【祝!完勝】大会中盤の山場を乗り越えよ! 2014楽天・準々決勝 vs.シャルディ

 
 ジャパンオープン準々決勝 vs.ジェレミー・シャルディ 対戦情報
     
 Rakuten Japan Open Tennis Championships (ATP500)
 [Surface:Hard,Draw Size:S-32]      
 Quarterfinal
     
対戦相手:Chardy, Jeremy (FRA) 34位 27才

  • キャリアハイ25位(28.01.2013)
  • 身長188cmのビッグサーバー。ダブルスRK:95位。
  • 本来はクレーコーター。フォアハンドのテイクバックが大きい。
  • トロントでは2Rで優勝者Tsonga(15位)に6-7,4-6負け。
  • 続くシンシナティでは1RでKohlschreiber(24位)に3-6,6-4,4-6負け。
  • 全米では2RでKavcic(92位)に2-6,6-7,3-6のストレート負け。
  • 本大会では2Rで[#7]Anderson(19位)相手に6-4,6-4勝ちし、7大会振りの3R(QF)進出。
  • 全英以降の公式戦成績は5勝6敗(圭は14勝2敗)

対戦成績
 1勝(2011マイアミ1R:7-6,6-2)
 2敗(2012アカプルコ2R:6-1,6-7,0-6、2013ローマ2R:4-6,1-6)
     
試合日時
 現地時間:10月3日(金) 11:00開始の第3試合 [Center Court]
 ※14:00には様子を確認しておきましょう。
       
天候予報:曇り~晴れ
     
生観戦手段

  • ATPの公式ライブスコア
  • WOWOWライブ(BSテレビ)
  • WOWOWオンデマンド(ライブストリーミング)

勝利獲得Pt:90pt(実質加点90pt10/6付年間RK最高6位・レースRK最高6位)
     
勝算:6分強?(bookmakerのOddsでは圭が優勢)

  • bookmaker平均値:Chardy3.68 vs.圭1.27

※アジアンスイング2週目の楽天も中盤に入った。
圭のコメント内容からは、錦鯉の想像以上にポイントを意識していることが窺われるが、この楽天をポイント的に意味ある大会にするためにはこの準々決勝以降を勝ち進んでいかなければならない。圭も試合に臨む以上は当然勝ちにいくはずだ。

しかし、今のシャルディは簡単な相手ではない。
格上のAndersonを気持ち良く下して波に乗っているし、クレーとはいえ嫌な形で圭が直近の2勝を献上していることもシャルディの自信を深める材料になっていることだろう。

2Rのヤング戦では想定を超える消耗を強いられた。 身体の痛みや体力的なきつさはあるだろうが、この連戦も今後のさらなるステップアップのためには必要な試練。

ここは、持ち前の精神力で、この大会中盤の山場を何とか乗り越えてくれ!

応援フード

圭くんが、大きな夢をつかむ為、さらなる限界に挑戦するのなら、応援するのみ!

ジェレミー・シャルディーと真っ向勝負だあ~

micchi

food-chardy4-micchi

41 件のコメント

  •  いろんな考え方があると思いますが、今日のダブルス欠場で検証されたように、本人またはチームがやりたくないのに試合をするということはないと思います。

     試合をするとしたら、それはその試合に勝ちたいから。ならば全力で応援する。といったスタンスです。

      引用  返信

  • 怪我気になりますね. しかし、このトーナメントは勝っておきたいですね。来週はTOP30皆出てくるでしょうから、今週のようなドローは今年はもうないでしょう.
    この優勝がツアーファイナルへの切符だと思います。ただ、体が心配. ダブルス棄権はたんに大事をとってだと願います。どうか無事でいてください!

      引用  返信

  • コリコリさん、お仕事でお疲れの中、プレビュー記事ありがとうございますm(__)m

    これがないと気分が盛り上がりません!q(^-^q)

    ちょこっと苦手?にしているシャルディ、乗り越えたら決勝までいけるでしょう!(*^^*)♪

    圭、疲れはピークだと思うけど、うまく付き合ってサクッとかわして欲しいです!O(≧∇≦)O

    カモーン、圭!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • ここが正念場。
    踏ん張って勝てたら、優勝も一気に近づくはず。
    圭くんの体調だけが心配要素ですが、応援するのみです〜

      引用  返信

  • 連戦を消化し、ダブルスへも参加。マスコミにスポンサー対応、できるサービスは全てやった。
    トーナメント関係者/企業/団体等々、周囲の状況を気遣うと言うよりは、ファイナルズ出場を最優先して参戦か欠場かを純粋に判断する状況にあるように思います。
    つまり、出ないなら次に照準を合わせたということ。
    出るならチームがコンディションを含めて勝算ありと判断したということのはず。ただひたすらに応援するのみ。

    だったらシャルディなんかに負けるわけない!
    もっと熱くなれ!行けるったら、行ける!!
    Go Kei!!!

    (修造Lineスタンプより)

      引用  返信

  • 臀部の痛みがどの程度なのか、分かりません。そこが心配。なにしろ、あのタフな全米からマレーシア、日本と連戦・転戦ですから、体が悲鳴を上げない方がおかしい。

    錦織には、凱旋帰国での試合だから、頑張ってしまう、という当然の気持ちがあると思いますが、私は無理だけはしてほしくない。今日はやるとしても、SFは棄権した方がベターかもしれない。

    だって、これからも、マスターズとかまた連戦でしょう。ここで、体力を使いつくすことだけは、避けたい。ロンドンへの切符は、ここで確定させるってもんじゃない。まだ何試合もある。そこをよく考え、本人・コーチが的確に判断しないといけない。

      引用  返信

  • 「この優勝がツアーファイナルへの切符」だとか「来週はTOP30皆出てくるでしょうから・・・」などの意見があるけど、ちょっと違うと思うな。私の見方は違う。

    錦織はもはや世界最強ともいえる選手になったのです。TOP30なんて、目じゃない。世界ランク1位を3-1で破る実力があるのですから。なので、体力面だけを我々は心配すべき。

    さきほどは、SFを棄権しては、と書いたけど、ポイントのことも考えると、決勝前に棄権が一番賢明な判断のような気もする。臀部が結構悪い、との大前提がありますが。

      引用  返信

  • http://www.tennis-navi.jp/blog/masuken/
    増田コーチのブログによると「おしりの筋肉」を少し痛めたみたいですね~まぁ、本当のことは書いてないかもしれませんが・・・
    他の情報と併せると、春頃に痛めた左の股関節ではなく右側のようですし、ロンドンの為に上海までも見据えてのダブルス回避だと思います。
    賛否ありますでしょうが、精神的な疲労が身体の小さな痛みを、より、大きく感じさせてストレスになり悪循環になる場合もありますので、ダブルスの棄権は残念ではありますが、仕方ない判断だと思います。
    チームKEIはその時点での最良の判断をされていると思いますので信じて応援したいと思います。

      引用  返信

  • 大会運営的にも、ファンの心情的にも決勝前の棄権は避けて欲しい。マドリードの二の舞にならない時点で途中棄権すべきかと。

    いや、ダブルスの棄権は大事を取っただけで、優勝はまだ狙っていると思います。

      引用  返信

  • 少しでもどこかに痛みがあるのならダブルス棄権は正しい判断と思いますが・・
    正直、こうなる可能性は出場前から80%くらい予想できていたと思いませんか?

    連戦であちこち体中痛いとか、チームに臀部の事を言っていないとか…
    もともとエントリーしないほうが、多くのひとの迷惑にならなかったのにと思うとちょっと悲しいです。
    KLは250の大会なのだから優勝で連戦になることは予測できたでしょうに・・
    フェデラーは今まで一度も試合を棄権したことがないそうです。
    これからは、圭君中心に大会がまわるということも出てくると思います。惑わされずにもうちょっと事前に英断をしてほしいというか、こういう出場の決定権は、圭君でなく中尾さんなりトレーナーみたいなかたが決めないと…

    まあ、大したケガでなければすべて杞憂に終わります。
    批判というよりは、お母さんみたいな気持ちです。
    いづれにせよいつも応援しています

      引用  返信

  • プロとして興行の責任上、ある程度勝ち上がってから次の試合を棄権(コートに立たない)というのは難しいと思います。
    マイアミでフェデラーを破った後にジョコビッチに不戦勝を与えてしまったとき、かなり批判を浴びました。
    しかしマドリードでは満身創痍で決勝の舞台に立ち、結果全仏の1回戦負けにつながってしまいましたが、あの試合を棄権するわけにはいかなかったでしょう。
    大人の事情と自身の体調管理のとても難しい問題ですね。
    そこで、今大会は絶対に無理をしないでプレー続行する、そして異変を感じたら即座にリタイヤする、の一択だと思います。
    幸い今大会で試合中に芍薬甘草湯の粉末を服用しているシーンはまだ見ていないので、だましだまし3試合乗り切って欲しい。

      引用  返信

  • 錦織選手、楽天オープンベスト8おめでとうー。

    全米オープンでの激闘、マレーシアオープンからの連戦続きでは、体が悲鳴をあげても、仕方ないです。
    シード選手が、次々と負けていることがツアーで戦うことの厳しさを物語っています。
    ここまで棄権せずに、勝ち続けていることがもの凄いことだと思います。

    楽天オープン、本日から決勝まで生観戦です。
    来週の上海マスターズも重要ですし、ここからの戦いは本当に厳しいですね。
    どんな結果になろうとも、応援あるのみです。

      引用  返信

  • 棄権するほどの故障かどうかは実際に試合を見てみないと本人以外は分からないので、
    心配しすぎてもしょうがない気がします。
    「棄権もあるかも」とは心に留めておいて目の前のプレーする錦織を全力応援ってことでいいと思います。
    現地で応援してきまーす。

      引用  返信

  • 全米での上位選手との連戦を経て心技体が完璧にかみ合い充実し異次元に到達してますね。
    今回の臀部の痛みが影響しないことを祈ります。
    みなさんもおっしゃってますが、ロジャーやナダル、ジョコがそれをキープし続ける凄みをあらためて感じます。

    今までの、く〜、次行こ!今に見とけ‼︎ が既に懐かしい感じです。
    ベンチャーが上場しちゃった感じ?違うか⁈

    団長さん、行ってらっしゃいませ!
    記事たのしみにしております。
    お祭り広場の賑わいに隔世の感ですよ。

      引用  返信

  • 団長さんに賛成です!
    よりによって今仕事が信じられないほど立て込んでしまい、近くで圭くんが試合をやっているというのに夜中に録画を見ているこの悲しみ・・ヨーロッパでやってるのと変わらない(T ^ T)
    現地応援の方が心の底から羨ましいです(T ^ T) 楽しんでください!!

    WOWOWの解説の土橋さんだったかがおっしゃっていましたが、ダブルス出場はマレーシアのコートが遅かったので有明の感覚に早く戻すためという目的もあったとか。優勝を見据えたゆえの選択だったのではないでしょうか。
    それにコーチ2人はコートの状態、ボールの状態、実際に打ち合って自分たちで確かめて圭くんに細かくフィードバックしてるというし、次の対戦相手の偵察も欠かしていないようだし、チームkeiは全員全力ですぐそばで圭くんを支えてくれています。
    心配はありますがとりあえずそれは引き出しに入れておいて、ファンもチームと一緒に全力で応援するだけだと思います!
    決勝でラオくんが待っている・・!(たぶん)

    ところで修造さんが面白すぎです(≧m≦*)
    昨日の試合ことなど・・
    http://www.shuzo.co.jp/blog/2014/10/column_872.html
    なぜか修造さんも臀部を痛めてたみたい(笑)

      引用  返信

  • 「あれっ、普通に勝てそう?」的なOddsになっていますが、これには地元開催のアドバンテージがかなり織り込まれています。現地の錦鯉の熱い応援がなければ勝てません。
    職場で悶々としている私に充実した週末を与えてくださいw 今日もよろしくお願いします!

      引用  返信

  • 団長さん、行ってらっしゃいませ。
    安心・安定の観戦記を楽しみにしています。

      引用  返信

  • 色々な思いがありますが、成るように成る…ってことで、圭くんにとTeam圭を信じて応援するのみですね!連戦での体のことは」不思議ではないし、でも今の舞台は東京。できる限り、ファンの期待に応えたいと思っているだろうし、本人もきっといろいろな葛藤があるはず。私的には、体第一でやってほしい…、が心の声ですが。だって、何はともあれ体が資本ですから‼‼‼今日は、ライスコ観戦のみになりそうですが、錦鯉の皆様と心は一つ、心ン中で最大級の声援を送りたいと思います。特に現地組の皆様、熱い声援を私の分までよろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • 昨日のシャルディ、キレキレで寒気がする程素晴らしいプレーでした。
    ベルディヒを少し弱くした様なケビンのが上がってきた方が、やり易かったでしょうが、ここが山場!
    全力応援します。

    いつも応援フードありがとうございます。
    笑わせてもらったり、感心したりと、とても楽しみにしてます。
    長年見てきて、誰も指摘してないので、敢えて言わせていただきます。
    お酒が全面に出た応援フードの時は、何故か負ける時が多いです。錦織選手が飲めないからなのか、偶々なのかは分かりませんが…
    団長のトイレや、逆フラグ、ケイメヒコさんの実況コメントの様にジンクスがあるのかなと不安になったりします。

    いやいや、酒をも呑んで、そんなジンクスに振り回されない錦織選手になって欲しいとの錦鯉心ゆえでしょうか。

    怪我もある様ですし、負け越している相手なので気になりました。杞憂になることを願います。
    自分が作れたり、料理を提案出来ると良いのですが、何もしない立場なのに、嫌な気持ちにさせてしまったらすみません。

      引用  返信

  • 半年前、チケットを買ったときはフェレール、ツォンガ、デルポトロ、ワウリンカ、ラオニッチ、そして錦織圭がナマで見られる準々決勝しかない・・・と興奮していたのですが・・・(汗)
    ずいぶん、予想外のメンバーとなりましたが、いよいよ待ちに待った今日、見にいってまいります。
    ここのところ、ツアーでひとつ勝つことの難しさ、厳しさを痛感させる試合が続いて胃痛になってたりしてしまいましたが(汗)、今日もきっと厳しい試合になることは間違いないでしょう。
    はらはらしすぎて、胃痛、呼吸困難にならないように気をつけて応援してきます。

      引用  返信

  • 北京、東京、ベスト8で揃いました。役者が揃った感じですね。
    RACE TO LONDON 熾烈です。。

             現在(QF VS) →  SF →  F  →  WIN

    5、 チリッチ  4075 マレー   4160 4280 4480
    6、 錦織       3845 シャル    3935 4055 4255
    7、 ベルディヒ    3555 イズナ    3645 3765 3965
    8、 フェレール    3535
    9、 ラオニッチ    3515 イスト    3605 3725 3925
    10、マレー      3475 チリッ    3565 3685 3885
    11、ディミ      3405 ジョコ    3495 3615 3815

    ※数字配列がずれて表示されていたらごめんなさい。

      引用  返信

  • 下団さん、ノリックさん、netdashさん、ひろまるさんに賛成。

    どんな決断でもTeam Keiを信じて応援するのみ。最大の責任も、批判も、賛辞も、全て受ける覚悟で決定を下し、怪我をしても必ず復活して今のポジションにいる。たらればは言えるけど、誰がなんと言ってもこれまでの実績がもっとも確からしい選択を取ってきた証明だ!

    Go kei!!!

    ところで、ミスの時の”あー”はやだなあ。試合中にリタイアした時の観客のリアクションも凄く心配なのは、私だけ???

      引用  返信

  • 昨日、現地観戦してきました。今年は、観客の数がハンパなく多いです。しかし、正直マナーの悪いオバさまが多いですなぁ。試合中なのに、ずっと関係ないおしゃべりしてたり、プレー中なのに「あ〜っ!」とか声出したり…
    相手のミスのポイントでも、盛大な拍手したり…
    観客が増えたのは喜ぶべきなんでしょうが、もう少し、大会側もマナーをお知らせして欲しいですね。

    さて、今日はWOWWOWでの観戦ですが、錦鯉として、何があっても、どんな時でも「頑張れ〜応援するよ〜♪」のスタンスでいきます!

      引用  返信

  • 昨日修造さんが圭くんの試合の前に、「ため息禁止!と言った人もいましたが、みなさん選手の気持ちになっているから出てしまうのはしょうがないと思います。でもため息のままだと選手もがっくりきてしまうので、ため息が出た後は、拍手や声かけで、次いくぞ!という気持ちを選手に伝えてください」っておっしゃってました。

    そして圭くんの試合が始まると、あ〜の後にそれは盛大な拍手。
    みんなとっても素直(^^)

    圭くんのダブルス欠場も、最終試合のセットブレークの時にアナウンスされたので、うわぁ、これで一気に帰っちゃうのかなあと思いましたが、それほど帰る人もなく、両選手のプレイに最後まで声援が送られていました。
    みなさん純粋にテニスが好きなんですね。

    今日は団長さんもご来場!
    圭くんがコートに立つなら一所懸命応援します!

      引用  返信

  •  少し気が早いですが、上海のドロー抽選が明日土曜日の11:30(日本時間)より
    行われます。Tsonga、Del Potro、Monfilsの3人が既に欠場を表明済みですので、
    下位対抗シード(#9~#12)の4人は、今のところ以下のようになる見込みです。

    9 Cilic, Marin (CRO)
    10 Dimitrov, Grigor (BUL)
    11 Murray, Andy (GBR)
    13 Gulbis, Ernests (LAT)

     マスターズなので当然ですが、相手によってはベスト8入りも大変そうですよね。

     単純なポイント加算を楽天と比較すると、
    ・楽天:今日のシャルディに勝って+90pt、次のソックorベッカーにも勝てば+210pt。
    ・上海:シャルディクラス?の2Rに勝って+80pt、上記の下位対抗シードにも勝てば+170pt。

     楽天の現状のドローと上海だってポイントを稼げる保証はないことを考えれば、
    今戦える状態であるのであれば、ここで楽天を諦める手はないと思います。

      引用  返信

  • 団長さん、動画とコメントありがとうございます^_^
    錦織選手の謙虚でかわいらしい1面が垣間見えて和みました。錦織選手は本当にいい子ですね。

      引用  返信

  • 一番怖いのはまさにマドリッドの時の状態になってしまうことで、決勝まで行っても全仏に間に合わなかったような大怪我になってしまうことですね。ポイントは欲しいけど、ここで無理して上海はともかく、そのあとのバレンシアとパリまでも回復できない状態になることだけは避けてもらいたいです。

    気になるのは唯一の日本開催の大会だから、ファンをがっかりさせたくないから・・・etc などという理由で無理をしてしまわないかということです。けっこう責任感強いタイプな気がするのでそこは心配。周りが気を使って無理させないようにしてあげて欲しいですね。マスコミやインタビュアーも煽る煽る、「チケット売り切れですよ」とか言わなくてもいいんじゃない?

    ・・・と、心配はここまでにして、

    身体が大丈夫なら、優勝してしまいましょう!!
    上海はともかく、あとの残りの2試合、今年得意になったクレイコートと今まで結果を出せていないインドアのパリで、ぶいぶい言わせてファイナル出て、ファイナルでも優勝!!!
    インドアだし、出れたら可能性は十分ありますよね~。
    そこまでどうにか健康なまま辿り着いてほしい!

      引用  返信

  • 圭くんの怪我が軽く走りまわれることを祈るばかりです。
    私も先週土日の試合からの疲労?で右側臀部が痛いです…
    シャルディは顔なじみでとても手強いと思いますが、集中して乗り越えて欲しい。
    団長はじめ錦鯉の皆さんパワーでよろしくお願いします~!
    ゴ←これが消えない、すみません(^_^;)

    シモンが快勝しましたね。

      引用  返信

  • 今大会のシモン、頼もしいぞw

    たしかにシャルディのダブルスは、圭との試合の前のウォーミングアップみたいなスケジュールになっていますね。

      引用  返信

  • @yuri
    さん、バレンシアはやっぱりクレーなんですね。決勝でチリッチにリベンジして優勝してほしいなぁ。

    あと、上海ではまだ勝ってないマレーをやっつけるチャンスがあるかも。

    ダンテに言ってほしい、無理するなって。

      引用  返信

  • > らいおんさんへ

    老婆心ながら・・・・・

    今朝(10/3)だんちょがリンクした動画に登場するのは、1974年テヘラン大会の坂井利郎以来40年ぶりの優勝を果たした(IMGテニススクールではKEIの後輩でもある)19才!の西岡良仁選手(19,ヨネックス所属)です。表彰会見に場慣れした(?)KEIと違って初初しいかも(^^ゞ

    http://www.nikkansports.com/sports/asia/2014/news/p-sp-tp0-20141001-1375611.html

      引用  返信

  • こおさん

    すみません。今チェックしたらクレーではなくインドアでした。
    何故かクレーだと思い込んでました(汗)。

    でも今のところ今年インドアで負けなしですから、身体の調子さえ大丈夫なら行けると思います!

      引用  返信

  • 比較的強い相手に対するラオニッチの典型的な勝ち方ですね。
    もう、第1セットでTBに持ち込んだ瞬間、勝ったと思っていそうですよね。

    気になったので過去1年間のラオニッチのTB勝率を調べてみたら、0.75で現役6位。へ~、1位じゃないんだと思ってさらに上位を見てみたら、なんと圭が0.77で4位。ちょっと意外でしたが、嬉しかったですw

    さあ、正念場の試合が始まります。現地応援、よろしくお願いします!

      引用  返信

  • だらず者さん、ありがとうございます。

    紛らわしい書き方をしてしまい、申し訳ありません。西岡選手の動画の中に「錦織選手からメール?をもらった」っていうエピソードがあったので、
    錦織選手ご自身も連戦で気を抜けない中、若手の西岡選手の偉業に対してすぐにリスペクトを伝えられるところへのコメントでした^_^

    動画のメインは西岡選手なのに、変な書き込みしちゃって本当に申し訳ありません(>人<;)

      引用  返信

  • 錦織選手の大会側や企業、マスコミ対応などを含めた過酷スケジュールの中、心身の疲労が見え隠れしながらも必死に勝ち進んで行く勇姿には、本当に頭が下がります。
    どんな試合でも、決して「当然」の勝利などあり得ませんし、ましてや優勝となると、世界で1人しか成し得ない偉業です。250でさえ、何年も何十年も世界の第一線で活躍し続ける選手ですら、とることは本当に難しい。
    ダブルスの出場や棄権、故障に関しては、様々な意見があるでしょうけども、詳細は本人と一部関係者しか分からない事です。
    錦織選手だけでなく、多くの他の選手、ジョコやナダルですら棄権や怪我が起因の苦い敗戦がある、途轍もなく厳しい世界です。
    結果論で否定的になったり不満を言わず、どんな時でも前向きに応援したいと思います。
    シンプルに出場の時は全力応援!そして、勝敗や棄権の時も同様に一喜一憂せず、錦織選手とチーム圭を支持して全力応援し続けます。

      引用  返信

  • タイブレ勝率、ビッグサーバーでないことを考えると驚異的ですね。

    スペインではスペイン人以外に負けてないというデータもありますし、ファンも多い準ホームで、インドアバレンシアは期待したいですね。

      引用  返信

  • LuLuさんに同感です。
    優勝することの大変さ。
    そして勝ち続ける事の大変さは先週今週のベネトー選手をみるとわかると思います。
    彼ほどのベテラン名選手でさえ一度も優勝したことがない。
    そして決勝まで行った次週で初戦敗退。
    その中で圭は気を引き締め勝ち続けている。
    凄い事です。

      引用  返信

  • 上海はどう考えてもタフな事を思えば、まさにオープンドローな楽天の方がポイントゲットの可能性は高いですね。でも、個人的には上海も大活躍して「余裕でバレンシアをスキップする」ってのはどうでしょう(笑)。思い出のスペインの地でもあるから…と言うのなら、ナダルとエキシビでもやりましょ!

    なんて都合の良い事ばかり考えてますけど、今のポイントがほぼノーポイントの全仏とマスターズ3戦ノーポイントである事を考えたら凄い事じゃないですかね?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください