2012ウィンブルドン男子決勝 展望(皆様の熱きコメントを)

さて、いよいよ2012ウィンブルドンも男子決勝の日を迎えました。

もう数時間後には試合が始まってしまうわけですが、だいぶ巷では盛り上がっているようですので、ここのコメント欄に皆様の熱き思いを書いてみませんか?

フェデラーファンもマレーファンも仲よくお願いしますよ!

私? 予想はやめておきます。どっちの優勝予想にしても苦情殺到は間違いありませんので・・・。

(それにしても我ながら私の予想はよく外す・・・。本当によく外す。おかしいくらい外す。)

でも展望は書くよ!

対戦成績

8勝7敗でマレーがリードしていますが、GSでは2勝0敗でフェデラーです。どちらかというとフェデラーの調子に左右される傾向があると思いますが、マレーが負けるときは守備的すぎる傾向があるように思います。

一時期、マレーが4連勝(エキシビション含めると5連勝)した時期がありましたが、特に苦手とは考えてないと思われます。この頃はミスをしないマレーにフェデラーが攻め急いでミスを増やす展開でしたが、フェデラーが負けるパターンはこういう場合が多いので、フェデラーにしてみれば攻め球のミスをしないことが重要です。マレーは逆に守りすぎず攻撃的な意識を持つことが必要です。

勝ちあがり方、調子

どちらもこれまで苦戦もあり決して楽な勝ちあがりではありませんでしたが、大会を通じて調子は良さそう。また、気持ち的にもこの決勝に向けて最高潮でしょう。

過去2年、これまでのキャリアと比較すれば不本意なベスト8に留まったフェデラー。ジョコビッチとの準決勝を制して気分を良くしているはず。

ウィンブルドンではベスト4の壁をなかなか破れなかったマレー。今度はグランドスラム決勝の壁と戦うわけですが、そこで何が必要であるかはこれまでの経験から十分わかっているはず。今日は攻撃的なプレーをする決意でしょう。

体力面

どちらも疲れていると思いますが、ややマレー有利でしょうか。

フェデラーは3回戦でのフルセットマッチの影響が4回戦にも見られましたし、ジョコビッチ戦はおそらく自分の力を出し切ったと思います。ただ、短いポイントの取り方は熟知していますから技術と戦術で十分カバー可能な範囲と見ます。

サーフェス適性

これはフェデラー有利に異論はないと思いますが、マレーにも芝適性はあると思います。特に近年はサーブが大幅に強化され、芝で一層破壊力が増しています。またツアー1,2を争うリターン力もあるのでお互いのサービスの出来が大きく展開を左右しそうです。

精神面

お互いにプレッシャーがあると思いますが、経験豊富なフェデラーの方がやや優位だと思います。ただ本人たちの気持ちは本人しかわかりませんのでなんとも言えません。

マレーは母国の応援がプレッシャーになるか励みになるか。今回は励みになるのではないかと思います。ここを逃したらどこで取るんだくらいの気持ちをマレーは持っていると思いますので、どんなに劣勢でも勝ちをあきらめることはないでしょう。

どっちが勝ったら盛り上がるか?

イギリスでは断トツでマレーでしょうが、日本ではおそらくフェデラーファンが多いでしょうね。世界的に見てもフェデラーに対する応援がやや多いでしょうか。

でも私はマレー!!

(予想じゃないよ)

そもそも私がこれまで予想をはずしてきたのは、マレー推しだったからだ!!!(言い訳)

そろそろ勝ってもらわないと困る!!

というのは冗談として、どっちも勝たせたい選手なのですが、やっぱりマレーにはまず1つGSを勝ってもらってテニス界を面白くしてもらいたい!巷では4強とか2強とか3強という声も聞かれてきております・・・。

フェデラーは・・・全米で優勝で4強が1つずつGSを分け合うというストーリーはどうでしょう?(いやここはブログ的には錦織優勝ですねすいません!)

と、ちょっと冗談ぽく書いてみましたが、なんとなくマレーの不器用な真面目さというか強さと脆さが同居している点と言うか、なんとなく勝たせてあげたい気持ちになってしまいます。少し錦織を応援する心理と似ているところがあるかもしれません。

みなさまはいかがでしょうか。

そして私の予想は・・・!

・・・いや、ここに書いてしまうと世界中のブックメーカーのオッズを動かしてしまうので、やめておこう・・・。

当たり屋はつらいなあ。

:::::::::::|=ニニ二三≧xミ`ヽヽヽ川川i}  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
::::::.:.:.|=ニミiT^`厂`````ヽヽ小ノイイ\.|  コ  何   | 
:.: : : .|=彡 l|  '           ト、 ',|   イ   を     | 
: .  |彡' l! ′             | \|   ツ  言   | 
   |ノi  | ├- .. _    、     |   |   |   っ    .| 
   |ィ:|  | |-‐=≧ミx. _〉  }x≦l   |   |  て   | 
   トl:|  | ト ._ {じノ_ 〉'  /じ'ノ;′  |    :  る   .| 
   | リ  | |   ̄ 〃  〈`ニ |    |    :  ん    .| 
   | {   l l           '.  l   |    :  だ    .| 
   |-、  l        、 /  ,′  |_______| 
   |  \       _   /     
   |  : :.:\     ´ ー   . ′ 
   |\ : :.:.:丶、     / 
   |::::::\ : : : :.:> .  /

29 件のコメント

  • フェデラーの世界一返り咲きのイメージはできるのですが、GS決勝でガッツポーズをしているマレーのイメージができないのでフェデラー優勝で、マレーはオリンピックで金メダル!というのはどうでしょうか。

      引用  返信

  • セリーナが優勝して男子ダブルスも女子ダブルスも優勝は”三十路パワー”炸裂の感もあり フェデラーも続け♪ですかね

    団長さんのおっしゃる通り そろそろホームでマレーが勝って男子テニス界が3強になりそうなところにストップかけてみたらいかがかな?などと…

    錦織君と日本選手以外はジョコビッチを除けばだれでも良し~と今夜は余裕の応援です

      引用  返信

  • 団長さま、あと2時間で決勝がはじまりますが、今日は何度時計を見ては、はやる気持ちを抑えたことか… 私は、どちらかの熱狂的なファンという訳ではないのですが、今回は盛り上がってます。GSのファイナリストになるという栄誉は、そうあるチャンスではないですよね。私はマレーにぜひ勝ってほしいです。今回は、早々に負けたナダルには申し訳ないのですが、また同じような組合せかという感じではない、ベテランやダークホースの入り混じった興味をそそられる試合を見ることができ、楽しかったです。どちらにしろ、どんな試合になるのか待ちきれません!

      引用  返信

  • 根っからのフェデラーファンです!

    3年ぶりの優勝で、

    ・グランドスラム最多優勝回数の更新
    ・No.1返り咲き&1位在籍期間最多タイ

    を獲得して欲しいです!!!

    マレーには申し訳ないですが、ここは準優勝で我慢願います。

      引用  返信

  • 錦織選手を知る前からのロジャーファンです。
    今回ナダル選手が負けた時点で、決勝のカードが圭-ロジャーになったらどうしようという妄想に悩んでいたんですが、まだまだ壁がありましたね。
    今日は心置きなくロジャーを応援します。世界ランキング1位通算在位記録更新へ向けGo!

      引用  返信

  • 多分フェデラーはどちらかひとつを選べと言われればオリンピックの
    金メダルを選ぶはず。まあ選んで取れる物でもありませんが・・・

    現時点で「王者」の冠に違和感はあっても世界一美しいプレーをする
    選手と言われれば迷わずフェデラーで誰も異存は無いはず。

    やっぱりシングルバックハンドってテニスをする人間の憧れだと思う。

      引用  返信

  • 母国開催のオリンピックで金メダル、って
    アスリートの夢、じゃないのかなー?
    テニス選手にとっては、GSタイトルの方が重要なのかな?
    ビッグタイトル2個もとるの、難しそうなので、
    マレー、オリンピックで金!国民の歓喜を!
    フェデラー、1位返り咲きで、テニスファンから熱い祝福を!
    ニューポート、圭君優勝で、錦鯉の鼻血を!、

      引用  返信

  • 圭が出現するまでは、ガチガチのロジャーファンでした(‘-^*)ok
    そして、今でも圭の次に大好きな選手です(*^.^*)
    ロジャーの王座奪還&歓喜の涙を絶対見たいぞー(≧∀≦)

      引用  返信

  • マレーの号泣が見たい!マレーのママの号泣も見たい!
    マレー優勝!!!!!!

      引用  返信

  • かなりせってます!
    今回は三度目の正直でマレーの勝つところみたいです!だんだんマレー応援です。
    けい君のぞけば、ラファのファンなので、ジョーカーは常に天敵 ですが、この2人だと、どちらにも頑張って欲しい気はしてたのですが。。
    でも、フェデラーはGSで、ラファに勝つ気があまりしないので、もしかしたらこれがラストチャンスかもしれないし、アンディは、またチャンスが来る可能性高いですが。
    というか、フェデラがジョーカーを倒してくれたのなら、ラファにもチャンスがあったかも?
    かなり贔屓目な意見です。(^^;;

      引用  返信

  • 感動しました(T_T)
    テニスかじってて本当に良かった。
    大げさに言えば、生きてて良かった。
    おやすみなさい。

      引用  返信

  • 粗茶さん、私も感動しまくりで、涙が止まりません(=゜ω゜)ノ
    興奮して、眠れそうにありません(≧∀≦)
    来年は、ぜひ、圭にこの舞台を踏んでもらいたいです

      引用  返信

  • 雨で中断したときに、団長の 「ミスをしないマレーに、フェデラーが攻め急いでミスを増やす」という分析を読みました。第一セットはその通りになってました。はらはら。ランキング一位奪回あと一歩で届かないのか。重苦しい展開でした。で、そのあとの「私はマレー!」というデカ文字を見て、これはフェデラーが勝つかも!!!となぜか気持ちが明るくなりましたー。すみません、予想じゃないよ、とは但し書きついてましたけど。

    明日の地元紙一面が楽しみです!!!

    試合後のインタビューで感極まったマレーが涙をこらえ、ロジャーを讃えたあと「試合前には、ロジャーってもう30だし、グランドスラムを勝つベストチャンスだと思う?って聞かれたけど、ロジャーは30歳としてはいい線いってる(He’s not bad for a 30 year old)」というようなコメントを。あの状況でパッと頭に浮かんだことを正直に言ってしまったんだと思うし、悪意は感じられなかったけど、聞いていて冷や汗が出ました。フェデラーがサラリとかわしてインタビュー終わりましたけど。

    でも、31歳間近での今日のフェデラーは凄い。全盛期の勢いはなくなっても、エラーが準決勝より多くても、今出来る最高のプレーを考えて試合を組み立てる。テニスは奥が深い。改めてそう思いました。フェデラーを限界まで引っ張って戦ったマレーのファイトも素晴らしかった。途中で足首痛めたようですが、オリンピックまでに完治して欲しいです。

      引用  返信

  • マレーの、聖人君子じゃない所とか、メディアに叩かれても飄々としてる所とか、ドロップショットされるとオワッと言って追いかける所とかが好きなので、昨日は応援してましたが、表彰式での涙にまたやられました。また応援します。
    フェデラーはすごいなあ。

      引用  返信

  • 一セット目は、フェデラーのミスが早く動きもマレーのほうが良かったので今日はマレーかなと思いました。
    でもそうなると年寄りびいきとしては、ロジャーに肩入れしたくなりました。グラフのときもそうでした。かつてのような無敵ではなくなったけどやはり強いロジャーをいつまでも見ていたい。ロジャーおめでとう。マレー強くなったね、きっといつかグランドスラムを取れると思う。ラファとロジャーのようにアンディーと圭が、何度も何度もグランドスラムの決勝を戦う日がきますように。そして圭が、トロフィーを掲げる日が来ますように。

      引用  返信

  • マレーには次があります!!
    あの涙は…ぐっときました。
    マレーのスピーチはいつもなにかをくすぐっていきます(笑)

    しっかしこれ以上何も証明する必要はないのに、
    フェデラーは強いですね…ほんとに人類なのかしら。けがや病気があそこまで少ないってことがなによりすごい。

    次は五輪ですね!!
    またすぐ錦織君を応援できるのがうれしい!!!

      引用  返信

  • 私はフェデラーファンでもありますが、それでもマリーのインタビューは、グッときました。
    “Getting closer”あたりから、”It’s not easy”のくだりまで・・・。
    すごく真情が吐露されていて、感動しました。
    あそこまで包み隠さず話すのは、すごいと思います。
    これからのマリーを、真剣に応援したいと思いました。

      引用  返信

  • なきました。フェデラーの優勝シーンも、マレーのインタビューシーンも。よかった。
    マレーの ”He’s not bad for a 30 year old”というくだり、私も聞いてましたが、そんなセリフでしたね。たぶんこのHe is not bad はほめ言葉のような気がします。
    アメリカ英語とイギリス英語はたぶん解釈も、言い方も違うんだと思いますが、先日オーストラリア人がこんな使い方してて、それはかなりのほめ言葉だった気がします。
    だからマレーもこれは文句なしのほめ言葉で”he is not bad”を使ったと思います。
    getting closerはかなりの本音ですね。笑

      引用  返信

  • トピック掲上烈大感謝m(_ _)m

    解説者、レジェンドの方々がおっしゃっている通り、
    屋根がしまって、フェデラーが優勝しました。

    フェデラーは、WBは青空の下でやるのがいい。
    と言っていたそうですが、(byWOWOW)
    そうなるとフェデラーは戦いにくくなってしまう。
    皮肉なものです。

    ジョコ-フェデラー戦と同じように
    一分の隙を見せたら、相手にポイントを奪われる。
    すごい試合でしたね。
    BIG4の時代にテニスを見れる私たちは幸せです。
    強い選手が二人いるだけでもすごいのに。。。

    実は、私も団長と同じようにマレーに勝たせてあげたい。
    がしかし、今回のWBはフェデラーに是非!!
    と考えていました。
    年々チャンスがなくなる中、今年は最大のチャンス。
    ここを逃したらGS優勝は厳しくなる一方。

    片やマレーはこれから絶対に優勝、もしくは必ず優勝争いに
    入ってくる選手。
    なのでこれからいくらでもチャンスはある。

    そんな気持ちでした。

    ロジャーは泣かなかったですね。
    フルセットになったら泣いていたかな。

    マレー、いつも負けたあとはハグしてあげたくなる
    選手です。

    試合中に心が折れる瞬間が分かって、
    ちょっとヘタレなマレー。
    (マレーファンの皆様ごめんなさい。
     性格のやさしい愛すべき青年という意味です。)
    もっと大胆に勝気でいいんじゃないかって、
    いつも思います。

    マレーの鉄壁の守備(あの幾度となく打ち上げたロビング、
    ~何度も何度もスマッシュを打たされたフェデラー)
    そして、スピードのある良いサーブ。
    良い選手になりましたね。(何故か上から目線^^;)

    (前にも書いたかもしれないけど)
    ラファも完全無欠のフェデラーに何度も何度も押し返されて
    No,1の座を獲得しました。
    ジョコも何度も何度も二強に優勝を阻まれて今の位置がある。
    マレーが頂を制するのもあともう少しです。
    マレーは絶対にGS優勝果たします。
    (楽天の恐ろしく絶好調なマレーをこの目で見たとき
     確信しました。)

    優勝したらマレーママとハグするのだろうか。
    そっくりな二人を横並びで見てみたい^^

    くやし涙のマレー、切なくてかわいかった。
    フェデラーは心から幸福そうでした。
    双子ちゃんかわいかった~♪
    フェデラー婦人も喜んでいたね!
    (次は双子の男子を産んで欲しいww)

    最高に満喫できた
    今年のWB、準決勝、決勝でした。

      引用  返信

  • 素晴らしい試合でしたね
    ほんと、大会前はこの組み合わせになるとは全く思っていませんでした

    マレーのコメントですが、あれはジョークじゃないでしょうか
    あの状況でさらっと冗談を飛ばすのが凄いなぁと思いながら見ていました

      引用  返信

  • 試合もすばらしかったし、スピーチもとても感動して、大泣きでした!
    今回は残念だったけど、次回はアンディ、GSで優勝するチャンス絶対にあると思います。そして、ロジャーは、歴史上最高のプレーヤー(GOATでしたっけ??)としてまた、新しい歴史を作りました。本と、30歳なのにすごいです。
     今Youtubeを見てたのですが、アンディのスピーチの箇所は、「彼はもう30だし、決勝は僕に十分勝てるチャンスがあるな、と思ってたけど。。。(試合をしてみて)30としては(全く)悪くなかった」(大衆 笑)、という感じになると思うので、彼流(イギリス人流??)のジョークで、「30としては悪いどころじゃなくて驚いた」みたいなことを言いたかったのだと思います。
    ロジャーもみんなも笑ってたので、気にはしてないと思いますが、ロジャーは年寄り扱いされるのが嫌いみたいだから内心ちょっとはむっときてたかも??

      引用  返信

  • なおきさん
    スピーチYouTubeにアップされてます。
    今携帯なので、リンクうまく貼れないのですが、
    Murray speech とかで検索するとすぐでてきます(^ ^)

      引用  返信

  • フェデラー応援していたはずが、マレーママのガッツポーズ、
    「カモーン!アンディー!」と、声をかける姿に感情移入してしまい、
    (同じ年頃の子を持つ母として)最後は、ただ涙、涙、涙。
    センターコートのマレーコールの中、来年は、うれし涙を流してほしいですね!ママと一緒に!
    もちろん、試合もすばらしかった!いきなりのブレイク、ミスの連発に
    ドキドキしましたが、淡々と調子を上げ、、、。さすがでした。
    (技術的なことは全くわかりませんが、笑)
    素晴らしい試合をありがとう!そして、フェデェラーファンの皆様
    おめでとうございます!

      引用  返信

  • レベルの高い試合でした。
    強い選手たちが、競い合って、
    努力を続けて、どこまで高みに登っていくんだ、、、
    という神技を、堪能させてもらいました。

    皆が怪我をせず、
    少しでも長い選手生命を続けてくれますように!!

    私は、ロジャー贔屓なんですが、
    マレーのプレイも好きです。
    あのスピーチは、本当に、切なかった。

    もう、次のUSオープンが今から楽しみです。
    あ。
    オリンピックは、チーム・ジャパンの
    勝利希望!!

      引用  返信

  • 自分がテニスを始めたきっかけがフェデラーでした。久しぶりに強いフェデラーが帰ってきて本当に良かったです。それにしても2人ともインタビューの内容が素晴らしすぎて、ウィンブルドン決勝にふさわしいスピーチでした。泣きました。すがすがしい空気が流れてましたね。マレーも悔しさをばねに今後がんばってほしいと思います。もちろん圭選手も!!

      引用  返信

  • Ebicciさん
    ご親切にありがとうございます(>_<)
    検索してみます!

      引用  返信

  • 今朝は地元紙の一面を飾ったロジャーの写真を眺め、昨日の試合を反芻しながらトラムで出勤しました。

    昨日からネットであちこちの記事を読んでいるのですが、
    http://sportsillustrated.cnn.com/tennis/news/20120708/roger-federer-wins-wimbledon-andy-murray/
    これが最も心にドスンときました。素晴らしいテニスの試合は観ているものによそでは体験できないような感動を与えてくれます。そして、このような美しい文章が産まれることにも。このSIの記事を読んでいて、改めて鳥肌が立ち、胸が熱くなりました。

    地元期待のマレーは勝てなかった。しかしマレーという人間を深く知ることになった。・・・今日はマレーが無条件の愛を勝ち取った日だ。ひとりの男として、そしてテニス選手として。・・・何度読んでもウルウル、泣けます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。