負けた。負けたがうろたえるでない錦鯉たちよ(2013インディアンウェルズ3回戦)

2013 Indian Wells Masters 1000
3rd Round
Carlos Berlocq def. Kei Nishikori [16], 6-2,6-2

     ____________
    ヾミ || || || || || || || ,l,,l,,l 川〃彡|
     V~~''-山┴''''""~   ヾニニ彡|       負けた・・・・・・!
     / 二ー―''二      ヾニニ┤       負けたが・・・
    <'-.,   ̄ ̄     _,,,..-‐、 〉ニニ|       今回 脇腹が 万全だったとは
   /"''-ニ,‐l   l`__ニ-‐'''""` /ニ二|       言っていない
   | ===、!  `=====、  l =lべ=|
.   | `ー゚‐'/   `ー‐゚―'   l.=lへ|~|       そのことを
    |`ー‐/    `ー――  H<,〉|=|       どうか諸君らも
    |  /    、          l|__ノー|       思い出していただきたい
.   | /`ー ~ ′   \   .|ヾ.ニ|ヽ
    |l 下王l王l王l王lヲ|   | ヾ_,| \     つまり・・・・
.     |    ≡         |   `l   \__   錦織の体調が万全になれば
    !、           _,,..-'′ /l     | ~''' 錦織のランキングは 
‐''" ̄| `iー-..,,,_,,,,,....-‐'''"    /  |      | トップ10、トップ5も
 -―|  |\          /    |      |   可能だろう・・・・・ということ・・・!
    |   |  \      /      |      |

・・・失礼しました。まあ、負けても辛気くさいのは無しということで、ふざけてみました。

タイトルに書いてあるとおり、うろたえることはありません。テニスが悪いのではなく、脇腹の故障の影響です。
サーブも150km/h前後だし、グランドスマッシュを打たずにストロークで返すし、ショットの威力も精度も今ひとつでした。

ベルロックの勝利にケチをつける気はありません。彼はこの状態で勝てるようなレベルの選手ではなかったということです。サーブ、フォアと素晴らしいショットを連発し、隙もありませんでした。

リタイアするほどではなく、プレーはできるけど全力は無理、といった感じのプレーでした。
短時間なら痛みを押してプレーレベルを上げることもできたかもしれませんが、1試合の間ずっとは無理なので、勝負どころを探りながらという感じのプレーでしたが、ブレイク先行されてしまったのでチャンスが遠のき、無理をしなければならない場面も来ませんでした。

リターンのポジションを前にしたり、バックのジャックナイフで早いテンポからウィナーを奪ったり、全体的に元気がないプレー振りながらも、勝利への模索はきちんと行っていました。

セカンドセットをブレイクされずに4−4くらいまで付いて行き、ワンチャンスを活かして(そこだけギアを上げて)ファイナル勝負、あとは精神的に優位に立って・・・という展開にならないものかと願っていましたが(そして錦織に試合にはこういうパターンが結構あります)、残念でしたね。

でも心配することないんです。錦織のテニスは強いから(怪我は心配です)。
ことある毎に言ってますが、全体の流れを見ないといけません。
少なくとも半年〜1年のスパンでテニスを見ていく必要があるでしょう。
そう考えたとき、錦織のテニスの進歩は明らかです。

怪我は相変わらず多く、そこは認めなければなりませんが対処の仕方も少しずつうまくなっているのではないでしょうか?
今日だってもう全然だめって感じでもありませんでした。「無理すれば勝てる」くらいの試合展開になれば無理しちゃったかもしれませんし、そうなって4回戦もっと酷い状態になる可能性もあったわけです。経過を見ないと確実なことは言えませんが、少なくとも今日の試合で故障が悪化してしまった、ということにはならない気がします。

錦織の故障のパターンとしては、

故障→大したことないとアナウンス、あるいは沈黙→情報が入ってこない→思ったよりひどい→復帰戦が延期

こういうイメージがあったと思いますが、昨年あたりから予定通り帰ってくることが多いですし、思ったより早く復帰、なんてこともありました。

またメンフィス優勝に代表されるように、休養明けでも以前より結果を出せるようになってきています。

私は今大会で錦織が好成績を残せたら、「錦織のテニスが充実期に入った」と書こうかと思っていました。この結果ですからひとまずその宣言は保留にしたいと思いますが、これから5年くらいは心技体が噛み合った「充実期」に入っていくと予想します。
悲観してるうちにまた錦織が結果出しても知りませんよw 去年の楽天オープンみたいに。

とはいえ故障は喜ばしいことではありません。なんとかしなければならない。
でも過度の心配はよろしくない。
故障も含めて錦織です。
「故障がなければ・・・」という考えと「故障さえ治れば行けるはず!」という考え。どちらも同じ今の錦織の状態を見て言えることですが、どちらが前向きでしょうか。

故障が治るかどうか、これから故障が続くかどうか、それについてはファンの側からできること、言えることはほとんどありません。だから私は、体のケアについては錦織チームを全面的に信頼し、あれこれ言わない。ただ、テニスの内容だけを見る。その結果、ファンのひいき目なしに見てもこれは錦織強いんじゃないか?うひょーーーーーー期待しちゃう!とか思っちゃってるわけです。

ちょっと前にツイッターで「錦織をストロークで負かせる選手はほとんどいない」とつぶやきました。
いろんな選手のファンの方々も見てるので控えめに表現しておきましたが・・・。ぶっちゃけ、上回ってるとはっきり言えるのは私見では4強くらいじゃないですかね、ストロークに限れば。デルポにはまだ打ち勝ったことはないけど、現時点ではストロークの力的には互角くらいと思います。フェレールの守備は前回崩せなかったけど、2回打ち抜いてますしね。以下、ざーっとランキング表を眺めていって、「この選手は錦織よりストローク強いなあ」と明らかに思える選手、いないんですよね。

おっと、ツッコミはなしで。異論は認めます。私見ですから、あくまで私見。検証しようが無いし、「テニスはサーブからはじまるからストロークだけで考えるのは無理がある」とか当たり前のことは分かっていますw
まあそのくらい錦織のテニスに心酔してるってことです。横着ライジングとか横スライドフォアとか(いずれも勝手に命名)最高です。

ちょっと試合レビューからは脱線しましたが、こんな感じに思っています。

26 件のコメント

  • 初コメです。
    試合後はうろたえました、はっきり言って。
    団長の言葉についていきます!まだまだこれから!

      引用  返信

  • 今日は1日元気が出ませんでしたが、やっぱり団長さんの記事に癒されます。
    1年間の長期休養があったり、ランキング50位をうろうろするのが精一杯じゃ・・などとファン同士揉めたりw(その度鼻血ブログに癒されてました)、それでもここまで上ってきたんですから十分がんばっていますよね。
    事実、今年はすでに優勝もしていますし。
    試合後コメントが出ています。コメントの感じだともう少し時間が欲しかったというところでしょうか。
    http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/tennis/headlines/article/20130313-00000021-kyodo_sp

      引用  返信

  • 「ストローク強い」のところにツッコミは無しとのことなので、どうでもいいところにツッコムと、AAがスマホで見てるとズレて誰だか分かりません(-。-;教えて下さい。海原雄山?

    あ、記事面白かったです。

      引用  返信

  • 良くも悪くもいままで何度もこういうのは見てきたので、うろたえることはないですが、ケガが心配です。負けるのは全くいいですけどとりあえずケガによる長期離脱だけは勘弁して欲しいですね。負けるのより試合が見れないのはよっぽどつまんないですから。よろしくお願いします。

      引用  返信

  • 私なんか、手首グギっていったら4ヶ月は、お鍋もてませんでした。圭くんは、苦しいながらも、試合をこなしていくあたり、進化しているなあと感じます。ところで上のおじさんは誰かな?見たことあるような気もするけど・・・

      引用  返信

  • 久々の投稿です。
    ライスト見ていましたが、まず無理はしないというスタンスだったように思えました。
    このゲームを勝っても次マレーだし、今の身体では戦えない、次のマイアミのドローにかけようといった感じかな。

      引用  返信

  • Murray相手に全力でやってケガ悪化させるより今日負けといたほうがきっとよかったと思います! もちろんわざとではないでしょうが。フェレールもフェリロペも彼は確実にトップ10に入ってくる選手「For sure」って言ってましたし、実力は疑う余地がないでしょうが、それより怪我ですよね。今年はロビー大橋さんからも沢山サポート受けられるみたいだし、けがをしない体づくりの効果がでますように!
    Miamiは行けそうみたいなので、ついつい期待が膨らんでしまいますが、圭君の出番まで9日間くらいはありそうですし、その間に治ることをお祈りしています。

      引用  返信

  • 残念でしたが、朝の段階でもうふっきれました、何度も聞きましたがブレイクする確率は、なんとナダル、フェレールの次です、凄いことですよ、本当に!この最近サーブがよくなってきているので、それで脇腹にも負担がかかっているのでは、身体がまだついていってないのではと解説の辻野氏が言われてました。次です次です。怪我が治るのを
    私たちは、祈るでけです。

      引用  返信

  • 今日は攻め球をミスって焦ってさらにミスをする悪循環でしたね。この攻め球のミスを減らすか、もう少しラリーで粘りたかったです。

      引用  返信

  • 今日は残念でしたが、落ち込みはありません。

    メンフィスでの試合を見返していますが、
    本当に  強い!  うまい!  おもしろい!  です。
    故障のない状態で 思う存分試合をしてほしい。
    願いはただそれのみです。
    ファンの一人としては、錦織選手の試合がたくさん観たいですが、
    試合数を減らしても、たとえランキングが下がっても、
    力が出し切れる状態で、試合にのぞんでもらいたいです。

      引用  返信

  • 勝って欲しいっちゃ欲しかったけど、
    マレー戦で途中棄権よりは全然良い結果でしょう。
    怪我悪化して観客の印象も悪くなったら最悪ですからね…
    マイアミもこんな感じなら
    治して全仏に備えて欲しいなーって思います…f^_^;
    今の錦織ならベスト16は堅いと考えますし、
    全仏の180Pはしっかりとって欲しいところなので!

      引用  返信

  • これからも、真っ直ぐ、前だけ(TOP10だけ)見て行きますよぉー!

      引用  返信

  • 何となく去年のウィンブルドンのフェデラーに重ね合わせて、前記事で「ケガの功名」云々のコメントをしたんですが、ちょっとずれてたようです。あのときのフェデラーは、故障を切り抜けて以降、それまで微妙にあった力みや無駄な動きがとれて、パフォーマンスがむしろ上がったように感じました。今回、短期的には同じようにはいきませんでしたが、錦織もフェデラー同様、体の操り方が抜群にうまい選手だと思うので、抑え気味のプレーを通じて、なんかいい感覚をつかむ部分もあったんじゃないかなどと思ってます。「この場面ではここまで目一杯動かなくてもこれで十分」みたいな気づきももしあれば、その蓄積もケガのしにくさにつながっていくと思うし。
    なんか長々とまとまりなくて恐縮ですが、今の、ときには故障を抱えながらのプレーも、長い目で見ればすべて糧にしてくれると信じて、あまり一喜一憂しすぎずに応援し続けていこうと思っています。

      引用  返信

  • はじめまして! いつも色々な情報をありがとうございます。  staybackさんに同感です。 今日のプレーは本人もとても辛い試合だったと思う。 でも苦しい中ですべてを糧にして、著しい成長をみせて皆さんを虜にするのが錦織君ですから 我々は信じて一喜一憂しすぎずに応援して行きたいですね。 
    マイアミで会えることを祈って…

      引用  返信

  • 今日は、体をかばいながらやってかわせる相手ではなかったということですよね。ベルロックは、サービスもよくフォアも破壊力があり、勝負に出るべきところはきちんと出てましたね。
    ケガを気にして思うように体が動かせない姿は、見ていて本当に切なくなりました。チーム錦織の方々、どうかよろしくお願いします!こんなやりがいのあるアスリートはなかなかいないですよね!笑

    私も圭のテニスに心酔してます。ほんとうに魅力的です。。。

      引用  返信

  • 残念でしたけど、これ以上無理せずにすんで良かったぁいうのが本心です。
    相手も強かったし。。。
    namiさんの言われた通り、ケガしたところをかばいながら勝てる相手ではなかったということでしょう。

    でも、圭くんは今までだって何度もケガを克服して強くなってきたのだから
    これからも、ケガに打ち勝ってもっともっと強くなりますね。
    そして、【あらまた優勝しちゃってるし。。。】
    ってみんなを驚かせてください!
    楽しみにしてます♪♪

      引用  返信

  • 団長、了解しました!d=(^o^)=b

    GAORAを見ましたが、本当に痛々しいです。
    元気なら絶対決まっているところをエラーしたり(>.<)y-~

    辻野さんが言うように、プレーのレベルが上がっているから身体への負担も増しているんだと思って、なが~い目で圭を見守りたいと思います!(*^^*)

      引用  返信

  • いつになく団長が熱いコメントで記事を書いてたので、不安な気持ちが少し落ちつきました。
    でもでも、心配は尽きないですよね!
    いかん、いかん、応援は常に前向き・・・にですよね!!!

      引用  返信

  • ガンダムの修理に手間取ってると思ったら、次の大会ではΖガンダムで登場なんてなってる事を夢みて待ってます

      引用  返信

  • 団長さんの表現力は素晴らしいです、パチパチ!
    プレーのレベルに身体が追いつかないのはプロデビュー当初から言われてましたね。本人も以前、アジア人は欧米人に比べて二、三年 身体が出来上がるのが遅いから…そんな事を口にしてました。
    プレーと身体のギャップがあるのは今年いっぱいかも。全米までに 一・二回 ファイナル進出しても不思議ではないし…
    焦ることなく応援しますから 圭くんガンバレ!

    それから テニスに関してはメディアのレベルは低すぎるから、団長さんはじめ皆さんの情報は有り難いです。

      引用  返信

  • 団長、AAの回答ありがとうございました。タイトルと主人公の顔くらいは知ってましたが…自分は漫画を読むときすごく入れ込んでしまうタイプなので、このテの漫画は精神的にあまり余裕が無い時に読むと病んでしまいそうですw
    テニスにしてももっと気楽に見ればいいんでしょうが、錦織の試合に限らず、入れ込んじゃいますね。たとえ録画で結果知ってるケースでもw

      引用  返信

  • 私なんだか元気が出ないんです。圭君が負けたせいなんですよね、やっぱり。
    彼は故障のことはあまり言いたくないみたいですが、無理しないようにでも出なきゃならないもんなんですかね。
    解ってはいるけれど、ホントに、元気が出ません。

      引用  返信

  • デルポがマレーにフルセットで
    勝ちましたねー。
    やっぱり強い…

      引用  返信

  • テニスツアーは過酷ですよね。
    もう少し日程を開けられないのでしょうかね…

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。