フェデラー強すぎます!2010全豪決勝

R. Federer def. A. Murray, 6-3 6-4 7-6(11)

また予想外しました

もう、何も言うまい。

フェデラーはグランドスラム16勝目(私はグランドスラム5連敗)

フェデラーは8連続グランドスラム決勝進出(私は5連続外し)

フェデラーは4回目の全豪優勝(私は5回目の外し)

もうフェデラーが伸び伸びしちゃってました。

WOWOWのインタビューなどでも「全仏を取って気が楽になった」と強調していますが、そんな感じでした。

マレーのテニスがいいのか悪いのかすら判断難しいくらい、一人でテニスやっちゃってました。

特にバックハンドの攻撃力に驚きました。

フォアは以前からすごいのですが、バックでもフォアのように攻撃していました。

基本ショットの威力で負けているので、マレーは球が浅くなるシーンが多々見られました。

マレーが勝つために頑張っているのは見ていて分かりました。でも頑張っただけではどうにもならない相手でした。

第3セットは5-2まで行ったのですが、5-3からのサービスゲームをキープできなかったのが痛かった。

タイブレークも粘りを見せましたが、セットポイントでアプローチをネット、そしてボレーをアウト。

これはフェデラー相手なので厳しいところを打とうという意識が強すぎで犯したエラーだと思います。

第3セットをマレーが取ったとしても苦しい状況には変わりなく、今日のフェデラーを崩すにはマレーもスーパーサイヤ人になるしかありませんでした。あっぱれ、フェデラー。

フェデラー様に盾ついた私がバカでした・・・。

5 件のコメント

  • 今になって思うと、全仏までのフェデラーは「負けてはいけない」と全ての対戦で勝とう(もちろん今でも勝とうとはしているけど)としているようでしたが、今のフェデラーにそういったプレッシャーはない感じがしますね。
    まずはGSタイトルに重点を置きGS生涯獲得数を増やそうと考えて、GSを押えた上でマスターズシリーズなどでベスト4以上をマークしていればランキングも大丈夫。ダビデンコやマレーに負けが続いた後の今回でも「僕はグランドスラムの戦い方を知っている」と言った言葉が決して強気の発言などではなく、本音に聞こえてしまいます。

    ナダルに負け続けていた頃とは精神状態が違う気がしますね。
    ホント昨日の決勝を見ていたら勝てるのは「あの頃」のナダルだけのような感じがしました。

      引用  返信

  • 団長のおかげで今回も優勝することができました。
    ありがとうございます!ロジャーに代わって御礼申し上げます。

    ピンチになるとファーストが入りまくってしのいでしまったり、バックのダウン・ザ・ラインとか、フォアの短い逆クロスとか冴えたショットも決まったりして2004~6年くらいの「最強」の姿が戻ってきたように感じました。

    しかしマレーのショットも決して悪くなかった…というか、威力を増してきているように思います。一本「打たれた!」と思うと案の定フェデラーがエラー(というか届かない)、というシーンも多かったと思います。しかし今回に関しては、ラリーの主導権をフェデラーが握るケースが多かったようです。ロングラリーになっても打ち負けず、わずかなチャンスを見逃さずに先に攻めて勝利を引き寄せました。

    ジョコビッチもそうですが、マレーもやっぱり試合中にすこーし疲れや落胆を見せる場面がありました。そういう部分が今回のフェデラーにはまったく見えない。。常に平常心を保ってプレーできる、フィジカル、メンタルの強さを感じさせてくれました。

    技術的には柳さんがしつこく言ってましたが、バックのフラット/トップスピン系のショットの精度が上がった感じがします。特にライジングでの強いショットが良かった。。ミスも出ず、短くなることも少なかったと思います。

    まだまだ今年もみんなでロジャーを追いかける一年となるんでしょうね。

      引用  返信

  • 団長外しすぎます!

    ナダル戦、チリッチ戦のマレーはどこへ行ったのか!?というぐらいにフェデラー強かったですね。

      引用  返信

  •  ばんざ~い!!!
    強すぎるロジャー様の復活だー ♪♪♪

     男子決勝の前に、以下のように願望?的なコメをしました!

     『いよいよ男子決勝!
    全豪も、今日が最終日…明日からは寂しくなるなあ

     確かにマレーはメキメキ腕をあげていますし、
    最近はフェデラーにも連勝しています。

     でも、ちょっと待ってください!
    2008年にフェデがモノに感染した事を忘れてしまってませんか?
    2008-2009年のフェデは、そのせいで1位の座から陥落しました。
    明らかなトレーニング不足で、時々足元がふらついてました!!

     復活を遂げた今は大丈夫!!明らかに全盛時に近い動きです^^!
    『みんな、まだまだ修行が足りないよん!』てきな、
    王者のテニスを魅せてくれると期待しています!!!』

     もう、期待以上のテニスを魅せてくれてとっても満足です≧▽≦

    というか、『3セット目はマレーに取らせてあげて!』な~んて
    思っちゃったくらいでした。

     確か以前、全米OPでも、『ジョコに1セットくらいあげて!』と
    テレビの前で眠い目をこすりながら願った覚えが…

     もう完全復活と言って良いのではないでしょうか♪♪♪

     進化し続けるフェデにただただ脱帽で~す。

    (長々とすみません。元フェデの大ファンなのでした。)

      引用  返信

  • 今では大会のない時、オフコートで3時間、オンコートで4時間のトレーニングをしているそうです。もう今年で29歳ですが、体力的にもまだまだいけるのではないでしょうか?

    先週末、この決勝を観るためだけに会場まで日本から足を運びましたが、それに値するロジャーの出来でした!特にタイブレークの終盤。マレイは明らかに精神的に疲れ切っているのに対して、ロジャーは終始表情1つ変えずに淡々とプレイしていました。

    今年はひょっとすると年間GSが、、、。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。