「筋を痛める」のスジって何?

金曜日夜は例の如く地元テニスクラブコーチの方々の間に入れてもらっての練習会です。そしてどっからどう見ても私が一番弱いです。

今日は久しぶりの参加だったのですが、こともあろうことか腕を痛めてしまいました。

この人体図で言うと、「とう側手根屈筋」というところでしょうか。サーブを打ったとき、ピキっと来ました。

ちょっと時間を置いたら治るかと思ったのですが、腕に軽く力を入れただけでも結構痛みが出続けたので、やむなく練習をやめました。

今まで足の怪我はあらゆるものを経験してきましたが、腕や肩は痛くなったことがなかったのでびっくりです。

いくら錦織ファンだからと言って、怪我まで真似しなくてもいいのですが・・・。

まあテニスエルボーでもないし、軽傷なので2,3日程度でよくなるかと思いますのですが、悲しいのは

原因が明らかに草むしり

だということでしょうか・・・。

「あまりのスイングスピードに腕が耐えきれなくなって負傷」

だったらカッコ良かったのですが・・・残念ながら

原因は明らかに草むしり

なのです・・・。

ええ、頑張りましたとも・・・何か月も放置していたら、家の雑草の高さがすごいことになっておりました。結構田舎に住んでるもので、ほっといたらすぐに草ぼーぼーです。

で、まるで民話「おおきなカブ」のように一所懸命草を抜いておりましたところ・・・見事に筋肉痛になりました。

そのままテニスをしていたところ、力の入り具合が臨界点を超えたのでしょうか、めでたくテニス人生初の腕の負傷です。とほほ・・・。

ところで一緒に練習していた人に、痛む個所を教えたところ、

「ああ、スジを痛めたんですね」

と言われたのですが・・・。

スジって何ですか?

よく聞きますが、正体が分かりません。他人の負傷だとサラリと流してきた言葉ですが、自分の負傷となると、気になってしまいます。

筋肉じゃなくて?筋肉のほかにスジって組織があるのでしょうか?

Google様で「スジって何?」で検索しても麻雀のページしか引っ掛かりませんし、

「前腕 内側 痛み」などかなりピンポイントで欲しい情報が手に入りそうな検索ワードでも、テニスエルボーのことしか出てきません。

Yahoo知恵袋などで同様の質問もありましたが、いまいち欲しい回答ではありませんでした。

どなたか分かる方がいらっしゃったら教えてほしいです。骨でも関節でもないので、やっぱり筋肉のことなのかなあ?と思っていますが。その場合、軽傷でも「肉離れ」ということになるのでしょうかね?そんな大げさな感じはしないのですが。

とりあえずアイシングはしっかりしときました。

13 件のコメント

  • あのー、草むしりって意外に重労働ですよ。
    腰や手首や肘に結構負担かかるから。
    慣れない人が道具使わずいきなり頑張っちゃうと
    確実にどこか痛めますよ。
    除草剤をうまく利用するのが一番かと・・

      引用  返信

  • 僕も最近肩を痛めてます^^;;

    近くに接骨院ありませんか?
    電気治療とかをしてもらえますよ!
    200円とか300円とかいう世界なので気軽に行けますよ^^

    僕はそれで最近接骨院に毎日通ってます。
    気軽に相談に乗ってくれますし、助かってます^^

    僕は整形外科だとシップをもらうだけに対して接骨院は治療をしてくれるからいいと思ってます^^

    1回試しに行ってみてもいいと思います^^

      引用  返信

  • すじ? すじって なんか 硬そうな紐みたいなものかな?
    あ! 首はくびすじっていいますよね?
    きっとなんか 硬そうなもののことじゃないでしょうか

      引用  返信

  • takaさん

    草むしりなめてました。

    テニス少年さん

    接骨院ありますけど、以前腰を痛めた時に行っていまいちだったんですよね。電気治療とかやってくれますけどね。

    もうひとりのきょうこさん

    それは、何の回答にもなってないのではw

      引用  返信

  • SUji・・・

    意味無くローマ字にしてみました。

    牛すじの煮込みやら、牛すじのカレーは美味しいですけどね。
    明日のメニューにしちゃいたい位です。

    と言う半分本気の冗談はともかく、
    親戚にPTがおりますので聞いてみます!
    元サッカー選手だっただけあって、スポーツ系の質問には
    強いと思われますし!

      引用  返信

  • お久しぶりのカキコです。
    その後具合はどうですか???
    筋っていうか、靭帯じゃないですか?と思ったんですが、
    誰も書いてなさそうだったので、カキコしました(^_^;;

    あと、整骨院も、整骨院によって色々と
    治療方法や使う機械なども違います。
    なので、1度合わなかったならば、他に行ってみられると、
    合う所がみつかるかもしれませんよ^^

    アイシングは大事ですね!
    少しお休みされると、ちょっと違うかなぁ???^^

      引用  返信

  • SUJI…
    牛スジ煮込み食べたい・・・

    たるとさん
    場所的には靭帯ではないと思ってるんですが、素人判断なんでよく分かりませんね。
    痛みは少しずつ治まってきていますが、まだテニスはできそうにないです。

      引用  返信

  • あ、スジ=靭帯のことでは?というご指摘だったかな??
    でも、「スジ」って言葉があいまいなまま使われているという状況はありそうな感じです。
    だれかスジって何か教えて~!

      引用  返信

  • スジというのは、筋肉と腱の両方を指すようですが、「スジを痛めた」と仰った方は、単に漠然と発言されたのかな、と推察しますが(違ってたらごめんなさい)。。

    ただ、記事内容から推察するに、軽い肉離れ(筋膜損傷とか?)の可能性がないとは言えないんで、2-3日しても依然として痛む(テニスできない)ようであれば医者に罹られ、症状と対処方法確認しといた方が良いかもしれません。。但しもちろん、その「以前行かれた接骨院」とは別のところで。。

      引用  返信

  • 「スジ」と靭帯は違います。
    靭帯は、筋肉と骨をつなぐ組織の事ですが、
    一般的な「スジ」と言われているものは、
    実は文脈によって「存在する」こともありますが、
    実は事実無形。
    むしろ、もうひとりのきょうこさんが一番的確な類推をしていたりしますが、
    これは、ご本人も意識しておられないでしょうwww
    言葉で「首スジ」と言われて、皆さんはどの辺りの部位を想像するでしょうか?
    実は、それこそ「スジ肉」は立派な、(そして美味しいwww)部位の名称ですが、「スジ」なる名前の人体箇所は有りません!

    ためしに、「手のスジってどの辺?」と何人かに聞いてみてくださいまし。
    色々、違う答えが、返ってくるはずです。

    そう。上に書いてらっしゃる皆さんも、喧々諤々のコメントですよね。

    ということで、靭帯、筋肉、骨、などを痛めた(スジ肉は痛めずに、炒めてくださいねwww)という整形外科的用語は有りますが、
    「スジ」という部位はありませーーーん。

    というのが、怪我をしているわたくし、整形外科に造詣が深くなってしまいました。。。。

    以上、「とあるスジ」からの情報をお伝えします。←このギャグを言いたくてコメントした!?

    いえいえ。そっ、そんな事はございませんwww

    はい、通してください、このスジ牌!!

    でわ~

      引用  返信

  • 以上、「とあるスジ」からの情報をお伝えします。←このギャグを言いたくてコメントした!?

    以上、「とあるスジ」からの情報をお伝えします。←このギャグを言いたくてコメントした!?

    以上、「とあるスジ」からの情報をお伝えします。←このギャグを言いたくてコメントした!?

    本音でしょw

    おちゃめさんwww

      引用  返信

  • 私は8月の初めに左肩から地面にモロ転倒し、痛くて痛くて腕も上がらなくなり、整形外科受診、レントゲンで骨折はなくもあまりにも痛みがひどく、とにかく夜眠ろうとすると痛みで眠れない。
    で、MRIを撮った所、肩に水が溜まっており、二の腕が痛い(→o←)ゞ。
    ピリピリ、ジンジン。
    筋を痛めているらしく、酸素カプセルや電気治療をしています
    肩は動かさないと固まるし、動かすと二の腕がビリビリするし、悪戦苦闘。時間がかかるみたいです。
    時間をかけて治します。
    治癒には時間がかかりそう。
    スジと骨、関節は大事ですよ。頭痛のように薬では治らない。

      引用  返信

  • 人体にスジという器官は物理的には存在しません。

    東洋医学では経絡とかツボとかありますが、実際に解剖してもそれらが存在してないのと同じです。

    スジ、漢字で書くと筋で変換されます。 一般的には凝り固まって繊維質のようになり固くなった筋肉の部位をスジと呼んでいるようです。 スジ違いという表現も医学的表現ではありません。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。