20人のナンバー1と対戦したサントロの素晴らしいキャリア

楽天オープンで初来日してくれたサントロ。予定通り先日のパリ・マスターズ1000大会で引退しました。(もっとも、来年の全豪も出るのでは?という噂もありますがw)

20年に及ぶ素晴らしいキャリアを誇るサントロですが、なんと20人ものNo.1選手と対戦したそうです。詳しくはATPサイトの以下のページで。

THE MAGICIAN’S FINAL TRICK

今のところ10人分しか書かれていませんが、来週残りの10人について書かれるそうです。

ほとんどのNo.1選手に勝っていて、対戦成績もかなり接近しているのがすごいです。特にサフィンに7勝2敗と大きく勝ち越しているところがwww

vs ベッカー 1-1
vs クーリエ 1-2
vs サフィン 7-2
vs サンプラス 3-4
vs アガシ 3-3
vs ムスター 4-3
vs リオス 1-3
vs モヤ 3-1
vs カフェルニコフ 0-6
vs ラフター 1-1

カフェルニコフには歯が立たず、「おまえは絶対に俺に勝てない」と言われたそうです(カフィらしいwww)。

面白いのは対ムスターで、「ムスターはクレーで全員を倒しまくっていた。私以外は。そして私はクレーで全員に叩きのめされていた。ムスターを除いて。」とサントロは語っています。

残りの10人が楽しみです。

2 件のコメント

  • サフィンやっぱりダントツに負けていますね。
    サフィンの天敵だったので、あえてサントロの存在を見て見ぬふりをしていました。
    最後くらいはちゃんと見なければと思い、今回の楽天でやっとじっくり見ました。
    が、すごいですね。今更ながら言うのもなんですが、どうーなってるんでしょうか。
    団長さんも言ってましたが、スローでスウィング見ても、よく分かりませんでした。

    ベッカーってかなり昔のイメージなのですが、芸歴長いだけあって、すごいメンツですねー。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。