目指せ全仏・第4シード以内

ホーム フォーラム 鼻血ブログラボ 目指せ全仏・第4シード以内

  • このトピックには165件の返信、1人の参加者があり、最後ににより1年、 2ヶ月前に更新されました。
  • 作成者
    トピック
  • #39219 返信
    naka

    全豪の終わりも近づいてきましたが、早くも全仏が気になってきました(笑)
    くじ運次第ではありますけど、やっぱり第4シード以内にいたいですよね。
    第4シード以内の主な恩恵
    1、QFで他のTOP4(ジョコ・マレー+α)と当たらない=第5~8シードの選手と対決。
    2、4回戦の相手が第13~第16シードになる(自分が第5~8シードだと、第9~12シードの選手との対戦になる)
    優勝するためには、途中ではできるだけ体力を消耗したくない=ぶっちゃけた話、楽な相手と当たりたい。そういう意味で、上記2つの恩恵は馬鹿に出来ません。
    そんなわけで、錦織選手の第4シード獲得に向けた状況なんかを話すトピにしたいと思います。

50件の返信を表示中 - 1 - 50件目 (全165件中)
  • 投稿者
    返信
  • #39221 返信
    naka

    とりあえず、全豪のQF終了時の主なライバルのポイント
    3位ワウリンカ5695P(まだ伸ばす可能性あり)
    4位ラオニッチ4930P
    5位錦織選手 4830P
    6位ナダル  3905P(まだ伸ばす可能性あり)
    おそらくこの4人の中の2人が全仏の第3・第4シードになると思われます。
    ワウリンカ選手は現状でもかなり有利ですが、次も勝って6175Pまで伸ばせば、第4シード以内はかなり有力、優勝して6975Pまで伸ばせば、当選確実になると思われます。

    #39222 返信
    NORICHAN

    nakaさま、楽しいトピ立て有難うございます(^_^)/
    毎週青田買い、上滑りで慌ただしい私より、こちらのトピはじっくり腰を据えて考えられそうです。
    まず思い浮かんだのは、AO失効ポイントを最小限に抑えられた恩恵ですね。まさかラオニッチ選手と100P差まで詰め寄れるとは♪ やはり浮き沈みなくある程度ディフェンドするって大事ですね。

    #39252 返信
    すぅー

    nakaさん、トピ立てありがとうございます。大きな関心事ですよね、全仏のシード。
    week20のローマMSまでの成績が全仏シードに反映されますが、錦織選手は以下の失効を控えてます。
     <失効pt>
    メンフィス250・・・250pt:今期出場ナシ
    アカプルコ500・・・45pt(ノンカウンタブル):今期出場ナシ
    IW・・・180pt
    マイアミ・・・600pt
    バルセロナ500・・・300pt
    マドリード・・・360pt
    ローマ・・・360pt

     <pt加算対象大会>
    ブエノスアイレス250
    リオ500

    全仏までの出場大会数とグレードは昨年と同じです。IW~ローマのptディフェンドは決して楽ではない(もちろん昨年以上を期待してます♪)ので、南米クレー2戦で昨年のptを上回り貯金を作りたいところですね^^

    #39530 返信
    naka

    全豪が終わりました。錦織選手VSフェデラー選手の試合もすごかったけど、準決勝2試合、そして決勝戦もすごかったですね。
    さて、全豪終了時の3位~6位は、
    3位ワウリンカ5695P
    4位ラオニッチ4930P
    5位錦織選手 4830P
    6位ナダル  3905Pです。
    ちなみに、フェデラー選手は、10位で3260Pとなっています。
    そして、全仏までに錦織選手は約2000P失効するのですが、フェデラー選手はたったの270Pしか失効しません。つまり、全仏までの失効Pを差し引くと、実はフェデラー選手が錦織選手よりちょっと上だったりします。もちろん、フェデラー選手は出場試合を相当絞るでしょうが、油断は出来ません。

    #39531 返信
    naka

    すみません、ナダル選手は、4385Pです。

    #39545 返信

    すみません、このスレッドに気が付かなくてフェデラー+ナダルの素晴らしい決勝戦スレッドに以下を投稿してしまいました。

    ちなみに全仏オープン前までの「現ポイントー失効ポイント=基礎ポイント」(単純に2016年の全豪ー全仏間のポイントで失効ポイントを計算)を現1−3位についても計算すると、
    1。マレー  11540−2050=9490
    2。ジョコビッチ9825ー3700=6125
    3。ワウリンカ 5695−1425=4270
    4。ラオニッチ 4930−1185=3745
    5。フェデラー 3260− 270=2990
    6。錦織    4830ー2095=2735
    7。ナダル   4385ー2715=1670
    なので、波乱がなけrば全仏1位シードはマレー、2位シードはジョコビッチの可能性が大きいと思います。3位ワウリンカ(全仏までハイバネーション?)以下は入れ代わる可能性が大ですね。もちろんチリッチ、ティエム、モンフィス、ゴファン、ベルディヒ、ディミトロフらの今後のハード+クレーコートでの連戦の活躍次第ですが。

    ポイントは、ナダルは全仏まで失効ポイントが多い(ただし今年後半は盛り返す)、逆にフェデラーは今年前半は失効ポイントがほとんどない(だだし今年後半は少しある)、だと思います。以下のリスト全部計算しなかったのですが(世界のどこかに全ての試合のデータベースってそんざいしないんですかね?あれば簡単なスクリプトで自動計算できると思うのですが)

    実は他の選手も絡んでいて、
    チリッチ 3560− 680=2880
    ティエム 3505−1810=1695
    モンフィス3445− 900?=2500? (正確に計算してません)
    ゴファン 29030−1200?=1700?(正確に計算してません)
    になっていて、全仏第3、4シードは、ワウリンカとラオニッチを筆頭に、フェデラー、チリッチ、錦織、モンフィスらが追っていて、さらに下にティエム、ゴファン、ナダル、ベルディヒ、ディミトロフらが居る構図になっていると思います。

    #39570 返信
    すぅー

    禮さん、ありがとうございます♪
    #3、#4シード争いも熾烈ですが、#5~8シード争いも激しくなりそうです。メンバーによっては#1~4シードも#5~8シードもあまり大差ないかもしれませんね。例えばこんな状況になったりして^^;
     マレー[1]、ジョコ[2]、バブ[3]、ラオ[4]
     フェデラー[5]、錦織[6]、チリッチ[7]、ナダル[8]

    ただ#9~12にも上述していない面子(ティエム、ゴファン、ディミetc)が揃うでしょうから、#1~4シード群にいたほうが4R対抗で有利なのは間違いないですが。

    #39575 返信
    すぅー

    全仏のシードはなんだかんだでまだ先ですが、それ以前に南米クレー2連戦でランクをあげ、IWとマイアミで#4シードを取りたいですよね~。
    IW+マイアミで780ptの失効があるから、ディフェンドのためにも重要な要素になりそう。(ナダルに捲くられる前にwww)ラオニッチを抜き#4シードでMS2連戦に臨めれば、その後のマドリード、ローマも#4シードでイケる可能性も高まり、結果全仏#4シードが見えてくるかと♪ラオニッチは2月に失効ptがないので100pt差とはいえ抜くのは簡単ではないけど、頑張って欲しいです!

    先ずはメンフィスのディフェンドも兼ね、1年ぶりのツアー優勝をブエノスアイレスで期待したい^^リオで2週連続Vが理想ですが、準Vで255pt(-45+300)の加算がIW#4シードの絶対条件になりそうです♪

    #39577 返信
    下団

    ブエノスアイレスで決勝進出しますと、リオでは初戦が水曜日で、そこから5連戦になる可能性も大きいですね~:;(∩´﹏`∩);:
    色々と皮算用をしたくなりますが、先ずは久々の優勝を飾ってほしいですね~(V)o¥o(V)

    #39578 返信
    すぅー

    皮算用は控えめにしませんとね^^;私めの悪い癖でございまする(笑)

    #39579 返信
    下団

    いえいえm(__)m
    私めも皮算用しまくっています(+o+)
    南米クレー2大会で
    250+180=430
    90+300=390
    90+500=590
    とか、計算しまくりですぅ~(V)o¥o(V)

    2大会で最低でも約400点は欲しいですね~(V)o¥o(V)

    #39581 返信
    すぅー

    ですね~。400pt稼いでも+105pt純増なので九分九厘ラオニッチ選手は抜けませんが、ブエノス~マイアミMSで差を拡げられないことも大事です。90+500が効率的にも身体的にも一番イイかもしれませんね♪

    あっ、またやっちゃった(>_<)ww目の前の1戦1戦を応援しまっすぅ~♪笑

    #39583 返信
    すぅー

    参考までに、w6(2/6週)以降のTOP10のエントリー状況です。※Live Rankingより
    左からw6/w7/w8/w9です。

    1 マレー:skip/skip/skip/ドバイ
    2 ジョコ:skip/skip/skip/skip
    3 バブ :skip/ロッテルダム/skip/ドバイ
    4 ラオ :skip/skip/デルレイ/アカプルコ
    5 錦織 :skip/ブエノス/リオ/skip
    6 ナダル:skip/ロッテルダム/skip/アカプルコ
    7 チリ :モンペリエ/ロッテルダム/skip/アカプルコ
    8 ティエ:ソフィア/ロッテルダム/リオ/アカプルコ
    9 モンフ:skip/skip/マルセイユ/ドバイ
    10 フェデ:skip/skip/skip/ドバイ

    【その他】
    11 ゴファ:ソフィア/ロッテルダム/skip/アカプルコ
    13 ディミ:ソフィア/ロッテルダム/マルセイユ/skip
    38 デルポ:skip/skip/デルレイ/アカプルコ

    ブエノスの上位シード予想:錦織、クエバス、フェレール、カレノブスタ
    リオの上位シード予想:錦織、ティエム、クエバス、フェレール

    #39600 返信
    すぅー

    以前よりNORICHANさん筆頭に指摘されてるティエムの出場過多の件、「大丈夫なの~~?」ですが、他にもIW前なのに3週出場を予定している選手がいるんですね。直前に回避する大会もあるのでしょうが皆さんタフです^^;

    4週Entry:ティエム、カルロビッチ、シモン、ラモスビノラスetc
    3週Entry:チリッチ、ゴファン、ディミトロフ、ツォンガ、プイユ、ガスケ、クエバス、A.ズベレフetc

    #39632 返信
    NORICHAN

    すぅーさま、有難うございます(^_^)/ チョイ足しですぅー。
    12ベル :skip/ロッテルダム/skip/ドバイ
    14ツォン:モンペリエ/ロッテルダム/マルセイユ/skip
    15キリ :skip/ロッテルダム/マルセイユ/アカプルコ
    22ズベ弟:skip/ロッテルダム/skip/アカプルコ

    500の出場義務を早々に消化したい意図が見え見え。結果、ロッテルダムとアカプルコとドバイで凄絶なる潰し合いですね。錦織選手、潰し合いも避けられましたし、クレーでもメンツでかなり負担軽減です。W9も休めますし(^_^)/

    #39633 返信
    NORICHAN

    ただね、皆さん250と500をかわりべんたんとか。なのにティーム選手だけ、250の後500を3週連続でMSに突入! 何をどう考えたらこうなるのか…。移動もまた大変過ぎます。笑うしかない(>_<)

    #39634 返信

    すみません、自己レスですが、全仏オープン前までの「現ポイントー失効ポイント=基礎ポイント」(単純に2016年の全豪ー全仏間のポイントで失効ポイントを計算)をまとめると、主な上位陣だと以下になります。アンカウンタブル(錦織の2016年アカプルコのポイントはどうなるのでしょう?)とかあるし、たぶん計算間違いもあるかと思いますが、ご容赦ください。

     1。マレー   11540ー2050=9490
     2。ジョコビッチ 9825ー3700=6125
     3。ワウリンカ  5695ー1425=4270
     4。ラオニッチ  4930ー1185=3745
     5。フェデラー  3260ー 270=2990
     6。チリッチ   3560ー 680=2880
     7。錦織     4830ー2095=2735
     8。ディミトロフ 2765ー 530=2235
     9。モンフィス  3445ー1320=2125
    10。ベルディヒ  2790ー 765=2025
    11。ツォンガ   2685ー 720=1965
    12。ゴファン   2930ー1090=1840
    13。ティエム   3505ー1810=1695
    14。ナダル    4385ー2715=1670
    15。アグート   2350ー 775=1575
    16。キリオス   2415ー1160=1255

    こうしてみると、2016年全仏オープン以降この半年に強かったのは、
    第1−4シード群   マレー、ジョコビッチ、ワウリンカ、ラオニッチ(あらためミロッチ?)
    第5−8シード群   フェデラー、チリッチ、錦織、ディミトロフ
    第9−12シード群  モンフィス、ベルディヒ、ツォンガ、ゴファン
    第13−16シード群 ティエム、ナダル、アグート、キリオス
    ということになります。ナダルは上の第12シード以内に必ず上がってくるでしょう。

    GSの対戦表(再掲します)を考えると、
     第4シード    QFジョコ&マレー対戦なし、QFフェデラーorナダルとかあり
     第5−8シード群  QFジョコorマレー対戦あり、QFフェデラーorナダル対戦ないかも
    なので、すぅーさんご指摘のとおり、第5−8シード群でも大差ないか、と思い始めました。ただし、同じ第5−8シード群シード群にフェデラー、ナダル、ディミトロフらが入ってくれれば、の仮定ですが。

    1 25 17 13 9 18 26 5
    3 27 19 14 10 20 28 6
    4 29 21 15 11 22 30 7
    2 31 23 16 12 24 32 8

    #39635 返信
    キリ丼

    禮さんお知らせいただき感謝します。NAKAさん、嬉しいトビを立ててくださり、感謝します。これで、気兼ねなく話せます。
    禮さん、貴方のデータをもとに考えると、南米クレーコートシリーズも大切ですが、実はMS2連戦でいかにポイントをディフェンドして、クレーコートシーズンに入るかが大きな分かれ目になると思います。インディアンウエルズ・マイアミで2016年なみの成績が欲しい気がします。

    #39642 返信
    すぅー

    キリ丼さん、いらっしゃいませ♪ 禮さん、スレでのお声掛けありがとうございます^^
    みんなで楽しく妄想族しましょう^O^/

    #39643 返信
    すぅー

    全仏のシード決定までMSが4大会もあるから、ランクがどのように動くか読みにくいし、ぶっちゃけ読めない(笑)でもたぬき狩り友の会はやめられません♪
    錦織選手には1戦1戦確実に、取りこぼしなくptを上積みしてもらうしかないですね^^v

    #39653 返信
    下団

    な~ぜ~我が家に狸が出没することを知っておる~(V)o¥o(V)

    1大会毎にあれこれ言うよりも、一つのシリーズをまとめて評価するのが良いでしょうね~
    今回の全豪シリーズはブリスベンでの準優勝もあって、単純に -75点ですみましたしm(__)m
    ただ、春のクレーシーズンからのヨーロッパ遠征は、クレーシーズンで大活躍すれば、反動が芝シーズンに出やすい、みたいになりますがm(__)m

    #39656 返信
    すぅー

    な~ぜ~な~ら~、我が家にも狸が出没するから~(笑)
    錦織選手が決して相性がイイとは言えない芝はハレとWBの2大会。ディフェンドが必要なptも小さいし、全仏までのクレーシリーズを重視して、今シーズンの芝大会は流してもいいと私は思ってます。

    #39658 返信

    みなさま、たぬき狩り友の会(勝手に名前つけてスミマセン)へようこそ!です。

    ランキング計算ですが、小生の基礎ポイントリストですが、フランスのl’Equipe紙の個人記録のページ(例:錦織選手の2016年記録)から各選手についていちいち手で計算したので間違いがあることは分かっています。大会によっては32名以上の参加だと点数が変わったりします(ATP500/250)が、そこまで調べませんでした。あと、下位大会でR16とか書いてくれればよいのに、R1/R2/R3とかだと大会によってR128/64/32/16のどれに当たるのが、すぐに分かりませんでした。なので数10Pの誤差はあります(必ずQF以上とかに勝ち残っている選手の計算は間違えてないと思いますが)。ちゃんと計算してなくてすみません。ATPのページは、過去52週を積分した各週の結果しかないのですぐに役に立ちません。どこかに各試合のゲインポイントをまとめた完全なデータベースは存在しないのでしょうか。そうすれば割と簡単なスクリプトで自分たちで正しく計算できると思うのですが。ケイメヒコさんはお持ちじゃないかな。

    今後のポイント推移ですが、こちらのサイトから今後5週間のATP予想が分かります。多分正しく反映されていると思うのですが、ラオニッチは5週間後まで4930Pで変更なく、錦織は250(途中±45P)Pの消失で、ラオニッチと最低5週間後まで350Pの基礎ポイントの差がつきます。5週間後ということは、BNP Paribas Openの直前なので、すぅーさん、NORICHANさんの情報によれば、ミロッチはデルレイ/アカプルコに出場ということなので、BNP Paribas Openまでに逆転というのはかなり難しいかと思います。BNP Paribas Openかマイアミで優勝して逆転!でしょうか。ところでミロッチ君、股関節内転筋故障はどうなったのでしょうか。二人とも完全な体調で正々堂々と勝負して欲しいです。

    #39661 返信

    キリ丼さま、

    はい、いろいろ考えてると、インディアンウエルズ・マイアミで昨年並み、願わくば昨年以上の成績でミロッチ君にプレッシャーをかけて、クレーシーズンに突入したいところです。

    #39663 返信
    すぅー

    禮さん、
    各選手の出場予定情報は、Live Rankingをご覧になられているのでご存知とは思いますが、このタブから引用しました。
    万が一ラオニッチ選手がケガでデルレイ/アカプルコをskipしたら、錦織選手の4位浮上(=IW#4シード)もありえますが、そうでなければ仰るとおり厳しいでしょうね。

    まぁ他の選手の動向よりも、まずは錦織選手に南米クレー2戦をキッチリ・元気に(←コレ一番大事♪)戦ってもらいましょう^^

    #39674 返信
    NORICHAN

    これで読むに、たぬき狩り友の会と言うよりたぬき青年の会(親父ではないです、敢えて)に私、場違い感は否めませんが、時々コメントさせて頂きます(^_^)/
    私はポイント計算は苦手なのでお任せ♪ ただ2月等の武者修業期間は、下団さまの仰るようにシリーズで考えるようにしています。北米、南米、欧州、欧州→中東、の4シリーズです。今までの錦織選手は、温度差の大きい北米シリーズで250獲った後苦労するパターンでしたので、今回の南米シリーズが楽しみ♪ MAX750P稼いで+405Pして欲しい。
    他の陣営の思惑の見え隠れも楽し過ぎて(笑) 欧州シリーズ選択の場合、250と500の組合せが何パターンもあるので、最初にコケても巻き返せますし、はっはーんこれは保険だな、とか、後にコケてスプリング・スウィングを欠場するハメになって、思惑が大きく外れたり、とか(笑)
    皆さんの皮算用、楽しみにしています♪

    禮さま、すぅーさまが下の方(#39583)でW6/W7/W8/W9の各選手のエントリー状況を取りまとめていらっしゃいます。これからの妄想に非常に役立つ情報かと思われます(^_^)/
    それと、ご紹介いただいたLive ATP Rankingsですが、私も1試合終了の度によく利用しています。特にU21は必須です(^_^)/

    #39677 返信
    naka

    禮さん
    各試合のゲインポイントをまとめたデータベースの件ですが、ATPのこのページではダメですか?各個人毎にはなりますが、一応、ポイントの内訳とドロップ(失効)の日付が分かります。個人毎のページの右の方のランキングブレイクダウンのページです。
    http://www.atpworldtour.com/en/players/kei-nishikori/n552/rankings-breakdown

    #39682 返信
    すぅー

    念のためですが、南米クレーで750pt稼いだ場合は+405ptではなく+455ptです^^
    -250(メンフィス失効)-45(ベスト18の最低pt)+250(ブエノスV)+500(リオV)

    ただ下団さんが心配されているように、南米で頑張りすぎてIWとマイアミに疲れを残したまま突入したら、悲願のMS優勝どころか昨年のディフェンドも黄色信号が点滅しかねません。
    南米2大会は、ブエノスQFで-205(+45-250)、リオ優勝で+455(+500-45)、合計+250ptが私が考えるベストシナリオです^^/

    いかんいかん、また狸を仮想狩りしてしまったwww

    #39688 返信
    キリ丼

    すぅーさん、貴方の言われるように芝のような滑りやすいサーフェスは、錦織選手のプレイスタイルに向いているとは思えません。ハレやウインブルドンでは、怪我のイメージしかなくて・・・・。また、怪我をするのではないかとハレハレ(おやじダジャレ)します。(^^)
    芝はスルーに賛成です。

    #39708 返信
    すぅー

    にゃはは^^♪
    プロテニス選手たるものいつかはWBのタイトルも取りたいと思っているでしょう。けれど芝シリーズで結果を残せていませんし、今シーズンはWBに重きを置いていないことはこれまでのインタビュー等でも明白かと。ハレskip&WBは1週目で引き上げて、早めに北米シリーズの準備に入って欲しいのが私のホンネです^^;

    #39717 返信
    NORICHAN

    キリ丼さま、すぅーさま、私もグラスのスキップ大賛成です(^_^)/ WBは他の3GS取ったとでいいかと(笑) ただハレはやっぱり出場するんだろなーな理由を2点。
    ①主催者側筆頭がIMGであること。
    ②フェデラー選手とテニスしたい。
    ①は仕方ないですね。問題は②です。AO4回戦でもっと思いを強くしたかと。フェデラー選手が現役の内にいっぱい試合したい。なのでフェデラー選手の故郷ハレと、生涯出場契約を結んでいるバーゼルは、彼が引退するまで錦織選手は出場し続けるのでは? そこにはポイントやランク等の打算は一切存在せず、とにかくフェデラー選手とテニスがしたい。そんなピュアな思いならば支持せざるを得ないかな~と。
    ただ残念ながら、ドローの巡り合わせや自身のリタイア等で、なかなか対戦が実現しない(>_<) だからこそ思いが募るのかも。

    #39730 返信

    みなさま、いろいろと情報ありがとうございます。

    Nakaさん、ランキングのブレークダウンのページ、不覚にも気がつきませんでした。手計算が正しかったか験算してみます。すぅーさん、出場予定のLive Rankingの情報ありがとうございました。NORICHANさん、はいU21およびATPのRace to Milanのページ見てますが、日本の若手も早く上がってきてほしいですよね。

    錦織選手は、ウインブルドンは新しいナイキのテニスシューズがフィットすることを期待してますが、キャリア勝率がクレーとハードが7割くらい、芝が6割とやっぱり苦手意識がありますね。ナダルは芝7割7分ですが、クレーが9割2分って。。。フェデラーの芝8割7分もすごいですが。フェデラー、WB白いユニフォーム似合いますね(応援団も白でピンクの虎は禁止にしてもらいたい?)。錦織選手はクレーで疲れをあまり溜めず、芝は流してもよく、後半の北米ハードに万全の体調で臨んでもらいたいです。全仏クレー王者を目指してますが、ハードでの高速ラリーは錦織が元祖だと思っているので、USオープンも応援は全力投球です。

    #40082 返信

    みなさま、

    週末に時間があったので、全豪ー全仏の間のATPポイントを計算し直しました。一応GS4試合+MS8試合+6試合ルールの計算方法は遵守したつもりですが、まだ間違いがあるかもしれません。以前計算したのは、単純に失効ポイントを差し引いただけだったので、ところどころ間違いがありました。すみません。

    計算結果はこちらにあります。これをみると、3月上旬まで悪くても同じポイント獲得のペースでいけば、錦織(黄色)がラオニッチ(改めミロッチ?、緑色)に追いつくには、ミロッチが600pを失効するインディアンウェルズ後およびマイアミがまずチャンス。それがダメでもモンテカルロまでまだ逆転の可能性がある。その後は錦織の失効ポイントがミロッチよりもやや多いので、それをカバーする活躍が必要、だと思われます。あと、あなどれないのがチリッチとフェデラーです。

    #40087 返信
    キリ丼

    禮様 凄いデータですね。感動してしまいました。
    実は、先日全豪対フェデラーのダイジェストを観ました。改めて観ると、マッチポイントを決めて勝利したときのフェデラーの喜び方は、若い選手が初優勝したときのようでした。また、試合後の喜びを表現する姿は、何かを成し遂げたかのような表情でした。やはり、フェデラーを覚醒させてしまったのは、錦織選手だと実感しました。ですから、ランキング4位は夢でもなんでもありません。デ杯敗戦直後で不謹慎かもしれませんが、南米2連戦がより重要になってくると思いました。そして、MS2連戦で、720ポイント以上を目指して欲しいですね。

    #40125 返信

    みなさま、

    全豪ー全仏の間のATPポイントを1−16位までアップデートしました。まだ計算間違いがあるかもしれませんが(ティエムとか試合が多すぎて計算がたいへん)、だいたいの様子は分かることと思います。計算結果はこちらにあります。

    目の上のたんこぶ(?)のラオニッチ(ミロッチ)とのポイント差もグラフにしました。全仏前までの失効ポイント差1000Pをカバーするためには、やはり、

    1)南米クレーコートで失効ポイント差350Pをまずカバー。
    2)第4シードでインディアンウェルズMSにチャレンジ。好成績をおさめる。
    3)ラオニッチに引き離されてなければ(ラオニッチはインディアンウェルズ失効ポイント600Pがあるので)、マイアミMS第4シードはたぶん大丈夫。MS初優勝祈願。さらにポイントを稼ぐ。
    4)モンテカルロMSには参加しないのかもしれないが、バルセロナATP500で確実にポイントを稼ぐ。できればまた優勝。
    5)マドリードMSを第4シードで好成績をおさめ、ラオニッチとの失効ポイント差1000Pをカバー。
    6)ローマMSはラオニッチの様子をみつつ、全仏に向けて無理はせず、全仏第4シードの地位を確実にする。

    でいかがでしょうか?

    失効ポイントの経緯ですが、昨年ヨーロッパのクレーコートで好調だった錦織とナダルの失効パターンは似ています。前に書いたように、チリッチ、フェデラー、ディミトロフあたりが要注意です。

    #40126 返信
    キリ丼

    禮さん またまた、凄いデータをありがとうございます。やはり錦織選手の獲得ポイントは、前半戦に多いことが分かりますね。クレーコートシーズンが終わると大きくポイントを減らしています。ということは、逆説的に捉えれば、チャンスかと!ここから、得意のサーフェスが続くことになります。チームの思惑通りとなれば、ローランギャロズのコートを早めに活用できるテニス協会の努力が、錦織選手の追い風になりそうです。仏テニス協会との強化連携プランの合意があって、日本プレイヤーがローランギャロズを欧州シーズンの活動拠点とすることが可能になったそうです。

    #40135 返信
    すぅー

    禮さん、データあざ~っす♪
    せっかくのデータがあいにく見れませんが、南米~ローマMSまでの狸シナリオ1)~6)で、イメージはできました^^IWの#4シードは厳しいと思いますが、マイアミの#4シードは欲しいですよね~。クレー2戦&IWを上手く乗り切り、マイアミMSで歓喜の瞬間が訪れることを願わずにはいられません。

    #40174 返信

    すぅーさま、

    PDFファイルをDropboxに置いているのですが、ファイルサイズは大きくない(300kB)ので、ネットワーク事情によりすこし時間がかかるかもしれませんが、トライしてみてください。

    直リンクは以下のとおりです。
    https://www.dropbox.com/s/2qpvgd350ddlak8/%E5%85%A8%E4%BB%8F%E7%AC%AC%EF%BC%94%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93.pdf?dl=0

    もしくはイメージによるリンク。
    ファイルの画像(img)によるリンク

    #40258 返信

    関係者さま、

    全豪ー全仏間の基礎ポイント表、すこしづつ情報を加えています。第1−4シード群:マレー(たぶん全仏第1シードほぼ間違いなく確定)、ジョコビッチ、ワウリンカ、ラオニッチ、第5−8シード群:フェデラー、チリッチ、錦織、ディミトロフの争い、第9−16シード群は、全仏前でゴファンからナダルまで500P差の争い(キリオス以外)で入れ替わりがかなりある、と予想します。

    第4シード争いに絡んでくると思われる、ラオニッチ、フェデラー、チリッチおよびディミトロフと錦織の基礎ポイント差を図に加えました。対ラオニッチのタヌキ作戦は以前書きましたが、マイアミ直後にフェデラーとチリッチが差500−700Pに急接近してくるので、やはり前半の山場はハード・コートでのマイアミでの出来次第だと思われます。

    せっかくデータを作ったので、これから全仏まで実際の獲得ポイントを毎週加算して、タヌキ作戦が成就するかトレースしたいと思っています。

    データのリンクは以前と同じくこちらです。

    #40261 返信
    すぅー

    IWの#4シード狙いは現状厳しいので、#5~8シード群ながら好成績を期待し、マイアミの#4シードは欲しい^^そしてマイアミ制覇した日にゃ~、その後のマドリード、ローマ、全仏と連続で#4シードも見えてくるでしょう♪
    朝からイカン、イカン(>_<)狸ばなしはこのぐらいにしておきます(笑)

    #40287 返信
    キリ丼

    禮様
    毎度毎度、楽しいデータ表をありがとうございます。これからもらも楽しみにしていますよ。

    #40325 返信
    naka

    いやあ本当にすごいデータ表ですね。
    まずは、インディアンウェルズの前の段階でどうなっているかですね、何とか南米クレーシリーズを連勝して、良いポジションに付けていて欲しいところです。

    #40326 返信
    NORICHAN

    禮さま、素晴らしく緻密でかつわかり易いデータ有難うございます(^_^)/ 折れ線グラフはポイントの推移が一目瞭然で、でも悲しいかなトップ2との差が歴然と表れていて、今更ながら愕然としますね~(苦笑)
    私は見せて頂くだけですが、今後も定期更新宜しくお願い致しますm(__)m

    #40328 返信

    みなさま、

    まだ失効ポイントーNextBestの計算を間違えている可能性があるので、週末にでももう一度確認してみます。しかし、こんなデータ世界中のどこかにないのかなあ。Live ATP Rankingはチェックのために見てますが5週間先までです。

    仕事忙しいはずなのですが、大昔受験生時代だった頃、試験が迫ると(楽しみの)読書に逃避行動するというパターンで、図をチョロチョロといじってます。いつものこちらからどーぞ。

    書き忘れてましたが、錦織の昨年のマイアミ600Pの影響ですが、ナダルがその失効後4月3日のランキングで基礎ポイントで55P差まで迫ります。3月20日付のランキングで決まる(?)マイアミの第4シードは、ラオニッチを上まわってさえすれば大丈夫だと思いますが、モンテカルロ、バルセロナで一時的にナダルに上位シードに行かれてしまう可能性もあります。ナダルはその後失効ポイントが多いので、全仏前までの失効ポイント差1075Pをリカバリーしてくるのはなかなか至難の技だと思いますが、復活ナダルならあり得るかもです。なので、ナダルも最後のページの相対基礎ポイント差の図に加えました。

    #40329 返信

    NORICHANさま、

    はい、一昔前のフェデラーとかジョコビッチはもっと上を行ってたと思います。1−2位とそれ以下の差があまりに大きいので、一瞬縦軸を対数logにしょうかと思いました(笑)。でも対数にしても第9−16シード群の大混戦は見やすくならないので、そのままにしています。データを書かなかった、プイユ、カルロビッチ大先生、ソック、クエバス、ズベレフ、ガスケらが上がってくる可能性はもちろん大いにありますね。

    #40345 返信

    みなさま、

    自己レスですが、ATPポイント図をアップデートしました。これから3ヶ月半実際のATPポイントの変遷を追っていきたいと思います。5月末までハラハラ・ドキドキ楽しみつつ、全仏第4シード獲得の願望を成就したいと思います。よろしければ最初のページをデスクトップの壁紙にでも使って、妄想に耽ってくださいまし(笑)。

    #40402 返信
    naka

    とりあえず、モンペリエでチリッチ選手が1コケしたので、チリッチ選手との差がちょっとだけ広がりましたね。でもまぁこれは大勢には影響ないでしょう。
    まず、一つ目の山は、ロッテルダムとドバイの500で誰が上位進出するのか、と、その間に錦織選手はポイントをしっかりとディフェンド&上積みが出来るかですね。理想的には連勝で455P上積みですが、F+Wで355P上積みならまあ良し、最低でもW+Fで255P上積みといったところですね。それ以下は正直言えば、ポイント稼ぎ失敗かなぁと。
    何とか出足良く多くの狸が捕れますよ~に。

    #40404 返信
    バスケ好き

    久方ぶりに、訪問したら、なんとも楽しげなトピ、素晴らしいデータ表ですね~!
    とらぬたぬきの表と言うんですか?
    妄想に耽らせていただきます。

    #40413 返信

    関係者さま、

    日々タヌキ・シナリオの図をいじってますが、錦織が全仏の4回戦で対戦するであろう第9−16シード争いも気になるので、週末に時間あったらATPランキング24位くらいまでのデータを入力して基礎ポイントを計算してみようかと思っています(また口約束。。。)。

    錦織からみたATPポイント差とタヌキ予想」図ですが、出場するであろう大会のスローガンも書いてみました。まだ全部思いついてないので、既に書いた大会のも含めて、キャッチーならぬタヌキーな(?)コピーを募集中です(笑)。

    #40438 返信
    すぅー

    とらたぬ会員各位、
    南米クレー2連戦の錦織選手の活躍(2戦連続V)がフォーカスされておりますが、下団師匠の下記考察コメもお忘れなくぅ~ですぅ~^^;
    「ブエノスアイレスで決勝進出しますと、リオでは初戦が水曜日で、そこから(決勝進出となれば)5連戦になる可能性も大きいですね~:;(∩´﹏`∩);:」

    IWとマイアミの#4シードも大切ですが、南米の疲労を抱えたままMS2連戦に突入すると本末転倒にもなりかねません。南米ももちろん全力応援ですし、結果#4シードが取れればマンモス嬉ピ~ですが、メインディッシュのMSの大活躍を期待しようじゃあ~りませんか^O^

50件の返信を表示中 - 1 - 50件目 (全165件中)
返信先: 目指せ全仏・第4シード以内
あなたの情報: