【12月17日(日)@神戸】内田暁さん新刊「勝てる脳、負ける脳」 出版記念サイン会のお知らせ

内田暁さんのサイン会!

内田暁さんの新刊「勝てる脳、負ける脳」(同志社大小林耕太先生と共著)の出版を記念しまして、内田さんを囲んでのサイン会が開かれるという情報をいただきました。

12月17日(日) 神戸で開催されます。どなたでも参加可能で、30名前後の参加を見込んでいるとのこと。
希望者が多くなりそうなら2部制にするかもしれないそうです。

徹底的な取材に基づき、かつ読ませる文章力でこのブログでも特に人気が高いジャーナリストである内田さんの生の話が聞ける大チャンスです。
皆さま、奮ってご参加ください。

日時、場所等

詳細情報は下記Facebookページより。
質問も、このFacebookページで受け付けるそうです。

著者を囲んでの読書&サイン会 「勝てる脳、負ける脳」内田暁 小林耕太

以下、Facebookページより引用し、会場であるミモレットの住所等を追記させていただきました。

サイン会なので、基本、本を買って持って行ってサインしていただく形になると思いますが、若干の部数は会場でも用意があり、購入できるそうです。

のんちゃんがミモレットの店番を初めて最初のパーティは、世界を駆け巡るテニスライターの内田暁さんをお迎えしての読書&サイン会となりました。
この何気にアマゾン様の「スポーツ医学 の 売れ筋ランキング第一位!」の著者、内田暁さんと世界一早く語りあえるるのはこの読書会だけ!
是非、みなさまのご参加をお待ちしています。

著者を囲んでの読書&サイン会
「勝てる脳、負ける脳 〜一流アスリートの脳内で起きていること」内田暁 小林耕太 共著 集英社新書

12/17(日)
開場 午後5時45分 開演 午後6時〜午後9時
会場 チーズ&ワインバー ミモレット (神戸 JR住吉駅歩いて2分)
〒658-0051 兵庫県 神戸市兵庫県神戸市東灘区住吉本町2-1-17
tel:078-761-5550

地図:https://goo.gl/maps/Upn7CHB42UB2

チケット 千円(ワンドリンク付)
午後7時より 内田暁さんを囲んでのトーク&(感想や質問を語り合う)読書会
午後8時ぐらいより サイン会

若干サイン会場でも本の販売を行いますが、先に読んで来ていただいた方がより楽しめると思います。

共著者の 小林耕太先生が来られるかは来てのお楽しみ!

*尚当日は貸切営業とさせていただきます。

本の情報

本の情報は以下です。
錦織圭はじめ一流アスリートの驚異的なパフォーマンスを、神経行動学の観点から解き明かす興味深い本となっています。

新書なので799円と入手しやすい価格になっています。

勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること (集英社新書)
内田 暁 小林 耕太
集英社 (2017-11-17)
売り上げランキング: 5,264

脳は、肉体を動かす司令部である。
一流アスリートの驚異的なパフォーマンスは、脳との絶妙な連携によって可能となる。
アスリートたちの厳しい練習は、肉体だけでなく、脳を鍛えるプロセスなのだ。
本書は、錦織圭、ナダル、フェデラーら超一流テニス選手の事例を中心に、
スポーツの現場で集めた証言と神経行動学の最新の知見を結び合わせて、
肉体と脳がどのように連動しているのか、具体的に解き明かす。
また、トラウマやイップスなど、いわゆる「メンタル」の問題にも新たな視点を提示する。

【目次より】
・アスリートの戦いは究極の“脳力バトル”
・脳の地図は日々書き換えられていく
・鍛えるのは精神ではなく、脳である
・練習が上達に直結するメカニズム
・毎日自転車をこいでも“上達”しないのはなぜか
・錦織圭を支えたモチベーションは何だったのか
・モチベーションの正体を解明した画期的研究
・“ひらめき”や“創造性”の源とは?
・トラウマの正体とは
・「嫌なことは寝て忘れる」はとんでもない過ち
・アスリートが構築する、精神のスイッチ
・大人になってからも脳は大きく変化する
・未来を知る能力は、過去の蓄積のうえに成り立つ

23 件のコメント

  • ああ~~~行きたいけど、とお~~~~い残念!
    でも本は買います。錦織選手は現在、フロリダに帰ってトレーニングに集中ですよね、
    あせらず絶対にあせらず120%治ってから試合に出場してね。いつまでも待ってますよ!!

      引用  返信

  • 団長さん、情報ありがとうございます😊
    どうせ日曜仕事だからと思ってましたが、仕事終わりで間に合う時間で、会社から2駅となり!
    早速行こうと思います。

      引用  返信

  • 団長様、本の紹介と情報ありがとうございます❗私も早速購入したいと思います。関西在住だったら是非行きたい~✴
    トム様、もし行けたらどんな様子だったか教えてくださいませ🎵

      引用  返信

  • 鼻血さん、告知ありがとうございます。ブログを読んでくださった皆様、ありがとうございます。参加ご希望の方は、Facebookページでの参加表明か、電話での予約をよろしくお願いします。当日、お待ちしております。m(_ _)m

      引用  返信

  • 内田さんの著書と無関係です。
    錦織選手の練習風景(at IMG)が、動画で公開されました。
    わずか13秒でしたが、バックハンドは力強く、フォアハンドもしっかりとスイングしていたように感じました。
    うん、これなら、行けそうだな。

      引用  返信

  • 団長さま
    素敵な情報、ありがとうございます!今日、お電話で予約をしたら「何でお知りになられましたか?」と尋ねられましたので、「鼻血ブログでーす!」とお答えしましたよっ。
    奈良からは遠いですが、行ってみます。

    キリ丼さま
    圭くん動画情報ありがとうございます!力強くなってましたね。
    場所は、「Working hard in CA!」だから、フロリダにはまだ帰っていないんですね。
    これからのスケジュールが気になりますね〜

      引用  返信

  • 拝読しました!
    この本、面白いですよ💕
    内田暁さんの素晴らしい文章で(共著となっていますが、おそらく?)難しい内容が大変わかりやすく書かれ、嬉しいですね。
    私もテニスではありませんが、身体を動かす趣味があるので、たいへん興味深かったです。

    今まで知っていたのは、特定の動きを繰り返し練習することで、神経細胞(ニューロン)が繋がるらしい、くらい。

    脳内マップやら、モチベーションのこと、ルーティンの重要性、メンタルプラクティス=イメトレの素晴らしい効果、「嫌なことは寝て忘れる」はとんでもない過ち、負けた試合直後のクールダウンなどなど。
    テニス選手の様々な例も具体的にあげられているので、あの時はそうだったのか!と納得してしまいます。
    もちろん、錦織選手のことは、バッチリ出て来ますよ。

    あとがきに、本書の出発点は、2014年全米オープンの決勝戦だったように思う、とありました😌

    帯に書かれたダバディさんの「錦織圭の脳には、テニスの妖精(才能)が宿っています。」という惹句、良いですよね😉

      引用  返信

  • ばぁば様 ありがとうございます。
    おおっ、そうでしたか・・・CAというと、はて?何処なんでしょうね。M・チャンコーチの地元かな・・?
    情報不足を露呈ししまいました(^^)

      引用  返信

  • キリ丼さま
    おそらくロス郊外のチャンコーチの元で練習中と思われます。ロサンゼルスといえば山火事が広がっているとニュースで言っていました(非常事態宣言が出たとか…)。直接の影響はないとは思いますが、風向きによって煙害がないか気になるところです。錦織選手のTwitterにも海外のファンから心配の声がありました。

      引用  返信

  • ROM様
    情報、ありがとうございます。チャンコーチの元なら、安心ですね(^^)

      引用  返信

  • トピ違いですみません。
    デ杯、岩手に行くつもりでしたが、思ったよりチケットが高いですね。。
    適正価格なのかもしれないし、他のイベントより高いというわけではないけど、
    数年前は2,000円程度の当日券で見ていたという意識があって、
    ちょっと迷っています。
    (そもそもチケットが取れるかもわかりませんが。)

      引用  返信

  • なおっちさん,
    確かに、ちょっと高いかな、という気がしますよね。
    確か、今年の有明でのフランス戦は、S席4000円、SS席で6000円、コートサイドで8000円、とかそれぐらいだったはず・・・。
    関東近辺在住者からすると、岩手・盛岡までの交通費もかかるので、ちょっと迷いますね。

      引用  返信

  • 団長さん
    内田暁さんの新刊情報ありがとうございます。さっそく読んでみます。

    デ杯のチケット価格、なおっちさんやnakaさんと同じく、私も高いなと思いました。
    コートエンドの席(アリーナエンドシート)を3日間買ったらかなりの出費になりますね。
    もっと安い席にすべきかなあ。
    不思議なのはスタンド2階席の「見切れ席」。なぜ見切れ席がこんなにたくさんあるんだろう。
    しかも抽選販売対象になってない……

      引用  返信

  • まずは団長さま、内田さんの新刊のご紹介ありがとうございます(すみません、コメント忘れてました!)。子供達に読ませようかしら?特に受験生の娘!!

    さて、私も「見切れ席」気になりました。当日券扱い?あるいは地域のスポーツ振興として招待席とか?(高校野球なんかはリトルリーグ招待ありますよね?)
    私は現地参戦はできませんので、静かにテレビ応援します。もう、チケット販売の時期ですか〜。いろんな意味でため息が出そうですが、幸せ逃げるって言われるので飲み込みます!
    皆さま、笑って新年を迎えるべくこの忙しい師走を乗り切りましょう!

      引用  返信

  • さん
    その想像は当たっているような気が……
    見切れ席は抽選では売らず、一般販売に回すんでしょうか。
    今回のチケットの高さからすると、コートエンド側で2階スタンド
    (つまり見切れ席になっているグレーの区域)あたりが買いやすい値段になりそうなんですが。

    過去何度か、コンサートやスポーツ観戦で見切れ席(=注釈付き)を購入したことがありますが、
    見切れ区域の中でも後方の席だったせいか、意外と視界をさえぎられることなく楽しめました。

    内田さんの新刊、買ってきました。今夜読むのが楽しみです。

      引用  返信

  • 本来なら、フォーラムのコメに追記すべきかもしれませんが。
    見切れ席の件、私はコートエンドの特設席を随分高くまで設置するのではないかと思っています。
    コートサイドはせいぜい3段くらい(07年のなみはやドームでのルーマニア戦の時はその位だった)で、常設の2階席、3階席を活かす。
    コートエンドは5段、6段作る予定(海外の特設会場だと、ずいぶんの高さの特設席を作っているのをよく見ます)で、2階席を遮ってしまうから。
    そんな感じなのではないでしょうか?

      引用  返信

  • 連投失礼。
    見切れ席のところに、スコアとホークアイを映すLEDボードが置かれるのかもしれません。

      引用  返信

  • 錦織選手Twitterにてフロリダへ出発のご報告です。良い表情しているので手首の具合も良い方向に向かっているのでしょうか。
    そういえばYouTubeでウィルソンのインタビューがあがっていましたね。例のロジャー様からのメッセージいりの…。なんかもうすでに遠い昔の話のように感じます。

      引用  返信

  • ちょっと上の記事と異なるコメントが続いていたのですが(^_^;)サイン会についての続報を書き込ませていただきます。
    当日ご用意するワインについて。
    長年にわたり全豪オープンテニスのオフィシャルスポンサーを務めるほか、昨年からは全米オープンテニスのオフィシャルワインとして大会をサポートしている某ワインの赤、白をご用意しました。特に全豪では、内田さんがよく飲んでいるというワインです。
    当日おいでになる皆様、どうぞお楽しみに。

      引用  返信

  • BAKO@主催者その2 さま、団長さま
    記事と関係ないコメントをしてしまい、申し訳ありませんでした。
    サイン会、遠くなければ是非伺いところですが、残念です…。
    会の成功をお祈りしています。

    参加される方、是非是非感想など聞かせて頂けたら嬉しいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。