クアラルンプール大会のメインビジュアルに錦織圭がデカデカと掲載

ちょっと前にオリバーさんより大会宣伝用のメインビジュアルと写真1枚が送られてきていたのですが、USオープン真っただ中だったので掲載が今日になりました。すごいメンバーの中に錦織圭がいます。

(クリックして拡大)

錦織に対するワイルドカード付与に関するMedia Updateも一緒に送られてきたので掲載します。こういう感じでメディア向けにアナウンスされるんだよ、という参考に。期待されていますね。

5 件のコメント

  •  このメインビジュアル、インパクトありますよね。

     しかし、名実共にアジアNo.1のルー選手よりも中央にいる
    というのは驚きです。
     マレーシアの人は、中国系よりも日本人の方に好印象をもって
    いるのでしょうか?

     あと、団長注目のバンブリ選手(インド)が2人目のWCを
    ゲットしましたね。色んな意味で楽しみな大会です。

     ところで、錦織の試合が日本で生中継されるという話、どう
    なっているのでしょうか? 期待していますよ、WOWOWさん!

      引用  返信

  • 読めないよ。最後の大きな部分、プラグインが見つかりませんと出ちゃいました。そういうときは大抵、必要なプラグインを取得するかとなるんですが、わたしのサファリは判読できないみたい。

    Nadalが勝ち、初のUSOpen決勝進出です。ラファ、おめでとうございます。Youzhnyも良いプレイしてましたが、チャンスをきっちり取り切りました。3セット目3ゲーム目をブレークしてこのままかなと思いきや、4-3からのサービスのブレークポイントには会場が大もりあがりでした。ちょっとここから盛り返されちゃ困るなと思いました。でも次即ブレークバックすればそのままだろうと思える強さがありました。そしてその通り、ブレークバック・キープで終わりました。

      引用  返信

  • これで、全米後は
    1 Nadal
    2 Djokovic
    3 Federer
    4 Murray
    5 Soderling
    6 Davydenko
    7 Berdych
    8 Verdasco
    9 Youzhny
    10 Ferrer
    となるはずです。

    久しぶりのNadal対Federerの決勝はなりませんでした。

      引用  返信

  • 決勝は午後4時半以降(日本朝5時半以降)に始まります。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。