ミスが多くたってOK!光明が見えた試合(2018マイアミ2回戦)

2018 Miami (Masters 1000)
2nd Round
Kei Nishikori[26] def. John Millman[Q], 7-6(4),4-6,6-3

ミスは多かった(63本)ですし、1stサーブ確率も低かった(54%)。

でも光明が見えた試合に思えました。少なくともアカプルコよりずっと良かったです。
多分、今日の試合を観て、「錦織はまだまだだ」と思われた方は沢山いらっしゃったと思いますし、それは間違いでないと思います。
サーブもフォアも修正が必要ですし、頼みのバックハンドまでミスを量産してしまいました。
それでも私が今日の試合にポジティブな要素を見いだしたのは、攻めてのミスだったからだと思われます。

正直、アカプルコが体調不良もあって悪い内容だったので、期待を下げて見ていた側面もありますが、例えば以下の点で改善されていたと思います。

  • 繋ぎの何でもない球をミスする場面が減った
  • ラリーの早い段階でのミスが減った
  • 連続してミスする場面が減った(特に3連続以上のミス)
  • フォアの振り遅れのミスが減った

最終的にミスになったとしても、復調する過程で必要だったミスだと思います。
攻めないと始まりませんから。

マイアミのmedium-slowの速さのサーフェスに対する相性の良さも確実にありました。ディフェンス面でそれは発揮されていたように思います。
最近の錦織のイメージでは返らなそうな球が返っていました。

ウィナーが、バック7本に対してフォアが倍の14本。ウィナー/エラー比率は要改善ですが、フォアで攻めたことが数字で表れていて、良い傾向です。
アカプルコや、その前のチャレンジャー2大会ではフォアに来たらエラーを覚悟するような試合が何回もありましたが、今日はそんな恐怖は感じませんでした。

もちろんこれで満足してはダメで、最低限がクリアされたに過ぎません。他の選手の試合を見ても、簡単なミスは少ないなあと思います。今日の相手のミルマンもミスが多かった(56本)ことは見逃せません。トップ10に戻るためには、攻めながらもミスが少ないテニスが要求されます。

バックハンドの調子が悪かったことはあんまり気にしてません。元々の打ち方がしっかりしているし、少なくともクロスに入れるだけならいつでもできる感覚があります。ストレートが入らないことは昔からよくありました。

体力が持ったことも朗報です。総ポイント236の間、動きが落ちませんでした。(動き自体は100%ではありませんでした)

メンタル的にも、弱気にならず良かったと思います。弱々しい崩れる感じのミスはあまりありませんでした。おそらく、勝てると思いながらプレーしていたのではないでしょうか。なんとなく今日は勝てると思いながらずっと見ていました。

多くの方が、手首のことを忘れてしまったかのようにテニスの心配ばかりしているのは嬉しいことです(咳はしていましたね)。風邪は治ります。テニスも時間は掛かると思いますが戻していけると思います。依然として一番の不安要素は手首なのです。今後、試合数が多くなってきたときが正念場です。これは忘れないようにしたいですね。

嬉しい今年初のマスターズ1000勝利でした。3回戦はおそらくデルポトロが来るでしょう。今最も乗っていて、最強の相手です。今のテニスでは勝つのは難しいでしょうが、今日掴んだ「攻める感覚」で番狂わせを起こして欲しいですね。フリーでフォアを打たせたくありません。単調なバッククロスラリーは回り込みの餌食になります。一回先にフォアに振ってからバックに配球してスライスを引き出すような作戦を混ぜたいところです。バックDTLが戻ってくれば面白い戦いになると思いますよ。

40 件のコメント

  • 思ったように行かないもどかしさがありましたが、どの程度できるのかを試しているようでもありました。

      引用  返信

  • 今朝のコーヒーの 美味しいこと〜〜♪

    しゃがみこんて悔しがってた姿を見て、なんか 嬉しかった。

    錦織くん ありがとう〜!

      引用  返信

  • 団長、早朝からの記事うp、ありがとうございます❗(*≧∀≦*)♥️⤴️⤴️
    本当に、がまんのテニス🎾でしたね~( ´△`)💦
    思うように打てないもどかしさが、TVの画面からも伝わって来ました😅😅😅💦
    そんな中で“今出来ることを探して、今出来ることをやりきる”、素晴らしかったです❗😆👍❤️
    GAORAのインタビューで、“1週間半もベッドで寝たきりだった”とあり、ビックリでした(^_^;)💦
    インタビュー中の疲れきった顔も、切なかったです😭😭😭💦
    しっかりリカバリして、試合数をこなして行って欲しいです❗👊😆🎵♥️⤴️⤴️

      引用  返信

  • 団長さん、早速のレビュー記事ありがとうございました。
    ハッとしました(°_°) 「多くの人が手首のことを忘れたようにテニスの心配を…」
    そうでした、そうでした(^◇^;)
    試合を見ている時、一度も手首の心配をしませんでした、私。
    これって、かなり朗報ですよね(⌒▽⌒)
    1月24日ニューボートビーチ復帰後第1戦から今はわずか2ヶ月…そうでした。
    あの敗戦の時、今日のような試合は想定できませんでした。
    私たちの想像を超えるがんばりがあっての今日の試合。大いに讃えたいです。
    錦織選手らしい素晴らしいショットがいくつも見られたことも嬉しかったです。

    デルポトロ戦、ぜひ叶えて欲しいです。勝ち進むことは一切頭になく、ただただ
    デルポトロ選手のボールを感じて欲しい。自分の今できることの中から駆使して
    1本でも多くのリターンを返して欲しい。デルポトロ選手に通じるサーブを確かめ
    て欲しい。団長さんのおっしゃる作戦を錦織選手は選択して実行できるのか!?
    いやあ、楽しみすぎです。…………………デルポトロ選手!勝ってくださいよ!

      引用  返信

  • 単純ミスを犯しても怒りはいつもの半分くらいだったように思います。こういう精神状態ならデルPともいい勝負になるのではないでしょうか。勝ち負けはともかく3セットまで見たいものですね。

      引用  返信

  • わ、私も、手首のこと、一片も思い浮かべなかったです……そして、団長さまはいつも錦織君の良いところを、私に教えてくださる。団長さまも、頑張っちょる錦織君も(失礼ながら、)褒めてあげたい。こっんなに、嬉しい❗一勝は久しぶりですねー。

      引用  返信

  • おはようございます。
    まずはひと試合ひと試合丁寧にプレーをしていく事ですよね。千里の道も一歩からです。引き続き見守って行けることの喜びを噛み締めてます。

      引用  返信

  • 1週間ベットで寝たきり、だったのによくこんな試合できたなぁ。
    なんでアカプルコ出たんだろう…?

      引用  返信

  • ぼうずさま
    風邪のひきはじめだとわからないものですよ…。普通の風邪だと思っていたら…はあるあるです。実際錦織選手はアカプルコでキッズイベントとか出ていましたから、最初からすごく具合悪かったわけではなかったのだと思います。

      引用  返信

  • ぼうずさん, ROMさん,
    アカプルコでは熱があったと聞きました。やはり出場に疑問は残ります。風邪の引き始めこそ気を付けないと❗薬を飲むこともままならないのですから。すごく具合が悪くなってからでは遅いと思います。

      引用  返信

  • 実は僕も手首はまだ痛いんじゃないかなとズッと思ってました
    でもサポーターしてないしなと思ってました
    フォアは復帰してからでは今日が1番よかったのではないですかね
    打点や距離感がまだつかめないんですかね
    本人はそんなに悪くなかった、風も強かったって言ってましたが、手首も含めて正直に言う訳はないと思うんですよね
    ファンには言えない何か?をやはり抱えてのかもしれませんね
    しかしファンとしては応援あるのみです
    それより、今の状態でデルボトロとどんな試合をするのか見てみたいです

      引用  返信

  • 祝勝利!!!何よりあの超劣勢の第1セットをもぎ取ったのがすごい!!
    料理の鉄人でこちらだけありあわせの食材で挑んで勝ってしまったような(笑)
    デルポトロは全力で来ますね。IWの決勝のように、封印気味の両手バックハンドの比率を上げてくると思われます。現状でどこまで通用するのか見ものです。
    それにしても今日の応援は疲れました。こんなに疲れるものでしたっけ?
    私たち錦鯉も復調が必要ですね(笑)

      引用  返信

  • デルポトロ選手、ハーセ選手と試合中。6-4、5-7で現在ファイナルセットギヤアップして4-2。
    疲れを感じさせないプレーとは言い難いですね。かなり長いラリー戦が続いています。それでもしつこくラリー繋いでハーセ選手がミス…。2break up5-2でSFMです。

      引用  返信

  • 最終セット6-2でデルポトロ選手勝利。
    ということで、錦織選手の3回戦の相手は大方の予想通りデルポトロ選手となりました。

      引用  返信

  • ここのタニマチは我が子のように目に入れても痛くない選手でしょうから
    相も変わらず楽観的な意見ばかりですね。
    今回調子が悪くても次の試合では格段に良くなったりする
    のが錦織。
    試合の分析程無意味なものはないと思います。
    勝った負けたと一喜一憂してればよろし。
    デルポには勝てないと思ってる人が大多数でしょうが、
    蓋を開けてみるとコロッと勝ったりするし。

    きっと錦織は長嶋茂雄のようにカンピュータが備わっているのでしょう。

      引用  返信

  • 光明、私も思いました。
    なんというか、「良いときの錦織が悪いなりに勝つ」をやってた頃の内容に近かったように思うからです。
    過去の良いイメージばかり追い求めても仕方ないですが、
    まずはレベルを戻さないとその先には行けないということで…。
    3セット目は調子上がってましたし、自戦はプレイレベルをいきなり上げていけそうな予感がします!

      引用  返信

  • 皆さん、応援お疲れさまでした。いやー、観ているほうも疲れるアップダウンの多さ。でも団長さんがおっしゃるように、(ひとすじの)光明が見えた試合でした。しっかり休んでデルポトロ戦にそなえてほしいです。

      引用  返信

  • 錦織選手、勝利おめでとうございます
    いろいろ試しながらも最後は勝てるのはやはりさすがですね
    次は、バックストレート、もっと決まるといいですね
    錦織選手が出てきてくれるだけでうれしいです

      引用  返信

  • ノールさん
    ここは錦織さんの応援サイトなんですから、試合を分析するも良し、勝ち負けに単純に一喜一憂するも良し。
    自分と同じ反応でないからといって「無意味」とか言う必要はないと思います。
    それを読むこちらも良い気持ちがしません。

      引用  返信

  • micchi師匠
    三回戦の相手は予想どおりのデルポトロ。
    ディルというハーブ・香草を粗塩とオリーブオイルをまぶした蒸したポテトに添えて、ディルポテト…🥔
    私が思いつくくらいだから、既出かな?
    それに、ディルはいつもスーパーに売ってるわけじゃないし…ブツブツ。

      引用  返信

  • 今日の試合、楽勝ではなくてストローク戦になって
    苦しい場面を乗り越えて競り勝ったところがとてもよかったと思います。
    ミスも多かったけど錦織選手らしいプレイが随所で見られました。
    怪我前にはまだ戻っていませんが、確実に錦織圭らしさ、が戻ってきたことがうれしいです。難しい所に来たボールもしっかり返してましたし、何より「立体的にコートを広く使う」彼ならではのテニスを感じさせてくれました。
    サーブも確立は低かったけど、私のお気に入りの新しいフォームが見られました。
    フォアもアカプルコのときやNYのときよりよかったと思います。
    次はデルポトロ選手という今絶好調で最強の相手ですし、今の錦織選手の状況(大怪我から復帰後でなおかつ病み上がり)からすれば
    100%挑戦者で挑めますね。
    次は思い切りテニスを楽しんでほしいと思います。

      引用  返信

  • 今晩は。
    大坂選手、錦織選手と続く1日を久々にオールで過ごし、午前に爆睡してもいまだ眠気取れずな私です。寄る年波には勝てない…(苦笑) オールで飲んで騒げた20歳代がはるか遠くに。

    錦織選手の優勝インタビューはたくさんの方がご覧になっているようですので、プレカン模様が出ればご紹介しようかなと。
    そんな中、ダニエル選手と観戦していた内山選手が2ショットをSNSに。練習相手をありがとう。
    https://www.instagram.com/p/BgsIR75l3MP/

    大坂選手については、FUMAさまよりフォーラムに彼女の体調不良情報を頂いていたのですがやはり…。
    <大坂の快進撃止まる、「サンシャイン・ダブル」ならず マイアミOP>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3168550?cx_part=top_category&cx_position=3

    ジョコビッチ選手、準備不足は否めないようで。
    <ジョコビッチ落胆、マイアミOPでも初戦敗退>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3168631?cx_part=top_category&cx_position=1

    記事等については次で。

      引用  返信

  • ご紹介した記事等について。

    内山選手。
    彼は、ATPユニバーシティ・マイアミ・クラス受講のため先週からマイアミ入り、マクドナルド選手やツィツィパス選手らとともに受講し無事卒業。その流れでマイアミに留まっていたようです。
    でも同じクラスのツィツィパス選手は本戦出場、マクドナルド選手は予選出場、そして自身は本戦出場の先輩の観戦。これもまた奮起材料。頑張って!
    と思ったら来週の出場大会キャンセル。詳細はWebで、いえフォーラムで。

    大阪選手。
    試合前から「吐き気を催す体調不良」と。こればかりは仕方がないですね。
    IW優勝の瞬間から彼女を取り巻く世界は一変、どころか二変も三変も百変もしたことでしょう。メディアやファンが彼女を見る目もガラリと様変わり、そして次々押し寄せる女王としての役割…。
    疲れが溜まって当然。ゆっくり休んで英気を養ってくださいましね。

    ジョコビッチ選手。
    体力の欠如、ですか…。
    これで彼、開幕3ヶ月でAO、IW、マイアミと出場大会すべて早期敗退。やはりAO、強行出場が完全に裏目に出ているような…。
    怪我からの復帰は、彼のように無双を誇った選手でさえ困難です。翻って錦織選手の復帰プラン、なかなかなものではないでしょうか。

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • 今晩は。
    えーっとォー、錦織選手の話題ではないのですが、こちらには次の2選手のファンとなった方も多いと思いますので。

    チョン・ヒョン選手とシャポバロフ選手の「初めての共同作業」(笑)、ダブルス1回戦ですが、どうやらTennis TVの公式FBでライブ・ストリームがある模様。
    対戦相手はズムフール選手/クライノビッチ選手組という究極の苦労人ペア! 私としては後者ペアを応援したい(苦笑)
    シャポバロフ選手の公式SNSより。
    https://twitter.com/denis_shapo/status/977376131857899521

    まずはお知らせまで。

      引用  返信

  • 試合のスタッツについては団長が書かれているとおりですが、他にサービスリターン率が79%(ミルマンも79%)、ネットにも積極的に出てポイント8/10は良い数字だと思いました(安心のBHボレーに対しFHはスマッシュ同様まだ一瞬目をつぶりますが、笑)。第3セットは、ベースラインから少し下がってラリーに持ち込んで(最後までUEは多かったものの)完全に主導権を握ってましたね。勝利後、ミルマンがネットで声を掛けてましたが、なんて言ってたんでしょうね。彼は日本によく来てくれるスポーツマンです。これで西岡+錦織でデ・ミノール+ミルマンのマイアミ日豪対決を制したことになります(マイナーな見方、笑)。錦織の右腕のサポーターはかなり高い位置にあって、手首を気にしている様子は見られませんでしたが。

    錦織選手は試合後のオンコートインタビュー(TennisTV)で、1週間半ベッドに臥せっていたと言ってますね。IWの練習キャンセルが相次いだのが3月5日の週、IWをOUTしたのが3月11日なのでその前後寝込んでたのですかね。まだ軽い咳は残っていますが、試合後疲労困憊といった様子はなく、表情は明るかったので安心です。選手が病気になった場合、ドーピング検査のために薬を飲めないということはなくて、もちろん禁止薬物を含んでない風邪薬や咳止めは飲んで良いです。JTAサイトにもあるように、(禁止薬物を含む)風邪薬、咳止め、漢方薬などには注意しなければなりませんが(禁止薬物は毎年変わっているのにJTAサイトは2015年版からなぜアップデートしないのか?)、日本体育協会の「アンチ・ドーピング 使用可能薬リスト」に載っている使用可能な風邪薬などがあります。また、生命に関わるような病気は当然治療最優先で、治療上使わざるを得ず他に代替治療法がないなどの条件を満たせば、禁止薬物のTUE(治療使用特例)が許可される場合があります。たぶんトップ選手は自分で薬を買って飲むというリスクを冒したくないでしょうから、トーナメント・ドクターに薬の処方を相談しているのだと思います(単なる想像ですが、錦織選手もアカプルコやIWでそうしたのではないかと思います)。なおアンチ・ドーピングはITFの管轄で、有名になったメルドニウムとかアブナイ薬物のリストをながめることができます。

      引用  返信

  • あじゃこさん、ディルポテト、もう小鼻がヒクヒク言ってます
    ROMさんの照り焼きポテトも、しっかり塗ってたべたいです
    残念ながら明日にかけて超忙しく、写すだけの超簡単フードにしちゃいました
    また、楽しいアイデア聞かせてくださいね

      引用  返信

  • 楽しみな錦織選手のマイアミ3Rの対戦相手デル・ポトロですが、ハーセ戦の途中でキネセラピーを呼んでいたし、IWの4Rマイエル戦で背中に薬を塗っていたのとたぶん同じ箇所、背中の低いところに問題があるようです(要確認)。ハーセ戦では、FHのウイナーが3セットで25本(FH15本、BH5本、サーヴ5本)といつもよりもずっと少なかったですし(ハーセは39本)、1stサーヴの平均速度はIW決勝フェデラー戦の123mph(198km/h)から118mph(190km/h)とだいぶ落ちていたし、2ndサーブの平均速度も4mph落ちていました。どーも、サービスとかウイナーが取れるFHのフラットショットでムリをしなかった気がします。まあIWからの疲れがあるのでしょうが、プレーに支障があるという程度ではないようです。日曜日の錦織vsデル・ポトロ戦、また(!)荒れるボトム・ハーフにチリッチ、ディミトロフは残ってますが、スタジアムのナイト・セッション(なら日本は月曜日午前中)に試合設定されるかもしれませんね。

      引用  返信

  • akioさん,
    早々と試合時間を教えてくださってありがとうございました。
    3時起床、慣れました(^◇^;)

    ワシントン2017年 3回戦でのデルポトロ戦、久々に見返しました(⌒▽⌒)
    いやあ、あの試合は最高ですね。ここでも大いに盛り上がった記憶があります。
    サーブがものすごくよくてビックリです(°_°)
    錦織選手8位、デルポトロ選手32位 ほぼ、今と逆のランキング…。
    あの時はデルポトロ戦前の戦いぶりから、不安の声が広がってましたが一蹴する
    見事な勝ちっぷりでした(*^◯^*)
    明日の試合は挑戦者として躊躇なくぶつかっていって欲しい♪( ´▽`)
    なんかね………、根拠のない期待感(いい試合になるんじゃないかなあという)が
    あります♪( ´▽`) もちろんあの時とは異なる錦織選手のプレーだとは思いますが
    どのくらい戻せたかなということがわかる試合にはなるんじゃないかな。
    1つ1つのプレーを凝視して判断するつもり!………………………ではいますが、
    無理でしょね、きっと(笑)
    心臓ばくばく、ほとんど固まって息するのを忘れるくらいな状態ですから…。
    はあ〜、楽しみ楽しみ♪ (何回も同じこと、言ってます。スミマセン)

    フェデラー選手、負けてしまいました…。前大会デルポトロ戦でも、少し疲れが見
    えましたからね。リフレッシュする期間が増えたと思っているかもです。

      引用  返信

  • あけびさま,
    根拠のない期待感…、私もですね、同じように感じてしまうのですよ。
    別に期待を煽っているわけでもないし、復帰途上なのは十分分かってるし、ましてや病み上がりだし、相手は強敵だし、完敗しても全く不思議はないんですけれど…。
    ただね、錦織選手というのは何となくタフドローとか怪我明けとか周りの期待値があまり高くないような逆境の時ほど爆発力が発揮されるようなイメージがありまして。いい試合になるんじゃないかなぁ、と予感がします。(言霊じゃないですけど、現実になるよう願いを込めて)
    フェデラー選手もまさかの初戦敗退ですし、男女とも第1シードが既にいないという、本当に何が起こるか分からないですね。誰にでもチャンスあり、です。
    デルポトロ戦でもデュースやタイブレークといった競り合いの場面が出てくるのではと思いますが、ミルマン戦での長時間の接戦を制した自信が生きてくるのではと思います。
    何にせよ、勝っても負けてもプラスしかないと思うので、ケガだけは気を付けて、あとは思いきりぶつかっていってほしいです。そして、また沢山のガッツポーズを見たいです。

      引用  返信

  • 今日は。
    あけびさま
    錦織選手とデルポトロ選手の1戦は、立場逆転、手首負傷からの復活、1Rフルセット勝ち、と何かとリンクする点が多いですね。余計に興味深い1戦となりそうです。

    aoiですさま
    遅くなりましたがガッツのカウント有難うございます。
    今度は私、「ウォー」の数が気になりだしました(笑) ま、これは少なそうですね。
    私は彼に、もっと感情を表に出して欲しいなと常々。ただウェア切り裂きだけはなしで。尤もこれは、スポンサーさんの手前と言うより、日本人のもったいない精神からして出現しないと思います(笑)

    下団さま
    フェデラー選手情報有難うございます。
    クレー出場については以前、マイアミ後に結論を出すとコメント、でもまさかRGまでとは。マイアミ初戦敗退でクレーはもう…とのことかな。昨年とは異なりIW→シカゴ→マイアミというタイト・スケジュールも一因かも。もちろんコキナキス選手の頑張りは賞賛に値します。
    しっかしマドリードもローマも、お咎めなしのペナルティなしでSKIPは羨ましい限りです。

    ふと思ったのですが錦織選手、一番近い免除権は多分通算600試合、これを駆使できた場合どのMSをSKIPするのかしら?

    シードダウン真っ盛りのマイアミあれこれ。
    女子。
    IWで大坂選手とタイトルを争ったカサキナ選手も敗退。女子も乱世です。
    男子。
    ズムフール選手に競い勝ったシャポバロフ選手、ダブルスでも同じズムフール選手ペアに競い勝つというツアーあるある。

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • この試合でミスが多かったのは、テニスもメンタルも攻めていたから。
    ミスでも次に繋がるミスであるという団長さんの評価に納得しました。
    何故か後味が良い試合に感じたのはそれでだったのか。なるほど。
    積極的になれるということは良い兆しですよね。
    風邪をひいて少し足踏みしましたが、試合を見る度に前進していると感じます。
    次の相手はデルポトロ選手。
    彼との対戦が、錦織選手の中で眠っている色々なものを呼び起こしてくれたらいいなと思っています。

      引用  返信

  • 今日は。
    唐突ですが、錦織選手のジュニア時代話です。
    以前デルポトロ選手がインタビューで、錦織選手のジュニア時代を聞かれ、
    「ああ、よ~く覚えてるよ。こ~んな小っちゃくってね(笑) 超すばしっこくって打つ球打つ球ぜ~んぶ返してきたんだ」
    とか何とかのコメントを思い出しました。ちなみに「こ~んな」のところで彼、自分の手を腰あたりに持っていき(笑)

    なので、ジュニア時代調べてみたらこの2人、公式戦での対戦はないんですね。既にご存知の方ごめんなさい。
    ってことは練習していたと。もう旧知の仲、幼馴染み状態。なので今は、練習するたび対戦するたび昔話にも花が咲いているかも。境遇的にも手首まで似てしまった(苦笑)
    とにかく2選手、悔いのないよう頑張って。

    フェデラー選手がコメント。Tennismashより。
    <Federer loses No.1 ranking, will skip clay>
    https://tennismash.com/2018/03/25/federer-loses-no-1-ranking-will-skip-clay/
    「がっかりだ。(勝つ)方法を見つけられなかった。休暇をとって全てから離れたい」

    何よりびっくりは、Tennismashのこの呟き。
    https://twitter.com/tennismash/status/977703461851680768
    何とコキナキス選手もドバイに招待され、一緒に厳しい練習をしたと! 更にこれをきっかけにコキナキス選手のランキングが上がって欲しいとも。自身はこれでランキング1位から陥落するのに? 素晴らしい人間性です。

      引用  返信

  • NORICHAN様
    貴殿の言われたように錦織選手とデルポトロ選手の関係は、思っているよりもフレンドリーなんでしょうね。1昨年のバーゼルの試合後には、互いにリスペクトしていることをインタビューから感じたことがありました。確か昨年のテニスデー「MSG」のエキジビションマッチは、和気あいあいとプレイしていたように記憶しています。
    明日は、お互いに現段階の最善のプレイで楽しませて欲しいと願っています。勿論、勝つのは錦織選手です(^^)

      引用  返信

  • 妄想(*´・ω・`)bですが、デルボトロに勝ったら、ひょっとしたらひよっとしますよ
    (///ω///)♪
    なんてね(・_・)
    フォアが戻ってくるのが前提ですが、感覚が戻って、動きも戻って、フォアが戻れば、今のメンバーなら誰にでも勝てるような気がする
    そんなに一変に戻らないか
    大阪なおみだっていきなりの覚醒だったんで、わかりませんよ
    だから、妄想です(*^^*)
    で優勝インタビューで”ハロー私は錦織圭ですφ(゜゜)ノ゜”なんてね
    “なおみが頑張ってるので頑張ってみたした”
    なんてね
    一人でボケて一人でつっこんでます
    おあとがやろしいようで(@_@)m(__)m

      引用  返信

  • NORICHAN
    僕もその話は聞いた事あります
    こんなだったよ( ・∇・)って”小学校の低学年カッつうの”と思ったもんです
    で全米でフェレールの後の試合にこの体格の違いって不公平だと思ったもんです
    だからこそ、錦織圭や伊達公子を必死で応援するんですけどね
    佐藤次郎さんの頃って今ほど体格の差はなかったのかな?

      引用  返信

  • NORICHANさん,
    いつも多種多様な情報をありがとうございます。
    デルポトロ選手がジュニア時代の錦織選手のことを「小っちゃくて超すばしっこくって云々」とコメントしていた話を読んで、以前にも書いたかもしれませんが、牛若丸と弁慶を連想してしまいました。(笑) 

    フェデラー選手は流石に疲れているなーと私でも分かりました。
    一人横綱として頑張っていたフェデラー選手が敗退したので、優勝争いが大変なことになって来ましたね。

      引用  返信

  • aoiですさん,
    「勝っても負けてもプラスしかない」ってすごく前向きな表現ですね。
    応援する私たちもその姿勢で(*^◯^*)

    団長さんのプレビュー記事読みました。とてもよく理解できましたし、
    共感します。
    本当に想像すると、もう楽しみでならないですよね♪( ´▽`)
    明日の試合後のレビュー記事までもが楽しみ♪(気が早っ!)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。