伊藤竜馬は敗退、松井俊英はサスペンド(2008モンクトンCH QF)

留守中のtakolinさんに代わって、モンクトンチャレンジャーで準々決勝まで勝ち上がっている2人の日本人をフォローします。

伊藤竜馬は第2シードのダナイ・ウドムチョクとの対戦。
日本でもおなじみのプレイヤーで、現在のランキングは約200位ですが、1年前は100位前後にいました。実力あるプレイヤーです。

残念ながら2-6,4-6でウドムチョクの勝利でした。

松井俊英は地元カナダのChvojkaとの対戦(何と読む?)。

松井俊英公式ブログによると、3-6,4-5で松井のサーブのところで雨天サスペンデッドとなったそうです。

厳しい状況ですが、ここで勝つのと負けるのでは差が大きすぎます。逆転勝利を期待したいです。

5 件のコメント

  • 追加速報:松井選手は敗退しました。 残念です。
         決勝はダナイvsマリッセです。

    レキシントン予選:貴男ちゃん、石井選手、井藤選手・・敗退。

    Takolin師匠は無事北海道へ到着ですw
    リフレッシュしてきてね~。

      引用  返信

  • 松井負けましたか、残念ですね
    相手の名前は日本語読みだとフヴォイカになりますね。

    takolin師匠は北海道ですか、いいな~

      引用  返信

  • 竜馬君、急遽トロント予選に出場!!
    1回戦で添田選手に4-6.4-6で敗退・・・
    そこで当らなくても・・・

      引用  返信

  • あらららららー。
    添田選手応援しますよ。
    師匠は元気かな?
    留守番、おつかれさまー。

      引用  返信

  • うあーー、団長ありがとうございます。
    礼文と利尻やっつけてきました。
    今日は日高に移動しま~す。
    またしても400kmぐらいの移動です。山より疲れる。
    日本選手、なかなか勝てませんね~。
    やっぱ錦織しかいないって感じ。
    今週はテニスは早くも終ってますね。
    山に専念しま~す。^^

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。