ランキング試算(11月30日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ

11月23日現在ポイント 85    本年の対戦成績 4勝6敗

現在ランキング 423位(-3)  本年年初 63位  本年最高位 56位

現在100位の選手とそのポイント Michael Berrer (GER )      528点

10月16日現在レースランキング 159位タイ  2008年ATP新人賞受賞

11月30日付錦織選手のポイント:85点   順位試算はできません。

わたしのは数字上どうなることがあるかであって、近く発表されるであろうnetdashさんの予想とは全く違うことをしています。Final後の順位変動があり得るか?です。

No.1争い

トップの入れ替わりについて、実はパリでFedererが早期敗退したので、NadalがFINALで追いつくチャンスでした。準決勝であっけなくDjokovicに負けてしまいましたので、少しFedererが安全圏になりました。入れ替わるケースは、Federerが全敗したときにNadalが4勝して決勝進出したときか、Federerが1勝のときにNadalが優勝か、Federerが2勝のときにNadalが全勝優勝したときのみです。Federerが3勝した時点で入れ替わりはなくなります。

2位以下の争い

・Djokovicの2位について、Djokovicの全勝優勝したときにNadalが1勝以下のときか、1敗優勝のとき、Nadalが全敗のとき、つまり勝ち数が4つ多いときにあります。

・Murrayの3位について、Murrayの全勝優勝したときにDjokovicが1勝以下のときか、1敗優勝のとき、Djokovicが全敗のとき、つまり勝ち数が4つ多いときにあります。

・Del Potroの4位について、Del Potroが2敗準優勝でMurrayが全敗のとき、1敗準優勝でMurrayが1勝以下のとき、またMurray以外との対戦で優勝するとき、Murrayとの対戦で全勝優勝のときで、Murrayが2敗目のときにあります。

・Davydenkoが優勝すると6位になります。下位者との対戦以外の準優勝でも6位です。

・Verdascoは決勝の相手がDavydenko以外で優勝すると6位になります。

・Soderlingは決勝の相手がDavydenko以外で全勝優勝すると6位になります。決勝でDavydenkoに勝ってもRoddickは越せますが、1敗目のDavydenkoを越せませんので7位ですが、2敗目のDavydenkoを越せますので6位です。

Davydenko以下の順位変化について他のケースは煩雑になりますので省略します。

6 件のコメント

  • 今年のNadalは大切なポイントを取れないことが結果が良くない原因だと思います。Federerはぐずっていても大切なポイントを取り切れているところが強いです。これで、Federerが明日勝てば年末1位確定です。逆にNadalは3位転落の危険が増えました。それを防ぐのはハードで分が悪いDjokovicに勝つことしかありませんが、どうなるでしょうか。Djokovic、Davydenko戦が始まる時間です。

      引用  返信

  • あ、直ってる・・・
    昨晩、ブログにまったくアクセスできず更新できませんでした。

      引用  返信

  • 前に言いましたようにFedererが24日に勝かったので年末1位確定です。と同時にMurrayの3位も無くなりました。今日負けたNadalは3位転落の危険が続いています。Djokovicが残り全勝優勝すると5点差で2位に上がれます。自力防衛するためにはNadalはハードで分が悪いDjokovicに明後日勝つことしかありませんが、どうなるでしょうか。
    Nadalのスピンもスライスも威力が無くなって球速も遅いので相手に追いつかれ打ち分けられている事が多くなっているのに、相変わらずストロークにこだわっているようなプレイがどうかと思います。相手から楽にオープンスペースに打ち返されて、返球がパスにならなくてミスや浮いてしまいがちになっているところが辛いところです。強かったNadalにストローク戦に持ち込まないのが相手の取る戦略でしたが、今のNadalはNadalからそれを行ったらどうかと素人は思うのです。

    なお、錦織選手は来年の第一週、ATP大会のどこにもエントリーしてないようです。
    チャレンジャースタートかな?でも、チャレンジャーの予選に入れるのかな?

      引用  返信

  • Finalもいよいよ大詰めです。
    今日、FedererがDel Potroに負けましたが1位通過、Del Potroは2位通過、Murrayは勝ちましたがVerdascoの頑張りでゲーム取得率がほんの少し劣り通過なりませんでした。これで、Del Potroがもし優勝すると、年末Del Potro4位、Murray5位になります。MurrayはVerdascoにもう少ししっかり勝ちきる必要がありましたね。勝った1試合でも大きな変化をもたらしました。
    明日、3位転落の危険が続いているNadalはVerdascoに続く頑張りがあるでしょうか?
    B組の勝ち残りは明日の試合で次のようになります。
    Nadal対DjokovicでNadalが勝つと、Soderling1位、Davydenko2位通過が決まります。そして年末2位、3位も決まります。Djokovicが勝つと次の試合結果待ちです。
    Davydenko対SoderlingでDavydenkoが勝てば、例えDjokovicが勝っていて2勝1負で3人が並んでもセット率の関係でSoderling1位、Davydenko2位通過です。Davydenkoが負けたとき、Djokovicが勝っていればSoderling1位、Djokovic2位通過です。

      引用  返信

  • Djokovicが勝ち、Nadalは3戦連続ストレート負けでしたが、Davydenkoが勝ちしましたので、Djokovicは準決勝に進めませんでした。これでNadal2位、Djokovic3位が確定しました。そして、Del Potroが優勝すると4位に上がり、Murrayが5位です。優勝でなければ順位は変わりません。DavydenkoはFedererに初勝利するとその時点で6位になりますがどうでしょう。
    8位以内確定のSoderling、第2セットで転んだあと足が痛かったのでしょう第3セットでは動きが止まったSoderling、一日弱で戻るでしょうか。走らされたら辛いです。今日の1敗が効いて優勝以外、今のままのDavydenkoを抜けませんし、優勝してもRoddickの下です。このまま8位でもSoderlingのキャリヤーハイです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください