TBSの錦織特番:錦織マニアには残念、でも意義は大きい

本日PM3時より、TBSで錦織圭の特番が放映されました。

内容は、半分くらいがジェームス・ブレイク戦のダイジェストで、残りはほとんどすべてがどこかで見た映像でした。

かなりの部分が、2007年10月のTBS「バースデイ」でも使われた映像でした。

そういう意味では、以前からの錦織ファンにとっては少し物足りない番組でした。

しかし

  • テニスに興味がなかった人
  • 錦織圭を知らなかった人
  • ニュースで錦織を知って、どんな選手か知りたがっている人

に向けての番組として考えれば、素晴らしかったと思います。

テニスに興味がなかった人に対しては、錦織のすごいプレーを見せる機会になり、テニスに興味を持ってもらえるきっかけになりますし、

錦織圭を知らなかった人に対しては、すごいことをやってのけたにも関わらず自然体で、爽やかで好感の持てる人柄を知らせることができました。

錦織圭を知りたがっている人にとっては、これまでの足跡をまとめてカバーできたという意味があったと思います。

【チェックポイント】

  • ニック・ボロテリー御大、76歳とは思えないエネルギッシュさ
  • 冒頭で相変わらず「史上2番目の若さで優勝」と放送。
  • 番組の最後のテロップでは「史上2番目の若さで優勝(現役選手中)」となっていた。あとで慌てて修正した模様。「現役選手中」と「史上」は矛盾している。
  • ブレイク戦の解説は松岡修造氏。微妙にWOWOW放送時と違ったような?2回録り??
  • 後付けの実況・解説なのでやや不自然なところが・・・
  • 「荷物届いたけん。」と島根弁で両親にメールする場面、よかった。
  • 5歳ですでにしっかりしたストローク。驚愕。

6 件のコメント

  • なるほど、ほとんど使い回しの映像だったとは。でも私には初めてだったので満足しました。例の「史上2番目の若さでのツアー優勝」の字幕の下に申し訳程度に「現役選手中」とありましたね。(笑)でもそれだったら「史上」ではないですよね!

    この番組を見る前にふと昔ビデオに録画していた「松岡修造のGut’sNippon」を観ました。
    修造キャンプで小学生の錦織君と彼にアドバイスする鈴木貴男選手の観たのですが、つい6年前に大人と子供だった関係が今では鈴木選手が成し得なかったことをやってしまった錦織選手の成長ぶりを改めて感じました。

    明日未明にGAORAでパシフィックライフオープンの準決勝の生中継がありますが、少しは錦織選手の試合(負けちゃったけど)見せてくれるのかな?生中継なので現地が雨天か何かで試合開始待ちまで錦織選手の試合を丸ごと流してくれることを激しく希望してます。(笑)

      引用  返信

  • たなーさん、Gut’s Nipponのビデオはお宝ものですね!欲しい!

    GAORAの方はどうでしょう。雨が降っても期待薄ではないでしょうか。映像買わないといけないので、雨のために使うかどうかわからない映像を買うとは思えません。
    でも、ダイジェストくらいはあるかもしれませんね。

      引用  返信

  • 私も、半分くらいはどこかで観た映像だったのですが、
    もう一度じっくり味わえたのでよかったです。
    錦織くんが、他の友達がTVゲームしている横で
    通信の勉強している姿が印象に残りました。
    勉強をするのは楽しい。日本語に触れられる少ない時間なので。
    と言っているのを聞いて、
    なるほど!これなんだよな!
    と、思いました。

    ところで、GAORAはスカパーですか?
    WOWOWだけでは物足りなくなってきました。

      引用  返信

  • siriusさん、GAORAはスカパーまたはケーブルテレビです。
    マスターズシリーズのSF、Fとマスターズカップ全試合を見れます。
    その他、毎週ATP Tennis Showを放送しています。

      引用  返信

  • テニス見たくてWOWOWとGAORAどっちに入ろうか迷ってます。
    どっちがおすすめですか?

      引用  返信

  • kirinoreikoさん、コメントありがとうございます。

    両方お勧めです!といいたいところですが、求めるものによって違ってきます。

    2つの局の特徴も全然違います。

    コメント欄で簡単に答えるのは難しいので、この件については、今日の夜(深夜かも)に記事でお答えさせていただきますので、少々お待ちください。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。