マスターズクラシックレポート by テニス少年さん

先日、「マスターズクラシック」というイベントがありました。参加したテニス少年さんがレポートを送ってくださいましたので掲載します。ありがとうございました。

マスターズクラシックの概要(テニスコミュニティ 40LOVE)

テニス少年さんのブログ「テニス少年の日記


試験帰りにマスターズクラシックに行ってきました!!!

場所は武蔵小杉のとどろきアリーナでした^^

会場は屋内のドームでした!

でももともとは体育館らしく、マットを敷いてテニスコートをつくってました^^;;

出場選手は

辻野隆三
佐伯美穂
渡辺功
白戸仁
山本育史
佐藤直子
吉田友佳
森上亜希子
石黒修
坂井利郎
平井健一
谷澤英彦
神尾米
長塚京子

というメンバーです!

2面展開で試合が行われてました!

時間制というルールでした^^

見てて驚きました(ノ゜ο゜)ノ

引退してもやっぱりうまい(ノ゜ο゜)ノ

特に白戸仁さんは52歳?ぐらいだったのにサーブアンドボレーを鮮やかに決めてました^^

あと森上亜希子選手はさすがに引退して間もないので、実力は衰えてませんでした^^

マスターズクラシックは遊びみたいな感じでした^^

解説の人が試合中いろいろ選手にちょっかいを出してたりすることがしばしば笑

選手も普通に話してたりしてましたwwww

白戸さん「もうみんな僕より全然下じゃないですか」

観客「もう50なんですよね?」

白戸さん「あ、ばれました?  そうです50です^^;;」

解説「え?51歳ですよね?なんでごまかしたんですか?ww」

白戸さん「ちょっとさばを読んで^^」

といった会話が試合中にwww

でも笑えるシーンが多く、楽しめました!

2試合目終了後にスペシャルゲストの登場ということになりましたΣ(゜д゜;)

まず登場したのが、トップジュニアの選手たち!!

鈴木舞、山添絵里、大前綾希子、内山靖崇の4人!!

僕は内山選手しか知りませんでしたが、他の3人も全国優勝してるらしいです(*^▽^*)

それで司会の人がインタビューの後に

「せっかく登場してもらったんですから、打っていただきましょう!」みたいなことをいいました!

そして「このジュニアの選手と打ってくれるのはこの2人です!!!!」

そこで登場したのが、鈴木貴男選手と添田豪選手!!!!!!!!!!

ΣΣ( ̄◇ ̄;)

それで大拍手が!!!!!

そして2人は別れて、1面ずつに入って、ジュニアが2人ずつ相手コートにつきました^^

注目の内山靖崇選手が入ったのは、添田選手の方!

そしてもともとはラリーしかしてなかったのですが、司会の一言でポイント制をやることに(ノ*゜▽゜)ノ

他の選手は緊張とかであまりポイントを取れてませんでしたが、内山選手はちがいました!

普通にプロ同士が試合してるみたいで、けっこうポイントを取ってました(゜〇゜;)

ところで、内山選手って背すごい高いんですね!!!!

186cmあるとインタビューで答えてました^^

そのあと、ジュニアは退場して鈴木選手と添田選手はそのあと

鈴木・石黒ペア 対 添田・渡辺ペア

鈴木・長塚ぺア 対 添田・吉田ペア

の2試合をやりました(o^∇^o)ノ

あとシングルスで試合も5分ぐらいやってました!

これが1番盛り上がってました!!!

鈴木選手の鮮やかなボレー、それに対抗するような添田選手のパッシングショットが連発してました!

あと、俳優の石黒賢さんが来てて、休憩時間にインタビューされてました!!

そして修さんが「来年はこいつにもテニスをしてもらうぞ」と言ってました^^

会場も盛り上がってました!

最後に来場者参加型イベントで「1分続くかな?ペアボレー」と「プロのサーブを体験しよう」があったのですが、

事前に申し込みが必要だったらしく僕は参加できませんでした

。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。

(netdash@鼻血コメント)

こういうイベント、すごくいいですね。

世界のトップレベルのテニスではありませんが、それでも元プロの技術は我々アマチュアから見たら神様みたいなものです。

十分、見て楽しめて迫力と技術を堪能できるレベルのものです。

引退した選手でも、球際の強さやスタミナは落ちても技術は落ちませんので、1日限定のイベントだったら全く問題ないですね。

真剣勝負には真剣勝負の面白さがありますが、こういったリラックスした雰囲気でのイベントは、ライトなテニスファンを非常に惹きつけるものがあると思います。テニスの裾野を広げる効果があるので、どんどんやってほしいですね。

しかし最後に一つだけ苦言を。

広報活動が不十分だと思います。果たしてどれだけの人がこのイベントを知っていたか分かりません。テニスクラブ等には連絡が行っていたでしょうが、それでは元々テニスに興味がある人しか来てくれません。

Webで情報を探しても、出てくるのはPDFファイルのみです。

大会要項(PDFファイル)

みどころ(PDFファイル)

このIT化時代にPDFファイルのみとは・・・。閲覧不可能ではありませんが、携帯のブラウザからこのファイルを見る人がたくさんいるわけはありませんし、テキスト情報だけで大会の魅力が伝わると思っているのでしょうか・・・。

せめて専用のWebサイトくらいは用意し、生き生きとプレーする選手の写真くらいは掲載してほしいものです。これらは決して難しい作業ではなく、費用対効果の面でも最も優れた宣伝手段です。

8 件のコメント

  • 懐かしい顔ぶれだなぁww
    ここに福井氏、西尾氏、九鬼氏、倉光氏、神和住氏なんか
    居らっしゃれば完璧かな?
    ねぇ、島さんww
    テニス少年さん、ありがとうっ!!

      引用  返信

  • 種丸さん、全くそのとおりですw
    あと、そういうイベントには絶対いて欲しいのが、井上悦子さん(現姓・兼城)です。
    顔良し、スタイル良し、テニス良しで、まるで「コートの宝石」のようでした。
    そして、その可愛い顔でよく泣くんですよね~、これがww
    錦織ももちろん稀有のスターなのですが、実力を兼ね備えたそういう意味での女子選手も出てこないかな?と虫のいいことを妄想してしまいます。

    なお、趣旨は少し違うwのですが、私は土居美咲選手にうっすら注目しています。
    約1年ほど前に練習ラリーを見ていたのですが、奈良くるみ選手や村上コーチなどが球を詰まらされるくらい凄いストロークを打っていました。
    フラット・ドライブでした。
    話が脱線しましたが、彼女は注目株だと思います。

    それにしても、そのイベント、時間があれば行きたかったですね~~(ブツブツ・・・)

      引用  返信

  • なんちゅうゴーカな顔ぶれ…まさに鼻血モノです。
    テニス少年さん、ありがとうございました!

      引用  返信

  • 山本育史プロはいたんでしょうか?
    彼のレッスン受けた事あります。
    あと福井さんにも^^
    もちろん雑誌の応募に当たってですが。

      引用  返信

  • 種丸さん、島さん、NOSAさん
    自分にとってはほとんど知らない人で、名前を聞いたことあるぐらいかなぁって感じでした><

    島さん
    来年も行われるそうですよ^^
    ぜひその時は参加しては?

    reikoさん
    いましたよ^^
    といっても僕は実際どの人かあまり認識できませんでしたが><
    欠席者がいなかったのは覚えてますw

      引用  返信

  • このイベント、谷澤さんのブログで宣伝されてたので
    知ってました。でも、関西から行けない(T_T)
    東京圏って、いいなあ。
    ところで島さん♪
    私も美咲ちゃん、注目してます♪
    サウスポーの強いショットは、
    観てて気持ちいいですね♪
    精度が上がっていったら、
    どこまで伸びるんでしょう♪

      引用  返信

  • テニス少年さん>
    遅れましたが、レポートを、ありがとうございました。
    詳細を覗いてみたのですが、なんとダブルスが8試合も行われていたんですね。
    しかも形式もバラエティーに富んでいて、こういうのは私、大好物なんですよw
    来年は超優先的に見に行きたいと思います。
    前にイベントで坂井さんと1ゲーム先取のゲームをしたことがあるのですが、球自体にスピードや威力は感じないものの、伸びとプレースメント、コントロールがよく、アングル、センター、足元、ロブなど自在に打ち分けられて相手になりませんでした。
    ああいう応酬が続くテニスは、非常に参考になると思います。
    というか、今後の私にはあれしか道はありませんw
    できれば、年に4回くらい開催して欲しいくらいです。

    BAKOさん>
    実は今年、土居選手の試合を有明で見たのですよ。
    どうしてもドームで見たい試合(ユーズニーだったかな?)があったので、第1セットしか見なかったのですが、強打にミスが多く取られていました。
    球威やスピードはあったのですが、まだ安定性が足りない感じでした。
    「こりゃあ、まずダメだな」と思いながら離れ、戻って来たときは終わっていたのですが、スコアを見たら第2セットは奪い返していたのです。(セットカウント1-2で試合は負けでしたが)
    プロにとって大事な修正力もけっこうあるようで、これからも注目していたいと思っています。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。