テニス🎾関係の映画🎥📽🎞🎬やドキュメンタリー📹について熱く語る会

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ テニス🎾関係の映画🎥📽🎞🎬やドキュメンタリー📹について熱く語る会

このトピックには62件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。2 ヶ月、 3 週間前 NORICHAN さんが最後の更新を行いました。

  • 作成者
    トピック
  • #64636 返信

    テニス関係の映画やドキュメンタリーについて語るスレッドです。

12件の返信を表示中 - 51 - 62件目 (全62件中)
  • 投稿者
    返信
  • #101628 返信

    NORICHAN

    昨日、ようやく映画「ボルグ/マッケンロー」を鑑賞しました。
    感想としては「とにかく圧倒された、感動したというより切な過ぎてこっちが押し潰されそうになった」です(苦笑) 以下敬称略で。

    感想をネタバレすれすれで。ご容赦を。
    氷の男と炎の男。5連覇の重圧を跳ね除けんとする男と、悪童のレッテルに立ち向かう男。そんなね、図式的なことじゃなかった! ま~あ2人が戦う敵の多いことったら(>_<)
    でも最大の敵は自分自身の幻影。そしてお互いの幻影。それらに必死で抗う姿は、正反対に見えて実はお互いがお互いを鮮烈に映し出す鏡のような存在であることを浮き彫りに。だからこそ相手の苦悩まで手に取るようにわかる。

    1980WB決勝の第4セットTB18-16は圧巻です! 泣きました。
    マッケンローは、準々決勝後のロッカールームで対戦相手フレミングから放たれた痛烈な言葉、準決勝の試合中にコナーズから浴びせられた言葉、そして決勝の3セット目終了後のコートチェンジ時にボルグから掛けられた一言、これらの言葉を昇華しTBを取ります!
    ボルグは終始コーチから言われたある言葉を胸に。これはこちらのブログでもよく登場する原点的な言葉。そうだなあ、ライブ応援では下団さまが一番よくコメントされる言葉。そしてファイナルを取り優勝します!
    これ、書いてる最中にも泣けてきます…。

    前頁でご紹介した鍋島アナウンサーのMG、空港での再会シーン。
    最初は2人の会話が聞こえるのですが、後半は音楽にかき消されて聞こえなくなります。確実に2人は微笑みながら口を動かしているのに…。
    恐らくこの時の会話は、例え映画のためであってもお二方は明かしたくなかったのでしょうね。多分墓場まで持って行かれます。世界で2人だけしか分かち合えない永遠の一瞬です。

    #101636 返信

    NORICHAN

    ↑↑↑
    映画的なことで言うと2つ。

    1つはスクリプト=脚本の勝利。
    お話はWB会場入りから始まるのですが、決勝まではそれぞれの試合=現在と、2選手のジュニア時代からティーン時代のエピソード=過去が目まぐるしく行き来。でもそれが一向にややこしくならないのは整理整頓された脚本の成せるわざ。

    もう1つは時代考証=プロダクション・デザイナーの手腕発揮。
    1980年代のカルチャーを忠実に再現。ファッションもタバコもクルマも。
    何より80年代のテニス! センサーなきネットに手を置いてレットを判断する副審。膝上の短いパンツの日焼け跡にはほとほと感心。こだわってるなあと。

    そして2選手の「ひと」と「なり」も忠実に。宿泊先のホテルでの2人の過ごし方の違い。明かしませんが、ボルグはとにかくストイックで神経質。マッケンローはドーピング緩き時代の自由奔放。
    こういったところは、制作側の緻密なリサーチの結果ですね。

    そしてラスト。その後の2人のエピソードがテロップで。
    これは周知の事実でしょうからコメント致しますが、翌年1981WBは、マッケンローがボルグを破って優勝。ランクも晴れて1位に。ボルグは26歳にして現役引退を表明。
    あの空港での2人の会話から急速に2人は親密に。そしてマッケンローの結婚式の介添人は他ならぬボルグだった…。ええ話や~(T T)(T T)(T T)

    #102224 返信

    温帯低気圧

    このトピ、見落としてました! 実は僕も映画ファンです。と言ってもロードショーは年に数本、殆どが飯田橋や早稲田や目黒の名画座の二本立てです笑
    でも「ボルグ/マッケンロー」は今年六本目のロードショー鑑賞しました。

    いやあNORICHANさん凄い。映画評論家? 渡辺祥子さんかと思いましたよ笑 視点が鋭いです。僕も二人は似た者同士と思いました。

    僕的に映画的なことを加えるならカメラワークですね。ハンディカムで微妙に揺れる画面が臨場感溢れてた。特に試合の各場面、コート内を縦横無尽に動き回るカメラが素晴らしかったし、コートを真上から撮ったショットではクロス、逆クロスの角度、ストレートのラインギリギリ度がバッチリ捉えられていましたね。

    でも嬉しいなあ、ここで映画談義ができるなんてね。でもこれからテニス映画、製作されるかな?

    #102246 返信

    NORICHAN

    温帯低気圧さま
    有難うございます。かなりの映画マニアとお見受けしました。

    あんどビックリしました! だって私、首都圏在住時は相方とともに飯田橋ギンレイの年パス持っていましたから! もしかしたら過去に接近遭遇、お席も隣り合わせになっていたかも?! 世の中、広いようで狭いですねえ。

    で、渡辺さんなんてトンでもない。おこがましいです(苦笑)
    仰るようにカメラワークも素晴らしかったですね。ボールの行方や2選手の表情もキャッチ。あれどうやって撮っていたんだろうと未だに不思議です。

    テニス関連映画、また製作されるといいですね。

    #102375 返信

    温帯低気圧

    NORICHANさん!
    おおっ! 年パス保持者だったんですか! かなりの猛者とお見受けしました笑

    僕の場合、二本立てでも、見たい作品と興味ない作品の四時間は辛い時があるので、三劇場とも最終回一本のみの鑑賞が多いんです。それでも800円で観られますからね、財布に優しい笑

    昨日このトピを最初から読んだのですが、トピ立てはトロント映画祭のハモ部長、他にもバスケ好きさんやROMさん等、映画好きがけっこう集っていたんですね。この方々は「ボルグ/マッケンロー」を鑑賞されたのかな? それから「バトル・オブ~」も。
    皆さんの感想も聞いてみたいです。

    #108739 返信

    NORICHAN

    ひっさびさに映画の話題、いえ題材の話題です。

    英BBCが昨日、「Battle of the Sexes」の張本人、ビリー・ジーン・キング氏の特集記事を。スポーツ生涯功労賞なるものを受賞されたようです。
    男女平等主義の先鋭にてWTA創始者キング夫人の、燦然たる功績の素晴らしさたるや! 彼女の主張にことのほか昏倒するのはサー・アンディ・マレー。

    話は飛びますが彼女、ラリー・キング氏とのご結婚でキング夫人。マイケル・ジャクソンの大ヒット・ナンバー「ビリー・ジーン」は彼女がモデルだったことを思い出しました。

    <Sports Personality of the Year: Billie Jean King given lifetime achievement award>
    https://www.bbc.com/sport/sports-personality/46551058

    #108828 返信

    NORICHAN

    ↑↑↑
    英BBC記事の一部翻訳記事がアップされました。
    映画の題材とはいえ、ちょっと離れ過ぎましたね(>_<) フリージャンルでご紹介すべきでした。申し訳ありませんm(__)m

    <ビリー・ジーン・キングが、BBCの生涯功労賞を受賞>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2018/0034524.php

    #114793 返信

    下団

    このアゲ〜👵

    #115277 返信

    NORICHAN

    先日02/25に、2019(第91回)アカデミー賞授賞式が執り行われましたが、何と! セリーナ選手がプレゼンターとして登場!
    最優秀主題歌賞を「アリー/スター誕生」スタッフに。スター誕生ですからね、言葉に重みがあります。
    にしても、ド迫力とド貫禄のドレス姿!
    何故かAO公式より。

    #115278 返信

    NORICHAN

    そしてディミトロフ選手も、ディオールでばっちり決めてオスカー・ナイトに。彼とセリーナ選手の2ショットをどこかで見たのですが…。
    彼はどの部門のプレゼンターだったんだろう??? まさかアカデミー会員じゃあるまいに(苦笑)
    ディオール公式SNSより。

    #116767 返信

    NORICHAN

    ビックリ仰天のテニス映画製作ニュースです。

    女子のウィリアムズ姉妹を育てたお父上リチャード氏の伝記映画が製作中。タイトルは文字通り「キング・リチャード」、そしてタイトル・ロールを演じる主演候補にW・スミス!
    映画COMより。
    <ウィル・スミス、米テニス女王ウィリアムズ姉妹の父役>
    https://eiga.com/news/20190307/8/

    現段階ではもう脚本が完成しているので、製作は間違いなさそう。でもW・スミスの主演は「可能性がある」という段階。
    これでセリーナ選手のオスカー・ナイト登場の謎が氷解。製作チームとも打合せしていたのでしょうね、いろいろと。
    えっ? じゃディミトロフ選手にも出演オファーが?! まさか…ね…。

    #118572 返信

    NORICHAN

    ↑↑↑
    上記コメントでご紹介したウィリアムズ姉妹の伝記映画「キング・リチャード」は、昨年2018年のブラックリスト賞第2位! アカデミー賞関連映画をサーフィンしていて発見。
     
    ブラックリストというのはあの意味ではなく、優れた脚本でありながら未だ映画化されていない脚本を、スクリプターたちが選んだトップ・リスト。こりゃますます映画化が楽しみです。

    映画.COMより。
    https://eiga.com/news/20181231/8/

12件の返信を表示中 - 51 - 62件目 (全62件中)
返信先: テニス🎾関係の映画🎥📽🎞🎬やドキュメンタリー📹について熱く語る会
あなたの情報: