錦織圭、ホノルルチャレンジャー回避

錦織圭は腕に腫れが出たため、ホノルルチャレンジャーを回避することになりました。

【from IMG】錦織圭のATPチャレンジャー・ハワイ大会欠場について – 錦織圭公式サイト|KEINISHIKORI.COM

錦織圭の腕に若干の腫れが見られたため、来週のハワイ大会を回避することとなりました。
現在、錦織圭は1日3セットを痛みなくプレーしていますが、本人が4・5日間続けて痛みなくプレーできるかを見極めたのち、大会に出場いたします。

現在は、その翌週のダラス大会での復帰を検討しています。

非常に残念ですが、ここで焦っても仕方ないのでゆっくり治してもらいたいです。

プロテクトランキングの使用期限の9か月は最初の試合からカウント開始ですから、万全な状態でスタートしたいですしね。

ダラスには出場の意向ですが、まだ分からないと思って待ちたいと思います。

9 件のコメント

  • 復帰について、歯ぎれが悪いなぁ、と感じていたことが分かりました。ポイント的には全く同じと言えますから、その状態なら、後2ヶ月参戦を見合わせ、腕に心配ないようにしてくから、今年の新しい規則の1年間12大会のプロテクトを得てからの復帰という線も検討項目にあるだろうか。

      引用  返信

  • 初めまして。いつも楽しく拝見しています。(twitterも含め)
    ホノルルチャレンジャー欠場残念ですね。まぁでもここまできたらあと数週間待つのなんてそう苦じゃありませんよねw SAPで大暴れしてもらえればOKです。。

      引用  返信

  •  とっても残念だけど、万全の状態で復帰して欲しいから
    圭自身の判断を尊重してくださったスタッフに感謝です。

     2~3試合こなしてまた欠場…な~んて事にはなってほしくない
    し、動きやショットにも圭らしさをやっぱり感じたい!!!!

     気長に待ってま~す≧▽≦

      引用  返信

  • ある意味、今が本当に大事な見極めの時期。
    完全に良くなってからの復帰がいいのですから、
    少しでも不安材料があるときは、見送りにした方が
    いいですね。
    本当に自分の体と相談しながら、
    無理せずに復帰を決めてもらいたいです。

    復帰した試合をきちんと応援します。

    今から公式にもメッセージ残してきます。

      引用  返信

  • 復帰戦延期は残念です。
    腫れとは、どんな状態なのか気になりますが、
    1年以上かかる故障って酷過ぎ。
    本当に原因が分かって治療しているのかな????
    なにはともあれ、あせらず治療してほしいです。

      引用  返信

  • 約1時間前の錦織本人のコメント(facebook)です。

    little chance in plans…going to skip Hawaii and come back in Dallas. Want to ensure I am 100 % ready.

    ファンを意識して、「万全を期すためにハワイをスキップした」と
    いうようなことが書いてあると思いますが、私の英語力では微妙な
    ニュアンスが分かりません。

     どなたか、ご教授いただけないでしょうか?

      引用  返信

  • 復帰を急がずゆっくり行ってほしいです。
    ホノルル参戦の報の前の圭くんのブログに、少し不安な感じ(万全でないのでは・・・?と)を抱いていたので、今回のスキップ、よい決断と思います。
    小柄なダヴィデンコが28歳で素晴らしい活躍ぶりです。
    日本人は、欧米の人たちとは骨や筋肉が違うと言われていますが、
    それでも、同じような体格の圭くんには、トレーニングを積み、
    息の長い選手になって、いつかトップ集団でいつも戦えるようになってほしいです。

      引用  返信

  •  その後思いついたのですが、
    「little chance in plans… ~ 」の解釈は、

    ・復帰をすれば、その直後からプロテクトランキング(PR)の
     使用制限(little chance)に縛られる。
    ・だから、不完全な状態でハワイCHに貴重なPRを使うのは
     やめ、できるだけ完全な状態としてからのダラスCHでの復帰
     (PR使用)を目指すことにした。

     といったような意味だろうとの見解に至りました。
     お騒がせしました。

      引用  返信

  • >ケイメヒコ さんへ

    この制度(新しい規則の1年間12大会)って、美味しい話ですね。
    あと2ヶ月我慢して完全に元の状態に戻すか、
    それとも ダラスから出発するか・・・
    圭サイドは それもこれも いろいろ考えているのでしょうね。
    ドキドキ・・

    ・・後2ヶ月参戦を見合わせ、腕に心配ないようにしてくから、今年の新しい規則の1年間12大会のプロテクトを得てからの復帰

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。