西岡良仁が、大坂なおみが大物食い!(2016マイアミ2回戦)

(写真は2015全米予選での西岡)

2016 Miami (ATP Masters 1000 / WTA Premier)
Women’s singles 2nd Round
Naomi Osaka[WC] def. Sara Errani[14], 6-1,6-3
Men’s singles 2nd Round
Yoshihito Nishioka[Q] def. Feliciano Lopez[21], 6-4,6-4

日本人選手2人がやりましたね〜。

大坂なおみが第14シードのエラーニに6-1,6-3で、
西岡良仁が第21シードのロペスに6-4,6-4で勝利しました。

2人のランキングを考えたらこれは大金星と言って良いでしょう。鼻血です。
錦織以外で鼻血を出すのは、伊藤竜馬が2014楽天オープンでワウリンカを破って以来ですね。

しかも2人とも若いのがいいですね。
普通は上のクラスに挑戦するとき、何度も壁に跳ね返されながら一歩一歩前進していくものですが、2人とも早い段階でグランドスラムやマスターズで(予選含め)、度々勝利を挙げていますよね。これは大成する選手に見られる傾向だと思います。
錦織も、チャレンジャークラスのころにいきなりツアー優勝し、18歳でのGSベスト16とステージ関係なく活躍しました。

西岡は2014年にプロ転向すると、いきなりアジア大会で優勝。そして初のGS挑戦の全米では予選突破。
2015年のデルレイビーチで予選を勝ってATPツアー初の本戦入りを果たすとそのままベスト8入り。
さらに全仏、全米と予選を通過すると、全米ではマチューに勝利し、GS初勝利。

今大会含め、この戦歴を見ると、「下のクラスでは勝てるけど上のクラスでは勝てない」という感じではないですね。頼もしいです。
勝ったり負けたりは今後、当然あるでしょうが、何か上のクラスでも通用するものを持っているということだと思います。
俊敏なフットワークを武器にし、ボールセンスも抜群。今後にさらに期待せずにはおれませんね。

なお、西岡はATPがプロモートしている#NEXTGENという、将来有望な20歳前後の若手7人の中に選ばれています!
他にはキリオス、フリッツ(メンフィス決勝の錦織の相手)、Ymer、ズベレフなど錚々たるメンバーが。

西岡の今日の試合はGAORAとNHK BS1で再放送されますので、ぜひチェックしてください!

GAORA 22:00〜24:00
ATPテニス ワールドツアー マスターズ1000 「マイアミ・オープン<2回戦①>西岡良仁 vs F.ロペス」

NHK BS1 17:00〜18:45
ATPテニス マスターズ1000 マイアミオープン 男子シングルス2回戦 「西岡良仁」対「フェリシアーノ・ロペス」 録画

※ NHKは試合の途中のゲームをカットすることが結構ありますが、
西岡ロペス戦は1時間28分だったので、ノーカットかもしれません。ノーカットでなかったらごめんなさい。

大坂なおみは2014年カリフォルニアでストーサーに勝利してセンセーションを巻き起こし、今年の全豪では予選を通過して18シードのスビトリナを破って3回戦進出を果たしました。
彼女の場合は大物食いというよりは、すでに彼女自身に上位の実力があると思います。
まだ18歳で、ツアーフル参戦は今年が最初。1年間フルに出場し、大会数が増えれば自ずとランキングも上昇するものと思われます。

13 件のコメント

  • ヨッシー楽しみだなぁ。このくらいのランキングだと手堅く勝って行くよりたまに大物食いする方がインパクトありますよね。とは言ってもMSだからシード選手の誰も手は抜かないハズなので、それを破るのは簡単ではありません。注目度が上がれば環境も充実してくるでしょうしね!今年の注目ティエムとフリッツに割って入って欲しいです!

      引用  返信

  • 今、マイアミです。今日、選手ラウンジで勝利後の西岡君ご本人と陣営、なおみちゃんと陣営が皆さん一緒に談笑しているのを見ました。もう全員がニッコニコで笑顔が絶えなかったですね。離れて美咲ちゃん達もいたのですが。このラウンジ、1階にありますが、屋外部分が広いので、それを階段や二階席から見ることができます。スター達の普段の姿が一度に見えます。

    すみません、それとその前に、替え歌の件ではたくさんの方のご支援・ご指摘をいただきありがとうございました。
    ボスである鈴木氏が、最後に締めのご挨拶を今朝書かれていますが、私も同じ思いです。
    団長さんとも、鈴木さんとも、この件に関しては発表前も後もいろいろと話をさせていただきましたが、お二人のようなハートフルなジェントルマン達に出会えただけでも本当にやってよかったと痛感しました。とても幸せな思いでやらせていただきました。コメントいただいた方々、本当にありがとうございました。

    ここから先、またまた読み飛ばし要素たっぷりですので、どうか高速で適当にどうぞ。下らないのですが、アメリカでの話なので将来来られることを予定している方々には参考になるかも知れないと思い、やはり書かせていただくことにしました。

    今日、マイアミに来ました。時差がないのでラクですが、今回の私はなかなかアンラッキー、あります!
    まず、朝早起きして空港に行ったのに、3時間も前に着いてしまいました。ああ、そう言えばフライトが一時間後ろに押すというメールが結構前に来てたわ・・。西岡マッチ、きっと遅れる。日焼け止めは自分のものは見つからず(出発5時間前から荷造りを始めるのが悪い)、子供のスパイダーマンの絵柄のついたものを持って行ったら大きすぎると没収。え、でも着いたらすぐに西岡マッチなので(言わないけど←)没収でいいので今少し付けさせて、と言ったらNO! うわー。でもやっとレンタカー後、すぐに大感動です。マイアミスゴイ! カーレースのゲームのカッコイイ景色以上です! 左から、ビル群、海、ハイウェイ、砂のビーチ、海、が一度に目に入ります。もうこんなカッコイイところを運転することは将来あるのかしら。 実は来たことはあったのですが、会場のテニスパークがある島(はい、島なのです)に行かないと見れない圧巻のシーンでした。パーキングですが、会場からすぐのVIPを予約していたのは良かったのですが、(何ヶ月も前に$25で購入、当日は$100以上になっていたりします!)、なんと携帯からのスキャンはしてくれないそう! 私が悪いのに、えー、今2016年ですよ、どこの会場のどこだって「印刷しなきゃいけない」と書いてあったとしてもスキャンしてくれますよ(本当)。とがっかり。5分に一度くらいそういう人が現れるらしく、反対側のパーキングに行って止めて、会場で印刷してもらえ、と言われ行ったのですが、なぜか椰子の木と砂しかない狭くて誰もいない辺鄙な狭い道をずーっと歩いて行って、やっと印刷完了。砂ぼこりと湿気で会場に入る前なのにもう身体中がすでに汚れました(笑)。メンフィスの時、ドライバー達が怖いと話をしたら、フロリダには負ける、と言われた通り、運転の方々、渋滞なのにスピード出していてイライラしてて怖いです。やっと本来のパーキングに戻ると、案内が悪かったせいで、またヘンなところに。ゴルフカートに乗ったおじさんに追いかけられて、もう「私は圭君達のテニスがみたいだけなのに!」と思いながら窓を開けて振り返った瞬間、ゴルフカートのおじさんがルパン三世を追いかけてきた銭形警部に見えてゲラゲラ笑い出してしまいました。もう、どこに停めたい?とテニスパーク正門真ん前の場所に停めることができました。アホ話ですが、追いかけられて爆笑、ということは、相手の警戒心を解く、ということに役立ちますね。(無理矢理)

    急いで中に入ったら西岡くんが終わった瞬間でした〜! でも勝ててよかった! 隣のシモンvsモナコを見てから、フリッツvsフェレール。フェデラーとデルポのために奮発してスタジアムの良い席を買ったのに、フェデラーが棄権で・・。実際にいたのは数十分、残りはグランドスタンドに行きました。その後もたくさん見ているのですが、もう書きたいことがありすぎてどうしたら良いのかわからないので一度これを送信します。残りはいつになるかわかりません。(会場に入る前の出来事にあんなに費やしてしまいました!すみません!)  引き続き、西岡くん、なおみちゃん両方のマッチが見れるということでとても嬉しいです。

      引用  返信

  • よっしー、3回戦進出おめでとう
    *\(^o^)/*

    フェリロペをイラつかせる粘り強いプレー、見事でした。攻守のバランスが素晴らしかった。20歳とは思えない落ち着き感、頼もしいです。
    ラストショットには、ニヤついちゃいました😁😁

    ティエム君との3回戦、若者対決も楽しみです!

    ゆきんこりさんのマイアミ観戦レポも楽しみ〜♡

      引用  返信

  • 3回戦進出おめでとう! 過去に170cmの選手がマスターズの3回戦に進出したことはあったのでしょうか? 素晴らしい脚力ですね。そして1stサーブ 74%! 錦織に教えてあげてください。試合終了直後、やけに冷静だなと思ったけど、握手してそのあとやっぱり感極まってコートにひっくり返った姿は実に清々しかった。

    次は14位の今年好調なティエム。相手にとって不足なし、頑張れ!

    ところでボールはやっぱりPENNですね。試合終了後に一瞬ボールのアップが映されてビデオを止めて確認しました。前々記事にあった錦織のインタビュー、ball flies more (IW) はやっぱり気のせいだったのでしょうか。

      引用  返信

  • ゆきんこりさんリポートありがとうございます。
    二人ともすごいですね!
    引き続きよろしくお願いします。

    フェリロペ(元12位)ミスが多かったですが、粘り強くラリーをしてそれを引き出した西岡、
    素晴らしかったです。

    そして大坂なおみ、200キロを記録するサーブ、supersonic(超音速)とも評されるフォア、加えて今年は一発で決めようとせず、粘り強くなったような感じがします。
    あの試合巧者で守備のいいエラニ(元5位)相手にウィナー取まくってました。
    化け物ですね

      引用  返信

  • 西岡君すごいですね、昨日BSで放送があることを知って眠い目をこすりながらフル観戦してました。
    第8ゲームを苦しみながらキープにこぎつけたのが勝敗を分けたポイントですね。あそこ取られてたら負けていたと思います。
    欲を言えばティエムに勝って(難しいと思いますが)ジョコビッチに挑戦してもらいたいですね♪

      引用  返信

  • 昨日はほんとにいい試合でしたね!

    実力はあるからうまくすれば勝てるだろうとは思うものの、実際はたぶん負けるだろうな・・と、失礼ながら思ってました^^;
    それがほんとに勝つなんて(笑)

    小柄でまさに生粋の日本人って印象の彼が、大男をヘロヘロにさせて倒していく姿はほんとにかっこよかったです。

    サーブが遅いので結構レシーブされますが、しっかりファーストサーブが入るだけであんなにうまく展開できるんだなと改めて思いました。
    (錦織も見習ってもらいたいですねw)

    次も放送してほしいなー

      引用  返信

  • 鼻血なんですね!なんか凄く嬉しいです。
    でも、大坂なおみちゃんは、既に番狂わせって感じがしないほど大物感ありますよね。
    去年Rising Star Invitationalで優勝した時から追いかけてますが、将来グランドスラム優勝まで想像させてくれる逸材だと思います。
    土居美咲ちゃんも日比野菜緒ちゃんも今回はすごく良い試合したし、今年は女子も本当に楽しみです。

      引用  返信

  • イズナーを倒したスマイチェクは身長175.3cm。
    クエリーを倒したマナリノは180.3cm。
    極めつけ、ナダル棄権の恩恵を受けたジェムールは175.3cm!!!
    マイアミの風は、俊敏系ちびっ子プレーヤーに優しいのかも~^^
    ゴフィン君やフェレールさんと一緒に、
    巨人の王国に、小さい勇者たちの強さを見せ付けちゃってください。
    また、かわいい八重歯を見たいから、全力応援します!

      引用  返信

  • 過去に170cm以下でマスターズ3回戦以上進出を達成したベルギーのロクス兄弟(兄 クリストフ170cm、弟オリビエ168cm)は、このマイアミでそれぞれ1回ずつ4回戦に勝ち上がってます。西岡、頑張れ!

      引用  返信

  • Ogikuboguyさん、さすが、詳しいんですねぇ~。
    勇気が湧いてくる情報、ありがとうございます!

    やはり、風が強いとトスが安定しないので、ビッグサーバーは辛いですよね。
    それと、フットワークを活かすには、滑るサーフェイスの方がいいのではないかと思います。
    IWでは、圭くん、前に猛ダッシュしたとき、足がひっかっかってドキッとしましたよね。
    摩擦の高いコートでは、怪我が怖くて思いっきり走れないのではないかと・・・
    ボールのバウンドや飛び方以上に、そういう問題もあるように思えるのですが、どうなんでしょうか?
    小さい選手たちには、スライディングショットが上手い人が多い気がします。
    ただ、ティエム君も、フットワークがいいので、いい試合になりそうですね、わくわく!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。