錦織のリタイアは臀部の痛みによるもの。ウィンブルドンには支障なし

錦織のマネージャーのオリバー・ヴァン・リンドンク氏に錦織のリタイアについてメールで問い合わせたところ、即返信をいただけました。

それによりますと、土曜日の2試合目に臀部を少し痛めたとのこと。これはクレーから芝にサーフェスが変わる際に起こることは珍しくないことだそうです。

昨日と今日も梨状筋(piriformis muscle)がずっと硬く、今日の試合中にひどくなってきたので、ウィンブルドンに向けて大事を取ってリタイアしたと。

錦織はすでに大会会場のATPドクターにも診てもらっただけでなく自分のメディカルチームとも話し合っており、負傷は深刻なものではないと診断されています。

来週のウィンブルドンには全く問題ないそうです。

公式発表がある前にメールをそのまま載せるのはどうかと思ったので日本語にしてみました(ここで知らせることは言ってあります)。内容は書いた通りです。

いや~とりあえず安心しました。

24 件のコメント

  • 古傷(肘や腹筋や膝)じゃなくて良かった。
    しかしケアはしっかりして万全の態勢にしてほしいと願うばかり。
    ちょっと過密スケジュールでしたもんね・・・。

      引用  返信

  • 錦織選手、大きな怪我でなくて何よりです。

    ワールドカップは見事日本が勝利。
    サッカー日本代表のごとく錦織選手にもウィンブルドンの好ゲームを期待します。

      引用  返信

  • いや~、本当に肘とかじゃなくって良かったです^^;
    階段をおりるとき、お尻が笑うあれみたいな感じですかね?
    やっぱり、芝って足にくるんですね!(おしりにも^^)

    それにしても、素早い対応さすがですね!!!
    これで安心して眠れそうです!
    団長、ありがとうございましたm(_ _)m

      引用  返信

  • 一安心しました。    ふ~~~ (深い息)
    ありがとうございます。

    >古傷(肘や腹筋や膝)じゃなくて良かった。
    >しかしケアはしっかりして万全の態勢にしてほしいと願うばかり。
    >ちょっと過密スケジュールでしたもんね・・・。

      引用  返信

  • 報告ありがとうございます!!

    大事をとってのリタイアだったんですね。

    少し安心しました。
    WBではこの悔しさを爆発させて欲しい。

      引用  返信

  • 団長さん、素早い対応ありがとうございます。
    大きな怪我でなくて良かったです。本人もそこは気をつけているでしょうしね。
    jetさんのレポートもアップされています。本人に聞いたところ、大事を取ったと言っていたそうです。jetさん、現地からの報告をいつもありがとうございます。
    http://tennisjp.cocolog-nifty.com/tennis/2010/06/aegon-5.html

      引用  返信

  • 問い合わせ、ありがとうございました。
    すっきりしました。

    本当に古傷じゃなくてよかったです。

    芝はみんな足をすべらせたり、
    逆をつかれたとき、けっこう足を痛めそうですね。

    錦織選手にも、怪我をしないよう、
    充分ストレッチをしてから、WBに臨むよう
    お伝えください。

    あの一日2試合は、どんな選手でも堪えますよね。

      引用  返信

  • 団長さん、みけさん、jetさん情報ありがとうございました。

    少し安心しましたぁ。

    また、次の試合頑張って欲しいです。

      引用  返信

  • リタイアと聞き本当にドキッとしました。

    肘でないのが救いですが、ウィンブルドンまであと少し
    ケアはしっかりして、元気な姿を見せてほしいと思います。

      引用  返信

  • 団長さん、問い合わせありがとうございます。
    jetさんの記事もありがたいです。
    最初からストレッチしていたのか…ライスコだけだと調子よさそうとしか思えませんでしたが。

    臀部の痛みがウィンブルドンまでになくなりますように。まだ一週間ありますものね。この段階で少し悪化してリタイアしたのは結果的によかったかもしれません。

    圭君お疲れ様。しっかりケアして万全の体調でウィンブルドンに臨んでほしいです。

      引用  返信

  • 団長、JETさん、有難うございます。
    深刻なけがでなくて本当によかったです。

    WBに向けて、しっかり治して、体調に不安を抱えず初戦に臨んでくれることを祈っています。

      引用  返信

  • 本当に心配していました。
    鼻血さん、問い合わせてくれて感謝です!
    ウィンブルドンまでに良くなっていますように、。

      引用  返信

  • >来週のウィンブルドンには全く問題ないそうです。

    2009全豪の前に肘を怪我した時も

    数日で治る、全豪は大丈夫という診断でしたが

    今回は本当に全く問題ないことを祈ります。

      引用  返信

  • よかった〜

    問い合わせありがとうございます。

    WBで元気な姿見せてくれるね きっと♪

      引用  返信

  • 団長、jetさん、
    素早い情報ありがとうございました!
    ほっとしました。
    わくわくしながら
    ウィンブルドン本戦を待ちます!

      引用  返信

  • 鼻血さん、すばやい対応ありがとうございました。情報が乏しい中、すぐにメールで対応してくれた鼻血さん、そしてオリバーさんに感謝です。
    大事に至らなくて、本当によかった・・・・。
    今回の棄権は評価できる棄権ですよね。

    連戦がつづきますので、体調管理には気をつけて怪我だけはしてほしくないですね。

      引用  返信

  • あ~ よかった
    団長さん 問い合わせありがとうございました。
    きっと、いてもたっても・・・だったんでしょうかね。
    問題ないという言葉を信じたいです。

    だんちょさん、くーさん。
    おそくなっちゃたけど掲示板のスコアありがとございます。
    PCみれない時が多いので、かなーり有難いです。

      引用  返信

  • 団長さん、ほんとうにありがとうございます!
    とても安心しました。すごく心配だったので…

      引用  返信

  • ちょっと安心しました。「鼻血が出るまで応援するブログ」の名に恥じない情報収集に感服です。

      引用  返信

  • ブログ更新されましたね。これを待っていました!
    本人の生の声を聞いてやっと本当に安心できたかな。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。