Surbitonチャレンジャードロー発表&結果予想投票

Surbitonチャレンジャーのドローがやっと発表されました。

錦織圭は第4シード。バグダティスとも、クレモンとも反対側に入った(決勝戦まで当たらない)のはいいドローと言えるでしょう。

しかし、このチャレンジャーもレベルが高いので全く気が抜けません。

1回戦の対戦相手はスイスのステファン・ボウリ、2回戦は以前も対戦したアレックス・クズネツォフとライアン・スウィーティングの勝者と対戦です。

順調ならその後、シード選手との対戦が続きそうです。

では、結果を予想してください。

n

{democracy:30}

7 件のコメント

  • 今回の予想は難しい、というか錦織周辺にしか無理でしょうね。
    なんといっても我々ファンには最近の不調の原因がわからないので。
    大雑把に、不調が解消されていれば決勝まで行っても不思議ではないし、解消されていなければ一回戦も危うい・・・とぐらいしか言えないのではないかと。

    ファンとしては不調を脱している、あるいは不調脱出のきっかけになる大会であってほしいものです。
    もちろんピークにもっていくのはウィンブルドンですが。

    話は変わりますが、シャルディ、結局ツォンガはおろか、フェルケレックにもなれませんでした。
    これじゃあ何のためにナルバンディアンに勝ったのか・・・。結局ナダルを楽にしただけでした。個人的にかなり「いらんことをしないでくれ!」な気分です。
    一押しの選手の一人だったベルダスコも、昨日ナダルに良いところなく敗北。もうちょっとやってくれるだろうと思っていましたが・・・。

    ベスト16にフランス人選手が5人も残るという珍(?)現象もどうやら打ち止めでしょうか。
    マチュー、シャルディ、ロドラが負け、べネトーはフェデラーにあっさりやられる可能性大。モンフィスがリュビチッチ相手にどこまでやれるか・・・。でも、リュビチッチもさすがは二年前にSFまでいっただけのことはありますね。
    でも、ガスケ・ツォンガのツートップを欠いた割にはフランス勢が健闘しましたね。

      引用  返信

  • katsuさんお怒りですね。
    確かにナダルを楽にさせてしまったのは頂けないですが、まあこのくらいで上出来じゃないでしょうか。

    ベルダスコ、昨日WOWOWで見てかなり惚れました。
    スコア上は惨敗でしたが、強烈なフォアにしびれました。
    好き度★★★★に昇格です。

    それにしてもナダルは化け物です…。

    今のところ、フェデ、ナダル、ジョコではフェデが一番弱く見えてしまいます…。

      引用  返信

  • 今回はかなり好ドローとはいえ、3回戦で当たるであろうアンダーセンがかなり厳しいように思われます。よってベスト8に投票してみました。やはりジョコを倒してるのは大きいと思います。
    逆にこれに勝てれば最近不調が続くズベレフに勝つ事も出来るでしょうね。シャルディは2ndは取れたと思ったんですけどね・・・中断がつくづく悔やまれます。

      引用  返信

  • ふ、ふ、ふ。団長、今回の錦織はね、来ますよ、じぇーーたーーいに来ます。バーミューダ以来の予感がね、ビンビン来ています。問題は1回戦です。ここさえ抜ければ、スバリ優勝です。バグダディスをも倒すでしょう。1回戦は明日ですよね。OOPが楽しみです。

      引用  返信

  • >ポロンさん
     実は私もベスト8に投票してます。同じ理由で。
     まあ、芝に慣れてくれればいいと思っています。
     2回も勝てば上出来です。
     (ちょっと私も弱気になってるかな)
     でも芝は違いますからねえ。

    >takolinさん
     おお、言葉の意味はよく分らんが、とにかくすごい自信だ(『キン肉マン』)

     とりあえず月曜日には1回戦は入りませんでしたね。

      引用  返信

  • netdashさん
    いいでしょう、ベルダスコ。でもナダル戦は散々でしたが。
    もともとスペインでモヤの後継として期待されてたのは、ナダルではなくこのベルダスコでしたから。
    あの強烈なフォアは、錦織のフォアとタイプは違うけれど、同じくらいお気に入りです。
    たぶん、昨年のAIGでのベルディヒとの激戦でファンになった方も結構いるのではないでしょうか。
    わりとイケメンだし、女性の方にもおススメです。
    今年もAIGに来て、錦織と戦ってほしいです。
    というかフェデラーがこないことばかりがクローズアップされた昨年のAIGですが、錦織の出場を初め、フェレール、ガスケ、ベルディヒ、ベルダスコなど、かなり中身の濃いメンバーでいい大会だったと思いますね。錦織出場が(怪我してない限り)確実な今年も、ビッグネームはともかく、いいメンバーがそろってほしいです。

    Surbitonチャレンジャーはとりあえず、錦織が復調してくれて、芝に慣れることの両方ができれば・・・。
    ウィンブルドンへのきっかけが重要なので、今回は勝ち負けは(一応)度外視しています。

      引用  返信

  • katsuさん

    去年のAIGは私も堪能しましたよ。ベルディヒとベルダスコは残念ながら見れませんでしたので、今年来たらぜひ見たいと思います。

    すでにしこたまチケットを仕入れてしまったので・・・。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。