昨日の伊達さんについてここで思い切り語って下さい(2011ウィンブルドン2回戦 vs ヴィーナス)

いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の伊達さん、すごかったですね。感動しました。

芝の女王ヴィーナス相手にファイナルセット6−8。

試合前はどこまで善戦できるかな・・・と思っていましたが、試合が進むにつれてもうこれは勝っちゃうんじゃないか、いや、勝てる勝って下さいお願いします!という感じで非常に興奮しました。

錦織、添田もスタンドから応援していましたね。きっと、いい刺激を受けたことでしょう。

ここは錦織応援ブログですが、日本人選手は全員応援しています。とりあえず今日は思う存分、ここで昨日の伊達さんについて語って下さい。

38 件のコメント

  • ここぞとばかりにネットに出る強気なプレイ。ミスはありましたが、絶妙なハーフボレー。
    努力を惜しまない世界優秀のプレイヤーだと再認識しました。年なんて関係なかったですよね。昨日のプレイは!
    エンジンの違う海外のプレイヤーと互角に戦うには、あの強気なプレイですよ!

      引用  返信

  • 団長様ありがとうございます。誰かに言いたくて言いたくて・・。伊達さんの試合で感動しまくりで、いまだに心が震えてます。いやーすごかった!!高3の息子も本気で応援しとりました。なんですかあの滑り出しは、いきなりブレイクですよ。ヴィーナスが攻めあぐねてましたよね。それにプレー中のあの笑顔!心底GSを楽しんでる様子に、見ているこちらもほんとにうれしくなります。20代の頃には見れなかった表情ですよね。いやーほんとにかっこ良かった!!
    リアルスーパーウーマンですね。あーすっきりした!
    土居美咲ちゃんのプレイも迫力ありましたね、小柄なのにドカーンって!!

      引用  返信

  • いやー、すさまじかったですね。
    ポイントに対する執念と集中力がビリビリ伝わってきて、興奮しまくりで見てました。さすがに浅い打ちごろの場所に返ってしまうと決められてましたが、振られても振られてもリターンし、それがちゃんと入るんだからやっぱ凄いわ。
    錦織君も感じるところが多かったでしょうね。

    ところで誰も書かないので一応 — GAORAさんがイーストボーンのティプサレビッチ戦を放送してくれるようです。
    6/24(Fri) 18:30-20:10
    6/27(Mon) 10:30-12:10
    7/5 (Tue) 8:00-9:40

      引用  返信

  • 錦織選手もファミリーボックスで観ていましたね?
    男女の違いはあれども、あのような素晴らしい試合からは大いに刺激を受けるはずです。

    感受性も成長には必須の要因だと思います。この試合に限らず、他の選手のプレーから感じるべきものはたくさんあります。
    対戦する選手のプレーからももちろんですが、観るだけでも充分に得るものはあるはずです。彼は一体何を感じてくれたでしょうか?

    伊達さんはそのプレーで雄弁に訴えていたように見えました。これは復帰以降の全ての局面で彼女が伝えたかったことでもあったと思います。現場の選手やコーチたちが何を感じたか…大いにショックを受けていいと思いますよ!

    伊達さんのファイターぶりを是非とも見習ってほしいと思いました。彼が本当の戦士(プレイヤー)になってくれることを期待します!

      引用  返信

  • 試合を観て感動しました。
    WOWOWライブで見た後、
    NHKも見てしまいました。
    ボールにフォーカスという、伊達さんの姿勢は
    余分なものが何もなく、
    研ぎ澄まされたプレイ、という感じ。
    美しかった。素晴らしかった。
    最後、会場でのスタンディングオベーションで
    また感動。
    NHKのインタビューで、
    楽しそうな伊達さんを見て、
    またまた感動。
    昨日の試合を観れて本当によかった。

    そして、NHKに感謝!!
    美咲ちゃんの試合を、今日も放映してくれるんですね。
    アマ時代から、注目していた美咲ちゃんの活躍も
    とっても嬉しいです♪

      引用  返信

  • 昨日の伊達選手の善戦は『日本人の精神の強さ』を証明する一戦に
    なったと思っています。

    皆さん仰るように、錦織さんも何か感じ取ってくれたでしょうか?
    中には「善戦しても負ければ同じ。弱いものは弱い」と言う人も居
    るでしょうが、そういう考えではこれからも変わって行かない。
    人間は努力で変わる事ができるのだという事を、後に続く者にも
    是非とも実践してもらいたいものです。

    私が伊達さん素晴らしいと思ったのももちろんですが、放送から伝
    わる観客の反応が全てを物語っていましたよ。

    負けた人は批判を浴びるでしょう。森田選手は特にそうでしょう。
    しかし未来も同じとは限りません。彼女も強くなれるのです。決し
    て弱くはありません。可能性を否定する事無く、これからも期待し
    てやって欲しいと切に願うものであります。

      引用  返信

  • いやーーーーーーーーーーーーーー
    本当に素晴らしい試合を見せてもらいました。

    センターコートに入るドアを開けるところで
    すでに感動してうるっとして、
    コートに立っている伊達さんを見ただけでも涙目だったのに、
    第一セットはあまりにもすごいショットの連発で、
    寝不足の逆ハイ状態で見ていた私は奇声をあげっぱなし。
    そして徐々に本当のハイになって、拍手したり声援かけたり…。
    ファイナルセットの、獲物を狙うタカのような目つきには
    凄みさえ感じました。

    本当に「勝つんじゃないか?!」という試合で、
    結果はちょっと残念でしたが(…いえ…嘘です…本音はすごく悔しい…)本当に素晴らしい試合でした。
    でも、ビーナスも、さすが。
    両者とも、そして観客も、最高でした。
    最後のスタンディングオベーション…総立ちでしたね…
    あれは間違いなく伊達さんに対する敬意だったと思います。

    「見ている人に何かを感じてもらえたら」
    「少しでも勇気を与えられたら」
    というコメントを良くききますが、
    本当にそういうプレーってあるんだな!と強く実感した試合でした。

    いまだ興奮冷めやらず、長文すみませんでした。
    この感動を発散させてくださった管理人さんに感謝です(^^)

      引用  返信

  • いやー、本当に素晴らしかった。

    私の周り、いくら錦織君が凄いって言っても振り向かなかった友達から、二人続けて電話を貰いましたよ。
     「感動したー!いまだにルールよくわかんないけど、凄い面白かったよ」って。

    そして、ビーナスの試合後のインタビュー。
    これがまた…。伊達さんに対する多大なるリスペクトが感じられ、これにもうるうる来てしまいました。(歳のせいか涙腺が…)

    そしてトドメが ↑皆さんのコメント。読みながら、また鳥肌ですわ。(歳のせいか肌が…とは、言いませんねw)

    私も元気貰った。これからも、日本人選手、そして、やや下降気味のあの方やこの方、諦めずに応援していこうと思います。

      引用  返信

  • 団長、スレ立てありがとうございます!
    さっそくこちらに移動してきました^^/
    ダテック、最高!!!

    本当にダテックすごかったですねぇ!o(^o^)o
    かって4位だったという過去の栄光にしがみつくことなく、自身最大の武器ライジングを現代テニスに対応できるまで進化させて、もう、ただただ素敵ですO(≧∇≦)O !!
    昔も大ファンだったけど、今は同じ女性として尊敬しています!!
    ぜひ、圭とダブルスを組んで欲しいです。そして、いっぱい圭に影響を与えてください!( ̄0 ̄)/

      引用  返信

  • 土居選手の2回戦放映は、WOWOWでは放送カード予定にはないようですが、HNKでは放映するようです。

      引用  返信

  • いやいやいや、この話ができる場があって嬉しいです。

    昨日は最初は見る予定はなかったのですが、あのヴィーナスとの試合っていうのもそうそう見られるものではないと思い、通っている講座を自主休講にして、見始めたら・・・
    すごいの一言でした。
    去年の全仏のサフィナ戦も感動しましたが、今回はさらに磨きがかかってて本当に忘れられない試合になりました。

    紳士淑女の集まるウインブルドンのセンターコートにふさわしい、品があって美しい試合でした。

    私は伊達さんの何が好きかというと、あの「全身全霊の本気」です。純粋にテニスに向き合ってる姿勢や、相手との勝負ではなく自分と戦っているテニスに感動します。

    今ソダーリンと対戦しているヒューイットにも同じものを感じます。なんかこうドラマを感じるというか、プレーを見ているとその人の人生観までが見え隠れするように感じる試合があります。

    伊達さんの昨日の試合もそんな感じで、じわーっと心に響きました。改めてテニスってなんかいいなぁと思いました。

      引用  返信

  • すごい試合、本当に感動しました。
    チャレンジャーという気迫が前面に出ていました。
    しかも、善戦では満足しない、本気で勝ちにいく気持ちが伝わってきました。

    最近、感動的な試合、あまり見てなかったような気がします。見終わって胸が熱くなりました。

    伊達さんのプレーもすばらしく、シャープでスピードがあり、
    ビーナスが足をドタバタさせる横をボールが駆け抜ける、
    そんな痛快なシーンが何度もありました。

    観戦していた錦織選手、添田選手も感じ取ったことと思います。

    錦織はあまりそういうタイプではないかもしれませんが、
    デ杯ではぜひ、観客と一体となった、技術というよりは気迫を前面に出したプレーをしてほしいと思います。
    デ杯楽しみにしています!

      引用  返信

  • すれ違いですが、ヒュー強い。
    このヒューに五分で挑んだんだから、胸を張ってよし。
    (密かにこうなることを望んでいたのですが…)

      引用  返信

  • 十数年前、伊達さんのウィングルドン準決勝(対グラフ)を
    僕はテレビで見ていました。その時のことで覚えていることは
    確かNHK総合のゴールデンタイムで放送していたということ
    ぐらいです。。。。そして、伊達さんは、その後突然引退
    してしまいました。。。。
    あれから、ものすごい時間の経過を経て、昨日再び
    センターコートに帰って来てくれました。
    昨日の試合は、僕の中では今後間違いなく忘れることが
    出来ない試合となるでしょう。
    諦めない精神力、攻める気持ち、楽しんでいるような笑顔、
    その全てが、心に突き刺さりました。
    もちろん願わくば勝ってほしかったですが、勝ち負け以上の
    ものを見ている人に与えてくれたと思います。
    試合が終わって、満員のセンターコートでスタンディング
    オベーションを受けてる姿を見て更に感動しました!!
    テニスの醍醐味が全て凝縮された試合でしたね!
    錦織選手も、きっと感じるものが多かったと思います!!

    あっ今、土居さん2回戦勝ちましたね!!嬉しいです!!

      引用  返信

  • 只今、土居選手のNHK録画を見終わりました。

    この人も相当、精神力強いんではないでしょうか?
    期待の女子若手選手ですね。

      引用  返信

  • 並みの選手なら、2セットの結果で萎えてしまうでしょう。
    3セット目、あそこまでまくれるなんて、いつも伊達さんには
    驚かされます。

    今の伊達さんはほんとうに素敵。

    かつての伊達さんも素敵だったけど
    今のクルム伊達さんはもっともっと素敵!

    1ショット1ショット
    テニスを楽しんでいる姿が見える。

    そしてそういう伊達さんを
    私たちはずっとずっと見ていたい。

    松岡修造さんが、

    伊達さんのテニス、
    かつてより進化している。

    そういっていたけれど
    私もしんな気がする。

      引用  返信

  • (続き)

    私もそんな気がする。

    そして
    昨日の試合を見ていて

    グラフ戦がよみがえってきた。

    伊達さんのテニス
    こういうテニスだったなぁって。

    伊達さんのテニスから勇気をもらえるのは
    何故だろう。
    感動するのはなぜだろう。

    決して最後の1ポイントまでまであきらめない
    その気持ち。
    (ここはらふぁにも通じるね ^^)

    そして、テニスの奥深さを見せてくれるところ。

    だから。なのかな。

    いい選手のプレーを見たとき、
    私たちは、選手のご両親に感謝するけれど、
    今は、マイケルに感謝している。

    伊達さんのテニスをもういちど見せてくれて
    ありがとう!!

      引用  返信

  • だんちょ!スレ立て、ありがとうございます。
    この気持ちを共有できる場があって幸せ。

    センターコートに帰ってきた伊達さん、それだけでも、今までの努力が報われたんなぁ、と思い、試合が始まる時で、すでに感無量でした。今年前半のつらかったであろう時期のことも考えると、試合前なのに、泣けてきました。

    在米なのでESPNで見ていました。雨のため他のコートで試合がなかったせいもあり、ずっと伊達戦を放送しておりました。解説の人たちは、伊達さんの旦那さんのことや、ロンドンマラソンを走った事、グラフやナブラチロワと有明で試合をしてから現役復帰を考え始めた事などなど、きちんと紹介しておりました。また、伊達さんのオールドスクールっぷり(プレースタイルの古さ)に驚きながらも、ネットのとりかた、ボレーやハーフボレーの技術の高さ、ライジングショットなどなど絶賛。何よりもその魅せるプレースタイルと姿勢を絶賛。

    BFさんと同じで、僕が改めて考えさせられたのは、ポイントに対する執念と集中力ということです。言葉にしちゃうと簡単かもしれないけれど、伊達さんのポイントに対する執念と集中力の深さから、テニスの奥深さについても、考えさせられました。

    伊達さん、どうもありがとう。マックウィンさんと同じくマイケル(ミヒャエル)にも感謝。長文申し訳ないっす。

      引用  返信

  • 伊達さんの試合、感動でうるうるしながら(歳のせいか?)
    見てました。
    本当に、ポイントに対する執念、集中力の凄さ、
    思わず「うまい!」とつぶやいてしまう技術力
    すばらしい試合でした。

    会場で見ていた錦織くん、添田くんも絶対に何かを感じ取ったはず。

    そして、土居ちゃん
    たくましさが増した感じ。
    WBはWOWOWで放送しなくても、日本人の試合はNHKで観戦できるのでいいですね。
    3回戦が楽しみです。応援しちゃうよ~

      引用  返信

  • 私もグラフ戦を思い出しました。
    環境は変わったとはいえ、あの頃よりもずっと充実して強い伊達さんがいました。強くて、そしてとっても美しかったです。

    勝てる、このままいけば勝つーーー!!!
    と、ファイナルセット後半、本当に思っていました。

    途中で団長が余計なことさえ言わなければ…!wwwwwwww

    ところでファミリーボックスで観戦というなかなかない経験をした錦織選手は、その後すぐに、一緒に観戦していた添田選手と練習をしたみたいですね。
    二人とも調子よく、ボレー多めw
    いい練習ができたようですよ。(坂本さんのツイートより)

    美咲ちゃんも3R、頑張って欲しいですね!!

      引用  返信

  • 伊達さんの素晴らしさ・感動については
    皆さんが既に書いておられますので・・・

    昨日はテニス練習後のお茶タイム(なかなか手に入らないロールケーキ付き)で、練習仲間と「伊達さん談義」で盛り上がりました。

    「Age Is Just A Number」

    美咲ちゃんはじめ日本女子選手も
    もちろん 圭・豪はじめ日本男子選手も
    ジュニアの選手も このスピリッツを盗んで下さい!
    勿論 私たちも頑張りましょう!!

      引用  返信

  • もう何もいうことはありません、皆さんのおっしゃる通り、鳥肌が立ち全身の毛が逆立つようなあの興奮。あのスタンデイングオベーションのなんと誇らしかったこと・・・
    自分はこの年まで一体なにをしていたんだろう、まだ何にチャレンジ出来るんだろうと考え込んでしまいました。あれこそがテニスだけではなく、全力で物事に立ち向かっていく、チャレンジしていくことなんだと思い知らされました。伊達さんに本当に感謝しています。この試合は語り継がれる試合だと思います、若い人だけでなくすべての人に感じてもらいたい。同じ日本人として誇りに思います。

      引用  返信

  • スレチですが、ナ・リー敗れましたねー

    ナ・リーを破ったリシキが次の土居選手の相手です。
    正直全仏覇者との大一番しか考えてなかったので肩透かしをくらいました(
    それに昨年の奈良選手も二回戦でナ・リーに敗れていましたし、リベンジマッチだと思ってたんですが…うーん期待してしまうと負けるんですね

    スコアはファイナル8-6ということで、体力的には快勝した土居選手有利?いやいやいやそんなこといったらいけない…。前言撤回します。

      引用  返信

  • 伊達さんの試合、見ていて鳥肌立ちました。TVでも言っていましたが伊達さんのベストマッチではないかと・・・40歳という年齢考えると本当に尊敬に値します。素直に感謝します。特に試合の入り方、読み、技術は錦織選手は参考にして欲しいですね。前にもコメントしましたが、自分のテニスに徹することのこだわり、他の全選手に大いに感動と影響を与えたことでしょう。
    そして、土居美咲選手。彼女の20歳とは思えない落ち着きとメンタルの強さ。インタビューでも自分のテニスに徹すると言う言葉が多く聞けるのも頷けます。今回の伊達選手と土居選手は、日本人のテニスプレーヤーここにありという存在感を世界に示してくれています。土居選手は3回戦も、自分のテニスをして暴れて欲しいですね。

      引用  返信

  • 伊達さんの、プレーは、感動を超えて 神々しく
     見ているあまたの人たちの、弱気や、苦しさ 不運 邪念を、
     祓う凄い浄化力があった・・・ と思います。 

      引用  返信

  • 驚くのは、3年やり続けてショットの精度が12年前に近づきつつあること。フラット系であれをやり続けるのは綱渡りみたいなもんで技術の極みだと思う。10年やめてて普通取り戻せるもんじゃなかろうに。。。プレイスタイル的にラケットの恩恵は大きいとしても、相手も進化してるし、おとぎ話の世界だよなー。これを見れるのは本当に幸せなことだと思う。そして土居選手。テンポと判断の早さは伊達さんを感じさせる。ようやくこんな若手が出てきたかと感慨深い1日になりました。

      引用  返信

  • ビーナス戦はお宝として保存しておきます。
    素晴らしい試合を見せてもらって本当にうれしいです。

    それに、美咲ちゃん!!!素晴らしいです!!
    リー・ナと試合だったらセンターコートもありかとおもったんですけど・・・。
    まあ、相手は誰であれ、このままガンガンといってほしいです!

      引用  返信

  • リーナを破った相手も強敵ですね!
    サーブスピードが一試合平均183キロとか。
    錦織君並ですね( ̄◇ ̄;)
    土井選手頑張れ!

      引用  返信

  • ダブルス勝利おめでとうございます。
    最初は各駅停車でしたが、最後は超特急でした。
    次は強敵だけど、がんばって!

      引用  返信

  • 伊達さんの頑張りに、「第一次」現役時代を知るオジサンは本当に頭が下がります。一寸体調が悪いとすぐに歳のせいにしてしまう小生とは雲泥の差です。
    今回のDATEさんの最後まで諦めない執念とそれを可能にする驚愕の体力の維持と技術とメンタルは、テニス界のみならずスポーツ界全般に渡っていい意味の波紋を投げかけているようですね。スポーツイラストレーテッドのウェブサイトに下記のようなコラムがありましたので参考までにURLを載せておきます。どなたか、日本語訳をして頂ければ嬉しいです。
    http://sportsillustrated.cnn.com/2011/writers/jon_wertheim/06/22/mailbag/

      引用  返信

  • 遅ればせながら初コメです。

    YouTubeに昨年末放送された伊達選手の特集がアップされています。(アラフォーの星)
    グランドスラムに特別な思いを持っていることが良くわかります。
    今年のグランドスラムはシングルに絞ってと言っていたのに結局ダブルスも出てる(笑)

    最後の「オリンピック狙ってますか」ってインタビューは絶対伊達選手がオリンッピックに出場することを確信してやってる・・・
     

      引用  返信

  • 恒例の外れる予想の時間ですね!

    何となく自分も予想入れてみます。
    ・・・というか半分は願望ですね(

    4R

    Rafael Nadal ○-× Juan Martin Del Potro

    Mardy Fish ○-× Tomas Berdych

    Andy Murray ×-○ Richard Gasquet

    Lukasz Kubot ×-○ Feliciano Lopez

    David Ferrer ○-× Jo-Wilfried Tsonga

    Mikhail Youzhny ×-○ Roger Federer

    Bernard Tomic ○-× Xavier Malisse

    Michael Llodra ×-○ Novak Djokovic

    QF

    Rafael Nadal ○-× Mardy Fish

    Richard Gasquet ○-× Feliciano Lopez

    David Ferrer ×-○ Roger Federer

    Bernard Tomic ×-○ Novak Djokovic

    SF

    Rafael Nadal ○-× Richard Gasquet

    Roger Federer ○-× Novak Djokovic

    Rafael Nadal ×-○ Roger Federer

    ガスケは大穴兼期待です。
    やっぱり4強すべてベスト4予想だと面白くないのでどうしようかと思案した結果です(

    フェデの1位が見たいので本当はジョコがもうちょっと早く負けてくれたらと思うんですが、ジョコが崩れるとはとても思えず、これで。

    冷静に考えると2大会連続トップ4がベスト4のパターンも十分ありそうですね^^;
    予想しといてあれですが

      引用  返信

  • ちょっと遅い情報ですが、ジョコvsバグダティス、感動的でしたね。試合終了後の両者の笑顔での抱擁には観客の全員がスタンディングオベージョンでした。試合中にガッツあふれるプレイ、それと対照的なスマイルで観客を味方につけたバグちゃんは、終盤ず〜〜っとスタンドからパワーをもらってました。それでジョコは相当に苦しんだんですよね。観客を味方につけるというのは計り知れないアドバンテージだなぁと改めて感じました。負けても笑顔で観客に手を振りながら退場するバグちゃんに、観客は「また来年も応援するから絶対戻って来いよ!」という気になったし、それがその選手にとって大きな武器になるでしょう。せっかく良い試合をした後なのに負けて握手もそこそこにプイッと帰ってしまうのは実にもったいないと思われるアマチュアの延長でやってるような選手が多い中で、バグちゃんは実に素晴らしい「プロ」選手だと思いました。

    さあ、今日はナダルvsデルポだ!

      引用  返信

  • 今度は最新情報。って、単に本人ブログが更新されてますね!っていうだけですがw

    http://blog.keinishikori.com/2011/06/wimbledon1r.html

    「負けた悔しさもありましたが、今回の試合でヒューイットから学んだこともたくさんあります。この経験を今後や来年の全英に活かしたいと思います!」と書いてあるのを見て本当に嬉しい限りです。錦織は「客を呼べる選手」の1人。これからも応援するから、この調子で頑張ってスーパーなプロ選手になってくれよ!

      引用  返信

  • 今さらですが、今回のダブルスではパートナーがなかなか決まらなかったようですね。
    今回もGonzalez選手とペアを組むのか思っていましたが、彼には先約があったんでしょうか。
    Devvarman選手とは練習無しのぶっつけ本番だったようですが、相性はいいようなので今日もがんばって欲しいです。
    錦織選手、本音はやはりダブルスよりシングルスで勝ちたかったようです。
    http://tennisjp.cocolog-nifty.com/tennis/2011/06/post-dc31.html

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。