ランキング試算(2015年04月06日付)

錦織選手のランキング関連データ 3月23日現在

現在ポイント 5460 本年の対戦成績 18勝4敗

現在ランキング 5位(+0)

本年記録 年初 5位 最高位 4位 最低位 5位

生涯最高位 4位(2015.03.02) 生涯最高ポイント 5460(2015.03.23)

トップテン在位週間 28 現在継続週間 25
現在レースポイント 1170  レースランキング 7位(-1)

現在3位の選手とエントリーポイント  Nadal, Rafael (ESP) 5,810

現在5位の選手とエントリーポイント  Nishikori, Kei (JPN) 5,460

現在10位の選手とエントリーポイント  Cilic, Marin (CRO) 3,370

苦手の大会で加点し、生涯最高ポイントの更新になりました。
その程度のことでは皆さん満足しないのでしょうが、
これは良い結果で終わったとわたしは評価したいです。

今週は錦織選手が次頑張りますと言ったMiami MSです。
シード順は23日付けによりますので、錦織選手は4番シードです。

で、試合は2回戦から早くても金曜日からです。

6日付け 23日現在 5110 5位 18勝4敗  1170 7位

現在点 5460 – 失効点360 = 5100

基礎点  5100

2回戦敗退 5110 (+10点) (Youzhny o Golubev)最高で5位があります。
3回戦敗退 5145 (+45点) (Troicki)最高で5位があります。
4回戦敗退 5190 (+90点) (Agut)最高で5位があります。
準々決勝 5280 (+180点) (Raonic)最高で4位があります。
準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
準優勝 @5700 (+600点) (Nadal o Murray)最高で3位があります。
優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

これはいつものように上位者が得点を伸ばさないと仮定した順位です。

決勝がMurrayとの対戦なら、優勝しても4位です。
Murray以外との対戦なら優勝すると3位です。

錦織選手の消化ゲーム数 0

勝ち残り 錦織選手より上位選手  3

     錦織選手        1

     錦織選手より下位選手 92

現在の錦織選手(5110)を次勝って超える選手 0

 準々決勝進出で越える選手  1 Raonic

 準決勝進出で越える選手 0

 準優勝で越える選手 0

 優勝で越える選手 3 Ferrer、Wawrinka、Berdych

現状で悪くて2人に超される可能性があり、7位以内といえましょう。

トップテンについて

FedererとCilicが不参戦です。
・1 Djokovic、2 Federerは変わりありません。
・3位以下は変わる可能性があります。
  Djokovic、Nadal、Murrayとは準決勝まで当たりません。
  準々決勝はRaonic、Ferrer、Wawrinka、Berdychの誰かと当たります。

・昨年はベスト4でした。今年もベスト4までは進んで欲しい。
 ベスト4で生涯最高点の更新になります。
 今年は大会終了時にこれの連続を期待しています。
 つまり、昨年と同等以上の勝ち残りであって欲しい。
 そして、全米前に6200点以上になっていて欲しい。
 今大会も、誰との対戦になるか?
 昨年、彼が思わず言ってしまった言葉通りであって欲しい。
 誰であっても勝って決勝に進んで欲しい。
 そうすれば、クレー・全仏に向けての下準備完了という感じです。
 トップ5を維持以上であることでそれが可能になります。
 それは言葉を変えると取りこぼしを減らすことです。
  Del Potro、Tipsarevicなど今まで勝ててない人たちも復帰します。
  彼らも含めて準々決勝前までの取りこぼしを避けて欲しい。

6日付け23日現在

1 Djokovic 12,215 △ 次2回戦
2 Federer 9,025 ○
3 Murray 5,525 △ 次2回戦
4 Nadal 5,220 △ 次2回戦
5 Nishikori 5,110 △ 次2回戦
6 Raonic 4,990 △ 次2回戦
7 Ferrer 4,500 △ 次2回戦
8 Wawrinka 4,435 △ 次2回戦
9 Berdych 4,160 △ 次2回戦
10 Cilic  3,350 ○

2015年度

クレーシーズン
4.06 Casablanca、Houstonの250大会 エントリーしていません。
4.13 Monte Carlo MS エントリーしていません。
4.20 Barcelona 500、DA 去年優勝のデフェンドが必要。
4.27 Munich、Estoril、Istanbul 250
5.03 Madrid MS 去年準優勝のデフェンドが必要。 自動DA
5.10 Rome MS 去年不参戦ペナルティ 加点のチャンス。自動DA
5.17 Nice、Geneva 250
5.24 全仏 GS 去年緒戦敗退 加点のチャンス。自動DA

[参考] 2015. 03.23  日本人ランキング

 5 Nishikori 5460

 94 Soeda   574

 87 Ito    555

147 Sugita   379
151 Nishioka  366


161 Moriya   323

229 Daniel   215

276 Uchiyama  173

278 Niki     172

378 Kibi     117

44 件のコメント

  • 何とか普通に準備し、アップできました。
    きっと、何か見落としがあるかも知れません。
    わたしの場合、これは準備していても同じ傾向にあります。
    お築きの点はお知らせくださると嬉しいです。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん

    このランキング試算スレにコメントするのは初めてですがいつも大変参考にさせていただいています。
    お体のほうは大丈夫でしょうか。

    圭くんのポイントが準決勝以降違っているかと。

    準決勝 5460
    準優勝 5700
    優勝  6100

    と思います。

    あと大勢には影響ないのですが、
    6日付け23日現在のトップテンのポイントですが△は基礎点にすでに1ラウンドの10点を足したポイントですね。そうするとDjokovicは12,215になるかと。
    あとCilicは昨年の失効点が10点だけですので3,360かと。

      引用  返信

  • 連続ですみません。
    私もケイメヒコさん同様インディアンウエルズは昨年を上回ったのでよしと思っています。

    あと素直な疑問なので教えてください。
    ケイメヒコさんが全米前に6200点以上になっていてほしい、と書いておられますがこの数字はどういう意味があるのでしょうか?全米の昨年の失効点を引いても5000点キープという意味かと想像したのですが。

      引用  返信

  • いつもランキング試算有難う御座います。試合のたびにケイメヒコさんの試算をみて、頭の中で空想を描いて楽しんでいます。

    錦織はここの所ずっと最高ポイントを更新し続けているので、いい結果を出していると私も思って評価しているのですが、今年はまだBig4と対戦しておらず、同格には勝っているのですが、自分より強い相手に打ち勝っているのをあまり見れてないので、贅沢な事ですが満足はしていないです。
    去年の快進撃が始まったマイアミから、強い相手に勝てるように期待しています。

    これからディフェンドするポイントが多いので、そっくりそのまま期待するとキツク考えないといけませんが、昨年はローマMS不参加、RG1回戦敗退ですので、RGまでで1470ポイントをディフェンドするのはやってくれそうな気がしてます。

    ところで、試算の計算ですが、準決勝進出からのポイントが上積みされて計算されているように思います。

    
準決勝 5460 (+360点) (-)最高で4位があります。
    
準優勝 5700 (+600点) (-)最高で3位があります。
    
優勝  6100 (+1000点) (-)最高で3位があります。

    と思うのですがいかがですか。

      引用  返信

  • 今年は、すっかり2強の様相を呈していますね!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
    ラファ&マレーが5000ポイントしか取れていない!Σ(×_×;)!
    その分を、3位~9位までの7人で争うという、近年、まれに見る、というか、見たことの無いポイント争奪戦になっています~!!!(*≧∀≦*)キャー
    チャンコーチが、“今年は圭を3位に連れて行く”と、昨年末に話していたのは、今の状況をわかっていたからなんですね!!!(//∇//)♪

    今年は圭にとって、1位獲りのための大切な序章ですよね!(*ov.v)o
    どんな展開が待ち受けているのか、わくわくしながら、しっかり見守りたいと思いますm(__)mm(__)m
    圭、ファイティン!!!o(^-^o)(o^-^)o

      引用  返信

  • こういうミスは無くしたいと思って注意していたんですが・・・

    直しました。ありがとうございます。

    はい、全米でどんな成績でもそこそこの位置を確保できるためです。
    つまり、final確定に近くいたい、と言うことです。
    そのためにはValencia、Madridのポイントのデフェンドもしっかりして置いてもらったうえでの話です。Miamiがキーになると思ったのです。
    で、準優勝以上の期待なのです。
    Lopez戦後のインタビューの通りにしっかり結果を出して欲しいからです。

    わたしは欲張りでしょうか?
    全仏前にデフェンドだけでは足りないよっていう感じなのです。

      引用  返信

  • 圭 大好き!さん

    いつもコメントありがとうございます。
    近い将来トップのためには、今年トップ4以上で終わることが目標だと思います。
    それは勝利のためにはトップとの対戦を準決勝以上で行いたいからです。
    やはり、トップ同士の戦いは必ずということは言えないからです。
    これまでのトップ4に並ぶトップランカーになるためには、
    どんな時にも勝ちに行かなければならないからです。
    仰る通り、その準備の年だと思います。
    だから何時も欲張りになってしまいます。

      引用  返信

  • MiamiのDrawが発表になりました、
    その部分の記事を修正しました。

      引用  返信

  • 昨年のバロセロナ→マドリッドの印象が強いからディフェンドがキツイように感じますけど、実はクレーシーズン全体で1110ptだけ(←凄い表現!)なんですよね。バロセロナ~全仏までSFまで行けば1620ptで実は大幅加点(←この想定がヤバすぎるけど)チャンス。

      引用  返信

  • @としぼう さん
    全仏まではディフェンドきついですけど、全仏はボーナスステージですからね。
    なんだかんだでやっぱりナダルが優勝するのか、今年こそジョコがキャリアグランドスラムを達成するのか、錦織君がナダルの連覇を阻んじゃうのか!?とかとか、今年の全仏は楽しみがいっぱいです。
    まだ先ですけどね。。。笑

      引用  返信

  • 2回戦の相手はYouzhnyになりました。
    復帰第1戦のDel PotroはPospisilに2セット目最初にブレークスタートでしたがタイブレに戻され、
    タイブレも4-2とリードから戻され9-7で落としました。やるなぁと云う点も多くありましたが、DFが多かったのがいたかったですが、やはり本調子には未だ未だという感じでした。好調Pospisilに負けてしまったという感じでしょうか。

    6日付け 26日現在 5110 5位 18勝4敗  1170 7位

    基礎点  5100
2回戦敗退 5110 (+10点) 対 Youzhny 最高で5位があります。
    3回戦敗退 5145 (+45点) (Troicki)最高で5位があります。
    4回戦敗退 5190 (+90点) (Agut)最高で5位があります。
    準々決勝 5280 (+180点) (Raonic)最高で4位があります。
    準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝 @5700 (+600点) (Nadal o Murray)最高で3位があります。
    優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 0 
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  3
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手 60

    現在の錦織選手(5110)を次勝って超える選手 0
     準々決勝進出で越える選手  1 Raonic
     準決勝進出で越える選手 0
     準優勝で越える選手 0
     優勝で越える選手 3 Ferrer、Wawrinka、Berdych
    
現状で悪くて2人に超される可能性があり、7位以内といえましょう。

    27日の試合
    1 Djokovic 12,215 △ 次2回戦
    2 Federer 8,605 ○
    3 Murray 5,525 △ 次2回戦 対 Young  +35
    4 Nadal 5,220 △ 次2回戦 対 Almagro  +35
    5 Nishikori 5,110 △ 次2回戦
    6 Raonic 4,990 △ 次2回戦
    7 Ferrer 4,500 △ 次2回戦
    8 Wawrinka 4,435 △ 次2回戦 対 berlocq  +35
    9 Berdych 4,160 △ 次2回戦 対 Chung  +35
    10 Cilic  3,350 ○

      引用  返信

  • 緒戦突破、順調6-2、6-1でした。
    詳細は帰ってから、出先からですので・・・

      引用  返信

  • 圭、貫禄の横綱相撲でしたね!p(^-^)q

    やっぱりマイアミは相性が良いです♪

    マスターズ初制覇、期待して良いかな~!\(^o^)/

      引用  返信

  • 連投、すみませんm(__)m

    デルポは、さすがにフォアハンドはすごいの打ってましたが、バックハンドは全然でしたね!(((^_^;)

    なにより、フットワークがヨレヨレで、まだまだ時間がかかりそうですね、残念ですがm(__)m

      引用  返信

  • 6日付け 28日現在 5145 5位 19勝4敗  1215 7位

    基礎点  5100
    
3回戦敗退 5145 (+45点) 対 Troicki 最高で5位があります。
    4回戦敗退 5190 (+90点) (-)最高で5位があります。
    準々決勝 5280 (+180点) (Raonic)最高で4位があります。
    準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝 @5700 (+600点) (Nadal o Murray)最高で3位があります。
    優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 15  
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  3
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手 28

    現在の錦織選手(5145)を次勝って超える選手 0
     準々決勝進出で越える選手  1 Raonic
     準決勝進出で越える選手 0
     準優勝で越える選手 0
     優勝で越える選手 3 Ferrer、Wawrinka、Berdych
    
現状で悪くて2人に超される可能性があり、7位以内といえましょう。

    29日の試合
    1 Djokovic 12,250 △ 次3回戦
    2 Federer 8,605 ○
    3 Murray 5,560 △ 次3回戦 対 Giraldo  +45
    4 Nadal 5,255 △ 次3回戦 対 Verdasco  +45
    5 Nishikori 5,145 △ 次3回戦
    6 Raonic 5,025 △ 次3回戦
    7 Ferrer 4,535 △ 次3回戦
    8 Wawrinka 4,470 △ 次3回戦 対 Mannarino  +45
    9 Berdych 4,195 △ 次3回戦 対 Tomic  +45
    10 Cilic  3,350 ○

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもありがとうございますm m
    ナダル選手ベルダスコ選手に負けてしまいましね(>_<)・・

    マイアミでナダル選手を超える可能性があるのかしら。
    そしたらランキングもですが凄いことですね(;O;)

      引用  返信

  • Nadal、Wawrinka、Tsongaが負けてます。

    メアリーさん、準々決勝進出でNadalのちょっと上に行き、暫定4位です。
    そしてRaonicに勝てれば,ほぼ4位確定で、昨年の今大会のデフェンドになります。
    そして、Djokovicに勝てれば、今大会の目標達成です。
    (わたしが勝手に決めてる目標ですがね。)
    今Monacoがセットアップしました。

    明日は現地10時50分のグランドスタンドの第一試合です。

    6日付け 29日現在 5145 5位 19勝4敗  1215 7位

    基礎点  5100
    
3回戦敗退 5145 (+45点) 対 Troicki 最高で5位があります。
    4回戦敗退 5190 (+90点) (Goffin o Janowicz)最高で5位があります。
    準々決勝 5280 (+180点) (Raonic)最高で4位があります。
    準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝 @5700 (+600点) ( Murray)最高で3位があります。
    優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 15  消費時間 1時間9分
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手 21

    現在の錦織選手(5145)を次勝って超える選手 0
     準々決勝進出で越える選手  1 Raonic
     準決勝進出で越える選手 0
     準優勝で越える選手 0
     優勝で越える選手 3 Ferrer、Berdych
現状で悪くて2人に超される可能性があり、7位以内といえましょう。

    30日の試合
    1 Djokovic 12,250 △ 次3回戦 対 Darcis  +45 H2H 1-0
    2 Federer 8,605 ○
    3 Murray 5,605 △ 次4回戦
    4 Nadal 5,255 ○
    5 Nishikori 5,145 △ 次3回戦 対 Troicki  +45 H2H 1-1
    6 Raonic 5,025 △ 次3回戦 対 Chardy  +45 H2H 5-0
    7 Ferrer 4,535 △ 次3回戦 対 Rosol  +45 H2H 3-0
    8 Wawrinka 4,470 ○
    9 Berdych 4,250 △ 次4回戦
    10 Cilic  3,350 ○

      引用  返信

  • “Djokovicに勝てれば、今大会の目標達成”、
    いえいえ、目標はやっぱり、

    “マスターズ初制覇”

    これっきゃないでしょう!!!(*≧∀≦*)キャー

    カモーン、圭!!!o(^-^o)(o^-^)o

      引用  返信

  • 今、やっとSKYで錦織戦を見ることができます。
    録画できないのが残念ですが、NHKを予約していますので、試合後に見ることができます。

    勿論、ここでMS初優勝は願っていることですが、
    Raonicより先に達成できれば良しとしています。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、お身体は大丈夫でしょうか?
    MS初優勝に期待したいですね!m(__)m

      引用  返信

  • Troickiに6-2、6-2,時間1時間3分で勝ちました。強かった。

    6日付け 30日現在 5190 5位 20勝4敗  1260 7位

    基礎点  5100
    
4回戦敗退 5190 (+90点) 対 Goffin 最高で5位があります。
    準々決勝 5280 (+180点) (Raonic)最高で4位があります。
    準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝 @5700 (+600点) ( Murray)最高で3位があります。
    優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 31  消費時間 2時間12分
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手 20

    現在の錦織選手(5190)を次勝って超える選手 0
     準決勝進出で越える選手  1 Raonic
     準優勝で越える選手 0
     優勝で越える選手 1 Ferrer

    
現状で悪くて2人に超される可能性があり、7位以内といえましょう。

    31日の試合
    1 Djokovic 12,295 △ 次4回戦 対 Dolgopolov  +90 H2H 3-0
    2 Federer 9,025 ○
    3 Murray 5,605 △ 次4回戦 対 Anderson  +90 H2H 3-1
    4 Nadal 5,255 ○
    5 Nishikori 5,190 △ 次4回戦 対 Goffin  +90 H2H 0-0
    6 Raonic 5,070 △ 次4回戦 対 Isner  +90 H2H 0-2
    7 Ferrer 4,580 △ 次4回戦 対 Simon  +90 H2H 6-2
    8 Wawrinka 4,470 ○
    9 Berdych 4,240 △ 次4回戦 対 Monfils  +90 H2H 4-1
    10 Cilic  3,350 ○

    MS初優勝はNadalに勝って優勝までお預けでも良いと思っています。
    勿論,早くても何の問題もありませんが・・・

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもup有難うございます。
    ランキングは接近しても、まだまだ過去の実績ではbig4に及ばないので、日本では錦織ブームになっていますが、今回の試合もメインコートでは無いですし、世界的にはまだまだなんですね。

    文句の言いようの無い3位まで上がれば、ケイメヒコさんの地域でもちゃんと中継されるようになってくるかもしれませんね。

    日本で見る側にしては、ナイトセッションばっかりに出るランクになってしまうと観戦が辛くなってきますが。

    ケイメヒコさんの言うように、次も勝ってバルセロナの第1シードを決めて、QFも勝ってランキング4位以上をかためて、去年は実現できなかったジョコビッチ戦もあわよくば取って欲しいですね。

      引用  返信

  • Troickiに6-2、6-2,時間1時間3分で勝ちました。強かった。

    6日付け 30日現在 5190 5位 20勝4敗  1260 7位

    基礎点  5100
    
4回戦敗退 5190 (+90点) 対 Goffin 最高で5位があります。
    準々決勝 5280 (+180点) (Raonic)最高で4位があります。
    準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝 @5700 (+600点) ( Murray)最高で3位があります。
    優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 31  消費時間 2時間12分
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手 13

    現在の錦織選手(5190)を次勝って超える選手 0
     準決勝進出で越える選手  1 Raonic
     準優勝で越える選手 0
     優勝で越える選手 1 Ferrer

    現状で悪くて2人に超される可能性があり、7位以内といえましょう。

    錦織選手のこれからの試合で、下位者より先に負けることがあってはなりません。
    ですから、準々決勝でRaonicに勝つことが目標のためには絶対必要です。
    調子と環境条件から言って負ける事は無いと思います。

    31日の試合
    1 Djokovic 12,295 △ 次4回戦 対 Dolgopolov  +90 H2H 3-0
    2 Federer 9,025 ○
    3 Murray 5,605 △ 次4回戦 対 Anderson  +90 H2H 3-1
    4 Nadal 5,255 ○
    5 Nishikori 5,190 △ 次4回戦 対 Goffin  +90 H2H 0-0
    6 Raonic 5,070 △ 次4回戦 対 Isner  +90 H2H 0-2
    7 Ferrer 4,580 △ 次4回戦 対 Simon  +90 H2H 6-2
    8 Wawrinka 4,470 ○
    9 Berdych 4,240 △ 次4回戦 対 Monfils  +90 H2H 4-1
    10 Cilic  3,350 ○

    スペイン語圏の選手中心で仕方がありません。
    DjokovicやMurrayだって枠外です。
    放送の時刻表示にはBuenos Airesなどがあります。
    南米はブラジル(ポルトガル語)とベリーズ(英語)以外スペイン語です。

    そう、ここでは中米という理解はなさそうです。
    日本での理解と違ってここメヒコではメヒコは北米という理解です。
    アメリカが好きでアメリカ寄りの理解かというとそうではありません。
    多くのメヒコ人はアメリカは嫌いだと言います。
    アメリカは出稼ぎに行く所といった感じかな???
    ガテマラ、ベリーズ以南が南米と言った感じのようです。

    多くのメヒコ人の考えというか思っていることは、
    メヒコに来る旅行者でお金持ちは日本人とドイツ人という理解です。
    だから、狙われやすいと言うことです。
    アメリカ人の金持ちはメヒコに来ない。
    アメリカ人で来るのは金のない下層階級という理解です。

      引用  返信

  • 前のコメント、31日分を修正して寝たつもりが、してなかった。
    今しました。
    次の試合まで、あと11時間を切りました。

      引用  返信

  • 圭、さすがに年下(半年だけだけどww)には、強いですね!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ
    あっさり、ランキングの差を見せつけての勝利、おめでとう!!!o(^-^o)(o^-^)o

    マスターズ、ベスト8進出なのに、この当たり前感(^_^;)
    自分でも、ちょっと怖いくらいですm(__)m

    直接対決はお預けになったので残念ですが、初のラファ越え、めでたいです!!!(*≧∀≦*)キャー

    このまま、最後まで突っ走っていいよ!!!(//∇//)♪

      引用  返信

  • 初対戦のGoffinに6-1、6-2,時間1時間9分で勝ちました。強かった。
    けど、ここのところフォアハンドがいまいちな感じです。
    セーブフォーマッチのゲームがしっかりしないのも気になります。
    ランキング上でトップ4以外でNadalの上に立ったのは錦織が初めてです。
    トップ4のうちMurrayとNadalの上に顔を出しました。すごいことです。
    Raonic対Isnerはこの後試合です。どちらにしろ準々決勝で負けるわけにはいきません。

    6日付け 31日現在 5280 4位 21勝4敗  1350 7位

    基礎点  5100
    
準々決勝 5280 (+180点) (Raonic)最高で4位があります。
    準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝 @5700 (+600点) ( Murray)最高で3位があります。
    優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

    錦織選手の消化ゲーム数 46  消費時間 3時間21分
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手 5

    現在の錦織選手(5280)を次勝って超える選手 0
     準決勝進出で越える選手  1 Raonic
     準優勝で越える選手 0
     優勝で越える選手 1 Ferrer


    現状で悪くて2人に超される可能性があり、6位以内といえましょう。

    錦織選手のこれからの試合で、下位者より先に負けることがあってはなりません。
    それを続けていくことがトップへの道です。

    1日の試合
    1 Djokovic 12,385 △ 次準々決勝
    2 Federer 9,025 ○
    3 Murray 5,695 △ 次準々決勝 対 Thiem  +180 H2H 1-0
    4 Nishikori 5,280 △ 次準々決勝
    5 Nadal 5,255 ○
    6 Raonic 5,070 △ 次4回戦 対 Isner  +90 H2H 0-2
    7 Ferrer 4,580 △ 次準々決勝
    8 Wawrinka 4,470 ○
    9 Berdych 4,240 △ 次4回戦 対 Monaco  +180 H2H 6-0
    10 Cilic  3,350 ○

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、更新情報ありがとうございます(*^_^*)
    イズナー選手が来ましたね。
    圭君にとってどちらが有利かわかりませんが、私的には良かったです。
    ミロシュ君に破壊されそうでいつもドキドキ(@_@)してました。

    圭君次も頑張って~~~~!

      引用  返信

  • メアリーさん、団長は、きっとまだまだお仕事中ですよ!(*ov.v)o

    かくいう私も、帰宅途中の電車です(^_^;)

      引用  返信

  • あれ???
    夕べ修正したんだけど???ここ二日ほどおかしいなぁ

    新コメントとして書きます。

    初対戦のGoffinに6-1、6-2,時間1時間9分で勝ちました。強かった。

    3セットともタイブレークでRaonicが逆転負けでした。
    これで準々決勝も初対戦のIsnerになりました。
    ビッグサービスをリターンではね返して欲しい。

    6日付け 31日現在 5280 4位 21勝4敗  1350 7位

    基礎点  5100
    
準々決勝 5280 (+180点) 対 Isner 最高で4位があります。
    準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝 @5700 (+600点) ( Murray)最高で3位があります。
    優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

    優勝で決勝の相手がMurrayの時は4位、それ以外の対戦相手だと3位です。

    錦織選手の消化ゲーム数 46  消費時間 3時間21分
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手 5

    現在の錦織選手(5280)を次勝って超える選手 0
     準優勝で越える選手 0
     優勝で越える選手 1 Ferrer

    現状で悪くて1人に超される可能性があり、5位以内といえましょう。

    錦織選手のこれからの試合で、下位者より先に負けることがあってはなりません。
    それを続けていくことがトップへの道です。

    1日の試合
    1 Djokovic 12,385 △ (次準々決勝 対 Ferrer  +180 H2H 0-0)
    2 Federer 9,025 ○
    3 Murray 5,695 △ 次準々決勝 対 Thiem  +180 H2H 1-0
    4 Nishikori 5,280 △ (次準々決勝 対 Isner  +180 H2H 0-0)
    5 Nadal 5,255 ○
    6 Raonic 5,070 ○
    7 Ferrer 4,580 △ (次準々決勝 対 Djokovic  +180 H2H 0-0)
    8 Wawrinka 4,470 ○
    9 Berdych 4,240 △ 次4回戦 対 Monaco  +180 H2H 6-0
    10 Cilic  3,350 ○

      引用  返信

  • 準決勝1はMurray vs Berdychになりました。
    錦織選手の準々決勝は現地午後3時からです。
    初対戦でも強力サーブを良いリターンで崩しましょう。

    6日付け 1日現在 5280 4位 21勝4敗  1350 7位

    基礎点  5100
    
準々決勝 5280 (+180点) 対 Isner 最高で4位があります。
    準決勝 5460 (+360点) (Djokovic)最高で4位があります。
    準優勝 @5700 (+600点) ( Murray)最高で4位があります。
    優勝  6100 (+1000点) 最高で3位があります。

    優勝で決勝の相手がMurrayの時は4位、それ以外の対戦相手だと3位です。

    錦織選手の消化ゲーム数 46  消費時間 3時間21分
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        1
         錦織選手より下位選手 3

    現在の錦織選手(5280)を次勝って超える選手 0
     準優勝で越える選手 0
     優勝で越える選手 1 Ferrer

    現状で悪くて1人に超される可能性があり、5位以内といえましょう。

    錦織選手のこれからの試合で、下位者より先に負けることがあってはなりません。
    それを続けていくことがトップへの道です。

    2日の試合
    1 Djokovic 12,385 △ 次準々決勝 対 Ferrer  +180 H2H 13-5
    2 Federer 9,025 ○
    3 Murray 5,875 △ (次準決勝 対 Berdych +240 H2H 5-6)
    4 Nishikori 5,280 △ 次準々決勝 対 Isner  +180 H2H 0-0
    5 Nadal 5,255 ○
    6 Raonic 5,070 ○
    7 Ferrer 4,580 △ 次準々決勝 対 Djokovic  +180 H2H 5-13
    8 Wawrinka 4,470 ○
    9 Berdych 4,420 △ (次準決勝 対 Murray  +240 H2H 6-5)
    10 Cilic  3,350 ○

      引用  返信

  • ついにNadalを超えましたね、直接対決で勝てていないのは気になりますが、しっかりポイントを重ねて逆転したんで満足です。Big4以外でNadalを超えたのが初めてって所がすごいですね。

    ただNadalもRaonicも次の錦織が参戦しないモンテカルロMSでポイント伸ばしてくる可能性があるので(二人とも昨年はQF敗退)、前回のデ杯でマレーにすぐに抜き返されるようなことの無いように、しっかり今回は勝ち進んで欲しいですし、これまでもマイアミの勝ち上がりを見ると期待しちゃってます。MS初優勝もジョコビッチ相手でも、ありえると思っています。

    スペイン語圏の選手ばっかり贔屓するのって、日本ではあまりない感覚ですね。日本では日本人とそれ以外の分類ですよね。
    アカプルコのフェレールとの決勝で少しaway感を感じたんですが、そういう事情だったんですね。
    隣国の選手ってどこでも難しいですよね。ブラジル-アルゼンチンなんかはサッカーW杯でも明らかに仲悪そうでしたし。
    僕は個人的には世界の中では東アジアの選手が活躍するのはうれしいですが、日本では人によっては韓国・中国の選手が嫌いな人もいますし、北朝鮮なんかはもっと応援されないですもんね。

      引用  返信

  • @トムさん

    カナダXアメリカ、スエーデンXフィンランドも絶対に負けたくない隣国です。まあ、テニスのような個人競技(デビスカップ以外)よりサッカー(カナダXアメリカの場合は女子サッカーですが)アイスホッケー等の団体競技でいつも話題になりますが。インドXパキスタンのホッケー、クリケットなんかもそうですね。サッカーで言えば、イングランドXスコットランドも、でしょう。

      引用  返信

  • 順調に???Djokovicが勝ちました。ストレートと云っても逆転勝ちの感じですがね。

    Isnerのサービスも好調でしたが、リターンが最後まで合わなかったのがいたかった。
    確かにIsnerはRaonicよりストロークは下手だと思います。
    でも、ミス待ち作戦が逆に相手の先手の方向チェンジ攻撃を与えてしまっていた感じです。
    今日はIsnerが、良く強かったとは思いますが・・・

    やはり、線審のIsnerひいき判定が多かったように感じます。
    錦織選手は元々チャレンジを使わない人です。それは素晴らしいと思っています。
    ボールが目の前の明らかなときだけチャレンジしてましたが、
    あれだけのOUTをINの判定をするのです。ひいき目だと言えます。
    錦織選手のINをOUTの判定をしているのです。ホークアイの映像もありました。
    これはこの試合に限らずある意味仕方が無いことだと思っています。

    アウェイ感のある会場ではもっと多用して線審に真剣さを与えるべきでしょう。
    ゲームの流れも変わってきます。
    錦織選手がMiami在住でホーム感があるかも知れませんが、アメリカ人対戦では違います。
    これがわたしが初対戦のことよりも、Raonicとの対戦よりもいやだなと思ったことなのです。

    ESPNで始めて見た試合が負けちゃって残念です。
    これでは2週間後にNadalに超されるのは目に見えてますね。
    たった25点差ですから、200点差にしておきたかった。それも残念。

    6日付け 1日現在 5280 4位 21勝5敗  1350 7位

    基礎点  5100
    
準々決勝 5280 (+180点) 対 Isner 4位確定です。

    錦織選手の消化ゲーム数 65  消費時間 4時間31分
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2
         錦織選手        0
         錦織選手より下位選手 2

    現在の錦織選手(5280)を次勝って超える選手 0

    4日の試合
    1 Djokovic 12,385 △ 次準決勝第2 対 Isner  +240 H2H 13-5)
    2 Federer 9,025 ○
    3 Murray 5,875 △ 次準決勝第1 対 Berdych +240 H2H 5-6
    4 Nishikori 5,280 ○
    5 Nadal 5,255 ○
    6 Raonic 5,070 ○
    7 Ferrer 4,580 ○
    8 Wawrinka 4,470 ○
    9 Berdych 4,420 △ 次準決勝第1 対 Murray  +240 H2H 6-5
    10 Cilic  3,350 ○

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、やっぱり、明らかに圭に不利なジャッジが多かったですよね!(-“”-;)
    圭が、ちょっとそのせいで、集中力を切らしてしまったのが残念でしたm(__)m

    今日はイズナーのフォアが鋭く、それがことごとく際どいところに決まるという最悪の展開になってしまいましたが、これも強くなるための勉強だと捉えて、どんなタイプの相手にも、そこそこの試合が出来る、なかなか負けない選手になって欲しいです!!!Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

    ラファには、やっぱり直接対決で勝ってから、上に立ってもらいましょう!(*ov.v)o
    マドリッドでリベンジ、待ってます~!!!(/≧◇≦\)ウヒョー

    クレーキングの称号を、ラファから奪い取るのだ!!!(//∇//)♪
    カモーン、圭!!!o(^-^o)(o^-^)o

      引用  返信

  • わたしもNadalに勝って上位に上がって欲しい。
    Madridはそのチャンスになって欲しい。
    今年は去年ケガに悩まされた失敗を克服してきてます。
    Nadalも負け試合だったことを認めた発言がありました。
    今日のインタビューでもしっかり戦い抜けている体に自信を持ってる感じです。

      引用  返信

  • 今日は残念でした。
    おそらくはモンテカルロでNadalに抜き返されるでしょう。けどドローでは1も2も関係ないですが、バルセロナはNadalを抑えて第1シードです。
    せめてNadalはモンテカルロで優勝したりせず、SF位までで、決勝での直接対決で逆転できるポイント差であってほしいです。

    また他力になってしまって残念ですが、モンテカルロ不出場なので仕方ないですね。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん
    対ラオ戦でも同じようなジャッジがいくつかありました。
    多少の贔屓目はあるんでしょうね。でもそれと同時に球が速すぎて見えないのかもw?とも思えました。
    次に戦う時は勝って欲しいですね。

    ところで錦織は何故モンテカルロを毎回スキップするんでしょうか?他のTOP選手でもそういう人はいるんですか?素人な質問だったらすいません。

      引用  返信

  • @yuri さん

    MTFのエントリーリストを見ると、top10でモンテカルロをスキップするのはマレーと錦織の2人です。マレーは去年からは参戦していません。バルセロナもエントリーしていません。
    おそらくは明らかにクレーでの戦績は悪いので、4月はマレーは体を休める期間としているのかと思っています。

    バルセロナに他参戦予定のナダル、ラオニッチ、フェレールはモンテカルロもエントリーしています。
    スペイン勢は地元なので、当然参戦するのですが、クレーも得意な事もあり稼ぎ時なので2戦連続はいとわないのでしょう。

    top10が8人参戦するATP1000と、4人参戦するATP500でどちらがポイントを稼げるかと考えると、同じくらいかもしれませんが、バルセロナで2連覇する事よりもMSでの初優勝の方がうれしいですし、錦織はクレーでの勝率もハードとそう変わるわけでもないので、個人的にはモンテカルロにも挑戦してほしかったです。

      引用  返信

  • 最近のMonte Carloへの参戦状況
          2011 2012 2013 2014 2015
    Djokovic  ー  ○  ○   ○  ○
    Nadal   ○  ○  ○   ○  ○
    Federer   ー  ー  ー  ○  ○
    Murray   ー  ○  ○  ー  ー
    Berdych  ○  ○  ○   ○  ○
    Ferrer   ○  ー  ○   ○  ○
    錦織選手  ○  ○  ー   ー  ー
    Raonic   ○  ー  ○   ○  ○

    Monte Carlo回避は錦織選手だけの特徴では無いと思います。
    わたしの記憶では2010年以前はHoustonから参戦。クレーMSは参戦できなかった。
    2011年がヨーロッパクレーMSの初参戦で、2回戦止まり、
    2012年準々決勝でBerdychに逆転負け(負傷)、その後クレー参戦できなかった???
    で、2013年にはダンテコーチの指導で南米からクレー参戦し、Barcelonaからの参戦となった。
    去年はアルゼンチンへ行かなかった。
    わたしは試合映像・風光明媚なMonte Carloから参戦して欲しいと思っていますが。

    6日付け 2日現在 5280 4位 21勝5敗  1350 7位

      引用  返信

  • トムさん、ケイメヒコさん、説明ありがとうございます。
    マレーとフェデラーもけっこうスキップしてるんですね。あまりクレーが好きではない二人ですね。w

    錦織の去年のクレイでの活躍を考えると、是非!クレイのマスターズでガンガン活躍してもらいたので、モンテカルロにに出ないのはちょっと残念です。海をバックに優雅にプレイしてるのを見たいです。

      引用  返信

  • 日曜日の決勝はDjokovic対Murrayになりました。

    6日付け 3日現在 5280 4位 21勝5敗  1350 7位

    準々決勝 5280 (+180点) 対 Isner 4位確定です。

    錦織選手の消化ゲーム数 65  消費時間 4時間31分
    
勝ち残り 錦織選手より上位選手  2

    5日の試合
    1 Djokovic 12,385 △ 次決勝 対 Isner  +400 H2H 17-8
    2 Federer 9,025 ○
    3 Murray 6,115 △ 次決勝 対 Djokovic +400 H2H 8-17
    4 Nishikori 5,280 ○
    5 Nadal 5,255 ○
    6 Raonic 5,070 ○
    7 Ferrer 4,670 ○
    8 Wawrinka 4,470 ○
    9 Berdych 4,510 ○
    10 Cilic  3,350 ○

      引用  返信

  • マレーとこの3月で大分離されてしまいましたね。レースランキングでもがっちり2位を固めてますし。

    3位の団子争いから少し飛び抜けた感じです。
    USopen後の10位台からしっかり伸ばしているのはさすがですし、ドローに恵まれているといってもちゃんと勝ち進んでいる。
    ATPファイナルで勝てたので、差は縮まったと思っていたのですが、Big4の壁は厚いです。

    モンテカルロMS欠場すると思ったら、その期間に結婚式を挙げるようですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください