ベスト8入りのミッションを果たせ! バーゼルの展望

 
 東京・上海では腰痛が顕在化した敗戦を目のあたりにし、一時は「もう残りの2ツアーは
諦めて来シーズンに向けてすぐにでも治療に専念すべし」と、私も思いました。
 
 しかし、皆さんのコメントを読んだり関係情報を調べていくにつれて、その考えは大きく
変わってきました。
 結論から言えば、圭にとってバーゼル参戦の期待効果は大きく、腰の不安を抱えた状態で
あっても是非参戦してほしいと思っています。
 
 その理由は、大きくは以下の3つ(1~3)です。
 
 
1.年間出場計画の完遂
 今シーズンの圭は、出場大会数を絞り、個々の大会での好成績をねらう戦略をとっています。
勿論思惑通りにはいかない大会もありましたが、この戦略は間違ってはいないと思います。
 そして現状までは、年初に出場を計画した大会には全て参戦してきています。実は圭には、
予定外の欠場をせずに年間を転戦できたシーズンというのは、2008年以降まだありません
 
 マラソンの完走ではありませんが、万全な状態では無かったとしても、初めてシーズン計画を
完遂する意義・自信というのは、チームにとっても本人にとっても大きいと思います。
 また、nobbyさんが言われるように、年間計画を完遂することによって初めて、来シーズンに
向けた適切な療養計画や参戦計画が可能になるといった面もあるだろうと思っています。
 
 
2.昨年以上の年末RKの獲得
 私は、どんな形であっても、今シーズンの年末RKが昨シーズンの19位を上回ることができれば
今シーズンは成功だったといえると思っています。
 昨年の楽天優勝ポイント(500pt)の失効で年間RKについては大きく後退してしまった印象が
強いですが、年末RKにより直接的に影響するレースRKの推移を昨シーズンと比較してみると、
現状でもいい線まできており、残り2大会の成績が想定以上に重要であることが分かります
 
      [昨シーズン⇔今シーズン]
・Ku後: 25位    ⇔19位
・東京後:19位(+500pt)⇔17位(+90pt)
・上海後:19位(+45pt) ⇔17位※(+90pt)
・Ba後:20位(不参戦)⇔16位期待(+90pt:ベスト8想定)
・パリ後:19位(+90pt) ⇔ ←年末RKに相当
 
ATP先行発表の16位は誤り。(みつさんの試算が正解)
  
 来年の全豪シードを考慮すれば、できれば16位以上の年末RKがほしいところです。そのため
には、バーゼル(Ba)+パリで、昨年と同じ90ptは最低でも必要になるでしょう。
 Baをパスして参戦義務のあるパリで一気に勝負という考え方もありますが、現状の見通しでは、
パリでは16本のシードが得られない見込みです。シードが付かなければ1Rから戦わなければ
ならず、それに勝っても2Rの相手はDel Potroかも知れない。ポイント獲得の見通しとしては
Baよりも厳しいと思います。
 
 
3.ベスト8入りのハードル
 という訳で、Ba出場のミッションはベスト8(+90pt)以上ということになると思います。
 実はこのBaのエントリー状況(詳細は後述)では、圭はギリギリ#8シードが得られるポジション
います。現状ではWC選手(4枠)が未定ではありますが、過去5年間にシード対象のWC選手を招聘
した実績はなく、その対象もDjokovicとTsongaの2選手に絞られることから、圭が出場すれば8本
シードを得られる可能性は高いでしょう。このアドバンテージは大きいと思います。
 
 参考に、Baと同時期に開催されるライバルValencia(Va)のエントリー状況との比較をして
みましょう。
 
         [Basel⇔Valencia]
・大会グレード:ATP500⇔ATP500
・ドローサイズ :32人⇔32人
・カットオフRK:59位⇔65位 ←エントリー時RK
・最終シードRK:18位⇔19位 ←10/14付RK、以下同じ
 
・#4シードRK  :7位⇔14位
(以下、ノーシード選手情報)
・20位台選手数  :3人⇔7人
・30位台選手数  :0人⇔6人
・40位台選手数  :5人⇔2人
・50位台選手数  :3人⇔0人
・60位以下選手数 :5人⇔1人
 
 上記の上4項目をみる限り、両大会の主要スペックのデータはほぼ同等であり、見掛け上はほぼ
同レベルの大会であることを裏付けています。しかし、そのエントリー選手の内訳を良く見ていくと
以下に示す傾向の違いが見えてきます。
 
①#4シード選手までのレベルはBasel>Valencia
②ノーシード選手のレベルはValencia≫Basel
 (Vaが20~30位台が中心なのに対し、Baは40~60位台が中心)
 
 以上より、圭にとって今回のバーゼルは、ベスト4に入るハードルは高いが、シードキープとなる
ベスト8入り(+90pt)のハードルは比較的低い大会。ということが言えると思います。
  
以降、10/14追記
---------------------------------------------
 
 続いて、バーゼルのエントリー選手&シード状況です。(10/21最終更新)
 
・各選手のRKは10/14付
・各選手の成績は全米以降の公式戦でのもの
・Me:Metz(ATP250,屋内ハード,28ドロー)
・Ku:Kuala Lumpur(ATP250,屋内ハード,28ドロー)
・Bk:Bangkok(ATP250,屋内ハード,28ドロー)
・Vi:Vienna(ATP250,屋内ハード,28ドロー)
・St:Stockholm(ATP250,屋内ハード,28ドロー)
・Mo:Moscow(ATP250,屋内ハード,28ドロー)
 
 
#1 Nadal, Rafael ESP 1位 7勝2敗 北京準優勝・上海SF
#1 Del Potro, Juan Martin ARG 5位 9勝0敗 東京優勝・上海準優勝
#2 Berdych, Tomas CZE 6位 7勝3敗 Bk準優勝・北京SF・上海3R
 
#3 Federer, Roger SUI 7位 1勝1敗 上海3R 
#4 Wawrinka, Stanislas SUI 9位 5勝3敗 Ku-SF・北京2R・上海QF
 
#5 Gasquet, Richard FRA 10位 9勝3敗 Bk-SF・北京SF・上海1R・Mo優勝
#6 Raonic, Milos CAN 11位 11勝2敗 Bk優勝・東京準優勝・上海3R・St-QF進出中
#6 Nishikori, Kei JPN 18位 4勝2敗 東京QF・上海3R
#7 Seppi, Andreas ITA 22位 3勝4敗 Me-2R・北京1R・上海2R・Mo-SF
#8 Dimitrov, Grigor BUL 28位 5勝2敗 北京1R・上海1R・St優勝
   
(WC1)Chiudinelli, Marco SUI 178位
(WC2)Laaksonen, Henri SUI 230位
(WC3)Dolgopolov, Alexandr UKR 38位
(WC4)
  
  
 また、特に有力なノーシード選手としては、
 
・Dodig, Ivan CRO 29位 3勝3敗 東京SF・上海1R・St-1R
・Pospisil, Vasek CAN 40位 3勝4敗 Ku-2R・北京1R・上海2R・Vi-2R
・Berlocq, Carlos ARG 42位 5勝4敗 Me-QF・Ku-1R・東京2R・上海3R 等々
  
 が参戦予定です。
 
 なお、予選からは、Stepanek(46位)、Mahut(61位)、Karlovic(86位)等が参戦予定であり、
彼らの動向からも目が離せません。
  
 
 注目のメインドローの抽選は、10/19(土)の現地16:00、日本時間では23:00より開催される
予定です。それまでは、WC選手やOUT選手の動向に注視していきたいと思います。
 
以下、ドロー発表後の追記
--------------------------------------

 10/19の22:00過ぎに発表されたメインドローは、#2Berdychと同じクウォーターブロックの
#6シードで、1Rの相手はWCのChiudinelli(178位)、2Rの相手はDodig(29位)とBerlocq
(42位)との勝者
といった内容となりました。  

http://www.atpworldtour.com/posting/2013/328/mds.pdf  

 下記は、ベスト4進出までの全選手のドローおよび関連情報です。
 

・[#6] Nishikori, Kei JPN 18位 4勝2敗 東京QF・上海3R
・[WC] Chiudinelli, Marco SUI 175位 0勝2敗 Bk-1R(予選勝者)・東京1R(予選勝者)  

・Berlocq, Carlos ARG 42位 5勝4敗 Me-QF・Ku-1R・東京2R・上海3R
・Dodig, Ivan CRO 29位 3勝3敗 東京SF・上海1R・St-1R
-------------------------------------
・Pospisil, Vasek CAN 40位 3勝4敗 Ku-2R・北京1R・上海2R・Vi-2R
・Haase, Robin NED 46位 5勝2敗 Bk-2R・北京予選1R・Vi準優勝  

・Karlovic, Ivo CRO 83位 3勝3敗 Me-1R・Bk-1R・Mo-SF
・[#2] Berdych, Tomas CZE 7位 7勝3敗 Bk準優勝・北京SF・上海3R
  

 今回のドローは、視点によって見方が変わってくると思います。
 1Rは比較的恵まれたと言うべきでしょうが、2Rについては相当にきつい。
 上位対抗シードのBerdychは可もなし不可もなしといったところですが、Berdychのシード山も
かなりタフなので、Berdychが本当に来るかどうかは分からない。

 ただ、圭のブログ情報によれば、圭の状態は体調面を含めてあまり良くないようですので、
まずは1Rに勝つことに全力投球が必要になるでしょう。

 Chiudinelliはバーゼルに住む地元の人気選手。圭は嫌がるでしょうが、事務局的には早い曜日に
入れたがるカードだと思います。心構えとしては、月曜日に入ることも想定しておきましょう。 
 

40 件のコメント

  • コリコリさん、読みごたえのある力作ですね!続きを期待してます。

      引用  返信

  • 残りはバーゼル、パリ、そしてマッケンローですね。
    どうなんでしょう?まだまだゆっくりできませんね。

    私は以前書き込んだ通り、速攻で検査、治療に入るべきと”個人的には”思っています。
    何故なら、この2大会を見る限り、あまりにも状態が悪いからです。腰は・・・無理するとやばいですよ。

    ツォンガと錦織の試合を見たどなたかのツイッター(外国人だった)で、錦織が試合後、”ほとんどまともに歩くことさえできなかった。”とつぶやいてるのを見ました。

    一番心配なのは、ランキングの維持や来年のシードのためだけに無理をして、二度と戦えない身体になってしまうことです。まだ23才です。ここで選手生命をかけるほどのリスクを取る意味があるんでしょうか?

    そこまで酷くない&そこまではまさか無理はしないであろうことをただただ祈るばかりなんですが・・・。

    もし!そこまで酷くないということを仮定するならば、
    コリコリさんの言うとおり、もちろん、ポイントを稼いでもらいたいです!!

    でも2試合で歩けなくなるような状態だからな~・・・あんまり後押しするのは気が引けます。

    出たら、もちろん応援しますけどね!あ、でも応援して、結果的に再起不能とかいわれちゃったらどうしよう!
    はああ、ぐるぐるしちゃいます。応援したい、でも無理して欲しくない。葛藤しまくりです。

    すみません。変なコメントしてしまって。

      引用  返信

  • 公式ブログアップされてました。
    ツッコミどころ満載で面白かったです。

      引用  返信

  • yuriさん、いち早い公式ブログ情報、ありがとうございます。
    上海決勝のくだり、スゲ~面白かったです。

    あと、私からのツッコミどころとしては、

    ①「全米ぶり」ってアメリカ中で漁れる鰤のこと?
    ②「大人になっても諦める心は忘れてはダメ」って、引き際が肝心ということ?

    の2点でしょうか? 相変わらず楽しませてくれますね。

      引用  返信

  • 相変わらずの圭くんワールド堪能させていただきました。
    わたくしの突っ込みポイントは
    ①圭くんの記憶装置では、2週間前のことはもう既に削除されているということ?
    ②「今ブレークポイント握られてんのにそんなの打つの!?」ってせりふ、圭くんもよく言われてる

    yuriさんのグルグルな気持ちとてもよくわかります。
    私自身も楽天1回戦と準々決勝を有明で熱烈応援したものの
    楽天や上海でのMTO後の圭くんの人が変わったかのような失速振りをみると
    もしかしてファンの熱烈な応援や期待が圭くんに無理をさせているのでは、と
    自分を反省してみたり、いやいや、応援が彼を後押ししているんだ、と思ってみたり・・・

    圭くんはいろんなとこで、30歳になってもプレーしている自分を想定して話ていますし
    トップ10入りにしたってGS優勝にしたって、いつも長いスパンと広い視野で目標を立て
    それに向かって着実に前進しています。
    そんな彼が自分の体と相談して決めていること
    彼と彼のスタッフの決断を信じて応援し続けたいです。

    なお、スレ違いですが、ATP ホームページで人気投票(Fan’s Favourete)始まってます。http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2013/Moet-ATP-Awards/2013-ATP-Awards-Fan-Favourite-Voting.aspx
    10月30日まで投票受付だそうです。
    皆さん、Kei Nishikori にポチっと。

      引用  返信

  • 圭君のブログやっぱり、面白かった、ゴルフの打ちっぱなし行くってほんまかいな・・・
    圭君とチームを信じてひたすら応援するっきゃないですね

      引用  返信

  • 注目された今週のレースRK、ATP先行発表による圭の16位は、ATPの間違いだったようです。
    しかし、ATPホームのトップに今でも出ちゃってますからね。チェック体制どうなってんだろ?
    http://www.atpworldtour.com/

      引用  返信

  • すいません、コリコリさんとほぼ同時間にランキング試算の方に書いてしまっていたのでそっちのコメントを消しておきますね。

    議論してくださったみなさんありがとうございました。元はと言えば僕の指摘から始まったものなので。

      引用  返信

  • とりあえず、ゴルフの打ちっ放し行けるぐらいですんで、腰の方は重症じゃないんでしょう。
    ゴルフも結構、腰に負担掛りますんで。
    または、そっち方面の動きについては腰も大丈夫、痛めてるのはサーブとかスマッシュとかの縦の動きなのかも。

    あとはチーム錦織の判断を信じて、応援したら良いのでは。。
    どう考えても彼ら、「世界のトップ層入り」目指してると思いますんで、腰を悪化させて長引く可能性あるなら、どっかでストップ掛けてらっしゃるかと思います。バーゼル出るつもりってことは、そこまで重症ではない、と判断してるんでしょう。

    同じ腰でも、ヘルニアとかならもっと慎重にやるかと思うんですが、錦織君の場合はまた別のもんなのでは。。

    しかし錦織君、何故に荒井由美?

      引用  返信

  • みつさん。
    ビランデル氏との記事を読みました。
    これって、もしかして、ATPマガジン♯192(GAORAで17日17時放映他)の番組案内に「錦織圭、母国で優勝した意義とは?」とありますが、そのインタビューでしょうか?

      引用  返信

  • korifunさん

    この記事はユーロスポーツのMats pointでのインタビューだと思います。
    錦織のfacebookにリンク先が貼ってあって、youtubeで対談の様子が見れると思います。

      引用  返信

  • そう言えば、圭のブログでのコメントの中で、
    「バーゼルは500なのに今年は選手がすごくてフェデラー、ジョコ、ナダルと自分がシードに入らないかもなので1回戦から恐い対戦になるかもです。」というのがありましたよね。

     えっ、ジョコの参戦?
     たしかにジョコのWC参戦はあり得なくはないだけに、いつものボケなのか、それとも値千金の非公式情報なのか、気になってしまいますw

      引用  返信

  • コリコリさん、私もうん?(;゜∇゜)
    いつも通りなら、“値千金の非公式情報”ですよね!d=(^o^)=b
    圭、良いのか!?(*ノ▽ノ)

      引用  返信

  • 私もこれ、気になってました。
    上海で例えば一緒に練習したりとかで、「See you at Basel.」なんて会話を交わした可能性もある訳で。。

    でもいつもの天然さんかもしれないですし(^^;

      引用  返信

  • >korifunさん

    yuriさんからの情報通り、ユーロスポーツのMats pointでのインタビューのようです。
    ビランデルからみると錦織は「new agassi」なんですね。
    ATPマガジンの内容とは違いそうなので、そちらも楽しみですね。

      引用  返信

  • コリコリさん、圭大好き!さん、以前ジョコビッチは10月に挙式予定とテニス365にありましたが、バーゼルまで出ていると結婚式の準備ができなくなるのでは?
    アンディ・マリーもリハビリ中ですが、二人の結婚式の立会人予定ですから10月中でパリの前に挙式?ですか?
    ジョコビッチのFACEBOOK には次のトーナメントはパリになっているので、、???
    非公式情報なのか?いつもの天然なのか?( ・◇・)?

      引用  返信

  • たまーに書いては、いつも書きっぱなしで、暫く覗かない横着な私で、すみません。

    yuriさん、みつさん、ありがとうございます。

    そうですか、別なんですね。本当に楽しみです。
    new agassiは、誰かも言ってましたよね。
    ベルディヒ?だったでしょうか。

    コリコリさんを始め皆さん…ジョコの件は、私も気になってました。
    ドローを早く見たいですね。

      引用  返信

  • Matosevic(54位)がOUTし、AlternatesのBrands(57位)がDAしました。
    WC選手については、まだ確かな情報はつかめていません。

      引用  返信

  • 赤黄色さん、ソースの明示、ありがとうございます。
    デ杯貢献組の2人ですね。特にChiudinelliは侮れないと思います。

    WC枠は4名ですが、近年の傾向では、満枠の4名に与えれるケースの方が少ないようです。
    引き続き、注視が必要ですね。

      引用  返信

  • 新たにDavydenko(48位)とBaker(PR)がOUTし、代わりにStepanek(46位)とHaase(63位)がDAしました。また、怖い選手が入ってきましたね。

    あと、レースRKで1つ上のロブレドが、バレンシアに続き、最終戦のパリもオフィシャルにOUTしました。
    これで、年末RK16位以上の目標は、より現実的なものになってきました。

      引用  返信

  • まったくの憶測ですが、同じ週にスペインのバレンシアかどこかで大会があるので、そちらに出るつもり(wcもらう?)なのではないでしょうか?(*^^*)♪
    錦鯉としては、ちょっぴり歓迎です(^o^)v

      引用  返信

  • ラファは疲れがたまっているので、一度身体を休めて立て直すと書いてあるようですね。

      引用  返信

  • 現在バーゼル本戦には、ラストのKarlovicを含めて25名がDAしています。
    ということは、WC選手は3名(32-25-予選勝者4枠)になったようですね。

    残り1名のWC選手が気になるところですが、以下のTwitter情報によれば、それはジョコではなく、既にバーゼル入りしているDolgopolovのようです。
    https://twitter.com/TheDolgo

      引用  返信

  • コリコリさん、圭くんの口(いや、キーボードを打つ指かな)からポロっと出た情報の真偽を確かめるべく取材を続けるジャーナリストみたい。
    圭くんの調子を含め、いろんな意味で目が離せませんわ。

      引用  返信

  • MTF情報ですが、ドローが出たようです。

    1回戦 Chiudinelli、2回戦 Berlocq or Didig、QF Berdych、SF Federer のようです。

      引用  返信

  • みつさん、いつもありがとうございます。

    今回もタフなドローになりましたね。
    全体としてみると、Berdychのクウォーターブロックの厳しさが際立っているような気がします。
    Berdychも楽じゃないですよ、これは。

      引用  返信

  • 錦織選手のブログ更新されていますがベルディヒどころじゃない気がします。
    先ず1回戦です。
    パリもあるので無理しないでほしいですね。
    少しでも良くなればいいのですが。

      引用  返信

  • 圭がバーゼルをOUTする可能性もあると思いますので、1Rのプレビュー記事はOOP確認後に投稿します。

      引用  返信

  • 休みたいけど、2回の勝利Pは欲しいし、ってとこですね~(>_<)
    劇的に回復できる方法があれば良いんですが(((^_^;)
    誰か圭を助けてくれ~!m(__)m

      引用  返信

  • 圭………。
    ホントに無理しないで!
    棄権してもいいから! 

      引用  返信

  • 一応、22日の16:00(現地時間)にセンターコートでの試合が組まれています。
    http://www.swissindoorsbasel.ch/Daily-program-03-11-2009.1032+M52087573ab0.0.html

    無理せず、焦ることなく、今の精一杯やって、何かをつかんでほしいです。
    圭の公式ブログ、皆さんの投稿を見ると、なにかみんな身内(というか母親)みたいです。同じようなことが書かれていますが、気持ちがわかります。心配なんですよね〜 (T-T)

      引用  返信

  • 超久々の書き込みです…
    心配はしていますが、やはり待ちに待ったバーゼルです!!!
    去年のポスターには、圭くんがどがーんと載っていて、街を歩くのが嬉しくて…、でも最終的にはバーゼル回避でパリだったもんで、がっくり。
    今年はギリギリまで待って、ドロー出てから、席を取りました。
    火曜はもちろん、木曜日もチケット取っちゃったよ、圭さん!!!
    しょっぱながスイス人ということで、やりにくいところもあるでしょうが、スイス人の主人でさえ、圭くんの勝ち上がりを断言⁈!しています。これは、圭くんの腰の具合にかかっていますね。
    圭くんがフェデラーと戦った思い出の地です。いろいろ回想されることもあるでしょうね。
    無理はして欲しくないけれど、やっぱり見たいですね、生圭!!!
    この週末は別件でバーゼルにおりました。この近くに圭くんがいるんだなーと思うと、それだけで単純に嬉しいものです。
    みなさまのお気持ち、現地にて精一杯送って参りたいと思います!!!

      引用  返信

  • おおっ、ひろまるさん、お久しぶりです。
    2年前のひろまるさんの2本の日の丸小旗、今でも昨日のことのように覚えていますよ!

    まだどうなるか分かりませんが、現地情報、よろしくお願いします!

      引用  返信

  • バーゼルと言えばひろまるさん、ひろまるさんと言えばバーゼル♪
    ひろまるさんのコメントを見て、勝手に盛り上がって来ちゃいました!!(*^O^*)
    圭、バモス(*^O^*)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください