バルセロナの展望2

 見事プレーオフ進出を決めた先々週のデ杯も終わり、先週からは、ヒューストン、
カサブランカを皮切りに本格的なクレーシーズンに入りました。
 現在のトップ20の選手の中でもクレーシーズンにおける圭の失効ポイントは
圧倒的に少なく、まさに飛躍のクレーシーズンとなることが期待されます。

 そして、もう今週の土曜日には、圭が単複共に参戦予定のバルセロナ(日本との
時差:-7Hr,ドロー数48,16本シード)のメインドローが発表されます。

 このバルセロナ(4/22~)の最終のエントリー&シード状況を以下に示します。
 ・各選手のRKはシード付与基準の4/15付
 ・各選手の成績は全豪以降の公式戦でのもの
 ・Ho:ヒューストン
 ・Ca:カサブランカ
 ・Mo:モンテカルロ

#1 Ferrer, David ESP 4位 14勝3敗 マイアミ準優勝・Mo-OUT(太腿故障)
#2 Nadal, Rafael ESP 5位 22勝2敗 IW優勝・Mo準優勝
#3 Berdych, Tomas CZE 6位 15勝5敗 デ杯回避・Mo-3R

#4 Almagro, Nicolas ESP 12位 14勝7敗 Ho準優勝・Mo-2R

#5 Raonic, Milos CAN 15位 7勝3敗 デ杯有効ラバー2勝・Mo-2R
#6 Nishikori, Kei JPN 16位 8勝3敗 デ杯回避
#7 Monaco, Juan ARG 20位 4勝6敗 Hoベスト4・Mo-3R
#8 Kohlschreiber, Philipp GER 21位 2勝3敗 Mo-3R

#9 Janowicz, Jerzy POL 24位 3勝4敗 Mo-1R
#10 Chardy, Jeremy FRA 25位 2勝5敗 Mo-1R
#11 Klizan, Martin SVK 28位 5勝7敗 Caベスト4・Mo-1R
#12 Verdasco, Fernando ESP 31位 1勝5敗 Ho-2R・Mo-1R

#13 Paire, Benoit FRA 33位 8勝8敗 Caベスト8・Mo-2R
#14 Dimitrov, Grigor BUL 34位 8勝5敗 Mo-QF
#15 Granollers, Marcel ESP 35位 3勝6敗 Mo-2R
#16 Bellucci, Thomaz BRA 39位 4勝6敗 Mo-1R

17 Davydenko, Nikolay RUS 41位 7勝7敗 Mo-2R
18 Robredo, Tommy ESP 43位 10勝5敗 Ca優勝
19 Tomic, Bernard AUS 44位 4勝6敗 Mo-1R
20 Stepanek, Radek CZE 46位 0勝1敗 Mo-1R
21 Istomin, Denis UZB 48位 7勝6敗 Mo-1R
22 Haase, Robin NED 50位 5勝7敗 Caベスト8・Mo-1R
23 Gimeno-Traver, Daniel ESP 51位 6勝8敗 Ca-1R・Mo-1R
24 Zemlja, Grega SLO 52位 5勝4敗 Caベスト8
25 Dodig, Ivan CRO 55位 7勝8敗 Mo-1R
26 (Q)Gulbis Ernests LAT 56位 11勝4敗 Mo-2R
27 Lorenzi, Paolo ITA 58位 7勝7敗 Hoベスト8
28 Bautista Agut, Roberto ESP 59位 3勝6敗 Ca-1R・Mo-2R
28 Berlocq, Carlos ARG 63位 8勝6敗
29 Falla, Alejandro COL 65位 4勝5敗
30 (Q)Tursunov Dmitry RUS 66位 6勝3敗
31 Ramos, Albert ESP 67位 10勝6敗 Mo予選突破-2R
32 Berankis, Ricardas LTU 70位 4勝3敗 Hoベスト8
33 Sijsling, Igor NED 71位 4勝6敗
34 Kuznetsov, Andrey RUS 74位 2勝6敗 ローマCH-2R
35 Bedene, Aljaz SLO 80位 4勝6敗 Ca-2R
36 Roger-Vasselin, Edouard FRA 81位 6勝6敗 Ca-2R・Mo予選突破-2R
37 (WC)Montanes, Albert ESP 83位 5勝6敗 Ca-1R・Mo予選突破-2R
38 Kavcic, Blaz SLO 84位 3勝5敗 Ca-2R・Mo予選2R
39 Rufin, Guillaume FRA 86位 3勝3敗 Ho-1R ← 最終DA
40 (Q)Hajek Jan CZE 89位 2勝3敗
41 Andujar, Pablo ESP 96位 4勝8敗 Ca-1R・Mo予選突破-2R
42 (Q)De Schepper Kenny FRA 102位 1勝2敗
43 (LL)Struff Jan-Lennard GER 119位 0勝0敗
44 (WC)Carreno-Busta, Pablo ESP 255位 1勝1敗 Ca-2R
45 (WC)Granollers, Gerard ESP 281位 0勝0敗
46 (WC)Carballes Baena, Roberto ESP 294位 0勝0敗
47 (Q)Olaso Guillermo ESP 313位 0勝1敗
48 (Q)Lopez Marc ESP -位 0勝1敗

 現状では、圭は#6シードの見込みです。
 今後のモンテカルロの進行による上位選手のOUTにより、シード順位が繰り
上がる可能性はありますが、実質的に意味のあるシード群としては#5~#8に入る
可能性が高いでしょう。

 #5~#8のシード選手は、ノーシード選手との初戦に勝った後、3回戦で#9~
#12シードのいずれかの選手(下位対抗シード)と当たります。仮にこれに順当勝ち
できれば、次の4回戦では上位対抗シード(#1~#4)のいずれかの選手と戦わなけ
ればなりません。(いずれもシード選手の敗退を想定しない場合)

●ノーシード選手について
 圭のシード山には、ノーシード選手が2人入ってきます。順当ならシード選手
対決となる3回戦に進むためには、この2人の勝者に勝たなければなりません。
 バルセロナは、欧州ではポピュラーなクレーコートでの大会です。現在行われて
いるモンテカルロに比べれば見劣りはするものの、上記リストのノーシード選手中
にも怖い選手は沢山います。また、現状のリストには入ってはいないものの、現在
予選にエントリー中のGulbis(11勝4敗)も、WCもしくは予選勝者としてメイン
ドローに入ってくる可能性が高いと思います。

 参考に、今私が怖いと感じる6人のノーシード選手をランク別に挙げておきます。

危険度ランクGulbis(11勝4敗)
危険度ランクRobredo(10勝5敗)、Ramos(10勝6敗)
危険度ランクBerlocq(8勝6敗)、Istomin(7勝6敗)、Zemlja(5勝4敗)

 ちなみに、上記6人の選手が圭の山に1人でも入ってくる確率は約1/3です。

●下位対抗シード選手(#9~#12)について(←コメント欄参照)
 このシード群には比較的調子を落としている選手が多い中、Kohlschreiber(2勝
3敗)には注意が必要
です。この選手は全豪以降勝てない状態が続いていましたが、
今週のモンテカルロではこてこてのクレーコーター2人(Bellucci、Andujar)を
倒し、ナダルには敗れたもののベスト16に入っています。

 参考に、私が当たりたくないと思う順に4人を並べてみました。

 #9Kohlschreiber>#11 Klizan≒#9 Janowicz>#10 Chardy>#12 Verdasco

 このラウンドに勝って初めて昨年のポイント(90pt)をセーブできます。相手が
誰であっても、是非クリアーしてほしいラウンドですね。

●上位対抗シード選手(#1~#4)について(←コメント欄参照)
 程度の差はあれ4人共強い選手ばかりで、最近の戦い方を見ても隙らしい隙が
見当たりません。
 端的に言えば、このラウンドは、見事ベスト8に入ってからの出たとこ勝負で
良いと思います。

 ただ、Nadalがまだモンテカルロに参戦中であることから、ドロー前後のOUTの
可能性も含め、今後の動向を注視していく必要はあると思います。

 そのメインドローは、現地の4/20(土)の正午から、日本時間では4/20(土)19:00
よりセレモニー
が行われる予定です。

 久しぶりに体調万全で臨める本大会。まずはそのドローに注目していくことに
しましょう。

以下、ドロー発表後の追記
--------------------------------------

 4/20の19時過ぎ(日本時間)に発表されたメインドローは、上位対抗シード:#2Nadal
下位対抗シード:#9Janowicz、初戦(2R)の相手は(WC)Granollers(281位)と予選勝者
との勝者
といった内容となりました。

http://www.atpworldtour.com/posting/2013/425/mds.pdf

 下記は、べスト4までの全選手のドローおよび関連情報です。(各選手の成績は
全豪以降の公式戦結果)

#6 Nishikori, Kei JPN 16位 8勝3敗 デ杯回避
・bye
・45 (WC)Granollers, Gerard ESP 281位 0勝0敗
・47 (Q)Olaso Guillermo ESP 313位 0勝1敗

・31 Ramos, Albert ESP 67位 10勝6敗 Mo予選突破-2R
・43 (LL)Struff Jan-Lennard GER 119位 0勝0敗
・bye
#9 Janowicz, Jerzy POL 24位 3勝4敗 Mo-1R

#13 Paire, Benoit FRA 33位 8勝8敗 Caベスト8・Mo-2R
・bye
・41 Andujar, Pablo ESP 96位 4勝8敗 Ca-1R・Mo予選突破-2R
・24 Zemlja, Grega SLO 52位 5勝4敗 Caベスト8

・23 Gimeno-Traver, Daniel ESP 51位 6勝8敗 Ca-1R・Mo-1R
・28 Berlocq, Carlos ARG 63位 8勝6敗
・bye
#2 Nadal, Rafael ESP 5位 22勝2敗 IW優勝・Mo準優勝

初戦(2回戦)について
 相手は予選勝者と地元WC選手との勝者。圭にとっては今年初めてとなるクレー
大会の初戦の相手としては、恵まれたドローになったと思います。
 ただ、予選勝者に誰が来るかによっては、一転して厳しいドローにもなり得ます。
 具体的には、既に日曜日の予選決勝に駒を進めているGulbis(56位 11勝4敗)
Tursunov(66位 6勝3敗)ですね。特にGulbisが来てしまった場合には、全身全霊の
力を出し切らないと勝つのは難しいと思います。
 
 ちなみにこの2選手共予選を勝ち抜くと仮定した場合、Gulbisが来る確率は1/6、
どちらかが来る確率は1/3です。この結果は、日曜日の24:00前後(日本時間)に判明
すると思います。

3回戦(ベスト8決め)について
 対抗シードは#9シードのJanowiczですが、ここのところ体調が万全ではないらしく
全豪以降の成績も思わしくありません。正直、最近の成績やクレー適性を考慮すれば
ノーシードのRamosが勝ち上がってくる可能性の方が高いと思います。
 実は圭はこのRamosに対しては、2012年に3勝(クレーでの2勝含む)しており、
ある程度自信をもって臨める相手だと思います。ただ、好調Ramosにも意地がある
はずですし、簡単には勝たせてはもらえないでしょう。この勝負が今大会での実質的
な正念場
になると思います。
 一方、Janowiczが勝ち上がってきた場合は、初対戦だけに、どんな試合になるのか
想像がつきません。またその勝算も、Janowiczの勝ち上がり方に大きく依存すると
思います。

 どちらが来ても是非勝ってほしいラウンドですが、少なくとも興味としては、
Janowiczとの新鮮な対戦を観てみたいといった気持ちが強いですね。
 
準々決勝について
 Berlocqには少々手を焼く可能性がありますが、ここは十中八九#2Nadalが来るで
しょう。ただ、このNadalにもモンテカルロでは疲労の影響が覗われ、アカプルコ
決勝でFerrerに圧勝した時ほどの強さは維持できていないと思います。
 モンテカルロ決勝直後のバルセロナでの体力回復は難しいでしょうから、圭の
戦い方によっては、白熱した試合が期待できるかも知れません。

 流石にクレーのNadalに勝ってくれとまでは言いませんが、とにかく全てを出し
切った、良い試合を見せてもらいたいと思っています。

 繰り返しになりますが、今大会は久しぶりに体調万全で臨める大会で、Monacoと
組んだダブルスにも出場します。このバルセロナが飛躍のクレーシーズンの足場
なるよう、大いに期待をしていきたいと思っています。

49 件のコメント

  • ちなみに、添田と伊藤がモンテカルロの予選に参戦しており、早速2人共本日より試合が組まれています。(2試合共日本時間で20:00位から)
    相手は添田がVolandri(114位)で伊藤がRoger Vasselin(84位)。
    どちらでも良いので、とにかく1回勝って、クレーでの自信を付けてほしいですね。

      引用  返信

  • モンテカルロのメインドローが出たので、参考にリンクを貼っておきます。

    http://www.atpworldtour.com/posting/2013/410/mds.pdf

    結局、初期のエントリーに対してOUTしたのは、Ferrer、Haas、Lopezの3選手のみ。
    この内、FerrerとLopezの2選手は、現在バルセロナにもエントリーしています。

      引用  返信

  • こんばんは(*^_^*)
    コリコリさん・・・いつもいつもありがとうございます。
    書き込みはあまりできませんが、本当にいつもいつも情報を頼りにしています。
    特に、直前情報は本当に有り難いです(感謝❤感謝❤)

       ところで、皆さんきっとご存知とは思いますが、バルセロナHP上のPVに圭君が
     凄い面々と一緒に出ています!(^^)!
    かっこいい “AIR K”を披露していて、本当に世界の圭君になったんだなぁって実感です。
    プロ転向の頃からず~っと応援してきた者にとっては、嬉しいような・・・寂しいような・・・
      いやいや、心を広く。大いに喜ばなくっちゃ(^_-)
    来週のバルセロナ。。。とっても楽しみですね(^。^)y-.。o○

      引用  返信

  • ゆうさん、コリコリさん、映像すごいですね、ありがとうございました。

      引用  返信

  • 伊藤選手が現在本戦Alternatesの1番手となっています。
    DAできるといいですね。

      引用  返信

  • 今朝確認したところ、伊藤選手はDAの直前にOUTしていたようです。
    背景等については、よく分かりません。

      引用  返信

  • (SE)枠が解放され、あのBerlocqがDAしています。
    モンテカルロ参戦中の選手以外では、ほぼ最終の動きだと思います。

      引用  返信

  • 伊藤選手は、バルセロナと同週のブカレスト(ATP250)にDAできていました。
    逆に、エントリー時にブカレストにDAしていた添田の方は、本人ブログで説明の通り、OUTしています。

    なお、今のところ最終でDAしたBerlocq、リストに載せるデータとしては以下のようになります。

    29 Berlocq, Carlos ARG 63位 8勝6敗 マイアミ以降公式戦参戦なし

    ノーシード選手としての危険度としては、危険度A~Bレベルの選手が新たに入ってきたことになります。

      引用  返信

  • Dimitrov、終盤で右太腿を痛めなければ勝っていた試合だったと思います。
    この故障(痙攣?)により、DimitrovのOUTの可能性が出てきました。

      引用  返信

  • GasquetがOUTしたので、圭は#6シードに。
    また、怖いKohlschreiberが下位対抗シード(#9~#12)から抜けました。これはラッキーだと思います。
    なお、上位対抗シード(#1~#4)に関しては、新たに入ってきたAlmagroとなった場合には、ある程度の期待ができるのではないかと思っています。

    しかし、5人もいるはずのWC選手が、まだ1人も発表されていないというのは不気味ですね。ミスで本戦エントリーをしていなかったGulbisがWCをもらえるのか、非常に気になるところです。

      引用  返信

  • WC選手は、カットオフラインRK以下のスペイン人4名(若手中心)。
    当初あったWC5枠の内の1枠が解放され、Rufin(86位)が最終?のDAです。
    後で、本文のリストも更新します。

    Gulbis、結局WCはもらえなかったようですね。(1枠余っていたのにも拘わらず)
    事務局側の本音としてはGulbisに与えたかったのでしょうが、そうは言っても本戦にエントリーしていない選手にWCを出す訳にはいかなかったといったところでしょうか?

      引用  返信

  • WC選手も発表され、予選勝者6枠を除く本戦42人の選手が出揃いました
    この後は直前のOUT選手が出ない限り、この42人を対象に本日19:00(日本時間)からのドローが行われるはずです。

    あと、Gulbis(56位)は#1シードを貰って予選に参戦です。
    http://www.atpworldtour.com/posting/2013/425/qs.pdf
    この予選には、あのTursunov(66位 6勝3敗)も参戦するようです。Gulbisほどではないにしても、予選選手の中では要注意ですね。

      引用  返信

  • >事務局側の本音としてはGulbisに与えたかったのでしょうが、
    コリコリさん、議論するつもりではありませんが、わたしはそうは思いません。見解の相違であって、正しい、間違いの事柄ではありません。

    WCは基本的に本人の申請が先ず必要です。WCは年間5枚あり、その行使は選手本人にあります。で、わたしは多分Gulbisは申請していなかっただけだろうと思います。またもし仮に申請があってもBarcelonaの事務局がWC発行するインパクトがある事態とは思えません。

    Gulbisは確かに有名な選手です。21位まで行った選手です。でも全然調子を落としていました。殆どのATP大会に予選からしか参戦できない状態にいました。この2-3月のハードでちょっとランキングを上げただけで、クレーではパッとした成績を残していません。地元スペインにはたくさん選手がいます。彼らにチャンスを与えることの方が大会事務局が望むことだと思います。

    WC・SEの枠解放で有効になるのはオリジナルエントリー順です。でも、確か規則では56drawのWCは4つのはずと思いますが、事務局の裁量範囲なのかな?

    2-3月のRotterdam、Delray Beach、Indian Wellsに予選から勝ち上がり、大幅にランクアップするとは、その当時Gulbis本人も思っていなかったことでしょう。参戦したい大会には予選から申請していたと思います。Barcelonaは予選のエントリーをしています。(わたしはどの選手もエントリー締切よりもズッと前に申請していると思います。とてもエントリーかなわないと思える1000番以降の人もする人はしています。そして普通は締切ギリギリのタイミングではしていないと思います。今までのエントリー状況を観測した結果でそう思うのです。)

    GulbisはMonte Carloの本戦エントリーしているではないか。確かにそうですが、Monte Carlonoのエントリーは特別で、締切は4週間前、つまり、Indian Wellsの後です。Indian Wellsの大会中に可能性ありの位置になりましたので、急遽申請したものと想像します。そして5OUTからの最終エントリーでした。で、1勝で終わりました。(クレーでは去年も良くて1勝止まりでした。)

      引用  返信

  •  13時間前の本人Facebookコメントの紹介です。
    Good day today. Played 3 sets against Sijsling. Tomorrow 2 practice set up with Ferrer and with Monaco.

     Monacoは長らく調子を落としていましたが、ヒューストン辺りからかなり復調してきていますよね。バルセロナではパートナーですし、明日も良い練習ができるのではないでしょうか?

      引用  返信

  • いよいよクレーシーズンの幕開けですね!

    どんなドローになるかワクワクします!

      引用  返信

  • ベスト4までのドローは以下の通りです。 後ほど、ドロー判明後の考察を追記予定です。

    #6 Nishikori, Kei JPN 16位 8勝3敗 デ杯回避
    ・bye
    ・47 (WC)Granollers, Gerard ESP 281位 0勝0敗
    ・40 (Q)

    ・30 Ramos, Albert ESP 67位 10勝6敗 Mo予選突破-2R
    ・41 (Q)
    ・bye
    #9 Janowicz, Jerzy POL 24位 3勝4敗 Mo-1R

    #13 Paire, Benoit FRA 33位 8勝8敗 Caベスト8・Mo-2R
    ・bye
    ・39 Andujar, Pablo ESP 96位 4勝8敗 Ca-1R・Mo予選突破-2R
    ・24 Zemlja, Grega SLO 52位 5勝4敗 Caベスト8

    ・23 Gimeno-Traver, Daniel ESP 51位 6勝8敗 Ca-1R・Mo-1R
    ・28 Berlocq, Carlos ARG 63位 8勝6敗
    ・bye
    #2 Nadal, Rafael ESP 5位 26勝1敗 IW優勝・Mo-SF進出中

      引用  返信

  • 面白いドローになりましたね!

    順当に勝ち上がってラファに挑戦状叩き付けもらいましょう!!

      引用  返信

  • 錦織-Janowicz戦はかねてから見たかったので、楽しみですね。
    でも、今のJanowiczの調子だとRamosに勝てるかは微妙だと思います。

      引用  返信

  • まずは、ベスト8に入ること。
    初戦の相手にGulbis(56位 11勝4敗)やTursunov(66位 6勝3敗)が来る可能性だってある訳ですから。

      引用  返信

  • モンテカルロを見ていて思ったのですが、クレーの緒戦、初大会はトッププレーヤーにとっても難しいところがあるんですね~  
    圭がスムーズに試合に入って行けますように。

      引用  返信

  • 要注意予選選手のGulbis(56位 11勝4敗)とTursunov(66位 6勝3敗)、快調に予選決勝に駒を進めていますね。
    明日の決勝も目が離せません。

      引用  返信

  • Atpのサイトだと、グルビスは13勝3敗となっているのですが、どちらが正しいんですか?

      引用  返信

  • にっしーさん、ATPの現状のサイト情報は、デ杯を含む今シーズン全成績(今週のモンテカルロを除く)であるのに対し、本文記載の成績は、デ杯を除く全豪以降の成績(今週のモンテカルロを含む)だからです。

    どちらが正しいといったことではありません。

      引用  返信

  • ダブルスもドローが出ていますね。
    http://www.atpworldtour.com/posting/2013/425/mdd.pdf

    1、2回戦ともスペインコンビと当たりますが、2回戦はマーク・ロペスとマルセルの強敵ペアに当たってしまいます。
    2回戦はかなり見たい試合ですが、地元だし、ライストやってくれるといいです。

    ドローをよく見てたらディミトロフとステファネクでペア組んでますね! 圭君も是非どこかでステファネクと組んでほしいです。

      引用  返信

  • バルセロナのGAORAの放送予定は準決勝からの3試合のみですが、錦織-ナダルの準々決勝が実現すれば、「緊急放送決定!」とかいって、きっと放送してくれるような気がします。ただ、生は難しそうですね。

    あと、(WC)のGranollers選手は、やはり、今回#15シードのGranollers(35位)の弟さんのようですね。

      引用  返信

  •  今夜の予選決勝6試合の進行状況です。
     *De Schepper(102位)、本戦切符一番乗りです。
     *2番手は、順当勝ちのHajek(89位)
     *3番手は、実力者Tursunov(66位)
     *やはり来ました。4番手は圧勝のGulbis(66位)
     *5番手はダブルスの達人Lopez(-位)。この選手も要注意です。
     *最後は地元勢のOlaso(313位)

    予選決勝①:試合終了
    ◎Gulbis Ernests LAT 56位 11勝4敗 Mo-2R

    Middelkoop Matwe NED 268位 0勝0敗

    予選決勝②:試合終了
    ◎Tursunov Dmitry RUS 66位 6勝3敗

    Marti Javier ESP 202位 0勝0敗

    予選決勝③:試合終了
    ◎Hajek Jan CZE 89位 2勝3敗

    Kukushkin Mikhail KAZ 153位 0勝2敗

    予選決勝④:試合終了
    ◎De Schepper Kenny FRA 102位 1勝2敗

    Ilhan Marsel TUR 187位 0勝0敗

    予選決勝⑤:試合中終了
    Struff Jan-Lennard GER 119位 0勝0敗
    Olaso Guillermo ESP 313位 0勝1敗

    予選決勝⑥:試合終了
    Robert Stephane FRA 164位 0勝0敗
    ◎Lopez Marc ESP -位 0勝1敗

      引用  返信

  • この後すぐに抽選が行われるはずです。
    判明次第、アナウンスします。

      引用  返信

  • 日付が変わりました。ジョコさんがナダルを下して初優勝です。クレーコートはやはり重たそうですね。迫力が違う!
    対戦相手が誰になるかお知らせ待ってます。(^_-)

      引用  返信

  • 2回戦は、下記の2人の勝者に決まりました!

    45 (WC)Granollers, Gerard ESP 281位 0勝0敗
    47 (Q)Olaso Guillermo ESP 313位 0勝1敗

    なお、Ramosの相手は(LL)のStruffとなっているので、ドロー後に誰かOUTしたようですね。

      引用  返信

  • なんと、初日にダブルスが入りました。
    センターコートで第1試合(現地11:00開始)です。

      引用  返信

  • 初日センターコート第1試合ダブルス!
    いいんじゃないですか〜(^^)
    盛り上がってきたぜ〜\(^o^)/ですね

      引用  返信

  • 初戦はどちらの選手が来てもAwayですね。
    でも、Pista Central かPista 1には入れてもらえそうですね。

      引用  返信

  • Pista Centralみたいですよ(^^)
    ロブレド出ますものね。
    全面awayとはいえ、ダブルスだし復帰初戦としてはいい感じですよね?
    舞台は整ったぜ( ̄^ ̄)ゞ

      引用  返信

  • コリコリさん、グルビス復活でテニス界もより盛り上がって嬉しいです。彼は、肉体とフォーム改造に取り組んでますが、何より意識が以前と変わりましたし、デ杯のMonte Carloからクレーにも慣れてるのでこれからのテニスが楽しみです。
    他の選手もそうですが、特に圭君と同じ年頃の選手が活躍するのは、刺激になって(ドキドキもありますが)嬉しいです。圭君は、今日はダブルスですね。試合を通してサーフェスに慣れるのは練習とは違う感覚でしょうから、先にダブルスができるのはよかったなって思いました。
    圭君も試合したくてウズウズしてるんじゃないかな~、と想像するだけで鼻血出そうになります(笑)久しぶりの試合なので早く動く姿見たいですね!

      引用  返信

  • 6-2 6-3でダブルス勝ちました。
    二人とも調子は良さそうな感じですね。シングルスも楽しみです。

      引用  返信

  • わー!もう終わったんですね。ほんとに、先にダブルスがあって、それも快調に勝って良かったのではー!

      引用  返信

  • 初戦は火曜日20:30(日本時間)開始の第3試合@Pista Central
    この試合のプレビュー記事は、現在行われているGranollers-Olaso戦終了後にアップします。

      引用  返信

  • 祝!ダブルス勝利!(*^o^)/☆□☆\(^-^*)

    この調子でシングルスもね(*^^*)♪

    コリコリさん、いつもいつもありがとうございますm(__)m

    試合に向けて、ドンドン気持ちが高ぶります!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • シングルス3回戦は、水曜日に行われるJanowiczとRamosの勝者と木曜日に入ります。

      引用  返信

  • ラモスとの3回戦は、今夜9時前後から@Pista1です。
    この試合のプレビュー記事は、まもなくアップする予定です。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください