【執筆途中でアップ】錦織圭、メンタンピン一発ツモで見事に勝利!ロンドン!(2018パリ3回戦 vs. アンダーソン)

2018 Paris (Masters 1000)
3rd Round
Kei Nishikori[10] def.

タイトルは北戸田敦さん(@argon131313)のツイートをもらいました(強奪)w

先週の試合の結果を踏まえ両者がどうプレーしているか注目していたのですが、錦織が上げてきて、アンダーソンは下がってしまいました。

まさに「試合変わればテニスも変わる」です。
「先週負けたから今週も負けるとは決まっていない」も証明してくれました。
これからもアンダーソンとは名勝負を繰り広げるでしょうし、勝つことも負けることもある実力関係だと思います。
しかし短期間に連続で負けると印象は強烈になります(ex. 2015年のペール)。
それを阻止したし、内容的にも先週の課題をクリアしての会心の勝利だったので、一気にアンダーソンとの力関係も、ツアーの中での立ち位置も改善されたと思います。

ティームにも勝ち、アンダーソンにリベンジ。苦手だったガスケにも勝ちチチパスを圧倒。全米でもチリッチに勝った。フェデラー、ナダル、ジョコビッチには力が及んでいないが、彼らを追いかける勢力の1人として再び認識されたと思います。

メドベージェフに負けたり、伸び盛りの力を圧倒するほどのパワーはないが、取りこぼしも他の選手と比較して多くはないと思います。
(以前は、はっきりと「少ない」と言えたのですが今年は復帰イヤーということもあり、前半けっこう負けているので)

決勝で負けているということが残された課題ですが、それも早々に解消されるでしょう。ズベレフがGSで活躍できないと言われているのと一緒で、そんなはずはないと思っています。統計的なことを言うにはN数がまだまだ少ない。もっと凡戦を落とすような例が増えないとそういうことは言えない。

アンダーソンに連敗しなかったこと、ロンドン争いを生き残っていること、全米以降の好成績を続けていること、トップ10復帰決定、フェデラーへの再チャレンジ、先週の課題の全克服・・・など盛りだくさんの意義がつまった試合でした。

イズナー、チョリッチ、フォニーニが負けたことにより錦織の9位以内が確定、デルポトロ欠場ならロンドンに出れるところまで来ました。
3回戦を勝って自力でも行けた、という可能性を残していることが素晴らしいです。

試合内容については後ほど振り返ることとして、一旦アップします。

知り合いのご家族が今日、観に行っていたらしいです。写真もらいましたのでアップします。
そして明日も見に行くんだって!!!!! 超うらやましい!!!
フランスは祝日みたいですね。
ハモ部長も行くんですかいな?


こうしてみると、まだフェデラーと比べたら体の捻り、肘の高さなどは足りないですが、フォームが改善されてきて似た感じになっていることが分かりますね。

オンコートインタビュー

ウィーンの決勝から僅か4日でアンダーソンに勝ってのベスト8、どんな気持ちか

自分もよかったが彼のミスも多かったのでたすけられた
終始しっかりと安定したテニスができた

1ゲーム目は一番よかったんじゃないかなと思います。
あそこしかポイント取れなかった
今日はリスクを負ってプレーした
大事なところで良いプレーができた

トップ10復帰について

(笑顔で)ひとまずは嬉しい。トップ10−を目標としていたので。最初は想像できないチャレンジャーのスタートだった
徐々に自信がついてトップ10にもどってこれた。嬉しいです。

ロジャーに上海で負けているのでケビン同様、またリベンジしなければならない。またがんばります。

32 件のコメント

  • 揚げ足取りになっちゃいますが、メンタンピンのメンはリーチのことですよ!
    ハードシーズンは効果的にボレーを使えていて安定感がありますね。予想していた以上に体力も温存できていると思われるので、次も期待しちゃいます!

      引用  返信

  • はい、気がついたので直しましたw

    メン=リーチ
    タン=タンヤオ
    ピン=ピンフ

    要するにリーチをかけて(BP握って)、一発で取った(ツモった)ということです>麻雀しらない方への補足

    ブログ初期のころ、実況掲示板で、ブレイクしたときに「キターーーーーーーー!!!!!!!!!!」
    と共に、国士無双のAA貼り付けて盛り上がってたころを思い出しました。

      引用  返信

  • アンダーソンに対して、すぐに修正、すぐにリベンジ、そしてトップ10復帰!!
    かっこよすぎます😆
    明日は久々にフェデラーに勝つところを見たいです!
    最後まで一生懸命という姿勢、本当に感動です。

      引用  返信

  • アンダーソンに対して、すぐに修正、すぐにリベンジ、そしてトップ10復帰!
    かっこよすぎます😆
    明日はフェデラーに勝つところを久々に見たいです!
    最後まで一生懸命という姿勢、本当に感動です。

      引用  返信

  • 団長さん、インタビュアーはガオラの鍋島さんですね。私も見てましたよ。
    「ふうっ、やったね」という顔。でも、満足している顔ではなく、次に向かう気持ちが表情に表れている錦織選手でした。
    明日も集中して「リーチ 一発 ツモ ジュンチャン 三色 ドラ3」といきましょう。トリプル 240Zです。(^^)

      引用  返信

  • へへ。裏ドラも付いた感じ🀄️
    ま、ドラ、ドラなんかではなく、シンプルに一個だなぁ。
    まあ、どっちにしても満貫ですが。
    あ、裏ドラ付くとハネる。

    キリ丼さんのアガリは、私はジョコを倒した時か、と。
    あ、そうか!ジョコ倒したら役満❓
    いやいや〜、優勝が役満だよね!
    と、取らぬタヌキ…🦊タヌキの絵文字無いんで、キツネで…

      引用  返信

  • これ勝って決勝まで突っ切って欲しい。そしてモヤモヤフォア卒業お願い。
    デルポトロもまだ諦めてないようだし自力でつかんで欲しい。

      引用  返信

  • 圭君勝利、嬉しい〜。アンダーソンのストロークは、追い込んでもラインぎりぎりで対抗してくることに改めてビックリ。イズナーの試合を2試合真剣に観たのは久しぶりなので、同じビックサーバーでも、アンダーソンのストローク力の高さを感じました。
    今回は、それに負けなかった。先手先手の攻めとネットプレー。フェデラーに対しても、試合全体でサービスゲームで責められる状況を減らして、勝利を掴んで欲しい!
    でも、カチャノフのリードを何度も跳ね返しギリギリで踏みとどまっているイズナーのプレーも素晴らしかったです。こんな真剣な勝負を楽しめて、さらに喜べることに感謝。そして、あのロンドンに立つ圭くんが見れる可能性が高くなったと思うと嬉しすぎます。

      引用  返信

  • さん,
    そうですね!錦織選手は今日素晴らしい勝ち上がりだったので余計に期待してしまいますね!
    個人的には、今シーズン初のマスターズのタイトルを獲得し、9年ぶりにグランドスラム決勝まで勝ち上がったデルポトロ選手には本当に出て欲しいですね!錦織選手、デルポトロ選手、両方出て欲しいですが、怪我してるデルポトロ選手にはいち早く良くなってツアーファイナルに出て欲しい!

      引用  返信

  • 1stセット第1試合で号泣しました。
    「ケイくんがあんな戦い方してる!」
    明日のOOP出ました。今日と同じ第5試合です。

      引用  返信

  • メンタルの強さ、いい意味でのあつかましさは
    まさしく、ギャンプラーKeiだったような気がします。こういうギャンブルに打って、出れるのは、
    (サーブを除いた)オールランダーのスキルがあぅてこそで、全部、優等生に脱皮しつつあるアンダーソン選手、完成品のBig3〜4の背中を寒くさせることになったと思います
    少し気になったんですが、サーフェイスとの相性はあくまて、ボールが対象になるのはわかっているんですが、錦織選手の場合、シューズとの相性もあるような気がします
    芝、赤土、ハードコートは、履きわけているでしょうが、ラケットにあれだけのこだわりを持って
    プレーする錦織選手だから、どんだけ気にしているのか?って、興味深いです
    スポンサー契約しているでしょうから、メーカーは変えられないと思いますが、錦織選手のフットワークは超スペシャルなので、疲労気味のとき用や、同じサーフェイスでも硬い、柔らかいで履きわけてるんでしょうかね?
    あんまし変えて、足首挫いたりされたら、怖いですが、ベストコンディションの錦織選手をたくさん、ずっと見ていたいという…わがままなんですけどね。
    団長アップなサーブ時のフェデラー選手との比較写真、説得力ありますね。しっかり床に入っていて、強い体幹を殊更、捻ったフェデラー様はやっぱり神領域。スピード、俊敏性が売りのケイ選手はちょっぴり、身体が伸びてしまってます。
    神様たち、けして俊敏でないことはないので、錦織選手も近づいて欲しい
    でも、まだ28歳でしたつけ? きっと日本の神様になってくれると信じています。

      引用  返信

  • 優勝して名実ともにトップ8になってファイナルに出場する!
    ということにモチベーションを持って戦っている。
    と思います。
    出張中でも朝5:00からでも何としてでもリアルタイムで応援します!

      引用  返信

  • 東一局目、四順目で早速立直のチャンス。しかも待ちは西の地獄単騎待ち。河には一枚も西は出ていない。これはテニスで言う所のリターンゲームで0-40のトリプルブレイクポイントのチャンスを握ったようなもの。しかも相手は2ndサーブ。
    しかしこれがなぜか上がれない
    (ブレイクできない)
    場面は変わりこちらのサーブ30-40のピンチから攻めまくったのに不運にも相手のネットインでブレイクされたりもする。そう、東四局目、終盤に何気なく切った九萬が対面の国士無双に放銃。
    テニスとは麻雀のような運にも左右されるスポーツなのでしょう(違うか)

      引用  返信

  • あじゃこさん ジョコを倒したら四暗刻でしょう。(^_^)
    フェデラーよりもジョコの方が勝つのは大変でしょう。フェデラーの凄さは、アンフォーストエラーを怖がらないでリスクも関係なく攻めまくる攻撃テニスです。ジョコビッチのテニスはリスクを相手に冒すように仕向けるテニスで、自分ではエラーしないディフェンス的攻撃テニスです。フェデラー相手にすると「やられたー」と脱帽しますが、ジョコビッチには「やっちまったー」と頭を抱えるんですね。フェデラーに負けたときは爽やかに負けた思うことができますが、ジョコビッチに負けたときは、どうしてと悩んでストレスが溜まります。そのどちらも解決するには、勝つしか方法はないのでしょうね。
    この2人に勝つことは、ATP TOURの1つの優勝よりも価値は高いと思っていますよ。

      引用  返信

  • もし写真が見れなかったり、コメントが反映されなかったりしたら、ブラウザのキャッシュや閲覧履歴をクリアしてみてください。

      引用  返信

  • アンダーソンとの試合直後のインタビューで、フェデラー戦に向けての問いに
    「明日のロジャーには今日のケビン同様、リベンジしたい」と。
    圭君が公開の場で「リベンジ」なんて露骨に闘志をむき出しにした言葉を使うのは珍しいと感じました。
    その意気や良し、です。
    ロンドン行を確定したアンダーソンは勝利へのモチベーションが高かったとは言えませんが、ロジャー様はRK1位への執着が強いでしょうから圭君にはもうひと踏ん張りしてもらいましょう。

    キリ丼さんのロジャーとジョコへの思いの文章は、まったくその通りと思える素晴らしい表現だと思いました

      引用  返信

  • アンダーソンを含めこのあと対戦が予想されるフェデラー、ジョコビッチ、ズべレフと前回対戦で敗戦した相手ばかりですな。この際全員リベンジしちゃいましょう。
    もしもティームかハチャノフが勝ち上がってきたらって?
    そのときは返り討ちにするまでよ。

      引用  返信

  • この試合の錦織テニスは完ぺき❕始終、攻撃的な糸が張られていて、戦略を遂行。フェデラー戦が益々楽しみ。

      引用  返信

  • Geoさん,
    麻雀やらない人にはさっぱり分からないような・・・、でも、「西の地獄単騎待ち」「河には一枚も西は出ていない」って矛盾してません(笑)?
    まぁそれはそれとして、コードボールがどちらに落ちるかとか、麻雀ほどではないにせよ、テニスでも多少は運が左右しますよね。試合の流れが悪いときに雨で中断になったりとか、良い流れなのに日没サスペンデッドになったりとかで、試合の流れが変わるのだって、運と言えば運ですからね。でも基本的には実力が結果に反映されやすいスポーツだとは思いますよ(^^)

      引用  返信

  • キリ丼さん、ズバリそうでしょう。的確に、的を得た表現。私もそう思います。キリ丼さんの表現に感服いたしました。

      引用  返信

  • すみませーん、できれば、麻雀用語じゃない言葉でお願いしますぅ~~、
    さっぱりわからない(汗)(´;ω;`)ウゥゥ

    錦織、その意気やよし!です。ホント!
    リベンジ「したい」ではなく、リベンジ「しなくてはならない」って
    言ったんですよ~
    「アンダーソン同様、フェデラーにもリベンジしなくてはならない」
    なーんて、素敵なんでしょう!
    目が💛になってしまいます。

      引用  返信

  • アンダーソンとの対戦後のインタビュー見直してみました。

    「ロジャーに上海で負けているので、ケビン同様、またリベンジしないといけない」と言ってますね!
    ホント~に、なんて強気な男らしい発言~❗

    リベンジ出来そうな絶好の機会に思えてなりません❗

      引用  返信

  • 今朝見る時間がなく、ダイジェストで見ました。
    ピンポイントで大事な所を抑えた勝ち方、余力は十分でしょうか?
    今度こそフェデラーに行けそうないい予感がします。

    終わりよければすべてよし。
    たとえ勝ってもジョコビッチはいるけど、
    尻上がりに調子を上げてきた今年、
    最後のマスターズで精一杯がんばって‼️

      引用  返信

  • ウクレリアン より:
    2018/11/02 19:59:00
    こんなに早くトップ10に復帰できるなんて、錦織君、あなたは本当にすごい!
    今朝の興奮いまだ冷めやらず、3回戦をオンデマンドで拾い見の再観戦しました。

    第1セットのSFS、ラリーで競っている最中にススっと前に出てボレーを決めたネットプレーに、ホレボレ。頭脳的で洗練された絶妙のタイミング!トップ選手ならでは。
    第2セット第9ゲーム、相手のスマッシュに飛び付いて返すもポイントにならなかった場面。屋根に当たって返らなかったのを本気で悔しがっていた!その小っちゃい体で俺のスマッシュ返す気かよ、とアンダーソンは内心たじろいだかも?(2回戦でマナリノのスマッシュをウィナーで返してブレークにつなげたのを知っていたかも?)この直後、錦織君が立て続けにポイントを取ってブレーク!
    洗練されたプレーと泥縄式?プレーの共存が、錦織君のテニスを魅力的にしているし、強くもしているのでは?(泥縄式と言っても高い予測力と技術力があるからできる。) のびのびとプレーしている時、この2つのバランスがとてもいいように思うんです。

    フェデラーとのサーブのフォーム比較、面白かったです。サーブ一つをとっても、錦織君が改善の努力を続けていること、そしてまだその過程にあることがよくわかります。
    それにしても、団長さん、次々と記事を繰り出して私達を楽しませ、鼓舞してくださっていますが、寝る時間はあるのでしょうか。ひょっとして寝ていない⁈

      引用  返信

  • 今、録画を見終わりました。1stセットは本当にワンチャンスを物にして逃げ切ったという感じですが、(いやそれも凄いことなのですが)2stセットはリターンゲームでもわたりあえていましたね。

    最後の3ゲームはギアが1段上がった感じ、気持ちよくラケットが振れていたように見えました。

    印象的だったのは、ブレイクしたゲームの30-0からのロブが天井(カメラかな?)に当たった時、あれが無ければ返せていたのに!というパフォーマンスをしていた事です。解説の佐藤さんは「お客さんの為にですね」と言っていたのですが、そうなのか?❗今まであんまりああいう事ってしなかったですよね。そうやってモチベーションを自分で高めて行っているのかなと思ったら、なんか感動しました。

    疲れはあるでしょうが、いい状態に思えます。あとツアーの試合は決勝まで3試合を残すのみ。全力を出しきって決勝まで行って欲しいです。

    追記、下団さんが教えてくださった通りにしたら、いろいろ出来ました。ありがとうございます。コメントした後にフォーラムにコメントすればいいんですね❗

      引用  返信

  • 嬉しい! とにかく嬉しいです!
    今朝の試合、仕事で観れなくて、こわごわ結果を確認したとき、アンダーソン選手の名前の横にゼロを見たとき、休憩室で歓喜の叫びでした。
    錦織選手には、良い意味で裏切られます・・って信じてないんかいってことになっちゃいますね(^_^;)

    ヤッター! 年内フェデラー選手との対戦が叶った。
    良い内容、躍動する圭クンを見たいですが、錦織選手はリベンジしか考えてないですもんね。
    全力応援です!!

      引用  返信

  • RYUJIさん きんちゃんさん ありがとうございます。
    勝っても負けても(勝つにこしたことはありませんが)やりきったという表情の錦織選手を期待して全力応援です。

      引用  返信

  • 私も麻雀はサッパリで、旦那に聞いたけど・・・・わかりません。(@_@;)
    なんかすごい事らしいのは分かりました。

      引用  返信

  • nakaさん,
    あっ、河には西が二枚出てないと地獄単騎待ちになりませんね。地獄の文字は抜いておいてください。失礼いたしやした。
    って麻雀やらない方にはなんのこっちゃですねw

      引用  返信

  • アンダーソン戦、フォアが冴えてましたが、グリップを微妙に変えていたんでしょうか? だからバックハンドに難があった? それはともかく体に疲れはあっても意気軒昂な錦織圭の勝利は嬉しい。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。