2016バルセロナ準決勝 vs. ペール ゲームごと実況記事

【20:32】
天気よさそう。
20:35 選手入場。オレンジのウェア。
トスに勝ってレシーブを選択。

Set1

Game1 ペールSv 0−1
まだR合ってない
× 1BN 172km/h
× 2FRN 171km/h
×× 1SvWi 178km/h
○ 1FO
××× 1Sm 187km/h

Game2 圭Sv 1−1
無難なスタート
○○ 1FCrAp スピードガン不動作
○ 2BRO 143km/h
○○ 1BCr 196km/h 深い
○ 2FN 149km/h

Game3 ペールSv 1−2
まだR合ってない。プレーが荒れた感じでやりにくい
×× 1BCr 182km/h
××× 1SvCt 178km/h
○ 2FSlSO 172km/h
××× 2BDr 145km/h R浅い
○ DF
× 2FRRvCrO 145km/h

Game4 圭Sv 2-2
×× 2FRCr 142km/h 打たれた
○ 1FRO 156km/h
○ 2FSO 129km/h
○○○ 1FRvCr 176km/h 逆突いた
○○○ 2FV ペール股抜きパス

Game5 ペールSv 3−2 Break!
リターン合ってきた
×× 2SvCt 171km/h
○○○ 2FDr 152km/h Dr読んだ
○○○ 2FRCr 165km/h
○○ 2BRSt 157km/h
××× 1SvWi 171km/h
○ 2BDrN 148km/h

Game6 圭Sv 4−2
サーブ、打点高くていい感じ。
○○ 1FCr 181km/h 逆突いた
○○ 1BCr 164km/h 振りまくり ペールもSm良く返した
××× 2BCr打 158km/h
○○ 1SvBd 186km/h
× 2FDrN 212km/h???
○○ 1SvBd 199km/h

Game7 ペールSv 4−3
ドロップとバックやっかい
×× 1BSt
○○ 1BCr
×× 1FDr 142km/h
× 2BRN 147km/h
○ 1BSO 175km/h ペール凡ミス
×× 1SvCt 164km/h いいコース

Game8 圭Sv 5−3
○ 1BDrN 134km/h ペールバック厳しい
○○○ 1SvCt 163km/h
○○ 1SvCt 179km/h
○○ 1BSt 179km/h? 動作してないかも

Game9 ペールSv 6−3 Break!
× 2BCrSO 160km/h
○○○ 2BRSt 140km/h
×× 1SvCt 184km/h
○○○ 2BRSt 152km/h オンラインえぐい
○ DF
○ DF

Set2

Game1 圭Sv 1−0
○ 1FO 168km/h 走らせる
○○ 1FCr 150km/h
○ 2BCrSO 144km/h 拾ってミスらせた
××× 2BRCr 147km/h すごい
× 1FN 207km/h
× 1BSO 173km/h いかん
○○ 1BCr 152km/h 見応えあるラリー
× 1BN 204km/h
× 1FN 175km/h Slで拾われまくり
○○○ 1SvWi 138km/h スピードガンおかしい
○○○ 1FCr 205km/h
○ 2FO 165km/h

鼻血サーブをペール拾い、ロブを錦織拾い、スマッシュをペール拾い・・・ナイスラリー

Game2 ペールSv 2−0 Break!
○○ 2FCr 153km/h
○○○ 2BRSt 139km/h
○ DF
○○○ 2BPSt Drでおびき出してスーパーパス!

Game3 圭Sv 2−1 被Break
○○ 1SvWi 143km/h
×× 2BRSt 150km/h ペールもお返し
××× 2BV 151km/h
○○ 1SvCt 162km/h
×× 1Sm 172km/h
○○○ 1FStAp 158km/h 落ち着いて逆ついた
× 1FSO 156km/h
××× 2BV 

Game4 ペールSv 3−1 Break!
ペールのフォアへの配球増やした
××× 2BV 158km/h Drおびき出し
× 2BO 157km/h フォア攻めしたが
○○ 1BR ノーバウンドで取ってミス
○ 2FO 140km/h
○ 2FSlSO 140km/h フォア攻め Slで適当な返し
○ ?BN 138km/h

Game5 圭Sv 4−1
○ 1FN 189km/h
× 1FO 172km/h
○ 2FRN 155km/h 強打ミス
○ 2見逃した
○ 1FN 172km/h

Game6 ペールSv 4−2
×× 1SvCt
× 2FRO 155km/h
○ 1BO 192km/h
××× 1FV 162km/h
×× SvCt

Game7 圭Sv 5−2
○ 2BRO 159km/h
○ 1FO 155km/h ペールディフェンス力もあるが圭がミスらない
○○ 1FRO
× 1BPN 147km/h
××× 2BRSt 145km/h
○○○ 1BRSt

Game8 ペールSv 6−2 Break!
○○ 2BCr
○○○ 1FDr 154km/h
××× 1SvWi
○ DF
××× FDr MPで股抜きDr www
××× BPCr 連続Drから・・・
× 1FN
○ 2BDrN
○ 2BN
×× 1SvWi
○○○ FCr打 振った
○○ 2FR 股抜きボレーミスwww

18 件のコメント

  • 第2セットを先にサービスゲームで始められるのは大きいですが、ペール選手が仕掛けてくる可能性もありますので、先ずはキープ先行!ですね( `ー´)ノ🐻

      引用  返信

  • 1セットアップ
    2本のリターンエースが効きました😁

    ナイスキープ *\(^o^)/*

      引用  返信

  • 第2セット、ドロドロの展開になる前に仕留めてほしいですね~\(◎o◎)/!
    でも、突如として、良いプレーが出始めてくるから不気味ですねΣ(゚Д゚)🐻

      引用  返信

  • やりましたな。
    昨年の2敗を払拭するにはベーグル2連発が欲しいと思ってましたが、ほぼそれに準じた試合。
    ツキも錦織にありました。
    昨年は差し込まれていたペールのショットにもきっちり対応して、倍返しのイメージです。
    さぁ、ナダル 決勝で待ってるぞ!

      引用  返信

  • よっしゃ~!!

    錦織選手すごく落ち着いて見えます。
    その裏には自分自身への自信も垣間見えます。

    明日の決勝めっちゃ、楽しみです!

    ところで、国営放送では、”バンブーテニス”に拘っていました。彼が初めに発した言葉なんでしょうか?

      引用  返信

  • 今日は勝つ!と、最初の2人の登場から思ってましたが、試合がおわるまでガマンガマンで今やっと書き込みさせていただきます!
    ペールは、今までのだまし討ちのような?プレイはもう通用しないだろうというような緊張感を漂わせてましたね。そして錦織選手も過去の敗戦など気にする事もなく自分のプレイに集中していましたね。恐らく今日の錦織にはペールも勝つ気を感じられなかったのでは?
    何はともあれ、決勝はぜひナダルと相対したいですね!

      引用  返信

  • マッチポイントとっても相手がペールなので
    ドキドキでした。
    苦い記憶があるので勝ててほんとうにホッとしました。
    明日もナダルといい試合ができますように。

      引用  返信

  • 今日はペールが
    なぜ、嫌われるのかわかった

    相手選手に最低限の敬意を払わない選手は

    どんなにいいショットを持っててもダメ。

      引用  返信

  • Sv:サーブ、R:リターン、F:フォア、B:バック、V:ボレー、Sm:スマッシュ、Ap:アプローチ、Lb:ロブ
    Cr:クロス、St:ストレート、Rv:逆クロス
    Dr:ドロップショット、Dv:ドライブボレー
    Sl:スライス
    S:サイド、O:アウト、N:ネット、Ac:エース
    Wi:ワイド、Ct:センター、Bd:ボディ
    打:打ち込み、深:深い、回:回り込み

    ○:相手の凡ミスでポイント、×:自分の凡ミスでポイント落とす
    ○○:自分のショットで相手にミスをさせてポイント、××:相手のショットによってミス
    ○○○:ノータッチのウィナー、×××:相手のノータッチのウィナー

      引用  返信

  • 団長の鼻血記法は下記のページに詳しく書いてありますよ。(他の記事もあったような気がしますが、「鼻血記法」でネットで検索するとこの記事が出てきます(ネットって、すごいw))
    http://www.keinishikori.info/200809aig/hanaji-kihou.html
    基本的に○や×が1個の場合は凡ミス
    2つの場合はナイスショット(ただしエースではない)
    3つの場合は、エース・ウィナー(相手がボールに触れない)とのことです。
    と書いている間に団長が自ら書いてくれていましたね(^^;

      引用  返信

  • 圭 大好き!さん、団長さん、nakaさん 回答して頂きありがとうございます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。