2013上海3回戦 結果

2013 Shanghai Masters 1000
3rd Round
Jo-Wilfried Tsonga[7] def. Kei Nishikori[12], 7-6(5),6-0

仕事で経過すらまったくチェックできず、今結果を知りました。
セカンドセット、何があったのでしょうか?まさか、腰ですか?
テニス自体が原因でもそれはそれで嫌ですが・・・。

それから今日はまったく時間が取れず、micchiさんの応援フード掲載できませんでした。
micchiさん、大変申し訳ありません。
時すでに遅しですが、せっかくの傑作なので掲載させていただきます。

次なる相手は、ツォンガ!
圭くんのプレイは、ますます攻撃的になってるのを感じます
今回はペースを変えてのかく乱作戦はするのかな?
ボリボリ噛み砕きながら応援するからね

micchi

food-tsonga3-micchi

22 件のコメント

  • 団長・・・悲しいです。腰です。

    1セット目素晴らしいスタートで先にワンブレイクし、追いつかれたもののどちらかというと錦織優勢でタイブレークに。ただ、ツォンガもサービスが良く、一進一退でしたがわずかの差で1セットを落としました。
    その直後トレーナーを呼び、メディカルタイムアウトで腰の治療。

    2セット目は最初からほとんどまともに闘えず、一セット目とは全くの別人。まさに楽天でのアルマグロ戦の治療後と同じ状況のまま終了しました。

    3セットマッチ2試合しか体が持たないなんて尋常ではありません。
    一刻も早く検査、治療に専念してもらいたいです。

      引用  返信

  • 素人ですが〔テニス歴は長いです〕 
    テニスに問題はありませんです。 腰です。
    1セット タイブレイクは辛い状態を頑張っていたとおもいます。  でも、最初から腰の状態を保つためセイブしながらの試合運びだったのではないでしょうか?
    2セット目は誰が見ても棄権したほうが… の状態でしたが圭君は最後までコートで傍に来たボールだけを返しながら諦めませんでした。

      引用  返信

  • テニスは問題無いです、腰痛再発です。
    錦織は現状では連戦は厳しいですね。Yuriさんの言う通りなかなか深刻かもしれません。
    私は2セット目の錦織の気力に注目してました。プレー上からは見てとれなかったですが、最後まで戦うと決めた錦織の精神には感心しました。
    休んで休養してという意見も多いけど、私は逆です。今シーズンを振り返ると、長期離脱なくようやくあと1ヶ月まで来ました。あと1ヶ月です。ここで離脱すると去年と一緒です。スポーツ選手は1年間戦い抜いてはじめて勉強することもあります。是非最後まで棄権することなく戦い抜いて欲しいです。だって近い将来ツアーファイナルズに参戦可能な逸材ですから!

      引用  返信

  • いい試合でした

    素晴らしい、濃厚な第1セットでしたね、取れなかったのは残念でしたが。
    バックに球を集められた間だはよかったんですが、ツォンガのフォアとサービスは強烈ですね。
    第2セットは流したようにも見えました。
    この体調の中シードキープは成功と言えるんじゃないでしょうか?

      引用  返信

  • 1セット目前半は、落ち着いてを通り越して、憎たらしい位ツオンガを翻弄していたように見えたのですが
    今回はツオンガもしっかり踏み留まりましたね。勝ったときの彼の喜びようからも、とにかく負けてなるものかと、並々ならぬものがあったことを感じます。
    2セット目は、対アルマグロ戦でのMTO後と全く同じ状態でした。残念です。
    今季も残り僅か。最後まで圭くん本人とチームが決めたことを支持し、応援し続けます。

      引用  返信

  • 上海での3試合、お疲れ様でした。
    シードキープ、上出来の結果を残されたと思います。引き続き応援して行きます!

      引用  返信

  • ツォンガと圭君、1セット目はお互いのポイントにため息が出る程、力強いラリーでした。互角だったと思います。
    ただ、圭君が決め球のスマッシュを何度かOUTさせていたので、もしかして…という不安はよぎっていました。
    2セット目は先週のアルマグロ戦の再来でした。
    あと、観客のマナーや応援がとても気になりました(^^;;
    ツォンガリコーン‼︎micchiさんナイスプレー!
    返ってこのタイミングで良かったかも。敗戦を忘れて爆笑しちゃいました!

      引用  返信

  • 仕事が終わってここのサイトで敗戦を知りました。。
    昨日の試合後から覚悟はしていましたが、やはり残念ですね~。
    でも私もnobby さんと同じ意見です。今シーズンは最後まで戦い抜いてほしいです。
    もちろん圭くんの意志は尊重してほしいと思いますが、ケガとは上手く付き合っていくしかないと本人も言っています。
    今年の楽天オープンを観戦して、もうケガを込で圭くんを応援する覚悟ができました!
    たとえ一時完治したとしても、圭くんがツアーに参戦している限りケガはつきものなのかなと思います。
    今はチーム錦織を信じて、これからも応援するのみです。。

      引用  返信

  • 上海は初めから抑えたプレイでしたね~(>_<)
    でも、力をセーブしながらも勝ちを拾えるくらい強くなったんですよね!(*^^*)♪
    1セット目が取れていたら、また違った展開になったかもです(((^_^;)
    あの状態で2勝も出来るなんて驚きですd=(^o^)=b
    万全の状態で圭にプレイさせてあげたいです!m(__)m

      引用  返信

  • バーゼル~パリ、出るも出ないも腰次第みたいですが、結局上海も出場したぐらいですので、中10日近くありますし、とりあえずバーゼルには向かうのでは。2試合まではできるようですしそこまでは動きもさほど悪くなかったんで、即安静第一という訳ではないのでは、と期待しなくもないです。

    チーム錦織での、適切な判断を待ちたいと思います。

      引用  返信

  • 東京の後上海で2試合を勝ちきって、ほぼ同等の実力を持つ相手に頑張ってしまって腰にくる。今の流れは良くありません。連闘込みで3試合目、ここが限界点ですね。
    私も根本治療の予定を入れているのであれば、あと2大会、やり切るべきだと思います。今回の2回戦までの戦い方は大きな収穫だったと思います。
    フルパワーはリターンゲームで、サービスゲームはファーストの確率を上げて出来るだけ優位に立ってストロークで勝負。セカンドではスライスでコースを突いて不用意に攻めさせない。これで10位台は維持できそうです。
    団長も気づかれたように、サーブのフォームは改良されてきましたね。右足寄りからトスアップして左足斜め前へ。そして最大の改良の、インパクトから着地のときに腰をくの字に折らずに、着地で左足が体重をすべて受け止めるのを回避しています。また団長の2008年の3月の記事でご指摘だったように、スライスも多く使うようになったと思います。まだ今日のように強い相手だと前のフォームで力任せですが、2回戦までのようなサーブが完成すれば、威力が上がって、膝および腰への負担が減らせると思います。威力と負担軽減が両立できるのであればこれはもう少し実戦経験を積んで、モノにすべきでしょう。その意味でも今頑張るべきだと思います。   もちろん出たら全力 応援o(^-^)o!
    コリコリさん、GAORAのねじ込みは政治力ではなく、多額の放映権料によるお金の力のようです。例のGAORAで働く方が本日(10日13時頃)教えてくれました。現地のスタッフはものすごい苦労があり、決定がギリギリになるしほっとくと約束してても実現しないらしいです。一回戦では終了後にインタビュー出来ましたが、2回戦は設備がなくて出来なかったそうで、インタビューの内容も、時間制限が厳しくて当たり前のことしか聞けなかったとのこと。バタバタなんですって。
    余談ですが、上海のスタジアムは立派に見えますが、造りがひどくて、天井から何やらひらひらと金属が落ちてきて、しょっちゅう掃除しなければならないそうです。運営、線審、ボールボーイ(ガール)や観客も国民性なのか、それとも発展途上なのか、技術やマナーが成熟に時間がかかりそう。フェデラー大好き、日本人嫌い(観客の数でマル分かり、圭の試合の観客はほとんどが日本人)な中国の方々。おかげで圭も希望者全員にサインできてましたw    長い上にスレ違いかもと思いながら、勝手な文章、失礼しました。

      引用  返信

  • 試合は、みれませんでしたが、やはり腰ですかぁ。難しいとこですね。
    怪我の状況、回復などはチームがベストな選択をしてくれるとしんじて。
    ツォンガリコーンにはやられました!!!こういうの大好き!!!
    次回はバリボリいってくれるでしょう!!いやぁ、傑作!!

      引用  返信

  • 第1セット中頃、
    顔をしかめる画面が映り
    心配していましたが、
    そのあと明らかに若干ペースダウンし、
    ポイントの取り方が鈍くなりました。
    そして、ブレイクバックを許し、
    タイブレも取り切れませんでした。
    セット間にMTOを取りましたが、
    その後の状況はアルマグロ戦と同じでした。
    第二戦、そして本試合でスマッシュ(実況の方はドライボレーと称してましたが)をミスしていて、ラケットを高く上げないのは腰のせい?
    と感じてしまいました。
    序盤は、ザ・錦織なテニスを魅せて、ジョーを
    圧倒していただけに本人も残念でしょう。
    が、インタビューで、戦えるところまで、
    と言うような言い方をしていたので、
    腰痛の再発は覚悟の上でこの大会に
    臨んでいたと思います。
    ツアーもあと少し、
    チーム錦織と共に乗り切って欲しいと思います。

    いちにの さん。
    貴重な裏情報ありがとうございます。
    確かにボールパーソン、ラインジャッジの質は悪いですね。
    ラインジャッジの質は日本も?ですが。
    施設はすごく立派に見えましたが果たして質はどうなんだろう?と画面を見て思った矢先だったので納得です。
    違法欠陥建築の多いお国柄、
    建築の精度もさもありなん、といったところでしょうか。

      引用  返信

  • いちにの さん、貴重な情報ありがとうございます。
    やっぱり、gaoraさんはかなり頑張ってくれているんですね(色々と)

    圭くんの試合は、結果がわかってからビデオで、、、という毎日ですが
    腰は、痛めたら治療しながら続けていくしかないですね。
    シーズン終わりまであと少し、たとえ勝ち切るのは2試合が限界でも
    出続けてほしいと思います。
    そして、シーズンオフはスポンサー関係で忙しいでしょうが
    じっくり、しっかり治療に専念してほしい。

      引用  返信

  •  圭君の腰痛には心を痛めましたが、中国人の観戦マナーの悪さにぞっとしました。「トンガ」の連呼、奇声、拍手ではなく大声を出す応援、とくに女性の奇声が多かったようにおもいます。日本人憎し・・・をあからさまに出していました。

     あんなところで試合をしなければならないのは、本当に可哀想だと思いました。圭君の体が華奢で試合に耐えられないことがとても悲しいです。それでも棄権しませんでしたが・・・・。何故棄権しないのだろう。腰は試合を続ける限り治らないし、なんとかしないといけません。早く治療してほしい。

      引用  返信

  • いちにの さん、貴重な裏情報ありがとうございます。

    今回のねじ込みで相応のお金は動いているだろうと思っていましたが、大金なら応じてしまうというのはいかにも中国といった感じですね。
    観客のマナー、現地スタッフのレベル、国際都市上海といえども成熟度の低さは目に余りますね。これらの評価は、ATP関係者や選手達も痛感しているところだと思います。

    スレ違いですが、ここは2020東京五輪開催の動きと連動して、マスターズを東京に誘致(現実的には上海との交互開催?)するチャンスだと思っています。

      引用  返信

  • いちにのさん いつも情報を有り難うございます!
    サービスは皆さんの書き込みなど参考に気をつけて観ていましたが、より参考になります。 
    腰痛持ちのばばなので試合を観ながら過剰反応してしまいましたが、 本人は冷静に自分の状態を計りながら2回戦まで勝利( ^o^)したのだから どなたかも仰っていましたが納得のうえでしょうね。  
    ファンとしても成長しながら応援するのみ。

      引用  返信

  • 圭くんはまだ23歳、腰痛は適切な治療とリハビリ、トレーニングなどで必ず治るとおもいます。
    あれほど心配した腹斜筋も最近は良くなったのか、話題に出てきません。私達は実際の状態を知ることはできないので、想像で話をしてしまいますが、それをすると不安が膨らむばかりです。今は圭くんからの公式コメントをまちたいです。それに基づいて応援します。 ただシーズンオフには原因を見つけ、治療をしっかりしてほしいです。ランキングはテニスに専念できれば上がっていくでしょう。心配でかわいそうですが、悲観はしていません。

    上海のコートの立派さには目を見張りましたが、フェデラーのダブルスの途中、雨が漏り、その後何かパラパラと上から落ちてきました。エンドラインの近くだったので、危険だと感じました。
    見栄えはよくても何か失望しました。

      引用  返信

  • 団長さま、お気遣いありがとうございます
    人生の中で一番の華であるプレイヤーとしてのこの時期を、
    これからも皆さんといっしょに、楽しく応援したいと思っています

      引用  返信

  • いちにのさん
    貴重な情報ありがとうございます。
    GAORAさんのがんばり、素晴らしいですよね。GAORAさんも応援してます!

    私もフェデラーのダブルス中の雨漏り、何やらぱらぱら落下、見てました。びっくりしました。。。ボールパーソンもひどい。メルツァーはボールをもってプレーせずセカンドも都度受け取る選手ですが、相当いらいらしていて敵ながらかわいそうになりました。

    ケガがありながらの楽天、上海の各2試合で、万全ではないなりの戦い方の習得を着実にしてるんじゃないかなと思います。どうしても3試合目70ゲームくらいが、体が言うことをきいてくれなくなる今の限界点みたいですね。
    残りの2大会を何とか乗り切り、オフでまた仕切り直し。
    引き続き応援します!

      引用  返信

  • 圭頑張りました!! 立派な一戦でした 私は今後の圭全然心配してません(期待が増しました) 2回戦までのサーブを続けられたら来年トップ10入り間違いないと思います ひところ両足揃えたサーブ打ってて腰の開きが遅れるようになったんだと思います 今の圭のサーブは回転のかかった重い球質に化けてますよ!!  多分相手した選手は感じてるはずです  これも膝の怪我の巧妙です! あの軟弱サーブでTOP20キープしてたストローカーです。 今のサーブ力習熟してたら 来年超楽しみです!!!

      引用  返信

  • この試合、出だしの4ゲームまではランクが逆なんじゃないの?ってくらい普通にTsongaを振り回してました。相性の良さもあったかもしれませんが・・・

    Swiss Baselは第8シードになるんでしょうか。ノーシードで出場して1、2回戦でトップランカーと当たったら勝ってしまいそうで密かにに期待しています。

    今シーズンもあとわずか。出られる試合に集中して濃密な時間を過ごしてほしいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。