錦織圭がプロテクトランキングを使って出れそうな大会はどのくらいあるか?

錦織圭は、現在プロテクトランキング106位を取得しています。

このランキングを使って39週間、8大会までエントリーできます。

「プロテクトランキングって何?」って人のために簡単に説明しますと、故障等の理由で半年間以上試合に出場できず、ランキングを落としてしまった選手に対しては、最後の試合から13週間のランキング平均を「プロテクトランキング」として取得できます。

そのランキングを使って大会にエントリーできるのです。

錦織圭の実際のランキングは420位ですが、このランキングではATPツアーどころか、その下のチャレンジャー大会にも入れてもらえません。従ってこのプロテクトランキング106位というのは非常に大事なわけです。

さて今回、「鼻血ブログデータ班」のケイメヒコさんとコリコリさんの協力を得まして、今年2009年のATPツアー大会のカットオフランキングを調べてみました(出場可能性のあるノッティンガムチャレンジャーも加えてあります)。

表の見方

ドロー数・・・本戦の参加選手数
DA数・・・うち、本戦ダイレクトインの選手数(DA:Direct Acceptance)
当初カットオフ・・・エントリー締切時点で何位の選手まで本戦DAだったか
最終カットオフ・・・最終的に何位の選手まで本戦DAだったか
辞退者数・・・エントリー締切から大会開始までに何人が出場辞退したか
辞退率・・・辞退者数がDA数に占める割合

※錦織のプロテクトランキング106位でも本戦に入れる大会は、赤字で示してあります。
※過去の実績等から、ワイルドカードがもらえる可能性が高いと思われる大会を、青字で示してあります。

表を見ると、本戦ダイレクトインで出場できそうな大会はそれほど多くありません。 全64大会中、17大会のみです。

しかもそのうち4大会はシーズン終盤ですから、早い時期での復帰だと規定の39週間が経過してしまった後になってしまいます。

また、ダイレクトインできそうな大会のほとんどは錦織がこれまで選択してこなかったルートの大会です(中南米とか)。そういう意味でもプロテクトランキングをどの大会に使用するかについては判断が難しくなってくるでしょう。

ワイルドカードについては、錦織が才能ある選手と言うことで従来からかなり優先的に付与されてきました。不確実ではありますが、今年もある程度は見込めるのではないかと思います。

ジャパンオープンはほぼ100%確定でしょうし、昨年優勝したデルレイビーチもくれるのではないでしょうか。

ザグレブはカットオフが106位でしたが、錦織のプロテクト106位は通常ランキング106位の後ろにくるので、実質107位ですからOUT1番手となる計算です。

今年の実績からは本戦ダイレクトインは厳しそうな状況ではありますが、今年はやや特殊な年だったことを考えると、来年は少しはカットオフが緩やかになる可能性があります。

というのも今年からポイント制度が代わり、コンスタントにポイントを取る選手よりも、戦績が不安定でも優勝を狙えるような潜在能力のある選手が有利になりました。

その影響で、実際にランキングがどうなるか分からない不安が中堅選手たちの間に広がり、特に年前半は各大会にエントリーが殺到した印象がありました。

新しいポイント制度も1年が経過し、落ち着きを取り戻して選手たちも大会を選別してくるようになるかもしれず、そのような場合には多少、カットオフランキングが下がってくるかもしれないというわけです。

(ただし、ふたを開けてみないと分かりません。)

大会名 ドロー数 DA数 当初
カットオフ
最終
カットオフ
辞退者数 辞退率
Brisbane 32 25 63 63 0 0.0%
Qatar Exxon Mobile Open 32 25 84 93 1 4.0%
Chennnai Open 32 25 120 126 3 12.0%
Heineken Open 28 19 59 64 4 21.1%
Medibank International 28 19 41 49 2 10.5%
Australian Open 128 104 100 104 4 3.8%
Movistar Open 28 19 90 103 3 15.8%
PBZ Zagreb Indoors 32 23 80 106 5 21.7%
Johannesburg 32 23 125 133 4 17.4%
SAP Open 32 23 82 96 4 17.4%
Brasil Open 32 23 102 111 2 8.7%
ABN AMRO World
Tennis Tournament
32 25 44 44 0 0.0%
Regions Morgan Keegan
Championships
32 24 75 82 3 12.5%
Open 13 32 23 58 92 7 30.4%
Copa Telmex 32 23 98 100 2 8.7%
Delray Beach International 32 23 95 97 2 8.7%
Abierto Mexicano Telce 32 24 99 113 4 16.7%
The Dubai Tennis
Championships
32 24 53 88 6 25.0%
Indian Wells 96 79 78 88 8 10.1%
Miami 96 79 77 82 5 6.3%
US Men’s Clay Court 32 23 98 110 4 17.4%
Grand Prix Hassan II 32 23 82 116 7 30.4%
Monte Carlo 56 45 54 56 2 4.4%
Barcelona 56 43 67 76 6 14.0%
Rome 56 44 44 54 7 15.9%
Serbia Open 28 19 94 101 4 21.1%
Estoril Open 32 23 86 113 5 21.7%
BMW Open 32 23 77 96 4 17.4%
Madrid 56 45 45 52 5 11.1%
The Hypo Group
Tennis International
32 23 71 84 7 30.4%
Roland Garros 128 104 101 106 5 4.8%
Nottingham CH 32 22 164 214 12 54.5%
Queen’s 56 45 94 103 7 15.6%
Gerry Weber Open 32 23 56 73 5 21.7%
Ordina Open 32 23 80 89 5 21.7%
Eastbourne 32 23 76 104 9 39.1%
Wimbledon 128 104 102 108 6 5.8%
Mercedes Cup 32 23 67 89 4 17.4%
Catella Swedish Open 28 19 77 99 6 31.6%
Indianapolis
Tennis Championships
32 23 107 125 7 30.4%
Hamburg Open 48 38 70 82 5 13.2%
Countrywide Classic 28 19 90 99 3 15.8%
Allianz Suisse Open
Gstaad
32 23 88 107 3 13.0%
ATP Studena
Croatia Open Umag
32 23 97 103 3 13.0%
Legg Mason
Tennis Classic
48 38 88 109 4 10.5%
Montreal 56 44 44 65 8 18.2%
Cincinnati 56 44 44 52 7 15.9%
New Haven 48 38 69 80 8 21.1%
US Open 128 104 102 108 5 4.8%
Open de Moselle 28 21 74 94 5 23.8%
BCR Open Romania 32 25 99 100 1 4.0%
Thailand Open 28 19 65 92 3 15.8%
Kuala Lumpur 28 19 65 98 5 26.3%
Japan Open 32 24 55 68 5 20.8%
China Open 32 25 45 57 3 12.0%
Shanghai 56 44 44 55 7 15.9%
If Stockholm Open 32 23 77 110 7 30.4%
Kremlin Cup 32 23 81 108 5 21.7%
Grand Prix de
Tennis de Lyon
32 23 91 109 3 13.0%
Bank Austria
Tennis Trophy
32 23 97 117 4 17.4%
St. Petersburg Open 32 23 99 101 2 8.7%
Davidoff
Swiss Indoors Basel
32 25 49 63 6 24.0%
Open de Tenis
Comunidad Valenciana
32 25 55 68 3 12.0%
Paris 48 38 38 57 7 18.4%

5 件のコメント

  • すっごくわかりやすいデータありがとうございます。
    これだけのデータを作成するのがどれだけ大変な作業か
    私など想像を絶する世界です。

    あとどれくらいで錦織選手のテニスが観れるかなぁ。
    楽しみです。

      引用  返信

  • 今日のデータはまさにケイメヒコさんとコリコリさんの合作で、私はそれらを合わせて整形しただけです。

    しかも、まだここに書いてないデータもあります(最終シード選手など)。
    いずれ紹介させていただきたいと思います。

      引用  返信

  • もし、SAPオープンに出られたらいいなぁ、、、、。

      引用  返信

  • いつになったら予定を公開するのかな。
    各トーナメント直前ですよねきっと。
    来年は何位を目標にしてるんだろうか。
    早く知りたい、知りたい。気になる事だらけです!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。