごめんなさい、ジェレミーさんっ( *´艸`;)

      引用  返信

  • いやー、久々の超個性的プレーヤーでしたね(^^)。
    プレースタイルはサーブ&ボレー、ドロップ&ロブ、クイックプレー、相手が慌てふためいている間にポイントを重ねていく。
    また、ロン毛と舌ピアス等のルックスで対戦相手に「なんだこいつ、本当にテニスやるの?」とか「ロン毛はどうやって手入れしてるんだ?」とか「舌ピアス痛くねーのかよ?」とか「頭が痒いならロン毛やめろよ」とかテニス以外の事を考えてしまいそう。
    きっと、真面目なナダルとは対極なタイプで「ふざけてんのか、こいつ」とか感情的になったんですかね?
    それにしても圭くん、途中からサービスコースをほぼ見切ってましたね、トスアッブ段階で半歩左右に動いていたような♪
    多分、なにかフォームのクセを見抜いたんですかね♪

      引用  返信

  • あ、ジェレミーになってた( ̄∀ ̄;)
    ジェジーとよんでたけどJは発音しないのですね。

      引用  返信

  • Tweetまとめ記事、ありがたいです。テレビ放送の情報や雑誌など、色々な情報が一気に手に入る感じ。

    ぜひ続けて下さい。

      引用  返信

  • おはようございます♪ 出張先のホテルでBSが観れる!ラッキー♪なのに、米沢さんの声があまりにも暗く、1セットの途中で催眠術にかかってしまいました(ToT) 団長のレビューに救われました。ありがとうございますm(__)m

    >ひよこさん
    ポーランド語では、jはローマ字だとyに当たります。また、rzは2文字で1音で「ジャ」の子音に近い音です

    脱線かつかなり前スレになりますが、スタンはずっとポーランド系だと思っていて、ポーランド語ではw=vなので、「ヴァヴリンカ」が正確な発音だと思ってました。ドイツ語でも一緒ですけどね…

    ちなみに、イェジーという名前はポーランドでは一番ポピュラーな名前で、日本語だと一郎さんですね。以上、プチポーランド語講座でした(^-^)/

      引用  返信

  • 私は団長のツイッターをフォローしています。
    情報としてもありがたいですが、自由人団長を感じられて楽しいです。
    だから、ここにアップするからと団長節を抑えないでほしいなあって思います~

      引用  返信

  • @MIYA さん
    解説ありがとうございます!勉強になります!
    そうですよね、Janowiczもヤノヴィッツなんだから。。おばかですね、わたし。。
    うーこちらはすごいですね、やっぱり。ポーランド語にまで詳しい方がいらっしゃるなんて!

    スレ違いですが、ディミさんまた負けてしまいましたが、私の周囲のテニス仲間ではコーチをもう替えろ!と怒りが渦巻いております。。。
    どうも圭くんとチャンコーチの成功ぶりを妬んでいる気配もあります。。
    コーチとの取り組み方はほんとに大きいですね!

      引用  返信

  • またまた、ラインパーソンの服装が気になりました!
    スーツにネクタイ、革靴、サングラス、背格好も同じような、映画マトリックスのエージェントみたい!
    流石にドイツと思っていたら、入れ替えでジャッジをするのに苦しそうな(^_^;)超メタボ腹のおっちゃんや賠償千恵子似のおばちゃんが出てきて気になりました。
    僕のなかではローママスターズの服装がお気に入りですね。
    それにしても、たまに選手よりもデカイっボールボーイってなんなん?と思います。
    プレーと関係なくてスイマセン。

      引用  返信

  • 今年は出てる大会全てベスト8クリアしているのでしょうかね?あとはジョコビッチぐらいかな?

      引用  返信

  • 1回戦後のインタビューで課題とした、もたつきを改善した良い試合でした。

    ブラウン選手は196cm。この身長に聞き慣れてきた事がちょっとコワイけど、同じ身長の選手が何人かいます。
    ベルディヒ、ラオニッチ……
    錦織の伸びた身長と同じく2cm足して198cmとなると、クエリー、チリッチ、デルポ……
    (約)196cm対決なら、間違いなくダントツの運動能力を持つブラウン。サーブからのドロップボレー、リターンからのドロップボレー、時にはベースラインからの突然のドロップショット。
    最初のうちは応援しながらテンション上がって、『ムカつく感じ~』でした。自分ならキレて、とりあえずラケットを4回叩きつけ、ベンチを壊し、ラケットを膝で折りそう~
    あれ、誰の事?(笑)

    それにしても、1stサーブの調子が上がってきたのが嬉しいですね。
    やはり、リターンゲームに醍醐味がある選手だと思うので、キープ力が上がると必然的に試合全体の盛り上がりも上がる。

    このところのサーブと比べると調子が良かったとなるけど、これくらいがアベレージになると安心です。
    どんなサーフェスでもコートサイズとネットの高さは同じだから、唯一自分次第のショットであるサーブは最もリアルに調子が出るショットです。
    最近は、本人に倣って(笑)『入れろ!』と言いながら応援しています~
    シーズンも後半戦に向かっていく中で、よりサーブの安定化に期待したいですね。

    さて、次戦は203cmの大男ヤノヴィッツ。
    やはりサーブから押してくるタイプ。
    この先順当なら、モンフィス~フェデラーの可能性。
    ブラウンのサーブにもアジャストしたし、ヤノヴィッツのサーブも攻略し、モンフィスはブラウンをもっと安定させた実力者みたいな感じ? そして最後は最強のオールラウンダーのフェデラー。

    芝の前哨戦として、団長が仰るようにビッグサーバーとの経験を積む場としては最高のドローなだけに、一つでも多く勝ち上がって欲しいですね!

      引用  返信

  • 私も、団長のツイをフォローしているので、基本的には、そっちで見ていますm(__)m
    でも、やっぱりツイは忙しすぎて、たまに2日分くらい、まとめて見ています(^_^;)

    団長の呟き、めっちゃ面白くて、大好きです!ヽ( ̄▽ ̄)ノ

      引用  返信

  • はじめまして、いつも楽しく読ませていただいてます。

    ブラウン戦は1stもメンタルも安定していましたね。
    圭選手の好きな楽しいテニスができたのでは!

    毎日欠かさず覗かせてもらってますが、bさんのおっしゃる通り!
    こちらのブログは本当に素晴らしく、皆さんのあたたかいコメント大好きです。
    また、おじゃまさせてもらいます。

      引用  返信

  • 第一セット終了まではヒヤヒヤしながら見てましたが、終わってみれば錦織の楽勝。
    ああ、これがランキング5位と100位台の違いなのだなと思いました。

    第二セットでは錦織のプレーの引き出しの多さにブラウンが考え込まされてしまって自慢の強烈サーブを自ら放棄してしまったのが興味深かったです。あれで徹頭徹尾サーブを強打しまくればまた展開は違ったのかもしれませんが。

    強烈サーブで押し込んでいるうちはいいが、相手が錦織のように対応能力のある選手だとだんだんリターンが返ってくるようになり、そうなるともう引き出しがない、という印象を受けました。だから100位台なんだと。

    ともあれ錦織選手の勝利に安堵。強いなあ。
    こんな日本人テニスプレーヤー見たことない、ってそりゃそうだ、日本人史上最強なんだからと思いながら応援してます。

      引用  返信

  • 団長のツイート、私も楽しみにしています。
    でも毎日はチェックしていないので流れていって埋もれてしまうので、ここでチェックできたら良いかも。

    バックスピンさんの意見に賛成です。その方が見やすいですよね。

      引用  返信

  • 昨夜の対ブラウン戦ですが 圭くん危なげなく ブラウンとの対戦を楽しんでプレーしてたように感じました
    特に1stセットはブラウンのプレーの良さもよく出てて観ていてとても面白かったです
    圭くんも気分よく『テニスを楽しめる』試合だったのでは(^O^)

    団長さま
    ツィートまとめてアップしてくだるようになって嬉しいです !
    各情報も得られてありがたいですが 何より団長さまの つぶやき 好きです

      引用  返信

  • きりさん、
    パワースポットですか!?
    ネットで調べると“京都最大のパワースポットでもある鞍馬寺”
    とありましたが、このこと??
    京都へ行く機会がありましたら、行ってみるのもおもしろそうですね。

      引用  返信

  • 今回も面白い対戦でした!
    安心しながら観戦できましたし^_^
    ユニークなプレイヤー同士の対戦でしたが、錦織選手の方が知的なプレーに感じました。
    しっかりと作り込まれて完成されたスタイルがよくわかりました、ブラウン選手との試合のおかげで。
    団長さんの分析さすがですね。いつもながら驚くばかりです^_^

      引用  返信

  • ドロップショットやらロブなんかはむしろ錦織君の得意技でもある訳で、今回は先に仕掛けられてやられたケースが多かったので、「やり返したるねん!」とちょっとムキになってましたね。ロブを背走してのツイナー(とそれもどき)をあれだけ錦織君の方がさせられるのも珍しいですよね。一度くらいは決まるのが見たかったですけどw。まぁ、その辺も魅力ですけどね。

      引用  返信

  • 錦織さん強〜い*\(^o^)/*ブラウンは不思議くんですね⁉︎
    団長さんのツイートまとめ記事嬉しいです!団長節ナイスです☆

    MIYAさん
    プチポーランド語講座楽しませて頂きましたー。フィンランド語も「J」は英語の「Y」にあたる読み方をしますよ。ですのでフィンランドのテニス選手Jarkko Nieminenはヤルコ・ニエミネンという呼び方になります。そして「日本」は、フィン語で「JAPANI =ヤパニ」です。余談ですがフィンランド・ヘルシンキからエストニア・タリンへ船で遊びに行った事があるのですが、船のデッキでフィン人のおっちゃんに「&@¥%」とフィン語で話しかけられ、私は最初「???」だったのですが、どうやら「どこの国から来たの?」と言っていると直感で判断。思いっきり英語で「ジャパン」って言ったら、おっちゃんは「お〜ヤパニ、ヤパニ」って言って何故か意思疎通ができましたw良い思い出です。ちなみにフィンランドはかなりの親日国です☆
    おまけ : スペイン語圏の方がよくネットに書き込む 「jajaja 」ですが、スペイン語は「J」は「H」で発音するので「ハハハ」という笑いっている表現になります。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。