残念!鈴木貴男は予選決勝で惜敗

2010全豪オープン 予選決勝
D. Young def. 鈴木貴男, 7-6(0),7-6(2)

2セットともタイブレークの接戦で惜敗。非常に悔しいです。

GSの予選を勝ち進むことは、本当に厳しい。

でも、予選にもギリギリひっかかったランキングだった鈴木貴男がここまでやるのですから、男子のテニス界は本当に実力が接近しており、挑戦しつづければいつかチャンスをつかむことがあると思います。

それにしてもやっぱり鈴木貴男は、大きな大会で力を出せる選手。昨年は同世代の選手がこぞって引退しましたが、彼についてはまだ先のことでしょう。

P.S. 風邪をひいてしまったので更新滞るかもしれません。

7 件のコメント

  • 鈴木選手は本当に惜しかったですね。勝てるかもと思ったんですが、さすがヤングというべきか・・
    伊達選手はWCで全豪オープンダブルスにも出場するそうです。ペアは39歳コンビのYayuk Baski(インドネシア)
    男女とも若手選手にもう少しがんばって欲しいものです。

    P.S. 団長さん、お大事に。
    錦織選手の復帰戦に備えてしっかり体調を整えてくださいね。

      引用  返信

  • はい、貴男選手は少し前まで怪我がちだったんで「もう引退かな」と覚悟してましたが、惜しかったです。
    ただタイブレが一方的だったんで、本当に惜しかった、までは行かない気もしますが。。やっぱり残念。秋のチャレンジャーで幾つか結果出してますし、復調模様みたいで、今年は期待できるのかもしれません。個人的には、ずっと応援してる選手なんです。

      引用  返信

  • 風邪、どうぞお大事に。
    今は乾期で晴天続きのはずが、この10日間で雨4日曇り3日、晴れ3日で気温も下がり日中でも17度の日がありました。今日はまぁ晴れでしたので20度に戻りましたが、寒いですね。北半球はどこも寒さがひどいようでしかたがないかと思ってます。どなたも風邪には気をつけましょう。

      引用  返信

  • 鈴木選手残念でした。ライスコ見ていたんですが、勝てるかって思った場面が何度かあったんですがねぇ。
    あ、違う話題ですみませんが、B2 Networksにメールで問い合わせしたら、テニスの配信はしないそうですので、一応お知らせしておきます。
    At the moment we do not plan on broadcasting tennis this year. B2 Networks SR. Vice President

    風邪早く治ると良いですね。お大事に。

      引用  返信

  • 敗戦当日の本人のコメントを紹介します。(下記アドレス)

    http://suzukitakao.jp/index.htm

    このコメントを読む限り、「悔しいことは悔しいが、相手の
    ヤングが良いテニスをしていたのでしかたがない。」といった
    納得感を感じることができます。むしろ、今回の全豪予選での
    収穫を実感しており、今後の活躍に期待ができると思います。

     当面はサンノゼまで錦織と同じスケジュールのようですし、
    引き続いて、錦織と共に応援していきたいと思います。

     一方、ヤングの方は、昨年の全米に続き、予選からの本戦
    出場です。伸び悩んでいるとの評価が多い中、確実に力を付け
    ていますね。また、ヤングの若さ(錦織と同い年)でも全米の
    WCをもらえないといったところに、日本人選手には無い米国
    選手の厳しさを感じました。

      引用  返信

  • すみません。上のレスポンスで紹介したかった鈴木貴男のコメント
    が、ブログの深いところに移動してしまったので、以下に直接転記
    します。

    ------------------------------
    こんにちは!貴男です。
    今日の予選決勝は、6-7(0)・6-7(2)で負けました。会場やネットで応援してくれた方々にこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました!
    1ゲーム目をブレークして、すごくいい感じで進んでいたのですが、5-4と6-5のサーブでは、相手のギアが一気に上がったのを感じました。たらればですが、そこを何とかキープしていれば違った展開になったと思いますが、終わってしまったものはしょうがないです。タイブレークでは、相手の方が積極性に加え確実にポイントを取れるパターンを選択していたし、大切な場面でスーパーショットを出していたのは相手のほうだったので、仕方がないと思います。セカンドも何とかキープを続けるものの相手のフォアハンドには、かなり苦しめられました。
    予選を上がれなければ1回戦も決勝も一緒だと思いますが、2回戦で苦手だったデルガドに勝ったこと、そして風の中でも我慢してプレーを続けて2勝したことを自分の経験にして、また頑張るしかないです。
    正直悔しい気持ちは一杯あるし、慶応チャレンジャーの優勝で掴んだチャンスだったので、もっと生かしたかった・・・・・。次は、アメリカの大会を予定しているので、一度日本に戻ってから、また新たなスタートを切りたいと思います。応援ありがとうございました!!
    それでは、また・・・。貴男
    ------------------------------

      引用  返信

  • 負けちゃったのはがっかりだったけど、全豪が始まると思うと
    ワクワクです。
    みなさま、情報ありがとうございます!
    そして団長、「更新滞るかも」なんて書きながら、更新しそうで
    ちょっとコワいけど、本当にしっかり休んでくださいねっ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。