日本男子始まったな。ATPツアー出場4人全員が1回戦突破

すごいことが起こりました。

ブリスベンの錦織、伊藤に続いてチェンナイでは添田、杉田が1回戦に勝利。出場4人全員がツアー大会での勝利を収めました。

本戦出場に4人だけでも快挙なのに、全員が勝つとは・・・錦織負けなくてよかったなあw

1回戦のスコア

ブリスベン ATP250 1回戦
○錦織圭[5] 3-6,6-1,6-4 Cedrik-Marcel Stebe
○伊藤竜馬 6-4,6-2 Benjamin Mitchell

チェンナイ ATP250 1回戦
○添田豪 6-2,6-7(4),7-5 Frederico Gil
○杉田佑一 6-3,6-4 Olivier Rochus[8]

2回戦のカード

ブリスベン
錦織圭 vs バグダティス ※現在錦織が2連敗中
伊藤竜馬 vs トミッチ[8]

チェンナイ
添田豪 vs ドディグ[5] ※デ杯の前哨戦になる可能性あり
杉田佑一 vs ルー

 全員、強敵と対戦します。2人以上残れば、また新たな「快挙」ですね。

13 件のコメント

  • 皆さま、あけましておめでとうございます。
    本年もがんばって応援していきましょう。

    >錦織負けなくてよかったなあw
    はげしく同意です(^_^;)
    とにかく最初に負けないで良かったです!
    添田もきわどい試合だったようですが、
    一人負けてなるものか!!!という気合が少なからずあったのではないか、と推察。
    さて、本日はどうなりますか。楽しみです!

      引用  返信

  • ネットで色々確認してるんですけど・・・
    もっと日本で騒いで報道して欲しいなんて思ってます

      引用  返信

  •  団長さん、ドディグはチェンナイの#5シードなので、本文を
    直しておきました。

      引用  返信

  •  圭が負けた後ふて寝から起きてきたら、添田がドディグ相手に
    7-6 4-3で勝っているではありませんか?

     早速、ライスト観戦しています。

      引用  返信

  •  凄い! 添田、7-6 6-3で勝ち切りました!
     しかも粘り勝ったという内容ではなく、添田ベストのテニスで
    堂々と押し切っていました。
     相手のドディグは36位で、クロアチアのデ杯の中核選手です。

     まず、この勝利は添田本人にとって以下の意味をもちます。

    ・2度目のグランプリツアーベスト8進出
    ・初の30位台選手からの勝利
    ・全豪WC(アジア枠)の獲得ほぼ確実

     27才にして、さらなる飛躍の転機を迎えましたね。

     また、日本男子テニス界にとっても、この1勝は大きな意味を
    もちます。

     2月のクロアチア戦では、エースのチリッチ(21位)が欠場する
    可能性が高く、実質No.2のリュビチッチ(30位)はデ杯に出場しない
    ことで知られています。

     そうすると、クロアチアはドディグ(36位)とカルロビッチ(56位)
    が主力となり、ドディグはチリッチに代わって名実共にデ杯の中核
    選手となることが想定されます。

     そのドディグに日本No.2の添田が勝っているとなれば、クロア
    チア首脳陣としてはどれだけ頭の痛いことでしょう。

     こうなってくると、明日の杉田のルー(82位)戦にも大きな期待を
    してしまいます。(OOP未発表)

      引用  返信

  • 添田すごいですね!
    去年のバンコクでベスト8入りしているみたいですよ。

      引用  返信

  • またしても添田君の試合、最後まで起きていられなかった(-_-;)
    2回戦勝利はすごいですね。
    今日はCOURT 1の2戦目に杉田君。
    チームジャパンGO!

      引用  返信

  • 添田くん、すごい!!!
    がぜん、デ杯が楽しみになってきました。
    27歳にしてさらに進化しているって素晴らしい。

      引用  返信

  •  杉田、お見事!
     82位のルー相手に7-6,6-4のストレート勝ち!

     次のQFは、2回戦WOでまだ試合をしていないアルマグロ
    (ハードコート苦手)ですから、可能性はありますね。

      引用  返信

  • ブリズベン組とチェンナイ組で明暗が分かれてますね〜。

    それにしても日本勢すごい!!

      引用  返信

  •  ん~、これは添田にしてみたら、全然納得いかないでしょうね。

     たしかに、全豪のWCは23才以下の選手に手厚いとは言われて
    いますが、今回はRK的にも今週の活躍度合から言っても間違い
    なく添田だと思ったんですけどね~

     添田、腐らずに予選を突破してほしい!

      引用  返信

  •  いや~、添田も杉田もすごかった。
     杉田は惜しくも負けたけど、最後の追い上げには鼻血出ました。
     今の添田も杉田も本物だと思います。

     ちなみに、添田は100位以内復帰が確定です。
     全豪の事務局、今頃どう思っているんだろう?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。