鼻血ブログオリジナルワイン発売のお知らせ

気がつけば約半年も更新していませんでした。大変申し訳ありません。

しかし、錦織の復帰を待ちわびる毎日の中、何もせず過ごしていたわけではありません。
今日はビッグニュースがあります。

この度、趣味のワイン好きが高じてオリジナルワインを販売開始することになりました。

世界各地で仕入れたワインの販売に加え、これもまた世界各地で厳選されたブドウを仕入れ、自社で醸造する「ネゴシアン」として錦織圭の故郷である島根県松江市に企業を設立し、生産を開始しています。
本日はその珠玉のワインリストをお届けします。

No.1: 2008 シャトー・ド・ハナヂブログ・キュベ”錦鯉”

ワイン名 2008 Chateau de Hanaji Blog Cuvée “Nishiki-goi”
生産地 ボルドー サンテミリオン
生産者 シャトー・ド・ハナヂブログ
タイプ 赤/フルボディ/サーブアンドボレー
格付け 錦織検定1級
栽培品種 カベルネ・ソーヴィ二ヨン99%、ハナヂノハナヂ1%
価格 872円

シャトー・ド・ハナヂブログは、数々のプレミアムワインを育て上げたボルドー有数のワイン商、ジャン・ピエール・ハナヂ社(JPH社)が、錦織圭デルレイビーチ優勝を記念して2008ヴィンテージより新たに取り扱いを始めたシャトー。通常メルローとブレンドするされるボルドーワインとしては珍しく、ほぼカベルネ・ソーヴィニヨンのみで作られています。

ラベルにあしらわれた錦鯉は、世界ランキングを駆け上がる錦織圭をイメージしてデザインされました。2008年はボルドー右岸にとってウドンコ病の発生で厳しいヴィンテージでしたが、JPH社のオーナー兼醸造家ハナヂ・ギャクフラーグ氏も長いキャリアの中でベストだと大絶賛した出来栄えとなっています。色は鼻血を思わせる鮮やかな鮮血レッド。芳醇な樽の香りの中に交じるほのかな鉄のニュアンスは、1%だけブレンドされた新品種、ハナヂノハナヂによるものでしょう。

エレガントな赤系果実が感じられ、サン・テミリオンらしい味わいを是非お試しください。飲めば思わず「すまああああああああっっしゅ!!!!!!!」と叫んでしまうほどの美味しさを保証します。

No.2: ハモ・セオリー・ブリュット N.V.

ワイン名 Hamo Theory Brut N.V.
生産地 フランス シャンパーニュ
生産者 ハモ・エ・シャンドン
タイプ 白/シャンパーニュ/うんちく
格付け グラン・クリュ
栽培品種 ピノ・ノワール
価格 8,600円

シャンパーニュ地方で随一のピノ・ノワールを生み出すモンターニュ・ド・ハモ。この地で6代にわたってシャンパーニュ造りを続ける老舗メゾンが手掛けるグラン・クリュのブラン・ド・ノワール(黒ブドウで作られる白ワイン)です!

「1stサーブの確率は気にせず、コーナーめがけて思い切ってサーブを打て!」というハモ理論の名前を冠したこのシャンパーニュは、当然ながら緻密なデータ分析により最適な天候、最適な土壌、そして最適な品種を選んだ上で生産されています。
そして「頼むからデータを活用してくれ!」という願いを込めて毎年、錦織陣営に寄贈されているそうです。

非常に小さなメゾンですが、その実力は、あのワイン評論家として名高い巨匠ツジーノも認めるほど。収穫したブドウをボールにし、思い切りサービスエリアのコーナーめがけて打ち込んだサーブが入ったブドウだけで作られたシャンパーニュのため、良い出来栄えとなる確率が高められています。

今回初入荷となるグラン・クリュは通称「データ・ミエール」と呼ばれ、錦織のキャリア通算サービスエース数と同じ、年間2036本しか生産されない大変希少なキュヴェ。ノン・ヴィンテージ(N.V.)ながら3年間の熟成(データ分析)を経てようやくリリースに至った特別な1本です。華やかさと繊細なニュアンス、しっかりとしたボディをあわせ持つ味わいは、最近ちょー辛口。特別な席での乾杯の一杯にはもちろん、とっておきのお料理とも絶妙なマリアージュを奏でます。

No.3: 2016 シャトー・ナカ・ダルミィ(貴腐ワイン)

ワイン名 2016 Chateau Naka Darummy
生産地 ボルドー ソーテルヌ
生産者 中田留美
タイプ 白/貴腐ワイン/(詰めが)甘い
格付け ソーテルヌ特別第1級 Premier Grand Cru
栽培品種 ソーヴィ二ヨン・ブラン/セミヨン
価格 605,762円

貴腐ワインは、独特な香りと凝縮された甘みが特徴のワインで、「ワインの帝王」とも呼ばれています。貴腐ワインの原料となる貴腐ぶどうができるには、気温・湿度・感染時期などいくつもの複雑な条件が揃わないといけません。

しかし本品は日本人醸造家として名高いオーナーの中田留美氏が、錦織選手が第1セットをすんなりと奪った後に何故か苦戦を強いられてフルセットマッチに突入する際の、コート上の温度・湿度、本人の心拍数等を忠実に再現するという独自の手法で栽培に成功しました。

605,762円と、まるで6-0,5-2から中だるみでセカンドセットを取られたが、ファイナルセットはきっちり締めたかのような価格となっていますがそれに見合った価値があります。

味わいとしては詰めの甘さから醸し出される独特の甘みの中に少し苦味が混じりますが、最後の喉越しはスッキリする勝利。そのためついまた観て、もとい飲んでしまう。そんなクセになる味わいがこのワインの価値を高めるとともに、世界屈指のフルセット勝率の高さにもつながっています。
ヤキモキする展開の観戦のお供に是非お試しください。

No.4: 1989 シマネ・コンティ

ワイン名 1989 Shimanée Conti
生産地 島根県松江市
生産者 ハナヂ・ペール・エ・フィス
タイプ 赤/ボディサーブ/フルセット
格付け グラン・クリュ
栽培品種 ピノ・ノワール
価格 8,000,000円

ワインをよく知らなくても、ロマネ・コンティという名前は聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
ロマネ・コンティは、フランス・ブルゴーニュ地方、ヴォーヌ・ロマネ村産の、 世界で最も高額で取引されるワインです。
オールドヴィンテージになると1本500万円を超えることも。

今回、販売するシマネ・コンティはそのロマネ・コンティと!
なんの関係もありません!!

しかしその価値はロマネ・コンティと比べても引けを取りません。なぜなら錦織圭がオフシーズンに自らブドウを摘み、ブドウを踏んで、作り上げたワインだからです。出雲の八百万の神にちなんで値段は八百万円と少々お高めですが、熱狂的な錦織ファンにとっては決して高くはないはずです。

錦織圭の生まれ年である1989ヴィンテージはプレミアムが付いて高騰していますが、2014ヴィンテージは比較的手頃な値段ながら最高の出来栄えで、全米コンクールで準優勝を勝ち取るなど数々の優秀な成績を収めました。お買い得となっております。

シマネ・コンティの葡萄が造られる畑は、フロリダ州ブラデントンにあるたった1.8haの畑で、そこで栽培される葡萄以外はシマネコンティになる事は絶対にありません。 天然な性格なので、好不調の波はありますが、2019年ごろまでは、概ね偶数年の方が出来が良いと言われてきました。シマネコンティが醸造される島根県は人口67万人(2020年国勢調査)で、生産量じゃなかった人口が最大の東京都(1400万人:同)の1/20にも届きません。その桁違いに少ない人口の中から世界ランキング10位以内に長年君臨し、最高4位を記録する、奇跡的な天才を生み出した希少性の高いワインなんだから美味いに決まっている、まあ飲め。

販売&試飲会のお知らせ

錦織の復活を待ちわびる昨今、いつか祝杯を上げるためにご購入はいかがでしょうか。ワインはすぐに在庫切れが予想されますので、思い立ったら今日のうちにご予約を。

また、試飲会を企画しておりますので、ご参加を希望される方は下のバナーよりお申し込みをお願いいたします。

参考文献

206 件のコメント

  • https://news.yahoo.co.jp/articles/64c7a2f2f585812db0c257063369b66e5df4690a
    テニス・デ杯監督に添田豪氏、ビリージーンキング杯監督に杉山愛氏

    添田選手がいなかったら・・・錦織選手への重圧はさらに大きなものになっていたかも(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b402e3330f6d1b958f1a971acc043f4b91ea94a7
    添田氏は今季限りで現役引退することを表明し「強い日本をつくっていきたい。トップで戦っている選手たちには優勝する潜在能力がある。優勝に向かって頑張っていきたい。一日一日全力で頑張りたい」と語った。

    かなり以前に「若き添田監督の下で~」みたいにコメントを何度かしましたが・・・( ;∀;)
    添田選手、日本テニス界の谷間の時代を支え、後輩選手達からも慕われた人柄・・・( ;∀;)
    お疲れ様でした(´;ω;`)ウッ…

      引用  返信

  • 団長さん、添田選手の引退に関してのスレ立てをお願い致します_(._.)_
    修造氏が孤独に戦っていたのに対して、添田選手や伊藤選手が錦織選手を最前線に独りにさせなかったことは非常に大きなことでした。
    もちろんですが、錦織選手がトップ100の壁を打ち破って重圧を軽くしたことも大きなキッカケでしたが、添田選手の存在は、とても大きなものだったと思います。
    何卒よろしくお願い申し上げます_(._.)_

      引用  返信

  • 錦鯉の皆さんはもうご存知かもしれませんが、次世代のテニスキッズに向けて、錦織圭が”努力”・”挫折”についてアドバイスしている動画を見ました(UNIQLO_Ambassadors
    のTwitter)。
    題名の熟語から誰もが想像できる当たり前のことを語っている各1分前後の短い動画。まあそんな風に言えば言えなくもないんですけど、いやいやどうして、穏やかで丁寧な語り口にしっかり実感がこもっていて、キッズたちにはシンプルかつ深いアドバイスになっています。
    “一直線の道を走ってきた”と本人も言っていますが、ああ、この人はここで語っている通りのことを最初からずっと持続してきて今があるのだなあ、と改めて思いました。
    子供の時に核心をシンプルなセオリーとして掴み取っているすごさ、それを長年にわたって当然のように実行してきたすごさ。苦境の時に自分を鼓舞する力にも長けている。(そこだけでも見習いたい…)
    本当にいい選手だよなあ!(今更私が言うまでもないことですが…)
    復帰を目指している今も当然のように実行していることを語ってもいるのだろうなあ。
    再び蘇って私達を熱狂させてくれる日が必ず来ますね!
    ちなみに最終回の題は”感謝”だそうです。

      引用  返信

  • 9/12週Cary CHへのエントリーがありました。
    PRランキングでなく、現ランキング365位でエントリーしており、本戦控えの11番目となっております。
    本戦WCを貰える可能性もありますし、それこそ予選からでも復帰してくれれば・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 9/12週Cary CHへの予選エントリーはありませんでした・・・(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 先程ヨッシーのYouTube channelを見ていたら、錦織圭について丸々語っている一本がありました。
    ヨッシー曰く”ただただ化け物でしかない”と(笑)。
    もちろん、その言葉に異論はありません。

    ところで、下段さんのおっしゃる9/12週Cary CHなんですが、WCをもらわないとしても、本戦エントリーの選手が11人欠場すれば、錦織圭が出場すると、その可能性はまだ残っているんですかね?(そもそもそんなに大勢欠場することがあり得るのか?それも私にはよくわかりません)

      引用  返信

  • 下団さん、教えてくださってありがとうございます。
    復帰戦は今のところ、サンディエゴオープンになりそうですかね?
    …ゆうたさんが前にサンディエゴについて、”WCを貰ったにすぎない”と考えた方がいいとおっしゃっていたのを思い出しました。私も軽くそう予想しておくことにします。

      引用  返信

  • ウクレリアン さん、私が見ている👀エントリーリストでは、まだ正式にWCを得てリストに載っていません。
    東京500の前週のソウル250の予選にエントリーするかも含めて、まだまだ~という感じでしょうか(;^ω^)

      引用  返信

  • 下団さん、情報をありがとうございました。 
    私はいつも「ぐぐスポ」というサイトで錦織圭の試合の最新情報を得ています。そこにはサンディエゴのWCを”すでに獲得した”と書いてありました。でも、それは主催者側が推薦枠を提供できますよと言っただけのことかもしれないですね?本人がそれを受けてエントリーして初めてWCの獲得ですよね、正確には?「ぐぐスポ」の書き方、紛らわしいなと思いました。

    ともかく、焦らず待つことにします。

      引用  返信

  • 西岡選手がYoutube動画で錦織選手の事を動画に載せているという事は復帰に関してはある程度のメドはたっているのかなぁとも思っています。

    気性は激しい西岡選手ですが錦織選手の復帰のメドがたっていない状況でこの様な動画を独断で載せる様な軽はずみな事をするタイプではないでしょうし、恐らくはあの動画を載せるにあたっては錦織選手側にキチンと了解をとっているでしょうし・・・🤔

      引用  返信

  • マロンさん
    恐らくは東京500の翌週か翌々週辺りからPRの使用回数は9大会→12大会そして期間は9ヶ月→12ヶ月に拡大すると思います。

    https://mobile.twitter.com/rakutenopen/status/1572866174458920960?cxt=HHwWgIDQ_fjc-NMrAAAA
    錦織選手のコメント動画ですが「アメリカのCHから」と具体的な復帰時期を明言していますし、恐らくは今季参戦するCHはWCを貰って参戦するのかなぁと。

    東京500の回避は残念ですが、本人の口から復帰について具体的な事を聞けたのは考え様によっては朗報かなぁと思っています。(錦織選手の復帰を期待してチケットを買われた方々、スイマセン)

      引用  返信

  • ゆうたさん
    早速ご返答くださりありがとうございます。
    10月10日の週にFairfield Pro Tennis Championshipというのがカリフォルニア州で開催されるようですね。
    この大会を復帰戦に考えているのでしょうか。楽しみですね。

      引用  返信

  • ここまできますと、風雨の影響の無い、イレギュラーの無い室内ハードでの復帰が現実的になりますか・・・(;^ω^)
    10/31週のシャーロッツビルCH→11/7週のノックスビルCH→11/14週のシャンペーンCH
    ここらが復帰時期になりますか(。´・ω・)?

      引用  返信

  • 楽天オープン欠場なんですか?うわー、残念ですね。でも、母国の大会を復帰戦とするにはあまりに荷が勝ちすぎるってもんですよね。アメリカのCHから復帰するのは賢明な選択かもしれない。復帰戦をとても大事に考えた末に出した結論だろうな、と思いました。
    ゆうたさんご紹介の動画を見ました。本人の表情が明るいし、日焼けして精悍に見えるし(ライトのせいもある?)、メッセージが明快で曇りがないし、私たちはきっと待つ甲斐があるに違いない、と見終わった瞬間に思いました。

    ゆうたさんのメッセージ、最後にスイマセンと錦織圭に代わって謝っているところがホホエマシイです。それで楽天のチケット買った人は許してくれるかも⁈何人かは。笑

      引用  返信

  • 下団さん
    秋の屋外はやめた方が良いのかもしれませんね、ましてや復帰まもない20年秋の「極寒のローランギャロス」で右肩痛を発症させた過去も有りますし。

    ウクレリアンさん
    「何人かは」ですか・・・怖いなぁ😱

      引用  返信

  • うーん、残念。
    でも、皆さんおっしゃるように、移動の大変さやプレッシャーの大きさ、気候の影響を考えると、アメリカのチャレンジャー室内大会からの復帰は現実的でいい判断かもしれませんね。
    新生錦織圭の試合が観られるまで あと少しの辛抱だ、と自らに言い聞かせて待ちます。
    楽天オープンのチケット購入済みですが、日本人選手はもちろん、全選手応援でいきます!

      引用  返信

  • 錦織選手は出場できたらラッキーと思っていたので欠場の報はそれほどショックはありませんでした。万全な状態で復帰するのが一番です。3年ぶりのテニス生観戦堪能したいと思います。少しはロジャーさまロスが紛れるかしら…?(T ^ T)

      引用  返信

  • ROMさん、下団さん
    情報ありがとうございます。
    この2大会が「23年のプレシーズン大会」という位置付けになるのかもしれませんね。

    後はこの連戦の前週(10/31週)のシャーロッツビルCH🇺🇸か翌週(11/21週)のテムコCH🇨🇱をどうするのか・・・?🤔

      引用  返信

  • 久しぶりに日本語でのSNSの更新ありましたね。フロリダのハリケーンはサラソタ、ブラデントン直撃だったので心配していましたが、ご本人もご家族も無事のこと。良かったです。

      引用  返信

  • ゆうた さん、察するに、10/24週以降の米大陸のハードコートCH大会にWCの依頼を出していて、カルガリーとドラモンドビルCHが連携してWCを決めたのでしょうねぇ~❓
    カナダの2週連続CH大会前後の大会からも、これから発表があるかもしれませんねぇ~(。´・ω・)?

      引用  返信

  • マロン さん、ありがとうございます(`・ω・´)ゞ
    作秋のIW MSは1週目に敗退したので、10/10週のfairfield CH開催時点でPRランキングの権利は拡大してますので、そこでの復帰を目指すのでしょうねぇ~(。´・ω・)?

      引用  返信

  • あるテニス賢者の方のツイートでの御指摘ですが、東京500の公式Twitterにも載っている錦織選手の欠場報告の動画で「アメリカで、小さい大会で、CHからスタート」という趣旨のコメントがありました。

    ならば復帰はカナダ🇨🇦では無く米国🇺🇸って事になりマロンさんが指摘されたフェアフィールドCHからの始動となるのかもしれません。

    先日自分がこの動画を本ブログで載せたのに大切な部分を思いっ切り見落としていました・・・😅😅

      引用  返信

  • たった今、西岡選手がソウル250で優勝!
    大会全体の勝ち上がり方と今日の試合展開を見て何か「錦織選手っぽい優勝の仕方」という印象を受けました。

    本当におめでとうございます🎉🍾🎈🎊㊗️

      引用  返信

  • 今度こそいよいよ出場ですかね、フェアフィールドCH。予選からのWCだとか?
    とすると、復帰戦はひょっとして今週末⁈ 私には予選の日程も、放送(配信)がどこであるのか(ないのか)もわかりません。
    どなたかご存知の方、試合直前でもいいからお教えください(アメリカだから試合はたぶん夜中?)。
    WOWOWさん、ここはひとつ予選からの放送(配信)、よろしくお願いします!

    追伸:ヨッシーの大奮闘、本当に感動的で素晴らしかった。なのにニュースでほとんど話題に上りませんでした。難敵を次々と倒して勝ち取った、値千金の優勝なのに?ATP250を軽く見過ぎでは?スポーツジャーナリズムの見識を疑ってます。

      引用  返信

  • ウクレリアンさん
    配信はATPの公式ライスコアプリ内か、もしくはCHの公式HP内でライストは見れます。たまに電波の不具合やカメラを設置していないコートがありますが大体の予選の試合は生配信をしていると思います。

    西岡選手の件ですが・・・
    地上波系のメディアはジャーナリズム(ほぼ)皆無だと思っていますし、キチンと報じる「骨のある」媒体やジャーナリストの方を我々が吟味する必要があるんでしょうねぇ〜。🤔

      引用  返信

  • ゆうたさん、即答ありがとうございます。
    “地上波系のメディアはジャーナリズム(ほぼ)皆無”って、同感ですよ、まったく。

    ところで、おっしゃっているCHの公式HPというのが今ひとつ探せなかったのですが(←情けない)、”FAIRFIELD, USA, QUALIFYING RESULTS (TENNIS – CHALLENGER)”でいいんでしょうか?
    とりあえず、まだ予選は始まっていないとわかってホッとしました。

      引用  返信

  • ウクレリアンさん
    CHの公式HP内のライストですが・・・
    先ずはATP公式HPから「TOURNAMENTS」→「ATP Challenger Tour(これがCHの公式HP)」の順に開きます。そしてCHの公式HPの上の方に「Challenger TV」がありソレがCHの公式ライストとなります。

    因みに開催中の大会のみが対象なのでフェアフィールドCHは未だ載っていません。

    URLを貼り付ければ簡単なのですな権利的にOKか分からなかったので文字のみの説明とさせて頂きました。

      引用  返信

  • ゆうたさん、教えてくださった通りにやってすぐ「Challenger TV」にたどり着けました。初歩の初歩からのご教示、ありがとうございます。
    準備万端、あとは大将の登場を待つばかり。(予選からでも出てくれますよね?)

      引用  返信

  • フェアフィールドを地図で調べてしまった。
    真夜中にパソコン画面にかじりつく日々よ、カモーン!

      引用  返信

  • ただ現時点では周辺とメディアから発信の情報のみですから。錦織選手本人や陣営からの明確な発信が来るまでは平静を保とうかなぁと😑

      引用  返信

  • 現在、楽天オープン公式インスタグラムで錦織選手と国枝選手のトークライブ開催中

      引用  返信

  • ☝️トークライブ関連で幾つか記事が出ていますが、それらを見る限りでは来週のフェアフィールドCH予選と3週後のラスベガスCHは視野に入れていないのかなと思ってしまいますが果たして・・・🤔

    まぁ今更あたふたしても仕方ないので気長に待つとします。😤

      引用  返信

  • 1 絶対に良くなると信じて待つ
    2 絶対に良くなると信じて待つ
    3 絶対に良くなると信じて待つ

    きっと復帰は突然にやって来る
    復帰戦、放送・配信リクエストはずっと続けてます

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。