【12月17日(日)@神戸】内田暁さん新刊「勝てる脳、負ける脳」 出版記念サイン会のお知らせ

内田暁さんのサイン会!

内田暁さんの新刊「勝てる脳、負ける脳」(同志社大小林耕太先生と共著)の出版を記念しまして、内田さんを囲んでのサイン会が開かれるという情報をいただきました。

12月17日(日) 神戸で開催されます。どなたでも参加可能で、30名前後の参加を見込んでいるとのこと。
希望者が多くなりそうなら2部制にするかもしれないそうです。

徹底的な取材に基づき、かつ読ませる文章力でこのブログでも特に人気が高いジャーナリストである内田さんの生の話が聞ける大チャンスです。
皆さま、奮ってご参加ください。

日時、場所等

詳細情報は下記Facebookページより。
質問も、このFacebookページで受け付けるそうです。

著者を囲んでの読書&サイン会 「勝てる脳、負ける脳」内田暁 小林耕太

以下、Facebookページより引用し、会場であるミモレットの住所等を追記させていただきました。

サイン会なので、基本、本を買って持って行ってサインしていただく形になると思いますが、若干の部数は会場でも用意があり、購入できるそうです。

のんちゃんがミモレットの店番を初めて最初のパーティは、世界を駆け巡るテニスライターの内田暁さんをお迎えしての読書&サイン会となりました。
この何気にアマゾン様の「スポーツ医学 の 売れ筋ランキング第一位!」の著者、内田暁さんと世界一早く語りあえるるのはこの読書会だけ!
是非、みなさまのご参加をお待ちしています。

著者を囲んでの読書&サイン会
「勝てる脳、負ける脳 〜一流アスリートの脳内で起きていること」内田暁 小林耕太 共著 集英社新書

12/17(日)
開場 午後5時45分 開演 午後6時〜午後9時
会場 チーズ&ワインバー ミモレット (神戸 JR住吉駅歩いて2分)
〒658-0051 兵庫県 神戸市兵庫県神戸市東灘区住吉本町2-1-17
tel:078-761-5550

地図:https://goo.gl/maps/Upn7CHB42UB2

チケット 千円(ワンドリンク付)
午後7時より 内田暁さんを囲んでのトーク&(感想や質問を語り合う)読書会
午後8時ぐらいより サイン会

若干サイン会場でも本の販売を行いますが、先に読んで来ていただいた方がより楽しめると思います。

共著者の 小林耕太先生が来られるかは来てのお楽しみ!

*尚当日は貸切営業とさせていただきます。

本の情報

本の情報は以下です。
錦織圭はじめ一流アスリートの驚異的なパフォーマンスを、神経行動学の観点から解き明かす興味深い本となっています。

新書なので799円と入手しやすい価格になっています。

勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること (集英社新書)
内田 暁 小林 耕太
集英社 (2017-11-17)
売り上げランキング: 5,264

脳は、肉体を動かす司令部である。
一流アスリートの驚異的なパフォーマンスは、脳との絶妙な連携によって可能となる。
アスリートたちの厳しい練習は、肉体だけでなく、脳を鍛えるプロセスなのだ。
本書は、錦織圭、ナダル、フェデラーら超一流テニス選手の事例を中心に、
スポーツの現場で集めた証言と神経行動学の最新の知見を結び合わせて、
肉体と脳がどのように連動しているのか、具体的に解き明かす。
また、トラウマやイップスなど、いわゆる「メンタル」の問題にも新たな視点を提示する。

【目次より】
・アスリートの戦いは究極の“脳力バトル”
・脳の地図は日々書き換えられていく
・鍛えるのは精神ではなく、脳である
・練習が上達に直結するメカニズム
・毎日自転車をこいでも“上達”しないのはなぜか
・錦織圭を支えたモチベーションは何だったのか
・モチベーションの正体を解明した画期的研究
・“ひらめき”や“創造性”の源とは?
・トラウマの正体とは
・「嫌なことは寝て忘れる」はとんでもない過ち
・アスリートが構築する、精神のスイッチ
・大人になってからも脳は大きく変化する
・未来を知る能力は、過去の蓄積のうえに成り立つ

56 件のコメント

  • 今晩は。
    錦織選手の本格復帰は結局いつになるか、は最大の関心事ですね。ただ、ご本人がここで行くっ!と決めるまで、チャン・コーチが彼の背中を押されるまで、じいっと我慢の子で参りませう。

    ATPがお誕生日のお祝いを呟き。ちょっと早いけど、錦織選手、28歳おめでとうございます。とともにあのベルッチ選手と1日違いなんですね~。
    そして、クリスマスで誕生日をないがしろにされる仲間のラオニッチ選手は、一足早く27日に27歳のお誕生日。しかもシモン選手もご一緒だったとは。
    https://twitter.com/ATPWorldTour/status/945202466437718016

    あと、スポンサーさんのタグ・ホイヤーさんに錦織選手からじきじきクリスマスMGです。
    https://twitter.com/TAGHeuerJapan/status/945127729355096064

      引用  返信

  • ダンテコーチのインスタに久々に錦織選手登場です。フォアストロークもこわごわ感が取れて気持ちよく打てているように見えます。ステキなクリスマスプレゼントを頂いた気分。もう26日?大丈夫です!26日はBoxing Dayでプレゼントを開ける日ですから(^ ^)

      引用  返信

  • 今日は。
    昨日ご紹介したタグ・ホイヤーさんの錦織選手MGが先ほど記事に。短いですが。
    <錦織が、自身とコラボした高級腕時計をSNSで宣伝。>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2017/0028448.php

    彼のブリスベーン250欠場で、翌週のシドニー250もかなり怪しいエントリーに。もうSKIPありきだと思います、AOも含めて。
    しかし最初はヴィーナス選手一辺倒だったシドニー国際公式が、にわかに錦織選手推しに(苦笑) 煽り感が伺えます。大丈夫かな? SKIPしたら大会側に苦情殺到しないかな。
    https://twitter.com/SydneyTennis/status/917471568015405056
    https://twitter.com/SydneyTennis/status/944655992721088512

    そして本格復帰が見込まれそうでまだ安心できないNY250情報です。
    公式では更にクェリー選手、ハリソン兄選手の出場が追加され、コートの全貌も明らかに。何とレーバー・カップと同じブラック・ハード! ATPツアーでは恐らく初めてではないでしょうか。NY250、新風を巻き起こすべく、新規事項を続々取り入れるようですね。
    https://twitter.com/NewYorkOpen/status/944253830119804928

      引用  返信

  • もう1年終わっちゃいますね。
    団長の動向が気になりますが、きっとお忙しいに違いありません。
    錦織が元気に復帰したらもどってくるでしょう。

    ということで、2017年の男子テニス界の出来事まとめ記事を書きました。
    前半だけでもすでにかなり長くなってしまったw。
    https://yuri-san.com/

    とにかく来年こそは、みんなにとって(特に錦織を筆頭に西岡や杉田らの日本人選手)良い年になりますように!

      引用  返信

  • 錦織選手の動画を見ましたが、まだ試合に出れる状態ではないですね
    6割ってとこではないでしょうか?
    ボールを落として打ってますよね
    皆様どう思われますか?
    今の状態で振り回しとか試合形式の練習やポイントゲームは厳しいのではないてしょうか
    全豪は無理と思いますけど?
    気長に待ちますがたまにこういった動画は発信してほしいですね
    まだ、サーブは打ってないんでしょうかね?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。