モントリオールでベスト8を世界1~8位が占める(史上初)

現在行われているモントリオールのMasters1000大会はベスト8が出そろいましたが、なんと世界1~8位が独占しています。

そしてこれは、1973年にランキングシステムが始まって以来初めてのことだそうです。

意外な感じもしますが、実は世界1~8位が毎回全員揃うというわけではありません。誰かしら故障などで欠場していることも多いですし、そもそもチャンスがあるのが年間でもグランドスラムとMasters1000の十数大会くらいのものです。

いくら強い1~8位の選手でも、全員がベスト8まで勝つということは確率的にも低いです。

全員の勝率が8割として、2回戦を全員が勝つ確率が0.8の8乗で16.78%

3回戦も同様に16.78%

最終的に16.78%×16.78%=2.81%です(56ドローの場合)。

グランドスラムの場合は4回勝たないといけないので、2.81%のさらに2.81%となります。何と約0.08%!

トップ8が全員揃う確率が統計的にどのくらいかは知りませんが、これらの数字は全員揃ってからの確率なので、1973年以来1回もなかったとしても全然不思議ではありませんね。

数字の妙。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。