3度目の正直?いや2度あることは3度あるでしょう!2016全仏4回戦 vs. ガスケ

今年のクレーコートシーズン3回目のガスケとの対戦です。
好材料は、今年の2回の対戦とも完勝していること。
錦織も「苦手意識はなくなっている」と言ってます。

懸念材料は、ガスケの戦術変更とアウェイの環境。
上記リンクと同じ記事からですが、錦織も「ここの観客はたまにクレージーになる。そういうところも気をつけてやりたい。」と言っています。
でも、錦織は比較的アウェイでも影響されない方かなと思います。

一方のガスケは、「マドリードとローマで負けたが、5セットマッチはまた違う」と語るなどやる気満々。過去2戦の反省を活かして、戦術を変えてくる可能性が大いにあると思います。

具体的には、下がったポジションから高い軌道の球を打つといういつものスタイルを捨て、前に入って攻撃的に来るのではないかと。
こういった大胆なイメージチェンジはここ1、2年、錦織と対戦する選手がよく行ってくるようになりました。

昨年の全仏準々決勝でもツォンガが、強風に苦しむ錦織を尻目に、自身のイメージと違う丁寧なストロークでミスを誘いました。
モンフィスも錦織に対して攻撃的にプレーしてきました。ベルダスコのプレーを参考にするなら、ガスケも早い段階での強引な攻めをしてきてもおかしくありません。十分に気を付けたいです。

過去6連敗したころは錦織のバッククロス依存を読まれ、先にガスケのシングルバックハンドで左右に打ち分けられて苦しい流れを作らされてしまいました。
今年はそれをバックストレートを連発することで打開できるようになりました。
となると次にガスケが考えることは、さきほど述べた速攻の他には錦織のサイド狙いでしょう。
角度を付けて打てば錦織からの返球が真ん中に返ってきてオープンスペースを狙いやすくなります。
この切り返しの角度は錦織はまだ改善の余地があります(グリップの関係で難しいショットでもあります。)
サーブもスライス系でフォア狙いが考えられます。錦織の対戦相手はデュースサイドでワイドに打ってくる選手が多いので、そこは頭に入っているでしょうが、アドサイドのセンターは狙われた場合、少し対応するまで時間がかかる可能性があります。ガスケはこのコース得意だし、逃げていく回転が掛かっていますから本当に注意したいです。

総合的には、「5セットはまた違う」とガスケが言っても、むしろ5セットは引き出しが多く、勝負強い錦織に有利だと思います。
でも2試合連続のフルセットはこの先を考えたら避けたいので、最初のセットから頑張って取って行きたいですね。

試合情報

大会名(カテゴリー):全仏オープン French Open / Le Championnat Internationaux de France
サーフェス:クレー
ドロー数:128
ラウンド:4回戦

今大会の過去の成績

2015 QF (lost to Tsonga, 16 46 64 63 36)
2014 1R (lost to Klizan, 67(4) 16 26)
2013 4R (lost to Nadal, 46 16 36)
2012 出場せず
2011 2R (lost to Stakhovsky, 16 63 36 67(3))
2010 2R (lost to Djokovic, 16 46 46)
2009 出場せず
2008 予2R (lost to Greul, 26 57)

2014年はマドリッドでの故障が癒えず。
2013年、これでもナダルに対して他の選手よりゲームを取った方。
2010年、ジョコビッチに初挑戦。ストレートですが内容は悪くなかった。
2012、2009は故障で出場できませんでしたね。
実質、フル稼働は昨年からでしょう。

試合日時

現地時間 5月29日(日) または30日(月)
@ コート未定

対戦相手

Richard Gasquet (FRA) リシャール・ガスケ(フランス)

  • 第9シード、ランキング12位(最高7位)
  • 29歳、185cm、75kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):18勝6敗(錦織は31勝9敗)
  • 今年は2月のモンペリエから始動し、いきなり優勝。
  • 今年のマスターズ1000 4大会はいずれもベスト16で敗れる。うちクレー2戦ではともに錦織に敗れる。
  • 今大会は1回戦ではBelucciに6-1,6-3,6-4、2回戦ではFratangeloに6-1,7-6(3),6-3、3回戦ではKyrgiosに6-2,7-6(7),6-2といずれもストレート勝ちと好調。

過去の対戦成績

2勝6敗
2016 Rome R16 Kei Nishikori 61 64
2016 Madrid R16 Kei Nishikori 64 75
2015 Paris R16 Richard Gasquet 76(3) 41 RET
2014 Washington QF Richard Gasquet 61 64
2013 Paris R16 Richard Gasquet 63 62
2013 Canada R16 Richard Gasquet 16 63 63
2010 London / Queen’s Club R64 Richard Gasquet 63 63
2008 Tokyo R16 Richard Gasquet 61 62

生観戦手段

応援フード

連続3試合の対戦ともなれば、
両チームの戦術合戦かもしれないけど、
個人的にはBHDTL(バックハンドのダウンザライン)の駆け引きが楽しみです
圭くん、自信を持ってプレイしてね〜

micchi

food-gasquet9-micchi

60 件のコメント

  • 今日はフランスの母の日だそうでー万国共通だと思ってたー勝ったバブちゃんが照れくさそうに会場にいるお母さまにメルシーって言ってました。スイスでは母の日じゃないそうですが。

      引用  返信

  • ワウちゃん、勝ちました!
    オンコートインタビューで寒くて、コートコンディションが重くて難しかったと言ってました。

    いよいよ、圭くん
    早めにアジャストして、ストレートに展開できますように!
    アウェイなんてなんのその!
    ガスケに勝って、ベスト8進出!決めてください💪
    Go!Kei ‼︎‼︎‼︎

      引用  返信

  • >>kirinさん
    ドロップショット、
    何となく剛のイメージがあるワウリンカ選手も、今日の試合でけっこう使ってましたし、
    いま、ちょうど、イズナー選手もマレー選手相手に使いました(→そして決まった)。
    なので、僕も何となく技巧派(テクニシャン)の選手が主に使うイメージでしたけど(さすがに錦織選手とフェデラー選手ぐらいというのは極端ですが・・・)、
    思ったよりも使う・使える選手が多いんだと思いますよ(というかトップ100クラスの選手は、その気になれば、使えるんでしょうね、使う回数とか、得意・不得意はあるでしょうけど・・・)。

      引用  返信

  • アンディvsイズナー
    やっぱり、タイブレやってます😁。
    縺れろ。縺れろ。

      引用  返信

  • 始まる前からすでに超アウェーの予感💦でも始まってしまえば試合に集中するのでしょうね〜リタイアが多い中、ケガだけしないようにして実力を出してほしい!現地の皆さま📣よろしくお願いします🙇

      引用  返信

  • ありゃ~ 3ゲーム目で先にブレイクされちゃいました。すぐにお返しせねば。圭くん、落着いてます。

      引用  返信

  • ロングラリー制して、BP凌いだとこで雨サスですか…( ̄◇ ̄;)
    いっぱい降ってますね。

    圭くん、落ち着いてる😊

      引用  返信

  • 圭くん、4-2 でブレイクされそうな所でなんと31本のラリーを制して40-40。恵みの雨?での中断。

      引用  返信

  • 雨、激しいですね
    日程的に考えれば再開して欲しいところ….

    現地はどんな感じなんでしょうかね
    なんか止みそうもない雨に見えた( ノД`)…

      引用  返信

  • 実況掲示板にも書きましたけど、こっちにも書き込み。

    wowowオンデマンドのコート・スザンヌランランの様子だと、
    カバー上の水を掃いていますね。これは再開に向けた準備なのか・・・?
    それともただ単にカバーの上に水がたまりすぎないようにするためなのか・・・?
    ただ、少しだけ残っている観客はまだ傘をさしています。
    あっ、コートカーバーを外し始めた。もうすぐ再開するかも。

    追記:スザンヌランランは、コートカバーが外し終わりました。観客で傘をさしている人も減ってきました(^^

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。