[速報] 次の相手は韓国に決定!デ杯グループⅠ・2回戦(4月にホーム開催)

 今週行われているデ杯グループⅠ・アジア/オセアニアゾーンの1回戦で、
圭を欠く日本がインドネシアに5-0で完勝し、また、シングルスの主力選手を
欠いたインドが韓国に敗れました。

http://timesofindia.indiatimes.com/sports/tennis/top-stories/India-lose-Davis-Cup-tie-after-Ranjeets-defeat-in-must-win-rubber/articleshow/18318356.cms

 この結果、4/5(金)~4/7(日)で行われる同2回戦は、韓国を相手にホーム
(恐らく有明)で開催
されることが決まりました。

 以下、韓国戦に関する参考情報です。

●過去の対戦成績
・1960年からのトータル勝敗では10勝4敗
・ただし、1986年からの最近5回では1勝4敗
・最も近い対戦は2002年(アウェイ)で、3-2で辛勝。

●韓国チームの布陣(インド戦での実績)
 S1:Jeong, Suk-Young 321位 19才 キャリアハイ更新中
 S2:Cho, Min Hyeok RK無し 26才
  D:Lim, Yong-Kyu D-RK:445位(S-RK:435位) 21才
   Nam, Ji Sung D-RK:414位(S-RK:484位) 19才

 インド戦で511位のVirali-Murugesanに圧勝(6-0,6-1,6-0)しているCho選手が
とっても不気味ですね。Jeong選手はまだ19才だし、侮れないチームだと思い
ます。

●日本チームの布陣
 ファンのレベルで勝手に予想しましょう。
 ちなみにコリコリ予想は以下の通り。ただし、圭の体調に特に問題が無い
場合です。
 S1:錦織
 S2:伊藤、杉田、守屋の中で最も好調な選手
  D:内山
   伊藤 or 守屋

 インドネシア戦と同様に信頼できる添田を核にしたいところですが、韓国戦
までの今年の添田の休みは来週(2/4の週)の1週間だけ。
 ホームでの大会を盛り上げるという意味でも、次回の韓国戦では圭に代わって
もらうといった想定です。

13 件のコメント

  • 日本完勝おめでとうございます!
    添田も大変ですが、錦織も4大会連続後にデ杯なんですよね。
    韓国戦に出るためにマイアミ⇒日本⇒フロリダ戻るよりも、個人的にマイアミからフロリダで少しでも早くクレーコートの準備に入って欲しいです。

      引用  返信

  • ランキングだけ見たら負けないような気がしますが、日本相手だと目の色変えてきそうですよね~( ´△`)

      引用  返信

  • 有明がどんな様子になるか、今から想像つきます。
    テニスファンは、有明にたくさん来てくれるでしょうか?!今から心配してしまいますT_T

      引用  返信

  • 錦織選手が出場するのなら行きたいです。なにしろ遠いので色々その他の理由もあってむずかしかな。でも本気の試合はまだみてないので、応援したいです。

      引用  返信

  •  匿名さん、私も昨年のスケジュールであれば、マイアミ後にグループⅠのデ杯に参戦するような予想はしなかったと思います。根拠は「春先に休みの期間を設定する」という年初の圭本人のコメント。ずばり、マイアミからマドリッドまではツアーへの参戦を予定せず、休養と故障しないためのトレーニングの期間に充てるものと推測しています。

     ただこの充電期間の実現には、昨年のモンテカルロ・バロセロナの2大会分のポイント(90pt+90pt)を、今年のメンフィス・デルレイの2大会でほぼセーブできていることが条件になると思います。

     したがって、本文で書いた韓国戦への参戦が本当に実現するためには、

    ①メンフィス・デルレイで好成績を残す。
    ②(当初の計画通り)マドリッドまでの充電期間を設ける決断をする。
    ③マイアミ終了時点で体調に大きな問題がないこと。

     の3条件が揃っている必要があると思っています。

      引用  返信

  • コリコリさん、予想有難うございました。
    4月はもうすぐですね。
    今回はあまり盛り上がらなかったけど、次は圭くんんが来るなら、盛り上がりそうです。(コリコリさんが間に合わなかった様に、初日はインドネシアが気の毒なくらい、あっさり試合が終わりました。)
    2回戦で韓国に勝ったら…スペインが負けているし、プレーオフでどこに当たるのかドキドキですね。
    まずは、上記③がキーになる様な気がしています。2/18から過密なスケジュールですけど、余力があれば帰国してくれると思うのですが…
    帰って来ておくれ~

      引用  返信

  • JapanTimesにDavisCupの記事がでてました^^。
    http://www.japantimes.co.jp/sports/2013/02/04/more-sports/davis-cup-captain-ueda-optimistic-even-without-nishikori/#.UQ_WdfKlrIU
    こちらによると、監督さんは、圭君は次もこれないかもしれないと考えているようです。
    あんまり強くプッシュはしないかもしれないですね。 ということで、来ない確率のほうが高い?

    よその試合ですが、スペインは主力がみんないなくてあっさり負けちゃいましたね。
    最初から負けてもしょうがないって気だったのでしょうか? それとも、ミロスに負けてもダブルスは勝てる確率が高かったし3-2で勝つって思ってたのでしょうか。
    見てないけど、スイス対チェコは接戦だったみたいで、ダブルスは7時間という最長記録だったそうです!
    ワウリンカはまたしてもここで悔しい負けをしちゃったみたいで、記者会見でも泣いて一度席を立った。。らしいです。
    ワウリンカ、かわいそすぎです。(><)
    がぜん、応援したくなってきました 笑

      引用  返信

  •  スペインは当初アルマグロを軸とした「勝てる」布陣だったのですが、急遽アルマグロがどっかを痛め、チームから外れざるを得なかったと聞いています。

     あと、私の嫁さんはコアなバブファン。最近まで荒れていました。
     ただ最近になって、ebicciさんのような新規ファンの獲得に一役買ったのではないかと思い直したらしく、ここにきてノーマルな状態に戻りつつありますw

      引用  返信

  • コリコリさん
    さすがコリコリさんの奥サマですね、フェレールのみならずバブさんのファンとは!
    今までは何となく、あの山男ルックというかクマさんルックというかにやや敬遠しがちだったのですが、泣き虫さんなところにやられてしまいました 笑
    バブさん、間違いなくジョコビッチ戦で沢山ファン獲得したと思いますよ!
    本当にかっこよかったですから~
    歴史に刻まれるのは勝者ですが、人の心に刻まれるのは必ずしも勝者ではないですよね。
    そのうち、Wowowオンデマンドでもう一度見直してみようと思ってます。

      引用  返信

  •  本文で添田以外は信頼できないみたいなことを書いてしまいましたが、竜馬、激闘の末Roger-Vasselin(98位)に勝ちましたね。

     2010の有明予選で初めてRoger-Vasselinを見た時には、こんな選手に勝てる日本人選手は圭くらいなんだろうな~と思ったものですが、他の日本人選手も確実に強くなってきていますね。

      引用  返信

  • 皆さん、はじめまして。
    最近このブログを見つけて楽しく拝見しています。

    気がつけばもうすぐデビスカップですね。2月の大会は予定が合わなくて見に行けなかったのですが、後でとても後悔しました。

    4月の大会は有明で行うと聞いて、金曜日のチケットを取りました。

    デビスカップの応援は初めてですので、とても楽しみにしています。このブログを見ている方で応援に行かれる人もいると思います。お隣になるかもしれませんね。

      引用  返信

  •  本文でも書きましたが、初日のS2での起用が想定されるCho, Min Hyeok RK無し 26才という選手は、本当に不気味ですね。下手をすると、伊藤だけではなく、添田までも不覚をとる可能性があると思います。

     私が調べた範囲では、プロツアーでの試合経歴はほとんどないのにも拘わらず、毎年デ杯にだけは出てきてしっかりと仕事をする。韓国の秘密兵器のような選手ですね。

     以下、2012年以降のCho選手のデ杯戦績です。

    ・Tsung-Hua Yang (TPE) 177 W 6-2, 7-5
    ・Marinko Matosevic (AUS) 121 L 2-6, 6-2, 0-6
    ・Bernard Tomic (AUS) 36 L 5-7, 3-6, 3-6
    ・Ranjeet Virali-Murugesan (IND) 511 W 6-1, 6-0, 6-1

     現在の調子にもよると思いますが、少なくとも「RK無し」というのは全くの的外れで、実際には100位~200位程度の実力があり、実質的な韓国のNo.1といっても過言ではない存在だと思います。

     韓国戦を観戦できる方は、この辺りの情報をインプットした上で、油断のない応援をお願いします。

      引用  返信

  •  本日(4/5)、仕事帰りに有明に行ってきました。
     有明行きを決意したのは添田が2セットダウンした時点、最後には添田が勝ってくれるはずという期待も勿論ありましたが、添田をそこまで苦しめるChoという選手を一度この目で見ておきたかったのです。

     有明に着いた時点ではセットカウント1-2の2ゲームオール、そこから正味1時間半の試合でしたが、3000円のチケット代を払った価値は充分にありました。

     やっぱりデ杯の添田は頼りになりますね。 ドディグ戦のようにアップセットを演じることはあるが、格下には負けない。まさにデ杯向きの選手だと思います。

     一方のCho選手。周りにいた人達の話では、現在RKが低いのは2年間の兵役の影響が大きく、その影響が無ければ100位以内にいてもおかしくない選手とのこと。
     バックは片手と両手の両刀使いですが、片手バックのスライスが抜群に上手い選手でした。私、スライスのパスで抜きまくるプロ選手というのは初めて見たような気がします。

     最後は添田が勝ってくれたからというのはありますが、2人とも気迫充分で、とても見応えのある試合でした。
     たしかどなたかも言われていましたが、結構良い席で3日間通しで5000円といったチケットもあり、時間がとれる方にとってはデ杯の生観戦はお値打ちだと思いますよ~

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)