「ATP500のQF」と軽んじることなかれ。激戦必至の大一番!(2018ウィーン準々決勝 vs. ティーム プレビュー)

試合情報

Erste Bank Open (ATP 500)
Quarterfinal
Kei Nishikori[5] vs. Dominic Thiem[1]

現地時間 2018年10月26日(金) 14:30以降 (この日の第2試合)
日本時間 2018年10月26日(金) 21:30以降 (この日の第2試合)
@ Center Court

※ 日本とウィーンの時差は7時間 (サマータイム考慮)
※ 10/28にサマータイム解除。決勝進出時は時間に気を付けましょう!

試合の展望

昨日の2回戦、ティームが勝ちイズナーが負けました。
これによりイズナーと錦織のポイント差が65で確定。錦織は今のところ加点なしですが、ティームに勝てば90ポイントを加点するのでイズナーを抜いた状態でパリを迎えることができます。

(勝てば今大会のポイントは180になりますが、代わりに90ポイントのメス(またはワシントン?)がuncountableになるため)

その意味でも大きな対戦ですし、全仏での借りを返すという意味でも重要な対戦。
錦織のプレーが充実し、安定感を増してきた中、次のステップはトップ10との対戦で1つでも多く勝つことだと思います。
錦織としては完全復活の手応えを確かなものにしたいでしょう。

ティームにとってもファイナルズ出場を確定的にしたい、地元で負けたくない、錦織に負けたくないという様々な思いがあることでしょう。

とてもATP500のQFという舞台には収まりきらない重い戦いです。

2回戦で圧倒的なパフォーマンスを見せた錦織に負けじと、ティームもクエリーにきっちりストレートで勝利してきました。映像では確認していないのですが、さすがの強さです。
全米でのナダル戦(ファイナルタイブレ負け)でハードでも強いことは証明済みです。

ティームは1stサーブ確率が49%と低かったようですが、1st wonが87%、2nd wonが61%と高く、1stの確率の低さは気にならなかったと思います。

ティームの特徴は全てのショットがパワフルであること。サーブ、フォア、バックすべて速い上に強烈な回転が掛かっています。
この球に錦織は全仏で最初の2セットの間、対応できませんでした。
それでも錦織は工夫と対応力で徐々に押し返し始めたのですが、反撃が遅すぎました。

当時のようにパワーで吹っ飛ばされてしまうと、工夫や勝負強さ以前にいかんともしがたくなってしまいますので、まずは五分のラリーに持ち込むこと。
そこまで行けばむしろ錦織有利。

ティームのパワーは素晴らしいが、それに頼り過ぎる面もあるので。
大事な場面になればなるほど力を込めて打ってくる印象です。ときにはそれが不必要なくらいのパワーとなることも。そこが狙い目。

サーブは速いのに曲がりも大きく、かなり錦織でもリターンに苦労するでしょう。
また2ndサーブを28%ほどフォア側に配球してくるのも特徴。頭に入れておきたい。

気になる錦織の調子の持続ですが、

全米 準決勝
メス 準決勝
楽天 準優勝
上海 QF
ウィーン QF進出中

と、ずっと勝ってきているし内容も良い。調子の持続力は十分出ています。
全米や楽天の負けが印象に強いので、調子が良くても続かないという印象があるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
特に楽天はSFまで4試合、良い内容を続けました。十分に持続力あります。
なので今日もそんなにパフォーマンスが落ちると言うことはないと期待しています。

お互いに万全の状態でのガチンコ勝負となるでしょう。
純粋にテニスファンとしても楽しみな試合です。

対戦相手情報

プロフィール

Domiique Thiem (AUT) ドミニク・ティーム(オーストリア)

  • ランキング7位(最高4位)
  • 25歳、185cm、79kg
  • 今年の勝敗(ATP250本戦以上):50勝16敗 (錦織は38勝17敗+チャレンジャー5勝1敗)
  • 直近GS4大会の成績:18全米 QF、18WB 1R、18全仏 F、18全豪 4R

過去の対戦成績

2勝1敗
2018 Roland Garros Clay R16 Dominic Thiem 62 60 57 64
2016 Rome Clay QF Kei Nishikori 63 75
2015 Halle Grass R32 Kei Nishikori 76(4) 75

放映予定

TV

  • 【生】GAORA 20:00〜

ネット

  • GAORAオンデマンド
  • WOWOWオンデマンド
  • TennisTV

応援フード

中一日あくと思っていて、焦った私の目にうつったweno999さんの応援フード!
鶏肉スチーム(蒸し鶏)アイデア使わせていただきました

圭くん、ロンドンへの道を自力で切り開いてね

micchi

36 件のコメント

  • YouTubeでハイライトを観ましたが、相変わらずフォアハンドの逆クロスは深くてパワフルでしたね。クエリーもストローク戦では頑張っていましたが、ストロークの精度でいうとサイドラインを捉えるイメージはあまりありませんでしたね。それよりも、ティエムのレシーブ力が見事ですね。スタッツでも分かりますが、クエリーの2ndサーブで50%を切るポイント獲得率です。今回の対戦だけでなく、いつも課題とされる錦織選手の2ndサーブがポイントとなりそうですね。団長さんがハチャノフ戦でコメントされてましたが、フォアサイドにも配球したプレースメントの工夫が必要になるでしょう。辻野さんも解説で2ndサーブのプレースメントの工夫を指摘されてました。SF進出でLondonへのADを握って欲しいですな。優勝できれば、7割り方決まるでしょうが・・・・獲らぬ狸の何とかにならないように、目の前の1勝にこだわって欲しいと思います。(最初から長々とスミマセン)

      引用  返信

  • 採用ありがとうございます!
    ヘルシーに勝ってほしいですね。

      引用  返信

  • 団長さん、プレビューのポイント了解致しました( ̄^ ̄)ゞ
    あれこれは置いといて、今夜は100%純粋に激闘を堪能するつもりです。

    でっ!団長さん!!!鼻血対象試合ですよね⁉️
    まさかまだ考え中とか………言わないでください!
    錦織選手のロンドン行きを左右する大一番です✊

      引用  返信

  • パリMSからデルポトロ選手がOUTしたので、イズナー選手が8シード、錦織選手は10シードとなりそうです。
    この状況からも、錦織選手はポイントを上回った状況でパリMSを迎えたいです(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    レースランキングで8位と10位の戦いで、団長さんの仰るように激戦必至かと思います。
    幸い、パリMSは48ドロー大会なので、16シードまで1RByeです。
    このQFを全力で勝利してほしいですね\(◎o◎)/!

      引用  返信

  • 皆さまのコメントもろくに読めて無いのに、スイマセン🙇‍♀️💦

    micchi師匠の応援フードの写真、スマホ📱iPhone7ですが、見られません💦
    前回もダメでした。
    私のスマホの不具合でしょうか?

      引用  返信

  • あ、見られるようになりました😃💕

    鶏肉スチーム、ナイスです👏フードを思いついたweno999さんも、micchi師匠も!応援フードがナイスだと勝てる気がしますね〜💪
    とは言え、キビシイ闘いになるのは必至❗️

    今回は観戦出来るといいな😅

      引用  返信

  • ティームのホームですが、
    案外、ホームって、選手にとって妙なプレッシャーもかかりますし、気負っちゃうのよね〜〜😤
    ほら、楽天の時の錦織選手のように、ね😉
    ぬふふふ😈
    あ、上はハロウィンだからですよ〜。
    決して、邪な気持ちはありませんよ〜。

    どうぞ、錦織選手の身体がヘルシーでありますように🙏

      引用  返信

  • ティームは過去QFまで行ったのが一度だけなんですね。
    ブレスニクコーチは、ホームでのプレーに問題があるわけじゃないと言ってますが。。
    https://www.tennisworldusa.org/tennis/news/Tennis_Interviews/61857/coach-gunther-bresnik-dominic-thiem-has-no-problems-to-perform-in-vienna/

    あじゃこさんの言われるようにプレッシャーがあるとすればチャンスかもしれないですね。

    ティームはケガで戦線離脱中にすごく強くなったと思います。
    ロンドン行きだけでなく同世代のライバルとして、ぜひ勝ってほしい。昨日の状態だったらいけると思います。

    パリの仇はウィーンで!
    きょうも熱烈応援します!!

      引用  返信

  • あれれ、鶏肉スティームって、何か聞き覚えが・・・。
    そうでした、全仏のときに、、まだ対戦相手も決まってないのに、シモン戦の素晴らしさに浮かれて、あじゃこさんと応援フード談議を始めてしまったときに思いついたものでした!

    勿論、weno999さんを盗作とかと言ってるんじゃなく、同じことを思いついた人がいて嬉しいんです!
    浮かれすぎてフライングしちゃった反省も込めて、ここで採用されてよかったぁ~。

    おや、あじゃこさん、忘れてらっしゃる?
    今、見返したら、あじゃこさんの、
    「ドゥミ(半分)肉・スティーム(蒸す)
    →半分の肉🍖を蒸す?なんの料理じゃ💦苦し過ぎる…浮かばないよう…」
    を受けて、私が鶏肉スティームを提案したのでした!
    懐かしい・・・。

    でも、実は昨日、ティーム選手の、気負って固くなりながらも、声援に応えようと必至にプレーする姿を見て、不覚にも、ちょっとうるっとしてしまいました。
    前に、ティーム選手が、オーストリアではテニスが余りメジャーじゃないので、ボクが盛り上げたいというようなことを言っていたことを思い出し、錦織選手の昔の姿と重ねてしまったからです。
    今年のサーフェイスが遅いというのは、大会としても、何とかティーム選手を優勝させたいからかも。
    優しい錦織選手なら、ちょっと感情移入しちゃうかもですが、そこは鬼になってもらいましょう!
    私も、そうはいっても、ここは錦織選手を全面応援します!
    どちらが勝っても、少し切なくなるかもしれませんが・・・。
    それにしても、これがQFなんて、もったいなすぎますよね~。
    テニスの神様も意地が悪い!
    それでも、二人の、夢と意地をかけた戦いを、しっかと見とどけたいと思います。

      引用  返信

  • あ、すみません。
    ケガで戦線離脱中に→錦織選手がケガで戦線離脱中に

    です🙇

      引用  返信

  • 圭くん!勝って ファイナル切符を!
    楽天の時の凄まじさをまた見たい
    特にビッグサーバー錦織圭!(*゚▽゚)ノ笑い

      引用  返信

  • ビッグ4以外は五分五分以上の勝率をこれからも維持してほしいですね
    特に若手には、昨日は特別にゾーンに入ってるわけではないけれど、隙のない試合運びでしたね
    一発で仕留める決定力はやはり年々落ちできてますがネットプレーは本当にうまくなりましたね
    前に出るタイミングも反応も格段に上がりました
    ちょっと前迄はスマッシュは(゜ロ゜;ノ)ノヒゃヒゃもんでしたしボレーも無謀な時がよくありましたが?
    ジョコビッチ先生とフェデラー先生のご指導の賜物かとm(__)m
    ティエルとの今日の試合は来年のためにも大事なですね
    勝っても負けてもナイスゲームをしてほしいですね
    錦織圭はこういった試合は緊張のあまり最初ガチガチになる時が多い
    今日の相手だとそういった僅かな隙が命取りになる場合がある
    上海のフェデラーとの試合もそう
    トップ10の中ではデミトロフやイズナーやアンダーソンやチリッチよりは錦織圭の方が僕は上と思っているので、デルポトロとズベレフとティエルと五分五分でフェデラーやナダルやジョコビッチよりは下ってのが冷静な今の立ち位置だと思います
    昨日なような試合が上位にどこまで通用するのでしょうね
    楽しみです
    若手には通用すると思いますが?( ・∇・)

      引用  返信

  • 記事立て、ありがとうございます。
    今日の一番は大きいですね。
    全仏のリベンジとともに、是非勝ってわずかでもイズナー選手にはリードした状態でパリに臨んでほしいと思います。

    今日のBS朝日はこれまでと違って、23:24~だそうです。

      引用  返信

  • 冷静に見てGS決勝、MS制覇してるチリッチ、アンダーソン、イズナーの方が上ですよ笑

      引用  返信

  • この試合を前にティエム
    「求めるのは勝利。ただそれだけ。」
    大一番を感じさせるカッコいいコメント!
    本当に楽しみな一戦ですね…。

      引用  返信

  • おばっちさん,

    過去の応援フードはチェックしたのですが、既出とは気づきませんでした。
    合作ということでお許しを(笑)

      引用  返信

  • けんじさんのテニスの序列に関して、完全に同意です。昨日のティエム対クエリー見ても、サービスの調子のあまり上がらないクエリーに手を焼いていました。圭の勝機は十分にあると思います。

      引用  返信

  • weno999さん,

    いえいえ、お許しを、だなんて、嬉しくなっちゃったもんで、思わず書き込んでしまいました。
    余計なことを書いて、気を遣わせてしまって、かえってごめんなさい。
    同じ発想だなんて、うふふですよね、応援フードを考えるのって楽しいから、これからもよろしくです!

      引用  返信

  • 何をもって上、というのか、という話は評価基準と主観が絡み合うので、話し合っても結論は出ないし、煽り合い、貶し合いになっては良くないので、程々にと思うのですが。
    実績を重視すれば、GS制覇1回(全米)、MS制覇1回(シンシナティ)、GS準優勝2回(全豪と全英)、タイトル数18のチリッチ選手の方が、GS準優勝1回、MS制覇なし、タイトル数11の錦織選手よりも、チリッチ選手の方が上、という結論は避けられないと思います(世界ランキングのキャリアハイもチリッチ選手が3位で、錦織選手が4位です)。
    アンダーソン選手は、錦織選手と同じくGS準優勝1回なので、キャリアハイや、MS準優勝の回数で錦織選手の方が上と評価しやすいかも知れません。
    イズナー選手は、GSの優勝、準優勝は無いですが、MS制覇1回があるので、世界ランキングのキャリアハイ(8位)は、錦織選手よりも低いですが、評価は分かれるかも知れません。
    ただ、実績とは別に、今現在の(=ここ2~3か月の)、調子も含めたテニスの実力(=今の立ち位置)というのはまた別の話で、それなら錦織選手の方がチリッチ選手よりも上、と言ってもそれは別に変ではないとは思います(チリッチ選手は、全米後の今は不調なので)。

      引用  返信

  • 基本的にはnakaさんのコメントに賛成ですね。ファンとして錦織の実力を高く評価するのは自由ですが、さすがに実績では明確にチリッチが上でしょう。特にGSとMSは優勝と準優勝の間に大きな違いがあり、何度準優勝しても1回の優勝には及ばないと考えています。

    あと、アンダーソンはGSの準優勝は2回(17US、18Win)ですね。だからといって、優勝はGS、MS両方ゼロなので錦織より実績は上とは言えないですが。難しいのはディミトロフや特にソックです。最終戦とMSの優勝をどこまで評価するのか。ファンとしては錦織の実績が上と言いたいですが、世界的には逆かもしれません。

    もっとも、実績ではなく、今の時点の実力なら別です。でも、今不調の選手(例えばチリッチ)と錦織を比較することに何の意味があるのでしょうか?MTFのような不毛な議論になりがちなので、個人的には他の選手との比較は控えめにした方が望ましいと思います。

      引用  返信

  • ☝naka さん、アンダーソン選手は、昨年の全米、今年の全英で準優勝です(`・ω・´)ゞ

    チリッチ選手やアンダーソン選手の活躍は素晴らしいものです。
    ただ、両選手と比べて、フェレール選手やツォンガ選手、ソダーリン選手が劣るとは思えませんよね~(。´・ω・)?
    錦織選手の日本人では無理だ(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾と言われたテニス界での活躍は素晴らしいし、アジアオセアニア勢には不利な現在のツアー制度の中での奮闘は、先の選手達と比べても勝るとも劣らないものです。
    ましてや、一年の集大成と言われる全米で3度のベスト4以上、全てのGSでベスト8以上、第5のGSと呼ばれるマイアミMSでの準優勝は誇るべきこと٩( ”ω” )و
    不利な環境から、BIG4+1の最強時代に果敢に挑戦し続けてきた錦織選手の評価は、他者と比べる必要もなく素晴しいものです(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • nakaさん,
    まぁアンダーソン選手は戦線離脱選手が多い時期ではありましたが、全米を入れてGSはしっかり二回準優勝してますけどね笑

      引用  返信

  • nakaさん,
    アンダーソンはGS準優勝2回ですね。去年の全米と今年のWB。
    彼は怪我から復帰して去年から今年にかけて大躍進してますね。

    どっちが上というのは捉え方次第です。
    H2Hで見ると、錦織はかなりの選手に対して対戦成績で上回っています。その意味では「実力としては」BIG4、バブリンカ、デルポトロの下くらいが相応だと個人的には思います。

    でもトータルの成績から見ればチリッチの方が上ですよね。(悔しい・・・)

    なので、けんじさんもnakaさんもどちらも間違ってない気がします。

    あああああ早く錦織に、実力通りにMSとかGSの優勝をバンバンして欲しい!!!
    と、これだけが願いです。(笑)

    そのためにも今日のティーム戦、何としても勝ってほしいです!

      引用  返信

  • おばっちさん、
    すっかり忘れておりました😅
    思い出させて下さり、有難うございます😆
    もう、三歩歩いたら忘れます💦
    この前もさるBAR🍸で、おんなじセリフを言ったら、歩いてないのに忘れてますよ、とツッコまれました、とほほ⤵️

      引用  返信

  • おばっちさん、
    そうだった‼️思い出させて下さり、有難うございます😅

    もう、軽い認知かなあ💦
    三歩歩いたら忘れます。
    でも、さるBARで🍸同じセリフを言ったら、ずっと座ったままなのに、忘れてますよ、とツッこまれました😆

      引用  返信

  • あれー?
    反映されないから同じこと2度書いちゃった💦🎃
    2つ重なったら、一つ消して、これもお時間ありましたら、消去願います🙇‍♀️⤵️

      引用  返信

  • 最近、コメントを送信してもしばらく反映されなくて(10~30分?)修正(編集)もできないんですが、そういう仕様なんですよね?

    皆さんも同じですか?(私だけじゃないよね💦)

      引用  返信

  • yuriさま
    同じです。そういう仕様ではなくて、なんらかの問題があるようですが、まだ原因不明なんでしょうか?団長さま?

      引用  返信

  • QFでどちらかが消えるこのドローは実にもったいない。ティエムアンダーソンの山はシードが全員残ってるのに対してディミイズナーの山はシード残り0という対照的な酷さ。それでもモンフィス対ベルダスコという、迷惑ノーシード筆頭の好カードもあるからまだマシか。

    さて本題の錦織ティエムですが、過去ハードの対戦はないんですよね。ここが鍵となるかと。

      引用  返信

  • おばっちさん、あじゃこさん、そうだったんですね
    じゃあ、powerアップということで、ますます元気に応援させてもらいます!

      引用  返信

  • うーん、、、錦織選手は、イズナー選手、アンダーソン選手、チリッチ選手と比べた際、head to headで見た時に勝ち越してることや、若いこと、後者2人に関しては、big4全員から勝利を挙げていないことから、錦織選手を上と見る人は多いでしょう。(あと、ここは錦織選手のファンが集う場所ですから、それはまぁ笑)
    どちらが上とかは、個人的には比較したくないですが、比べるとしたらキャリアが終わった地点ででしょうか。先ほど誰かがおっしゃっていたセーデリング選手は、GS準優勝を二回したことで有名になりました。もしこのまま錦織選手のキャリアが終わったとしたら、セーデリング選手の方が上ということになりますでしょうか?みんなそれぞれ好きな選手がいて、同じ大会での成績の良い悪い以外は、(マレーがbig4に入るのか問題と同じく)、原地点でそこまで気にする必要はないかと思いました。
    長文すみません!とにかく、今日のティーム戦、錦織選手が勝てるよう、全力で応援しましょう!

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございます。
    今日の試合はタイトル通り「激戦必至の大一番」になるでしょうね。
    あー、どきどきします。
    今日も頑張って錦織選手!!!!! \(^o^)/

      引用  返信

  • ひへぇ~、アンダーソン選手のGS準優勝をなぜか1回と書いてしまい、皆様から、総ツッコミが・・・、失礼しました、なんでこんな凡ミスをしてしまったのか・・・反省です。
    まぁ何はともあれ、早く何とか錦織選手にGSを制覇していただいて、実績面でもデルポやチリッチに追いついて欲しいですね。
    そのためにも、良いシードが欲しい→最終戦に出たい→今日の試合も勝って欲しい→ということで、しっかり応援します。

      引用  返信

  • nakaさん、どんまいです!
    でも、改めて考えると、比べている相手は皆、錦織選手よりも年上。
    特に、イズナー選手も、アンダーソン選手も、三十路を越えてからのキャリアハイ。
    べスさんが仰っているように、比べるにしても、もっと先ですよね。
    第1章が全米準優勝までなら、ジョコ修行に明け暮れて手首の怪我で終わった我慢の第2章、
    そして今、俊敏技巧的オールラウンダーとしての道を歩み始めているところですから、
    比べるなら、過去の錦織選手と比べましょ^O^
    ただ、けんじさんは、今の立ち位置と仰っていますから、過去の実績とかの話ではないですよね。
    とにかく、みんなの心を一つにして、全力応援しましょ!

      引用  返信

  • 錦織君も、ティーム君も、両者負けられない闘い❗
    楽しみであり、ドキドキも、段々強くなってきた❗
    ティーム選手を、焦らせムキにさせる事が出来るか?
    今日も、躍動感溢れる進化した、プレーが観られます❗ように。(昨日のような錦織君のテニス、見せられたら、グランドスラム、マスターズ制覇していないのが信じられないくらいです。)

      引用  返信

  • 前の試合がもう少し時間がかかりそうですね。
    待たされると期待と不安のドキドキ感が増します。
    錦織選手はどんな気持ちでいるでしょうか?
    あっストレッチしてましたね。
    昨日の試合の様にを期待しすぎてはいけないと
    自分に言い聞かせていますがティームには
    前回負けているので今回は負けない様な気が
    します。
    前回の敗戦は錦織選手にとってとても悔しい試合
    だったと思うので必ずや対策を考えてると
    思います何より絶対勝ちたいと思ってるはず。
    今日もサーブが好調であります様に・・。
    思ったプレイが気持ちよく出来ます様に・・。
    がんばれ~がんばれ~。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。