錦織圭、右膝痛でバーゼル&パリ欠場

コメント欄にマミさん、mimiさん、えみっちさん、OBM-GOさんより連絡入りました。

右膝の状態がバーゼルには間に合わなかったようで、残念ながらバーゼルもパリもスキップするようです。

錦織、右ひざ痛でスイス室内を欠場(日刊スポーツ)

MRIで大きな損傷は見つかってないものの、痛みが引いていないそうです。

膝は私もたくさん痛めましたから少しはわかりますが、大丈夫だと思っても不安なんですよね。可動部ですから大きな力がかかります。
不安があったら思い切ってプレーできないし、かばってしまって左足も傷めるなんてこともありますからね。ここで心身ともにリセットするのはいいのではないでしょうか。

ストックホルムで取った100pがものすごく大きいですね。

さすがに1週間で治療して、ヨーロッパ往復してあの豪華メンバーと対等に渡り合うというのはきつかったと思います。

残念ながらと書きましたが個人的にはショックはありません。
無理して出場しなくてほっとしています。まだ先は長いですからね。

ただ、バーゼルに試合を見に行くと張り切っておられた方がいらっしゃったと思うので、その方は本当に残念でした。
テニスの試合観戦はどうしてもこういうことが起こりうるから難しいですね。
出場しても、初戦がいつ入るかを当てるのは難しいですし。
しかしバーゼルは超豪華メンバーです!錦織がいなくても楽しめることは間違いありません!

それからGAORAさんもショックを受けてるかもしれませんね。
また錦織が完全復活したらガンガン、特別編成を組んでください!お願いします。
私も微力ながらGAORAの宣伝に努めます。

これで2か月強はゆっくり調子を整えられるわけで。
しばしプレッシャーから解放されて羽を伸ばしてほしいです。

次の試合はおそらく全豪の前哨戦になるのではないでしょうか。

13 件のコメント

  • 残念ですが、
    次に万全の試合が見られるのを楽しみにします。

    ところで、次の試合っていつごろの可能性が高いのでしょうか?
    全豪オープンの前哨戦のような大会ですか?

      引用  返信

  • 私も個人的には少しゆっくりしてほしいと思っていました。

    ソーダリングの試合中も私にはかなり膝を気にしているように見えました。
    また、体調が整ったら、あの素敵な☆プレーを見せてほしいです!!

      引用  返信

  • 先ずは
    錦織圭選手に、今シーズンお疲れ様でした!!
    圭のお陰で充実したテニス観戦ライフを送る事が出来ました!!
    「ありがとー!!」と声を大にして言いたいですね♪
    オフシーズン ゆっくり休んで 楽しい事もたーくさんして欲しいですね!
    マスコミ・メディア(ファンの皆様もかな?)には
    圭が帰国してもそっとしといてあげて欲しいっ!と思います。

    団長さん。
    ここに訪れる事で 圭応援のモチベーションも上がり↑↑↑
    いつも楽しく応援できました!!
    こちらにも声を大にして「ありがとー!!」です!!
    ダチョーのオフシーズンは・・・・????あり?ないよね?(笑
    オフシーズンの記事UPも楽しみにしてます!!

      引用  返信

  • 私、バーゼルは出場する、と聞いたので、
    膝もたいしたことないのかな?と思いはじめ、
    頑張って応援するぞ、とその気になっていたので、
    ちょっとショックでした。

    大丈夫かな、膝の痛み。
    今年の残りは、足の治療と体作りに専念し、
    頭の中はリラックスして、来年に備えて欲しいです。

    ヴァモス、にしこりけい!!

    今年一年の活躍、楽しませてくれてありがとう!!

      引用  返信

  • にしこり選手お疲れ様でした。
    鼻血さん、それにここの住人さん。皆応援お疲れ様でした。
    来年の今頃はにしこり選手がMSで活躍している
    姿を見れるといいな。

      引用  返信

  • 残念やらほっとするやら という思いが絡み合って複雑ですが、来年も元気なプレーを見れるならゆっくり休んでもらった方がいいですね。
    来年までは撮り貯めたビデオで乗り切ります。
    テレビ(レグザ)のハードディスクに録画してるので、壊れたら見れなくなるのですがテレビに頑張ってもらいます。
    団長様も、来年までは少しゆっくりできるのではないでしょうか。

      引用  返信

  • tennisnakamaさんのところに、錦織選手とマネージャーのオリヴァーさんからメッセージが入っています。
    WCをもらったから断りきれなくて無理に出場だったらいやだなと思っていましたが、今回の決断にほっとしています。

      引用  返信

  • こんにちは。日本のニシコリ・ファンのみなさん、初めまして。わたしはケイ・ニシコリのコーチングスタッフで、ニック・ボロクソデチーアカデミーに所属するニック・コーチッチである。
    われわれはいま、早くも来シーズンの全豪オープンに向けて、ケイ・ニシコリのパワーアップをはかるため戦略を練っている。コーチングにおいて世界一流のプロフェッソナルを自負するわたしは、ニシコリ最大の弱点といわれるサーブの強化に関して、この三日三晩、一睡もせずに、三時のおやつも三度ぬいて、考えぬいてみた。その強化案について、日本のファンにだけ極秘で紹介してみよう。
    ※サーブについて
    1)ジャンピングサーブのマスター。これは全日本バレーボール代表の福澤選手のジャンピングサーブに、インスピレーションを得た。ニシコリと変わらない身長ながら、抜群のジャンプ力をもつ福澤選手のジャンプサーブは、世界的にも評価され、威力満点である。ニシコリも、助走を三歩とり、ジャンプして空中でインパクトすることにより破壊的なパワーをもつサーブをうつことができる。エアショットを得意とするボディバランスのいいニシコリならこのサーブは習得可能である。このジャンピングサーブにより、打点は、現在より1メートル以上、前に出るだけでなく、むろん高さも30センチ以上、高くなって体感速度250キロ超えの前人未踏のサーブを放つことができるだろう。
    2)ラケット&ガットを、試合会場と全く同じ保護色にする(または透明にする)。
    これによって、相手選手は、ニシコリがサーブをうつときの面が全く見えなくなり、コース・球種を読むことができなくなるだろう。ウェアも保護色にすると、更に効果が高まると思われる。
    ※レシーブについて
    世界のトップクラスに勝つためには、化け物のような彼らのビッグサーブを破ることが必須条件である。そこでニシコリがビッグサーブを破る術を考えてみた。
    3)レシーブポジションについたとき、顔は右、身体は左に向けて、相手選手を攪乱する。
    相手選手がどちらへ打ったらいいか迷う、その一瞬の隙をつく。
    4)相手選手がサーブするとき、ボレーのポジションに立つ。一見、何の意味もないが、相手選手がイヤ~な気持ちになる。
    5)ニシコリの額に極秘サーチライトを埋め込み、相手選手がサーブをうつ瞬間、その目をライトで「ピカッ!」と射て、ダブルフォルトを誘う。サーチライトが違反の場合は、ニュータイプの光を額から出せば、サーチライト同様の効果が得られる。ニシコリならニュータイプ覚醒の可能性はじゅうぶんある。
    6)元FBI捜査官マクモニーグル氏に師事し、サイコ能力(特にテレパス能力)を会得する。相手選手がサーブのモーションにはいったとき「ワイド」「センター」「ボディ」どこへ打とうとしているか読心し、即座に反応してレシーブする。どのコースへ打つかさえわかっていればどんなビッグサーブでもニシコリなら85パーセント、レシーブが可能である。
    7)ろくろ首能力を身につける。相手選手がサーブをうつ瞬間、首をのばして威嚇し、動揺を誘う。ただし、首はネットより向こうへのばすと反則となる。(相手選手の頭上や顔面の先まで出してしまうと恐すぎるため)
    ※以上のような秘策を実行することにより、ニシコリは、全豪で、特出した成績を残し、世界テニス界を震撼させることは間違いない。われわれスタッフも日夜、努力を惜しまずニシコリを盛り立てるので、日本のファンのみなさん!!応援ヨロシクタノンマスダヨ!!
    ※なお、ニック・コーチッチ氏は架空の人物であり、ニック・ボロクソデチーアカデミーも実存しない団体であることをお断り申し上げます。(アタリマエダワナ)
    ※団長様。不適切な書き込みでしたら削除よろしくタノンマスデチ!!(ニック・コーチッチより)

      引用  返信

  • テニスプレーヤーって本当にたいへんだな〜と
    錦織選手のファンになって、初めて意識しました。

    多分アメリカにいても、日本人的感覚、
    New YEAR は仕切り直し!って感じで
    すがすがしい気持ちでむかえられるはず。
    それに、少し休んでたら、きっとまた、ゲームへの意欲も募っていくと思うし。

    ファンとしては、その間に今年のビデオ見て、18歳の錦織選手のことを、
    心に焼き付け、応援エネルギーを貯めておきたいと思います。
    来年、新しい年(19歳ですね!)を楽しみにしています!
    netdashさんも、サイト運営、たいへんな事があっても、がんばっておられて
    錦織愛を感じますよ〜オフシーズンに入りましたが、時々は何か書いてくださ〜い!

      引用  返信

  • わはははははは!
    ニック・コーチッチさん、おもしろすぎです。
    最初は名前を見ずに読み始めたので、最初の1行目「おおおおお!」と一瞬思ってしまいました。ほんの一瞬ですよ・・・ハズカシ

    つっこみどころ満載ですがw、ネタとして最高です。
    定期的に執筆をお願いしたいくらいですw

    次の試合まで時間がありますから、こうやって楽しく過ごしましょう。

    このブログはネタ切れまでオフはありませんよw
    まあ、ネタ切れしないように1日1記事のペースを守りたいと思います。
    サイトデザインのリニューアルなども考えているので、その時は少しお休みをいただくかもしれません。

    今後ともよろしくお願いします。

      引用  返信

  • ニックコーチッチさま

    たいへんウケました!
    (不適切な書き込みでしたら削除してください)
    私もビッグサーバーやパワープレーには、
    体の小さい日本人の知恵で対決だ〜とは前から思っていました。
    錦織選手にはぜひ世界最小最速セッター竹下選手も参考にして欲しい、
    思います。

    azusa拝

      引用  返信

  • ニック・コーチッチ殿
    内藤大助からヒントを得た
    ノールックサーブもメニューに取り入れてください!

      引用  返信

  • テクニカルコーチにバーラミを加える、ってのはどうでしょう?
    グレンも好きなのでグレンも留任で。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。