2016ウィンブルドンシード順見込み(6月16日現在)

ウィンブルドンのシードは単純なランキング順ではなく、芝での実績も考慮した独自のポイント順により決定されます。

そのあたり、赤黄色さん(スコアリングの神)が別記事のコメント欄にまとめてくださいましたので、勝手ながらそれを元に記事にさせていただきます(すいません)。

ウィンブルドンのシード決めの方法

(1)開催1週前の(今年は6月22日付)のエントリーポイント。(ふつうはこれでシード順を決めます)
(2)全英より1週前の月曜日(今年は6月22日)を起算日として、それより前の12か月、つまり2015のNottinghamより2016のHalleとLondonまでの芝大会のポイントの総計。
(3)さらにその前の12か月の芝大会のポイントの最大値の75%

この3つの合計ポイントが多い順に、シードが決まります。

錦織のポイント

(1)2016ハレの結果を踏まえて、4,155 pts
(2)2015全英45P+2016ハレ45P=90 pts
(3)2014全英180P×75%=135 pts

計4,380 pts

となります。

6/16現在のシード順位

1(1) Novak Djokovic 16950+(2000)+ (2000*0.75)= 20450
2(2) Andy Murray (8505+L-90)+(720+L)+(500*0.75)= 9555(max10510)  (LondonQF)
3(3) Roger Federer (6335+L-90)+(1200+90+H)+(1200*0.75)= 8615(max9435)  (HalleQF)
4(5) Stan Wawrinka 5035+360+(360*0.75)= 5665
5(6) Kei Nishikori 4155+(45+45)+(180*0.75)= 4380
6(7) Dominic Thiem (3175+H-250)+(20+45+250+H)+(10*0.75)=3587.25 (max4247.5)  (HalleQF)
7(9) Richard Gasquet 2905+(720)+(150*0.75)= 3737.5
8(10) Milos Raonic (2965+L-90) +(90+L)+( 720*0.75)= 3685 (max4505)  (LondonQF)
9(13) Marin Cilic (2605+L-90)+(360+L)+(360*0.75)=3325(max4145) (LondonQF)
10(8) Tomas Berdych 2950+180+(90*0.75)= 3197.5
11(11) David Goffin (2780 +H-45)+(180+H)+ (150*0.75)= 3162.5(max3982.5)  (HalleQF)
12(12) Jo-Wilfried Tsonga 2725+90+(180*0.75)= 2950
13(14) David Ferrer 2605+45+(45*0.75)= 2683.75
14(15) Roberto Bautista Agut (2150+L-90)+(180+L) + (250*0.75)= 2562.5(max3427.5) (LondonR16)
15(18) Nick Kyrgios 1855+180+(360*0.75)= 2305
16(19) Gilles Simon 1720+(45+360+45)+ (180*0.75)= 2305
17(16) Gael Monfils 2110+90+(90*0.75)= 2267.5
18(17) John Isner 2055+(90+45)+ (90*0.75)= 2257.5
19(20) Bernard Tomic (1670+L-90)+(90+45+L) +(45*0.75)= 1928.75 (max2748.75)  (LondonQF)
20(21) Feliciano Lopez 1630+(20+45) + (250*0.75) = 1882.5
21(22) Philipp Kohlschreiber (1600+L-90)+(10+150)+(45*0.75)=1823.75 (max2703.75)  (HalleQF)

2016 ウィンブルドン 日本選手エントリー状況

こちらは下団さんからの情報です。
上のメニューバーより「フォーラム」もご覧ください。

6/20から全英予選が始まります。全英は予選会場が本戦会場とは別で、ローハンプトンで開催されます。
日本勢は男子5選手、女子5選手の 計10選手が参戦予定です。
1人でも多くの選手が本戦会場に辿り着いてほしいですね( `ー´)ノ

ランキングは 6/13日付です。
DA:ダイレクトアクセプタンス

男子 本戦DA

錦織圭選手 6位
ダニエル太郎選手 110位

女子 本戦DA
土居美咲選手 48位
日比野菜緒選手 70位
大坂なおみ選手 93位
奈良くるみ選手 94位

男子 予選DA(128ドロー・32シード)
杉田祐一選手 102位
伊藤竜馬選手 105位
西岡良仁選手 118位
添田豪選手 154位
守屋宏紀選手 226位
*西岡選手までが予選の上位シード(1~16)入りかと思いますm(__)m 

女子 予選DA(96ドロー・24シード)
尾崎里紗選手 122位
桑田寛子選手 152位
江口実沙選手 171位
加藤未唯選手 175位
日比万葉選手 177位
*尾崎選手が予選の上位シード(1~12)入り出来るか微妙な状況ですm(__)m

277 件のコメント

  • 圭君、最高の笑顔でしたね。
    順調に体調を整えててきています。

    最高のドローこい〜〜〜〜〜〜〜〜〜wε-(´∀`; )

      引用  返信

  • MIYAさま
    ありがとうございます。
    思い込みでトホホな事になったらと思いましたが、安心しました。
    ゆきんこりさんの保存版で勉強してから、存分に楽しみたいと思います。
    O2の場所は前回のウインブルドン観戦時に下見済みです。
    あとは役者が揃うだけですね。

    節穴さま
    節穴さまからコメント頂き感激してます。
    まさに私のクリスタルボールには、暗い観客席の中ライトアップされたコートでエアケイが浮かび上がっています。

    昨年のN.Y観戦を出国前にガッカリさせて頂いた分は今年のファイナルでしっかりと返して頂きますよ。

    これからのポイント加算が楽しみです。

      引用  返信

  • イギリスで国民投票の真っ最中ですが、錦織選手も含めトップ選手はこの件で意見を求められるかも?
    テニスというスポーツはコート外での勉強も大事です。

      引用  返信

  • まだ完治はしていないようですね。あと数日、うまくリカバリーして欲しいです。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000029-jij-spo

    ウィンブルドンに向けて錦織を分析した記事を見つけました。
    記事(後半)によると、サーブの出来といかにフォアを使ってオフェンシブに行けるかが鍵だと言ってますね。後は当然、怪我が治っていることが条件です。上の方まで行って欲しいなあ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00000029-jij-spo

    イギリスはEU離脱に決定したようですね。

      引用  返信

  • 今夜18時からのドロー発表が、ほんと楽しみです!!

    全仏の時のように、どこかでその様子はライブで見られたりしますか(^^)?

    ご存知の方いらっしゃれば教えてほしいです〜。

      引用  返信

  • 出場さえ危ぶまれた全米で決勝まで行った圭くんですから、とつい期待しちゃいますが、故障の場所が場所だけに、ちょっと不安は残りますね。いい意味で手抜きして程々に勝ち進んで欲しい。狙い目はやはりホーム?の全米だと思うので。

      引用  返信

  • @にしぴ さん、
    いろいろググッてみたのですが、セレモニーのライブはなさそうです・・・。私もRGの時に初めてライブ映像を見たのですが、結構ワクワクしますよね^^ あ~~、あと1時間ちょいです。

    http://www.telegraph.co.uk/tennis/2016/06/21/wimbledon-2016-what-time-and-when-is-the-draw-is-it-on-tv-and-wh/
    ググッてたらこんなサイトがヒットしました。
    圭くんよりキリオスのほうがオッズが上!?うっそぉ~~ん><www

      引用  返信

  • 末っ子が部活動を引退し、何日か気の抜けたような状態で・・・
    しばらくぶりでここにきてすっかり浦島太郎です。

    末っ子は今のチームでエース的存在でしたが、半年前に怪我をしてしまい、手術してリハビリして復帰するには高校生活が終わってしまうくらいの期間がかかると言われてしました。手術は夏休みにすることにして、怪我を温存したままできるところまでやろうとリハビリしながら頑張ってきました。
    チームは準々決勝で敗れました。準々決勝では前の試合で怪我したところをまた少し痛めてしまたのであまり出られなかったのですが、自分が万全だったなら勝てたかも(実際勝ったことのある相手だったし)と思ったのでしょう「怪我なんかしなければ良かった・・」と大泣き。
    「勝負にたらればはないんだよ」としか言えませんでした。もう一度大好きな仲間と一緒にプレイしたいという願いはかなったのですが本人にやりきった感はあったかどうか・・やって良かったのか・・

    と、すいません(^_^;)関係ない暗い話はここまでにします。

    そうだわ!私にはウィンブルドンがある!(と気を取り直して)
    ここへくれば気分も上がるはず~~てなことで久しぶりにおじゃまして
    皆様のコメントにワクワクさせてもらっています。
    ありがたや~(>_<)

    錦織選手も怪我にはたびたび悩まされてきていますが、うまく乗り越えてもらって、長く長く活躍してほしいです。

      引用  返信

  • @つるみさま
    大変でしたね。こんな時、親は本当に無力で見守る事しかできません。
    怪我をしながらも準々決勝まで勝ち進めたことを純粋に褒めて差し上げて下さい。夏休みに手術されるんですよね?まだまだお子さんへのサポートは続きます。
    気分転換兼ねて錦織選手を応援楽しみましょう!!

      引用  返信

  • ROM様

    励ましのお言葉ありがとうございます。
    我が家の3人の子供たちは、小学生の頃からスポーツに親しんできて、私もずっと応援してきました。
    悔しい敗戦や悩んだりしたこともありましたが、基本的には楽しく応援してきました。
    末っ子の高校が終わると寂しくなっちゃうな〜引退までに自分の新たな趣味を見つけよう!
    と思っていたところで、見つけたんです!応援したい人!
    錦織選手の試合は子供の試合より緊張するらしく、いつもトイレに行きたくなってしまうのですが、
    こちらに集う皆さんの知識や情報にお世話になりながら楽しく応援していきたいです。

      引用  返信

  • 全英予選決勝で
    西岡選手 76、4-6 でセットオールです。
    第3セットはブレイク先行でリードしています。

      引用  返信

  • 西岡選手、3セット目6-2で取りましたね!
    次で決めて欲しい!
    がんばれ!*\(^o^)/*

      引用  返信

  • つるみ さん、幸運のトイレでございます(`・ω・´)ゞピシッ!💩
    お疲れ様でしたm(__)m

    西岡選手!頑張れ~💩\(゜ロ\)(/ロ゜)/💩

      引用  返信

  • 予選決勝だけ、5セットマッチなんですね(^^;
    きびしいなぁ~f(^_^;)←他のGSもだっけ?
    ヨッシー、全仏では悔しい思いをしたので、ウィンブルドンは絶対に本戦出場して欲しい❗Ψ( ̄∇ ̄)Ψ♥

      引用  返信

  • 圭 大好き! さん、全英予選のみ予選決勝が5セットマッチです(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • よっし~第4セット6-3、1本目のマッチポイントでスキッと決めてくれました♪
    西岡選手おめでとうございます^^

      引用  返信

  • *・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    西岡選手やったね!

    守屋選手も続け〜!!*\(^o^)/*

      引用  返信

  • 西岡選手 7-6(1)、4-6、6-2、6-3 勝利( `ー´)ノ💩

    西岡選手!おめでとうございますヽ(^。^)ノ🎊
    これで太郎選手とともに、日本男子の現役では4人目、5人目の全GSの本戦出場を果たすことになります!本戦でも頑張れ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

    守屋選手も続いてくれ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/頑張れ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

      引用  返信

  • 西岡選手やりましたね。
    ウィンブルドンの楽しみ増えました❤️

    下団さま
    幸運のトイレなのですね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆やった!

      引用  返信

  • 私めの「くさ~いジンクスです!」(^◇^)
    運💩がつくみたいな・・・お食事中の皆様、申し訳ございません💩m(__)m💩

      引用  返信

  • おはようございます!p(^-^)q
    昨夜は早々に寝落ちしてしまいました(>_<)💦
    守屋くん、残念でしたm(__)m やっぱり3回続けて勝つのは難しいです。腐らずチャレンジして欲しい。
    下団さん、すぐにお答えいただいてたんですね、ありがとうございます!d=(^o^)=b♥5セットマッチはウィンブルドンの予選だけなんですね(^^;←あらっ?と思った自分の感覚が合っていてうれしいです~❗(`ー´ゞ-☆ピシッ♥
    しかし、闘いの場がアオランギとか、やっぱりウィンブルドンは予選からしてきびしい世界ですね~(;A´▽`A←あこがれのウィンブルドンの芝でプレーできる権利を得た選手には、敗れた選手の分まで頑張ってもらわないと!ですね~❗((o(^∇^)o))♥
    圭の1回戦は、例によって第1試合でしょうか?σ(^_^;)?18時だと帰宅が間に合わないので、第2試合希望しますm(__)m♥←やっと圭ロス解消するね~❗p(^-^)q♥

      引用  返信

  • ”上空にある ひとつの眼” は、ヨーロッパ史上に設定された一神教(キリスト教)の視点がもたらす一点遠近法に基づく丘の上のキャセドラルを中心にした建築上のプランが原点かも知れませんが、それが鳥の眼になりサッカーフィールドと プレーヤー達のフォーメイションの動きを全体的に捕らえられる能力になぞえて形容したのは、ヨーロッパ人の表現だと 思いました!

      引用  返信

  • 節穴 さん、私は錦織選手は全英でも十分にチャンスがあると思っています。
    アガシ選手と同様に、1度サービスブレイクを許しても、相手サービスを2度ブレイクする能力がある。芝ゆえに、錦織選手のサービスでもキープは他のサーフェイスと比べてもキープしやすいかな~と思うからです。
    確かに、錦織選手は谷間の世代になりそうな雰囲気ですが、その世代交代の隙間で、No.1に上がったり、下がったりで、計30~50週くらいNo.1に在位するのではないかと期待しております。
    正直、フェデラー選手やナダル選手、ジョコビッチ選手のような長期政権を築くのは、地域的ハンデ、体格的なハンデからみても厳しいです。
    今シーズン、ティエム選手等の台頭を招いているのは、フェデラー選手、ナダル選手、ワウリンカ選手のGSタイトル保持者やフェレール選手、ベルデイヒ選手のトップ10常連に怪我や衰えが見え隠れしているからです。
    錦織選手にも、ここからチャンスが広がってくると思います!大きな怪我や病気に見舞われずに、30代の半ばまで活躍出来れば、全てのビッグタイトルを獲得する可能性も充分にあると思います( `ー´)ノ
    錦織選手があきらめないかぎりは、我々もあきらめる必要はない!信じるのみですね(^◇^)

      引用  返信

  • @節穴 さん、

    確かに、日本には、鳥の眼を必要とするスポーツはほとんど発達してこなかったから、投手と打者の一対一の勝負が見られる野球の方が好まれてきたのかもしれませんね。だからこそ彼らは天才と呼ばれるのでしょうが、圭くんもサッカー大好きで、結構上手かったそうなので、俯瞰できる眼を持っているのだと思います。あと、イチローさんのプレーが日本人離れして見えるのもその眼のせいかも。
    でも、日本人的優位性を語るには不適切だったかもしれません。

    野茂選手の話が出てきましたが、身体全体を柔軟に連動させて一点に力を集めること。柔道や居あい抜き、合気道。柔よく剛を制す。。。ラケットへのスイートスポットを狭くしてと注文する圭くんには、力点を小さくすることでパスカルを無限大にする古武術の肝が分かっているのですね。

    それと、飛脚の走り方と言われる二軸走法もありました。
    息子がサッカー部の顧問から叩き込まれていましたが、疲労が少なく、方向転換などが容易だそうですが、圭くんも、二軸の理論を取り入れているから、打った後、次の動作への移行がスムーズ!

    リーチの狭さは、動体視力を生かして下がらないことでカバーができると考えれば、西洋的背筋力と高さで勝負するテニスに臆する理由はないはずです!
    フェデラーの美しい一軸背筋テニスに、重心を低くした二軸がに股忍者走りの圭くんが、居あい抜きテニスで対抗する。
    なんてもう、想像するだけで、勝手に悶絶です^^

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。