今年の残りのスケジュール予想&年末ランキング試算(長文注意)

AIGオープンまであと約1週間。楽しみですね。
ここでいい結果を残せば目標の年末50位が見えてきます。

しかし現在のランキングはまだ84位で、ATPポイントは527ポイントです。
現在50位のグルビスのポイントは769ポイントですから、その差242ポイント。

この間のUSオープンベスト16の獲得ポイントが150ですから、年末までにこの1.6倍の仕事をしなければ50位には入れないということになります。厳しいですね。

バミューダチャレンジャーの優勝が80pでしたから、USオープンベスト16+バミューダCH優勝くらいのポイントが必要になります。

正確には242ポイント「上積み」しなければなりません。
ATPランキングは過去52週に獲得したポイントで計算されますから、昨年の10~12月に獲得したポイントは消えていく運命にあります。

幸いなことに錦織圭の場合、昨年10月以降はあまりポイントを稼いでいませんでしたから、これから獲得するポイントはほぼ上積み分になります。
それでも約250ポイントは大きいですが・・・。

ATPツアーは実力伯仲なので、うまくいけばあっという間にこれをクリアするかもしれませんし、なかなか白星が拾えずにランキングが上昇しない可能性もあります。

もっともAIGオープンを優勝すれば文句なし、300ポイントが入ります!

USオープン4回戦後のインタビューでは「AIGオープンのあとはヨーロッパで4試合」とコメントしていましたので、今日はどの大会に出そうか、そしてどのくらいの結果を残したら50位に入れるかを計算してみます。

まずはATPの大会スケジュールを見てみます。

まず9/29からの週、これはご存じのとおりAIG Openで決まりです。本戦からの出場が決定しています。

10/6からの週はウィーン、ストックホルム、モスクワで大会が開催されますが、ウィーンのエントリーリストには錦織の名前はなし、ストックホルムとモスクワは予選リストが分からず、最終的に錦織がエントリーしているかどうかわかりませんでした。

(エントリー締め切り時は錦織のランキングは120位台だったため、出ても予選からになる。)

いずれにせよAIGに出ている以上はこれらの大会の予選には間に合いそうもありませんから、ワイルドカードでも貰わない限りでないのではないでしょうか。

それ以上にこの週は翌週のマドリッドの予選に出そうです。
マドリッドはマスターズシリーズですから、いままでの「大きい大会になるべく挑戦する」傾向からはこの週はマドリッドの予選に出場しそうな気がします。

マドリッドもやはり予選のエントリーリストは発表になっていません。

10/13からの週は予選を通過すればマドリッドの本戦になるでしょう。
マドリッドに出れなければチャレンジャーしか選択肢はありませんが、場所的にはデンマークのKoldingが一番良いでしょうか。
しかし賞金総額42,500ユーロのあまり大きくない大会で、勝っても(今となっては)それほど多くのポイントは稼げません。

ウズベキスタンのタシュケントの大会の方が大きいのでそちらを選ぶかもしれませんが、結構な移動になるのでこの週はマドリッドに出れなければ回避になるかもしれません。

10/20からの週はスイスのバーゼルの大会に出ることが決まっています。これはかなり早くからアナウンスされていました。
ランキングが上がらなければワイルドカードを与えてでも出場させる予定だったみたいですが、80位台に上昇した今では本戦ダイレクトインになる可能性が高まってきました(現在Alternatesの4番手ですが)。

翌週、10/27の週はパリのマスターズシリーズ、当然予選からになるでしょうが、バーゼルに出ていては予選に間に合うかどうか微妙です(予選に間に合うということはバーゼルの早いラウンドで負けるということ)。

逆にバーゼルでかなり勝ち進んだら(準決勝か準々決勝くらい)、パリのSE(Special Exempt)をもらえるかも・・・。

(SEとは前週に勝ち上がったことによって予選に間に合わない選手に本戦出場の権利を与える制度のことです。)

パリのあとはいわゆる「ATPツアー」の大会は上海のマスターズカップを除いてありません。
マスターズカップはランキング上位8名のみ出場できる大会ですから、今年は錦織圭が出場することはありません。
来年以降、期待です。

まとめるとAIGの後はマドリッド、バーゼル、パリと転戦するのではないか、というのが私の予想です。

しかしこれでは「AIGのあとヨーロッパを4大会」というコメントに対して1大会足りないことになります。

残り1大会はどこになるのでしょうか?

10/6の週はスケジュール的に厳しくなりそうなので、パリの後、どこかのチャレンジャーに出場する予定なのかもしれません。

一応11/3の週にはスロバキアで、11/10の週にはウクライナ、11/17の週にはヘルシンキで十万ドル/ユーロ以上の大会があります。

あるいは、「予定は未定」の言葉にあるように結局はマドリッド、バーゼル、パリで今年の出場は打ち止めになるかもしれません(この可能性、結構あると思っています)。

USオープンでポイントもたっぷり稼いで余裕も出ましたから無理やりポイントを漁ることはないでしょうし、体作りを重視していることからも早めにオフをとり、フロリダで体力強化に努めてもらいたいですね。個人的には。

このブログのネタ的にはまさに「冬の時代」になりそうで怖いですけどw。

仮に今年の残りの予定を、

9/29~ AIGオープン ISG(インターナショナルシリーズ・ゴールド)
10/6~ マドリッド予選 MS(マスターズシリーズ)
10/13~ マドリッド本戦 MS
10/20~ バーゼル IS(インターナショナルシリーズ)
10/27~ パリ あるいはどこかのチャレンジャー大会(パリに出られなかった場合)
11/3~ ブラティスラバ(スロバキア)チャレンジャー

としてみて、以下のようにやや保守的に結果を予想してみます。

獲得ポイント
AIG Open 2回戦負け 15p
マドリッド予選 通過 15p
マドリッド本戦 1回戦負け 5p
バーゼル 2回戦負け 25p
パリ予選 通過 15p
パリ本戦 1回戦負け 5p
ブラティスラバチャレンジャー 準々決勝 19p

計99p

消滅ポイント
ソウルチャレンジャー 9p
ブサンチャレンジャー 3p

計12p

年末ポイント予想 527+99-12=614p (69位相当)

以上のような結果を出せば69位くらいになると思われます。
はっきり言ってこれでも十分なくらいですが、1大会でもこれ以上の大きな結果を出せばもっと上のランキングに行けます。

フェレールに勝ってしまったので我々も大きな夢を見てしまいがちですが(私もその1人)、毎回フェレールに勝てるわけではありません。

それが出来たらあっという間にトップ3以内ですから・・・。

勝ったり負けたりがATPツアーの基本。
その中でより大きい大会、より上位ラウンドでの「あと1勝」を何回積み重ねられるか・・・それがATPランキングを上げるために必要なことです。

上記予想はUSオープンの活躍を見れば保守的すぎると思われるかもしれませんが、マスターズシリーズの予選を勝つことは並大抵ではありません。
なんせ40位台の選手でも予選からですから・・・そういう選手に勝って本戦入りしてようやく15ポイント。厳しい世界です。

上の予想はそのマスターズシリーズ予選を2回とも通過する計算になっていますから、それなりに期待を込めた結果予想になっています。

さて上の予想結果以上の上積みの可能性について考えてみます。

AIGは豪華メンバーですから、2回くらい勝てばいい方だと思いますが、どのシードの山に入るかによっては面白いでしょう。
ベスト8まで行けば60ポイント。大きいです。

バーゼルもISの大会の中では大きい大会。シードを1人破って準々決勝に進出すればやはり60ポイント入ります。

マドリッドのマスターズシリーズは「高速道路」です。本戦に1回勝つと35p、2回勝つと75p、3回勝ってベスト8に入ると125pが入ります!!

「マスターズシリーズでベスト8を1回+AIGかバーゼルのどちらかでベスト8」くらいの成績を残せば50位が見えてきます。

しかし、いまは年末ランキングにそれほどこだわる必要はないのではないでしょうか。
(と、書いてしまってはこの記事の意味は全くありませんけどw)

USオープンベスト16のポイントが大きく、少なくともデルレイビーチ優勝の180ポイントが消える来年2月までは最低でも80位台でツアーに参戦できることが決まりました。これは大きい。

デルレイビーチのポイントを丸々落としたとしても、今年の大半を過ごした100~120位の位置で、予選からの試合もあると思いますが上位トーナメントを目指すことができます。

今の錦織の実力からすれば、上の大会に出続ければまとめてポイントを稼げるチャンスには事欠かないと思われます。
1試合ごとの結果に一喜一憂せず、試合内容に注目していきたいと思います。
いい試合さえできていれば、結果はついてくるでしょう。


これ、「勝てない」とちょっと言われていた春頃、リタイアが続いたころも一貫して言ってきたことです。
勝てなくても錦織のテニスは光っていました。その結果がUSオープンベスト16です。
今後もテニスの内容さえよければ問題ないと確信しています。

18 件のコメント

  • はじめまして。
    いつも楽しく拝見させていただいてます。

    10/6からの週ですが、sakkoさんの錦織圭ファンサイトにはストックホルムでの試合にエントリーされていると載っていたのですが、どうなんでしょうね?

      引用  返信

  • 久しぶりのコメです~

    いや~よくここまで調べあげましたね団長w^;w
    団長の情報力に度肝を抜かされました!
    AIGでの圭の活躍に期待してます!^^

      引用  返信

  • ni-naさん
    コメントありがとうございます^^
    これからもよろしくです。

    Men’s Tennis Forumsに書いてある本線エントリーリストにはAlternates含めて錦織の名前がありません。
    http://www.menstennisforums.com/showthread.php?t=130557

    予選のエントリーリストは書いてありませんから、予選にエントリーしているのかどうか不明。

    いずれにせよ、予選からということになればAIGで早期敗退してストックホルム予選に間に合うか、SEで本戦から出るかしか方法がありません。

    ま、錦織ならAIGのSFくらいまで残ってSEもらうかもしれませんがw

      引用  返信

  • 今ストックホルム・オープンのHPを見たら
    Spelare(調べたら『選手』の意味みたいです)のところに錦織選手が…
    日本語以外わからないのでさっぱりですが違うんですかねぇ。。(しつこくてすみません;)

    http://www.ifstockholmopen.se/sv-se/Spelare/

      引用  返信

  • ひとつ考えられるのは、このストックホルムオープンのページは錦織ファンの人がいるtennistalk.comが作っているみたいなので、願望?というか推測?というか少し信ぴょう性は落ちるかも・・・。

    たしかヨハンさんという人がhttp://www.kei-nishikori.comを作っているはずです。
    Tennisnakamaさんのところにいろいろと書いてありました。

      引用  返信

  • 失礼。信憑性落ちるとか簡単に言っちゃいけませんね。反省。

    真相はまだ分かりません。とりあえず明日早いので今日は失礼します。

      引用  返信

  • ふむふむ。そうですかー。
    まぁ、いずれわかることですし今は目先のAIGに集中することにします(笑)

    遅れましたがこちらこそよろしくです!

      引用  返信

  • はじめまして。
    とっても充実したこちらのサイトで日々情報収集させて頂いています。

    来月休暇が取れそうなので、思い切って錦織選手が出場予定のスイスの大会に行ってみようかと思いました。
    でも1回戦が3日間なのでいつの出場なのか検討もつきません。チケットを3日分買うとなるとちょっとキツイなぁと思いまして。

    USオープンの時もそうでしたが、前日にならないと判らないものなのでしょうか?
    テニス観戦はド素人なので分からなくて・・・。

      引用  返信

  • いつもいつも、団長の論理的でわかりやすい解説は、読んでいてもとても腑に落ちるというか、「へぇ~、そうなのかぁ」「たしかに、たしかに」とモニタに向かってお返事しています。

    メディアで取り上げられるのは、トップもトップ、本当のトップ選手に限られているので、その手前に控えている選手が過酷なポイント争いを繰り広げているとは、ほとんどの人は知らないかもしれないですね。

    勝てばいいのは分かっていますが、片っ端から出場して勝ち続けるのは不可能なので、それこそコンディションや流れを考えながら、効率よくポイントを取っていくことが必要なんですね。

      引用  返信

  • こうやって見ると、
    選手達は、本当にハードスケジュールで動いているのですねぇ@@
    移動だけでもどんだけ疲れる事でしょう・・・・
    改めて 全選手の皆様に尊敬の意を表しますm(_ _”m)ペコリ

    ランキングの事、ポイントの事
    今までよく分からなかったけど
    今回 団長様のこの記事のお陰で 少し見えてきました~^^
    ありがとうございましたぁ!!

      引用  返信

  • 今、AIGのことでいっぱいで2回読んでも、
    さっぱり頭の中に入ってきません。
    もったいないので、AIG終了した時点でもう一回読み返します。

      引用  返信

  • 相変わらず新鮮な情報および緻密な分析ありがとうございます。
    ほんとに全米のポイントはでかいですよね。
    全豪もDA確定的ですし。

    ところでここのファミリーはAIG観戦に行く方多そうですね。
    ということは実況板は過疎化?

      引用  返信

  • takaさん、そうですね。掲示板は・・?

    といって、居残り組みの私はGAORAが見れるところにパソコンがない!!!

      引用  返信

  • 僕の最近の楽しみも錦織がバーゼルで○つ勝ったら○○ポイント・・・
    と脳内シミュというか紙に書いてることです、ちょっとヤヴァイです
    まあ団長と一緒ではありますが違うのは結果を前向きに予想してるとこでしょうかw
    ヨーロッパ転戦楽しみですね~

      引用  返信

  • cocoaさん、スイスまで試合観戦とはうらやましいです!!
    さてスケジュール発表ですが、基本的に直前になります。
    月曜日本戦スタートの大会だったら土曜日か日曜日になります。
    3日もあったらいつ来るか分かりませんね。

    ランキングの高い有力選手で、前週に遠いところで試合がある人の場合には大会がわが考慮してくれてなるべく遅く入れてくれることが多いですが。

    そういう要望は選手側から出せば考慮してくれることがあります。

    robyさん

    そうなんです、同じ5勝5敗でも、1大会で優勝(5勝)してあと5大会1回戦負けが続く場合と、2回戦進出を5回繰り返す場合とでは前者の方が圧倒的に多くのポイントを稼げるんですよね。

    ランキング上昇=爆発力、と言い換えてもいいくらいです。

    もっとも、トップ10とかに入るためにはコンスタントに好成績を残すことが必須になってきますが。

    ぴこさん

    海外旅行に1回行っただけでもどっと疲れますからね・・・あれ以上のことを年中やっているテニスプロは本当に過酷な稼業だと思います。
    そんな中グランドスラム連続出場記録を更新中の杉山愛選手は鉄人中の鉄人と言っていいでしょう。

    Nosaさん

    大事なことは2回言った方がよかったですかねw?

    takaさん、mimiさん

    さすがにいつものリアルタイムでのスコア付け、ポイントごとの決まり手付き実況は難しいかなw
    でも要所で携帯から流れについては書き込むつもりですよ。

    mimiさん

    今はモバイルPCで安いのありますよ。これとか。

    いわゆるUMPCというやつで、6万円以下で買えます。
    これさえあればGAORAと掲示板両立だw!

    ゲオさん

    私も前向きですよ。
    でもあんまり期待を煽りすぎてもいいことないですからね。
    妥当な評価、が大事です。
    ちょっとした勝負のあやや調子などで試合結果もランキングも変わってきますからね。
    運も実力のうちですし。
    そして運を手繰り寄せるためには普段からの精進が必要で、錦織はその努力を怠っていませんね!

    あ、脳内期待ならいくら高くてもいいと思いますよw

      引用  返信

  • netdashさま

    やはり直前にならないと判らないんですね。
    予約しないとチケット入手は大変そうだし・・・。悩みどころです。
    まだスイスに行くかどうかは未定ですが、行く事になりましたら現地の様子などをご報告できたらと思います。

    教えて下さり、ありがとうございました!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。